CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
伊東のいいとこスケッチ散歩 2 [2009年11月23日(Mon)]
紋次郎さんの11月20日エフエム伊東なぎさステーション「伊東のいいとこスケッチ散歩」のスケッチ紹介後編です。

「4.伊東祐親の墓」で紹介したスケッチ

伝 伊東祐親の墓(2枚)

伊東祐親像(伊東市物見塚公園)


番組内では他に、伊豆海洋公園みはらしガーデンの花の紹介もしたそうです。

ブーゲンビリア

ストレリチア(ストレチア)
伊東のいいとこスケッチ散歩 1 [2009年11月20日(Fri)]
伊東自然歴史案内人会は、毎週金曜日に伊東のコミュニティFM「エムエム伊東なぎさステーション」で、その時々の伊東の「いいとこ」やガイドウォークイベントを紹介しています。
放送時間 9:15〜09:25、(再)16:00〜16:10

1年のうち数回の第5金曜日は紋次郎さんが担当、伊東中を歩いて描き溜めたスケッチを片手に「紋次郎の伊東のいいとこスケッチ散歩」として伊東の自然や歴史ポイントをパーソナリティーをお相手に語ります。本来なら10月30日のはずでしたが、イベントの都合により別の方が担当、紋次郎さんと入れ替わったためきょう(11月20日)が出番になったそうです。

本日のテーマは「頼朝と八重姫、ゆかりの地を訪ねて」
1.源頼朝はなぜ伊豆に配流されたのか
2.頼朝と八重姫、どこでデートした
3.千鶴丸と八重姫の運命は
4.伊東祐親の墓
5.最誓寺と東林寺の縁起は
 についてお話されたそうです。
頼朝と八重姫のエピソードはこちらからどうぞ。

「2.頼朝と八重姫…」で紹介したスケッチ


音無神社

音無神社2
音無神社近くにかかる岡橋のレリーフ

「3.千鶴丸と八重姫の運命は」で紹介したスケッチ

富戸 三島神社

伊豆の国市 大仁田中山 女塚
伊東ゆったり・湯めまちウォーク12月6日 [2009年11月20日(Fri)]
伊東自然歴史案内人会松川湖・一碧湖部会からのお知らせです。


◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎

ゆったり・湯めまちウォーク(12月6日、伊東市)
野鳥・紅葉を観ながら松川の源流を探る

◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎

伊東市街中央を流れる松川(伊東大川)の河口から源流までを
モニュメントや野鳥・紅葉を楽しみながら辿ります。

イメージ

日 時
2009年12月6日(日)9:00〜15:00
受 付:8:30〜9:00

●雨天中止、小雨催行
(伊東観光番0557-37-3550にお問合せください)

集 合
JR伊東駅 旧東海バス駐車場
※伊東駅改札付近に案内スタッフを配置します。

コース
旧東海バス車庫→なぎさ公園→松川遊歩道→八代田変電所→
万葉の小道→奥野公園−昼食→白川橋→大川(松川)起点→
松川湖ログハウス→エコーブリッジ→奥野村道祖神→万葉の小道
→八代田変電所→伊豆急行線南伊東駅 
全約15km、60mと30mの登りがありますが、ほぼ緩やかなコースです。

内 容
伊東自然歴史案内人が、ご案内します。
見どころは、なぎさ公園の彫刻家重岡建治作の様々なモニュメント、
河口の野鳥、松川沿いの十月桜、松川湖から眺める周囲の紅葉、
湖に飛来した冬鳥、大川(松川)の起点など。

対 象
上記コースを歩ける方ならどなたでも

参加費:1人500円
(保険料含む、同伴の中学生以下は無料) 

持ち物
飲み物・お弁当、あれば双眼鏡、帽子、天候によって雨具等。
歩きやすく寒くない身支度でご参加ください。

事前申込み不要。
当日集合場所へお越しください。

問合せ
伊東観光番
(9:00〜17:00。12月6日は7:00〜)
電話/FAX 0557−37−3550
  
主 催:伊東市健康保養地づくり実行委員会
運 営:伊東自然歴史案内人会松川湖・一碧湖部会

■メッセージ
12月に入り、ゆったり湯めまちウォークも第4回目、
青さを増した海の際にあるなぎさ公園から、松川沿いを源流に向かいます。
途中、松川遊歩道では河口付近に棲む鳥や伊東市縁のモニュメント、
さらに進んでは十月桜の可憐な花を楽しんでいただけます。
国土交通省(選定時は建設省)の[平成5年度 手づくり郷土賞
(自然とふれあう水辺づくり全国30選)]に選定された奥野公園で
昼食をとり、奥野ダムと松川湖を抜けて川の源流まで進みます。
松川湖では伊豆ならではの遅い紅葉や、飛来した冬鳥をご観賞ください。
伊東市宇佐美 大丸山に緑を復活させよう!! [2009年11月15日(Sun)]
NPO法人伊東里山クラブからのお知らせです。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

緑の募金事業 2009 年度秋の森づくり県民大作戦
伊東市宇佐美 大丸山に緑を復活させよう!!
〜大丸山の治山と景観づくりのための植林活動〜

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

伊豆の海を臨む景観が見事です。
あなたの記念樹を植えてください。


日 時
2009年11月22日(日)午前9時から
(受付8時半〜)

≪小雨決行≫
※当日午前7時に開催可否を決定

集 合
JR 伊東線宇佐美駅より徒歩5 分

参加条件
サポートなしで山歩きできる人、小学生以下は父兄同伴。

参加無料(主催者が傷害保険に加入します)

持ち物
苗木に与える水(ペットボトル500ml以上)と園芸用シャベル
弁当・飲み物の持参は自由。軍手は配布します。

参加申込
宇佐美の森を守る会事務局
(宇佐美コミュニティセンター内)
電話0557-47-3399
住所・氏名・年齢・連絡先をお伝えください。

日 程
8:30 宇佐美コミュニティセンターで参加者受付
9:00 出陣式
9:20第1陣バスで阿原田入口へ出発
(第2陣は9:50 出発)
9:30第1陣、降車後、徒歩で現地へ。
10:10第1陣、大丸山見晴らし台に到着後、
植栽位置の説明を受け植樹。
10:45第1陣、植え終えた人から下山、
阿原田入口からバスでコミセンまで移動。
(第2 陣も同じ)
11:30コミセン3 階会議室にて「トン汁」もてなし。

植樹する樹種と苗木の植え方が
ご覧いただけます。↓

主催:静岡県・(社)静岡県緑化推進協会・宇佐美の森を守る会

協 力
「小さな親切」運動静岡県本部、伊東市市内ボーイスカウト有志、
天城のブナと語る会、伊東赤十字奉仕団救援隊、宇佐美区、
宇佐美観光会、亀石・城間山の会、宇佐美城宿町女性の会、
宇佐美民宿おかみ会、NPO法人森のボランティア、
NPO法人伊東里山クラブ(順不同)
伊東ゆったり・湯めまちウォーク11月22日 [2009年11月15日(Sun)]
伊東自然歴史案内人会城ヶ崎・大室山部会からのお知らせです。


=========================

ゆったり・湯めまちウォーク
奥野林道から松川湖の紅葉を楽しむ

=========================

深秋のさくらの里、奥野林道、松川湖を
伊東自然歴史案内人のガイドで巡ります。


日 時
2009年11月22日(日)10:00〜15:00
受付:9:30〜10:00
 
●雨天中止、小雨催行
(伊東観光番0557-37-3550にお問合せください)

集 合
※JR伊東駅8:55発、伊豆急行線伊豆高原駅9:25発
「伊豆シャボテン公園行」の路線バスがあります。

解 散:伊豆急行線南伊東駅

コース
シャボテン公園バス停→さくらの里→奥野林道→
松川湖ログハウス(昼食)→奥野ダム左岸→エコーブリッジ
→奥野村道祖神→万葉の小道→伊豆急行線南伊東駅
全約13km、60mと30mの登りがある山道を辿るコースです。

内 容
伊東自然歴史案内人が、ご案内します。
見どころは、大室山の十月桜やスコリアラフト、奥野林道の森林浴、
松川湖から眺める周囲の紅葉、湖に飛来した冬鳥など。

対 象
上記コースを歩ける方ならどなたでも

参加費:1人500円
(保険料含む、中学生以下は無料)

持ち物
飲み物・お弁当、あれば双眼鏡、帽子、天候によっては雨具等。
歩きやすく寒くない身支度でご参加ください。

事前申込み不要
当日集合場所へお越しください。

問合せ
伊東観光番
電話/FAX0557−37−3550
(9:00〜17:00。11月22日は7:00〜)
 
主 催:伊東市健康保養地づくり実行委員会
運 営:伊東自然歴史案内人会 城ヶ崎・大室山部会


■メッセージ
 
今年度第3回目のゆったり・湯めまちウォークです。
パンパスグラスやススキの穂が少し冷たい晩秋の風になびいている
さくらの里を通り、神話の里・奥野林道を渓谷沿いに下って行きます。
ハゼノキやヌルデ、イロハモミジ、イチョウ等の紅葉が盛りの松川湖で、
昼食休憩をした後、千鶴丸伝承のある大川沿いを、奥野石に刻まれた
万葉の歌人の歌を鑑賞しながら、小径散策を楽しんで頂きます。

朝方の最低温度が9℃を下回る事が、紅葉の必要条件の一つと
されておりますが、カエデやサクラなどの落葉樹に限らず、
ヤマイモやイヌタデと云った草やツタの仲間たちも、
道沿いの至る所で鮮やかな色変わりを見せてくれています。
冬鳥などの野鳥、草や木々の生態、
神話から近年までの歴史やトピックスなどを、
織り交ぜながらご案内させて頂きます。

約13kmと歩行距離としては少し長いですが、高低差も少なく、
コースの殆どが整備された、歩きやすい道です。

南伊豆湯の花 自然薯まつり [2009年11月15日(Sun)]
NPO法人南伊豆湯の花からのお知らせです。

◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇

栽培も5年目になりました。
南伊豆直売所「湯の花」
第3回自然薯(じねんじょ)まつり開催します!

◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇−−−◇

麦とろ飯の試食、
自然薯栽培の最大の敵イノシシの猪汁(200円)はいかが?

日 時
2009年11月22日(日)10:00〜

内 容
☆展示即売 自然薯、自然薯どうふ
☆自然薯 麦とろ飯 試食サービス
☆イノシシ汁 (1杯 200円)
☆年末贈答用 予約受付
農家有志が、山で育った自然薯に近いものを、と
試行錯誤しながら始めた自然薯栽培も5年目になりました。
今年の作品を披露し、生産者自ら麦とろ飯の試食サービスをします。
また今年は、南伊豆自然薯の会と、伊東の老舗豆腐店三坂屋食品が
コラボして生まれた「自然薯どうふ」の販売も行います。
試食やイノシシ汁は、なくなりしだい終了しますので
お早めにお出かけ下さい。
通常の品の販売もします。


会 場
湯の花観光交流館内 直売所湯の花
静岡県南伊豆町下賀茂157
電話・FAX0558−62−3191

主 催
NPO法人南伊豆湯の花
南伊豆自然薯の会
南伊豆農業振興会開発部会

問合せ
南伊豆町農林水産物直売所「湯の花」
(NPO法人南伊豆湯の花)
電話・FAX0558−62−3191

■メッセージ 
一昔前の南伊豆の山々ではどこでも山芋があり、秋も深くなるとや皆、
山に入り掘ったものです。その晩のとろろ汁はおいしく、
皆、競ってご飯を何杯もおかわりして食べました。
5年前から40代〜80代までの農家有志7人(現在は10人)が
自然薯栽培を研究試作し、栽培に成功しました。
高齢者でも取組みやすく、荒地が多い南伊豆でも不都合がない
新しい栽培方法です。自然薯を地域の特産品に育て、
農業の収入増加を図り、地域の活性化に結びつけたいと考えています。
山芋の四方山話に花を咲かせませんか。
南伊豆自然薯の会の皆さん
伊東自然歴史案内人会 一碧湖ガイドウォーク [2009年11月13日(Fri)]
伊東自然歴史案内人会 松川湖・一碧湖部会からのお知らせです。


*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

伊東自然歴史案内人と歩く、秋の一碧湖
十二連島の紅葉と赤い実を捜しながら晩秋に親しむ

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***


日 時
2009年11月16日(月)
10:00〜14:00
(約2時間の散策)
受 付:9:30〜12:00 

●雨天中止
小雨催行
※伊東観光番0557-37-3550にお問合せください

集 合

コース
一碧湖(大池・沼池)の周囲およそ4kmを2時間かけて一周します。
(多少のアップダウンや、滑りやすいところがあります)

内 容
伊東自然歴史案内人が、一碧湖の自然や歴史などをご案内します。
見どころは、今の時期ならではの、十二連島の紅葉、もみじ広場の銀杏の黄葉とナンキンハゼの紅葉、沼池の冬鳥、荻と葦の穂、ヤブムラサキ、
マユミ、コマユミ、ツリバナ、シロダモ等の実など。

対 象
軽いウォーキング程度が出来る方
ただし、小学4年生未満は保護者の同伴が必要です。

参加費
1人500円(ただし、中学生以下は無料)
 
持ち物
飲み物・筆記用具・あれば双眼鏡、帽子、ルーペ・タオル
天候によっては雨具等。
お弁当が必要な方はご用意下さい。

歩きやすく寒くない身支度でご参加ください。

事前申込み不要。
当日集合場所へお越しください。

問合せ
伊東観光番(9:00〜17:00)
電話/FAX0557−37−3550
  
主 催
伊東自然歴史案内人会松川湖・一碧湖部会

■メッセージ
伊東自然歴史案内人会松川湖・一碧湖部会の公募案内です。
伊東の紅葉の穴場「一碧湖」を伊東自然歴史案内人のガイドで楽しんで頂きます。一碧湖の歴史、また一碧湖特有の植物や飛来した冬鳥など、「一碧湖ならでは」「この季節だからこそ」の解説を聞きながら、紅葉の湖畔(大池、沼池)を一周します。初めての方はもちろん、既に訪れたことがある方も伊東の名所一碧湖の魅力を再認識する良い機会になると思います。
秋限定、当日まで内緒のお楽しみもあります。
伊東自然歴史案内人会 大室山ガイドウォーク [2009年11月08日(Sun)]
伊東自然歴史案内人会城ヶ崎・大室山部会からのお知らせです。


△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 
大室山ガイドウォーク
大室山「お鉢めぐり」と、さくらの里散策

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

日 時
2009年11月14日(土)10:00〜12:00頃まで。
●雨天中止

集 合
大室山リフト乗り場 大鳥居の前 受付9:30〜

コース
麓からリフトで大室山に登り噴火口を一周、
その後さくらの里を散策し、集合場所に戻ります。
小さなお子さんや、歩きなれない方でも参加できるコースです。

対 象
上記コースを歩ける方ならどなたでも

参加費
1人500円(中学生以下は無料)
別途リフト代金420円(子ども220円)が必要です。

事前申込不要。
当日集合場所にお集まりください。

持ち物
飲み物、あれば双眼鏡など。歩きやすい靴、暖かい服装で。

その他
伊東自然歴史案内人が、ご案内します。
(原則として参加7名につき案内人1名)

主 催
伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)

問合せ
伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)
石田
電話0557−36−0220 携帯090−6088−3796

■メッセージ 
リフトで登る大室山山頂には、
海・山・空が織り成す、360度の大パノラマが広がっています。
噴火口を一周する「お鉢めぐり」では、太平洋に浮かぶ伊豆諸島、
天城連山・富士山・南アルプス等、大自然の素晴らしい景色が望めます。
空気が透明度を増すこの季節、お天気次第で、
遠く横浜や東京、千葉方面の高層ビルも見られるかもしれません。
大室山にまつわる神話や民話もご紹介する予定です。
さくらの里では、見ごろが続いている十月桜を楽しみます。
伊豆野鳥愛好会 河津川バードウォッチング [2009年11月08日(Sun)]
伊豆野鳥愛好会からのお知らせです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

晩秋の河津川 バードウォッチング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時
2009年11月14日(土)10:00〜15:00
●雨天中止

場 所
河津川(静岡県賀茂郡河津町) 

集 合
伊豆急河津駅前  受付9:40〜

内 容
伊豆急河津駅から河津川遊歩道を上流に向け探鳥します。
ほぼ平坦なコースです。途中で昼食をとり、河津駅まで戻ります。

観察できそうな鳥
クロサギ、コサギ、アオサギ、カワラヒワ、
カワセミ、ジョウビタキ、イカルチドリ、イソシギ、ホオジロ、
セキレイ類、ワシタカ類、カモ類等

カワセミ

対 象
上記コースを歩くことができる方ならどなたでも

参加費無料
(保険等は当会で加入しています)

事前申込不要、当日集合場所へ。

持ち物
双眼鏡(お持ちの方)・弁当・筆記用具
歩きやすい服装でご参加ください。

主 催
伊豆野鳥愛好会(本部:伊東市)

問合せ
事務局 渡辺高助
0557−38−1535

■メッセージ
河津桜の時期には大変な賑わいの河津川遊歩道ですが、
今の時期ならゆっくりと観察できます。
川岸が広く、その割に川幅が狭いので鳥が間近に見られます。
運がよければクマタカが見られるかもしれません。
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml