CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
境港親と子どもの劇場
未来につなげよう!劇場のこころを

境港親と子どもの劇場は1994年7月に発足。
「子どもたちに生の舞台、演奏会に触れられる機会をつくりたい」という思いで運営しています。
« 例会 | Main | その他 »
7月例会事前交流会[2018年06月15日(Fri)]
6月10日(日)
7月例会「おはなしちんどん」(劇団風の子)の事前交流会として「むかしあそび」を開催しましたexclamation

折り紙&お手玉の先生は、かもめ会の梶川さんです。
かぶとやアヤメ、鶴などいろいろと教わりました。
お手玉の腕前もお見事で、みんな見入ってしまいましたぴかぴか(新しい)

P1300695.JPG

P1300704.JPG

けん玉の先生は、会員のお父さん。
みんな真剣ですexclamation
膝を使って・・・まっすぐ引き上げて・・・難しい技ができる親子もグッド(上向き矢印)
劇場のみんなは、隠れた才能をたくさん持っているようですわーい(嬉しい顔)

P1300689.JPG

コマはみんな結構上手に回していましたね〜るんるん
手に乗せて回せる子もいてビックリぴかぴか(新しい)

P1300699.JPG

お母さんたちが子どもの頃、休憩時間になるといつもやっていたゴムとびわーい(嬉しい顔)
今は全く見かけなくなり、子どもたちとぜひ復活させよう〜グッド(上向き矢印)exclamation
みんなでやり方を思い出しながら跳びましたexclamation

P1300686.JPG

P1300681.JPG

道路が舗装され、地面に線を引いて遊ぶこともできなくなってしまった石とりゲームわーい(嬉しい顔)
石を投げて、そこまでけんけんで行って、スタート地点までけんけんでもどってくるだけの簡単な遊びです。
けんけんパ!ができない子どもが意外に多いことにも驚きですがく〜(落胆した顔)

P1300698.JPG

最後は、全員ではないちもんめわーい(嬉しい顔)

P1300709.JPG

子どもも大人も夢中になって遊び楽しい時間を過ごしましたるんるん
「おはなしちんどん」では、どんなお話がとびだすのかexclamation
ますます楽しみが増えましたねグッド(上向き矢印)

P1300721.JPG
子どもわいわいカーニバル[2018年03月03日(Sat)]
2月10日(土)境港の夢みなとタワーにて、“子どもわいわいカーニバル”を開催いたしました。
一週間近く降り続いた雪のため、足元がかなり悪い状態でしたが、そんな中を毎年楽しみにしてくださっている方や、チラシ等をご覧になってくださった方々がご来場くださいました。本当にありがとうございました!
 まず賑わっていたのは『子どもフリーマーケット』。我が子も私に20円要求し、手にして帰って来たのは大好きなガメラの人形でした。子ども店長さん達は、商品を手作りしたり、陳列を考えたり、お客さんとやり取りしたりと大人顔負けでした。実体験を通してコミュニケーションの力や社会に出ていく力をつけるのだと思いました。
P1290979.JPG

衣類やカバン、靴、日用品、いろーんな物が格安で購入できる『バザー』も大人気。つぶつぶ食感が好評の手作りの玄米餅や、会員さんが焼いてくださった食パンも販売しましたよ。Nさんが焼くこの食パンは、トーストすると外はカリッと中はもちもちでとっても美味しいと評判なんです。かたくなっても、蒸すと焼き立ての時よりフワッフワッのモッチモチになって二度おいしい!よだれの出たあなた、来年ぜひお越しください。Nさんにまた提供いただけるようお願いしておきます!
P1290980.JPG

P1290983.JPG

『工作コーナー』では、布製の袋に絵を描いて、世界に一つだけのオリジナルバッグを作っていただきました。洗濯もOKなんですよ。記念になりますね〜。
P1290978.JPG

仕切りを隔てた一角の『わらべうたコーナー』では、親子で手あそびうた等を楽しんでいただきました。お母さんと赤ちゃん、子どもさんに心地よい時間を過ごしてもらえたかな♡覚えた手あそびをお家でもやってみてね(^^♪
P1290990.JPG

『クイズコーナー』は、あらかじめ指定した5人を会場の中で探すというもの。ウォーリーを探せのリアル版!?参加者は、顔写真とヒントがかかれた紙を手に会場内をグルグル。お疲れ様でした!
P1290982.JPG

一通り回った後は『喫茶コーナー』で休憩。玄米餅入りのぜんざいを多めに用意したつもりでしたが、なんと完売。来年は何にしようかな???

 来年は、2019年2月17日(日)に開催予定です!時間は10時〜12時。スケジュール帳に書き込んでくださいね。お待ちしてますよ〜(^_-)-☆
境港漁港ツアー[2017年07月06日(Thu)]
地元のことなのに、よく知らない・・・。ということで、
6月24日(土)、境港の漁港を見学しに行ってきました。

参加者は、大人3名、子ども7名で、ガイドさんに連れられて
朝7時に見学スタート!
港にはすでに沢山の魚があがっていて活気に満ちていました。

まず目に入ってきたのは紅ズワイガニ。
この見事な赤い色は、深海では保護色になるのだそう。
DSCF3816.JPG

次は境港が水揚げ量日本一を誇るクロマグロ!
この日は大漁で、来ていた子どもよりも大きなマグロが
次々と船から運ばれてきます。
境港では“生”が売りということで、冷凍するのではなく、
すぐに氷を詰めるのだそうです。目の前ではすごいスピードで
その作業が進められていきます。間近で見る職人技に、
大人も子どもも釘付け目
境港でのクロマグロの水揚げシーズンは主に6月と7月。
漁獲量の管理、制限や成育状況の調査もしっかり行い、
獲るだけでなく、守っていくということも積極的にされている
というお話も聞かせていただきました。
漁港.JPG

DSCF3820.JPG

他にもサワラなどがあり、この日は全部で1,500トンくらいの水揚げがありました。
1,000トン以上あると、市役所に大漁旗が掲げられるそうです。
大漁旗.JPG

マグロが大漁の日は、鯉のぼりではく「マグロのぼり」が
市役所に掲げられます!
これも境港ならではですねぴかぴか(新しい)
2017070610500001.jpg

1時間しっかり見させていただき、あらためて海の恵みと、
それを後世に残し、伝えていく取り組みに感謝の思いが
わいてきました。「魚のまち、境港」を実感できる良い体験になりましたexclamation×2
DSCF3821.JPG

今回は、漁港見学に行きましたが、次はどういった事をしようかな???
それでは、お楽しみに〜わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
DSCF3823.JPG
【中止します】2/12(日)こどもわいわいカーニバル[2017年02月11日(Sat)]
明日2/12(日)に予定していた第15回こどもわいわいカーニバルですが、大雪雪のため、中止することになりましたもうやだ〜(悲しい顔)

とても残念ですが、後日フリマやバザーだけでも開催できないか、検討中です。
開催できることになりましたら、またここで告知します。
第14回こどもわいわいカーニバル[2015年02月20日(Fri)]
2月11日(水・祝)は
子どもわいわいカーニバルでした。

恒例の子ども店長のフリマは大盛況わーい(嬉しい顔)
値切ったり値切られたりるんるん的当てコーナーや千本引きなど、工夫いっぱいのお店がズラリグッド(上向き矢印)
お客さんに喜んでもらおうとがんばっていましたよ。
P1070209.JPG

P1070191.JPG

はてなサークルの先輩ママさんたちによるわらべうたコーナーでは、親子で楽しい時間を過ごしましたるんるんるんるんるんるん
春を先取り「ずくぼんじょ」やみんなでわいわい「どんどん橋」は大盛り上がりグッド(上向き矢印)
P1070203.JPG

工作コーナーは「レインボールーム」
フォークを使って小さな輪ゴムを編んで、ブレスレットを作ってみました。
初めてのことで、お客さんが来てくれるだろうか・・・と思っていましたが、これも待ち時間ができるほどでしたぴかぴか(新しい)
4人の高校生ボランティアのお兄さん&お姉さんが、丁寧に子どもたちに教えてくれましたぴかぴか(新しい)
ありがとう〜ハートたち(複数ハート)
P1070189.JPG

前日に会員で作った炊き込みご飯や、手作り食品は完売exclamation
手作りスイーツ&お茶のカフェでゆったりくつろぐお客さんの姿もありました。
P1070198.JPG

P1070190.JPG

お楽しみ抽選会は、抽選に参加できない子どもさんがいたほどの賑わいとなりました。
景品をながめながら「あれが欲しい~」とわくわくしながら順番を待つ子どもたちで、熱気にあふれた抽選会となりましたわーい(嬉しい顔)
(写真がないのが残念もうやだ〜(悲しい顔)

この日のために、会員同士また親子でいろいろ準備をしてきました。
その時間もとっても大事な時間です。
今回は、ブックカバーを使ったメモ帳作りもし、バザーで販売しました。
いろいろなことに挑戦しながら、さらに楽しめるカーニバルにしていきたいと思います。
手作り品を提供してくださった会員のみなさん、ご来場してくださったみなさん、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
夏休み子ども企画[2014年08月31日(Sun)]
夏休み子ども企画ぴかぴか(新しい)

8月3日、市民の森で夏休み子ども企画を行いました。
子どもたちが自分たちでやりたいことを考えたり、必要なモノを準備したり。
大人も、ちょっとだけ手伝いました(笑)
当日はぐずついたお天気で心配しましたが、開催できてよかった揺れるハート

やっぱり水遊びは楽しいるんるん
CIMG4291.JPG

CIMG4283.JPG

クイズラリー。クイズを探すのもけっこうむずかしい。
お姉さんたち、上手にかくしましたね。
CIMG4294.JPG

見ぃつけた~。
CIMG4293.JPG

待ちに待った、お弁当の時間。
CIMG4306.JPG

CIMG4307.JPG

定番のスイカ割りも。
CIMG4308.JPG

男の子たちが楽しみにしていた、キックベース。雨の中でもへっちゃらです手(チョキ)
CIMG4312.JPG

みんなそれぞれ、楽しい夏の思い出ができましたわーい(嬉しい顔)
アートスタート公演[2014年07月12日(Sat)]
7月10日(木)
「坂野知恵のWarabe-uta party」
心配された台風もみんなのパワーで吹き飛ばし、無事に終えることができました揺れるハートぴかぴか(新しい)

2年前「暮らしとアートとコノサキ計画」により、境港のここあん(上道町)で誕生したアートスタート作品を、ぜひ境港の親子に楽しんでもらいたい!
そう願ってこの作品を選びました。
開演前はざわついていた会場も、「チリン♪」というシロフォンの音色が聴こえた途端、シーンと静まりかえりましたひらめき
何が始まるんだろう〜という興味津々の子どもたちは舞台そでから顔を出した3人の出演者にくぎ付け目
あの瞬間は鳥肌が立つほどでしたexclamation×2

P1040407.JPG

さすがです手(チョキ)
知っているわらべうたになると、みなさんいっしょに歌って楽しんでいましたね〜るんるんるんるんるんるん
そうやって、子どもをおひざにのせてお母さん(お父さんの参加もありましたるんるん)が楽しんでくれることが小さな人たちにとっては一番なんですねぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

途中、男の子がウロウロし始めなかなかじっとしていられませんがく〜(落胆した顔)
お母さんはどうにか座らせようと必死で、心配している様子ふらふら
でもよ〜く見ていると、動きながらもしっかりと歌を聴いて楽しんでいるのがよくわかります手(チョキ)ぴかぴか(新しい)
きっと、楽しさを体で表現していたのでしょうねわーい(嬉しい顔)
小さな人たちは、いろんな表現の仕方をします。
演者さんや他の参加者の方に迷惑をかけているわけではなかったので
「ちゃんと楽しんでいるので、そっとしておいてあげてくださね」
とお母さんにはお伝えしました。
生の舞台に触れる機会を続けていけば、心の栄養がどんどん増えると同時に、舞台の見方も心得られるようになってくるでしょう。
楽しい時間を親子で共有できる場を、今後も継続して開催していきたいと思いました。

今年のおみやげはこれexclamation×2
「どんぐりころちゃん」マスコットですわーい(嬉しい顔)
実行委員のメンバーが一つひとつていねいに縫いましたよぴかぴか(新しい)
毎年このおみやげを考えて、作るのも実行委員の楽しみの一つとなりました手(チョキ)

P1040329.JPG

終演後は、知恵さん&IBUKIさん&もりさやちゃんを囲んでの昼食交流会わーい(嬉しい顔)
劇場運営委員長:岩本裕美さんのおひさまキッチンで作っていただいた、つぶつぶランチをいただきながら、楽しく美味しい時間を過ごしましたるんるんひらめきわーい(嬉しい顔)

P1040430.JPG

ステキな看板を作ってくれた内田五月さんは、体調不良のため参加できず残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)が、実行委員のメンバーと記念撮影手(チョキ)
みんな小さな子どものママさんたちですひらめき
これからの劇場を担ってくれる若いパワーです右斜め上ぴかぴか(新しい)右斜め上

P1040432.JPG
狂言ワークショップ[2014年07月08日(Tue)]
ぴかぴか(新しい)6月29日(日)ぴかぴか(新しい)
念願だった民族芸能アンサンブル若駒
誉田創観さん、桜田舟完さんによる
狂言ワークショップを開催しました手(チョキ)

「まかりいでたるものは〜」
という張りのある創観さんのお腹に響く声から始まり
1時間半たっぷりと狂言の所作や楽しみ方を教えていただきましたるんるんぴかぴか(新しい)

動物の鳴き方も、普段の表現とは全く違うんですね〜がく〜(落胆した顔)

基本の立ち方を習い、歩いてみました。
胸を大きく張って歩く人、内またの人、小さな歩幅の人・・・
少しの所作の違いが、身分の違いや男女の表現になるのだそうです。

P1040337.JPG

座るときも、ゴロンと横になるときも一つ一つ動作があります。

P1040343.JPG

最年少2歳のよっちゃんも真剣にお兄ちゃんたちにまじって歩きましたよわーい(嬉しい顔)手(グー)

P1040354.JPG

子どもたちの集中力もすごかったけれど、子どものように柔軟な心で、一生懸命学ぶ姿勢のお母さんたちの姿が素晴らしかったです手(チョキ)ぴかぴか(新しい)と創観さんにお褒めの言葉をいただきましたよわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

公演本番に向けて、楽しみが増しました〜グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

今月20日(日)14時〜
「ずっこけ狂言ばなし どろピカぽん」

さかい幸朋苑 ナマステホール

5月例会事前お楽しみ交流会[2014年05月01日(Thu)]
4月26日(土) 5月例会事前お楽しみ交流会
     人形劇団ココンさんによる
「チャハハ丸とヘヘヘ丸」
    5月5日(日・祝) 14時開演
    境港市民会館 大会議室

例会をより楽しもう〜グッド(上向き矢印)るんるんグッド(上向き矢印)と、マリオネットを作ってみました。


DCIM0661.JPG

とても個性的で凝った作品がたくさん完成しました手(チョキ)

DCIM0669.JPG

お父さんもいっしょに家族そろっての参加もありましたぴかぴか(新しい)
「歌子さんのはじめてのコンサート」[2013年11月03日(Sun)]
10月3日(木)11:00〜
「歌子さんのはじめてのコンサート」
境港市民会館 大会議室

約30組の親子さんとゆったり楽しい時間を共にしましたるんるん
やさしい歌子さんの歌声は、とても心地よく、赤ちゃんも大人もうっとり揺れるハート
P1000624.JPG

珍しい楽器と音色に興味津々の小さな人は、静かに耳をすませて…触って、たたいて大喜びでしたわーい(嬉しい顔)
小さな人たちの様子を見ながら、できるだけ目を合わせないように近寄って怖がらせないように…というぴん太郎さんひらめき
P1000636.JPG

我が子がおひざのうえで楽しそうにしている様子を見て、お母さんたちも笑顔いっぱいにわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
小さな人こそ生の舞台の素晴らしさを心と体で感じていることを実感していただけたかな?
体感しないとわからない、言葉ではうまく伝えることができないアートスタートのよさぴかぴか(新しい)
継続していけるようがんばろう〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

歌子さん&ぴん太郎さんもとっても喜んで下さった手作り看板exclamation×2
P1000621.JPG

毎回、どんなものがよいのか…と悩みながら、手にした子どもたちが喜んでくれることを願いながら作るおみやげひらめき今年は、コンサートにちなんで音符形のガラガラるんるん
P1000509.JPG

市生涯学習課&子育て健康推進課より2名の方がアートスタート実行委員のメンバーに加わって、お手伝いしていただいていますぴかぴか(新しい)
本年度、境港市は市内保育園・幼稚園でアートスタート事業を行っていますexclamation×2
「子育てするなら境港グッド(上向き矢印)
このキャッチフレーズがぴったりの境港ですexclamation本当に素晴らしいことですぴかぴか(新しい)るんるんぴかぴか(新しい)
P1000646.JPG
| 次へ
検索
検索語句
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

境港親と子どもの劇場さんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/oyatoko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyatoko/index2_0.xml