CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ソーシャル・グッズ・カタログ・ブログ
いろいろな社会的課題にチャレンジする、それも製品や店舗などを通じて。そんな取り組みやグッズを紹介していきます。
お薦めのグッズがあれば、ご一報ください!
« エコ・リサイクル | Main | フェアトレード »
日本財団ROADプロジェクト
プロフィール

ソーシャル・グッズ・コミュニティさんの画像
カテゴリアーカイブ
Google

CANPAN
このブログの中
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/p-goods/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/p-goods/index2_0.xml
そらべあグッズ[2010年04月25日(Sun)]
アースデイ東京で見つけた、ソーシャル・グッズ。



あの「そらべあ」グッズです。

〜この涙を止められるのは、あなたです。〜

ホッキョクグマの兄弟”そら”と”べあ”。

氷の大地が溶けてしまい、お母さんとはぐれた兄弟。

悲しみをこらえて、お母さんを探す旅にでます。


そんなストーリーを持った、「そらべあ」。

3年前くらいに、日本財団ビルでイベントがあったので、もともと知っていましたが、こんなグッズがあったんですね。




写真は、弟の「そら」です。

人間でいうと3,4才くらい。
性格はしりたがりやさんで、甘えんぼうで、食いしんぼうだそうです。

このグッズの売り上げの一部は、NPO法人そらべあ基金に寄付されます。

そらべあ基金は、全国の幼稚園・保育園へ太陽光発電設備「そらべあ発電所」をプレゼントするという取り組みを行っています。
2009年8月末までに全国7カ所にプレゼントしたそうです。

そらべあのキャラクターグッズを購入することで、そらべあ基金を応援できる、ステキなソーシャルグッズですね!

NPOそらべあ基金
東京都千代田区神田淡路町1-23 高木ビル4F
TEL:03-3251-5454
URL:http://www.solarbear.jp/

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
21
ぼらせん@東京ボランティア・市民活動センター[2010年04月20日(Tue)]
先日訪問した、東京ボランティア・市民活動センター
そこで、見つけたのが、こちら。



「ぼらせん」

ボランティア・センターを略して、「ボラセン」なんて、よく言います。
それをそのままのネーミングで「ぼらせん」。



クールなせんべいですよね(笑)。

この売り上げの一部がおそらく、東京ボラセンの活動に使われるわけです。

「かじってみようボラセン」

「ボランティアしたい!」「NPOで市民活動したい!」
そんな時、あなたのまちのボラセン(ボランティア・市民活動センター)が、おてつだい。
ボラセンにはボランティア・市民活動の情報がいっぱい!
専門のスタッが相談にのって、あなたを応援します。

初めての人にはかじってほしい、
もっとすすみたい人にはかみしめてほしい。
ボランティア・市民活動には、あなたのまちのボラセンから始まります。


ステキなおせんべいですよね。

まずは、ボラセンのことを知ってもらうグッズ、いいですね!

【お問合せ先】
東京ボランティア・市民活動センター
東京都新宿区神楽河岸1−1 セントラルプラザ10F
TEL:03-3235-1171 FAX:03-3235-0050
URL:http://www.tvac.or.jp/

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
14
ゆめきらきらマグネット[2010年03月18日(Thu)]
宝塚に拠点を持ち、全国的な活動も行っている、NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド
今度は、ケータイ国盗り合戦と提携して、神戸の地域活性化=国おこしを行います。

そのケータイ国盗り合戦のキャンペーンの目玉は、こちら。



ソーシャル・デザイン・ファンドが贈る、「ゆめきらきらマグネット」。
300円以上の寄付をすると、このステキなマグネットと、下の「くにふだ」などをゲットできます。




「ゆめきらきらマグネット」、これがすごいんですよね。

作業所の仕事づくりになる商品です
→制作費として正当な工賃を設定しています

ベトナムのガラス職人の応援になる商品です
→ガラス玉は若手職人養成の技術訓練を兼ねています

売上げで地域の応援ができる商品です
→売上げの一部はNPOなどの活動応援に充てられます
→応援先は選択することができます

どんなデザインにも対応できる商品です
→中に入る絵は自由自在 イメージに合わせて制作します

詳しくは、こちらのページをご覧ください。











ソーシャル・デザイン・ファンドは、ステキなチャリティーグッズを活用して、いろんな取り組みをしています。
ROOM TO READ meets T-galaxy かな!?[2010年03月17日(Wed)]
ROOM TO READ(ルーム・トゥ・リード)

アジア、アフリカの途上開発国において、

現地のNGOや村の人々などのコミュニティと協力して、
学校や図書館などの教育に必要な施設を

建設している団体です。


マイクロソフトを辞めて立ち上げられた創設者のジョン・ウッドさんの

著書やインタビュー記事を通じて、知った方が多いと思います。


日本にも支部があり、日本国内でも熱心に周知啓発や、

ファンドレイジングを行っています。

2010年、注目度の高い団体の一つですね。


そのROOM TO READ(ルーム・トゥ・リード)が、

あの久米繊維工業と、コラボレーションです!




アーティストTシャツ→ROOM TO READ


まずは、訪問して、

ステキなイラストと

ステキな言葉と

ステキなTシャツを

見てみてください。


Tシャツを購入すると1枚につき1,000円が
教育施設建設のための資金になるそうです。

Tシャツを着て街を歩くだけで、
ROOM TO READのことや、
教育を必要とする子どもたちの存在を
知ってもらうきっかけになります。


ROOM TO READ(ルーム・トゥ・リード)、なにやら6月にステキなイベントを行うそうです。

そちらも、かなり気になりますね、ふふふ。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
ソーシャル情報〜Yamada's Holdings