CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
NPO法人まちこん伊東 シシクボの森で遊ぼう! [2010年04月17日(Sat)]
NPO法人まちこん伊東からのお知らせです。 


森の学校 シシクボの森で遊ぼう!
(4月25日、伊東市) 
    
親子で楽しめる森づくりとして、間伐体験、森の健康調査、ロープ滑降、タケノコ掘り、竹筒を使ったタケノコご飯づくり、竹や木を使った工作など、盛りだくさんのプログラムを用意しました。今建設中のログハウス造りにも挑戦できます。お土産は掘りたてのタケノコです。

日 時:2010年4月25日(日)9:00〜15:30 
●雨天中止

場  所
伊東市吉田字猪久保「シシクボの森里山体験ゾーン」
(集合・解散も同じ)
 

内  容
子ども
お話「森のやくわり」、間伐体験、タケノコ堀り、
竹筒ご飯づくり、工作、読み聞かせ

大 人
ログハウスづくり、間伐体験、林内整備他


募集対象
小学生(小学3年生以上、1・2年生は、保護者同伴で)から
一般成人まで

参加無料
(但し、まちこん伊東っ子クラブ参加者は、当日、今年度保険料を徴収)


持 ち 物
昼食・飲み物・防寒着・雨具(カッパ等)・かゆみ止め
軍手・タオル・タケノコをいれる袋(レジ袋等)
持っている方→ヘルメット・ノコギリ・ナタ・スコップ・唐鍬等の作業道具

申込み
住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、下記へFAXで

FAX0557−51−0149(まちこん事務局 田畑)
締切:2010年4月23日(金)

問い合せ
事務局 田畑みなお 携 帯 090−2777−9345

主 催:NPO法人まちこん伊東・まちこん伊東っ子クラブ

■企画趣旨
 みどりの日を中心とした1ヶ月間、県下各地で森林関係行事を一斉に展開する「春の森づくり県民大作戦」参加行事です。今年のテーマは「未来へつなげる森づくり」で、イベントリーフには
「静岡県の3分の2を占める森林は、地球温暖化防止、災害の防止、生物の多様性など多面的機能を有しています。たくさんの恩恵を与えてくれる森林をより良い形で次の世代に引き継いで行く事が私達の使命といえます。「植える」から「育てる」へ視点を移すと共に「活用する」という視点を加え未来につなげる森づくりとなるよう多くの方々の参加をお待ちしています。」とあります。
国土緑化推進機構・静岡県緑化推進協会の助成を受け、まちこん伊東では毎年実施している活動です。森を守り、育て、活かすきっかけ作りとなることを願っています。
「森の学校」でチエンソーの安全技術を学んだ方々による、模範的間伐作業を同時に行います。 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/281356
コメント
匿名希望さん コメントありがとうございます。

「シシクボの森で遊ぼう」は、森の役割をお子さんから大人までのみんなに知ってもらうことが目的で、
毎年盛りだくさんのメニューで行われます。
25日、私は行けなかったので参加したPalのメンバーに聞いてみました。
予定と少し違うものもあったようですが、たくさんのイベントが行われて、最後のタケノコ掘りの時間が足りないほどだったとか。

確かに、小さなお子さん連れだと丸一日は大変かもしれないですね。
主催の「まちこん」の方にもお伝えしておきます。

ところで、匿名さんは「森の役割」はどのように感じられましたか?
よかったら、また何かの機会に教えてください。

それから小さなお子さんをお持ちのお母さんたちが、困っていることや、
伊東がこんなまちになったらいいなと思っていらっしゃることなども
教えてくださればうれしいです。

よろしくお願いします。
Posted by:Pal  at 2010年04月30日(Fri) 19:50
はじめまして。25日のししくぼの森で遊ぼうに参加させていただいたものです。
親子でたけのこほりなど体験できてとても楽しかったです。
他の参加したお母さんたちと話したのですが、小さい子供連れの方もたくさんいたのでたけのこほりをメインに午前中からやりたかったです。
楽しくて掘る時間が少なかったのと、もし午前中にメインの活動が終わり午後は自由参加という形であるとこれからももっと参加しやすくなると思ったからです。
休日のとてもいいお天気の日に自然の中で親子で過ごせる時間を作っていただきありがとうございまいた。
Posted by:匿名希望  at 2010年04月27日(Tue) 13:15
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml