CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
境港親と子どもの劇場
未来につなげよう!劇場のこころを

境港親と子どもの劇場は1994年7月に発足。
「子どもたちに生の舞台、演奏会に触れられる機会をつくりたい」という思いで運営しています。
« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
座禅の会in龍泉寺 その1[2013年07月28日(Sun)]
7月25,26日は子ども部企画のお泊まり会でした手(チョキ)
しおりも自分たちで作成し、張り切って当日を迎えた子どもたちわーい(嬉しい顔)
P1000079.JPG
まずは心静かに座禅を組みます。たった15分ほどの短い間でしたが、とても長~く感じたようですふらふらあせあせ(飛び散る汗)
P1000018.JPG
みんなが楽しみにしていた流しそうめんグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
上手くキャッチできる子、そうでない子…小さな人たちは、ざるにたまったそうめんを必死でつまんで食べてましたるんるんるんるんるんるん
いつもよりたくさん食べ、おいしいおいしいそうめんでした〜手(チョキ)
P1000023.JPG
お腹がいっぱいになった後は、本堂でゆっくりとする時間。昨年は遊びたくて仕方がなかった子どもたちですが、今年は自分たちで計画したこともあり、紙芝居を楽しみました揺れるハート
読み手は、副実行委員長の祐成くんです。お母さん達からも「とても上手だった!」とほめてもらいましたぴかぴか(新しい)
P1000033.JPG
ゆったりとした気分のまま、写経に挑戦手(グー)
えんぴつの音しか聞こえないくらいの集中力exclamation×2
P1000036.JPG
どろぼうがっこう[2013年07月15日(Mon)]
7月鑑賞例会(7月12日:境港市民会館大会議室)は地元鳥取県の劇団:鳥の劇場による「どろぼうがっこう」でしたぴかぴか(新しい)
かこさとしさん原作の絵本から飛び出してきたかのような雰囲気に、開演前からワクワク感いっぱいわーい(嬉しい顔)
みみずくがどろぼうがっこうのお話を始めます。いったいどこからどろぼうたちが登場してくるのだろうと、子どもたちの気持ちがだんだん高まってグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P2150069.JPG
会場のあちこちからどろぼうたちが登場すると、子どもも大人も大興奮ぴかぴか(新しい)
くまさか先生はじめ、個性あふれるどろぼうがっこうの生徒たちの授業&遠足の様子に笑ったり、息をのんで見守ったりわーい(嬉しい顔)
P2150066.JPG
P2150079.JPG
併演のジャマイカ民話「アナシンと五」では、2人の役者のやり取りにくぎ付け目
不思議な楽器が奏でる不思議な効果音も観客の気持ちを盛り上げましたグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)
P7120174.JPG
終演後、どろぼうから”鍵開け体操”や”ぬきあしさしあし”の仕方を伝授してもらい、子どもたちは真剣そのものexclamation×2
P2150096.JPG
とっても上手に歩き、ほめられましたるんるんぴかぴか(新しい)るんるん
これでりっぱなどろぼうになれそうですひらめき手(チョキ)
P2150101.JPG
カーテンコールはコロポックルサークルの子どもたちが、手作りうちわと鬼太郎のおかしをプレゼントしました黒ハート
P2150084.JPGP7120169.JPG
Posted by 祐杏神 at 00:57 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

境港親と子どもの劇場さんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/oyatoko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyatoko/index2_0.xml