CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
境港親と子どもの劇場
未来につなげよう!劇場のこころを

境港親と子どもの劇場は1994年7月に発足。
「子どもたちに生の舞台、演奏会に触れられる機会をつくりたい」という思いで運営しています。
« 例会のお知らせ | Main | 自主活動 »
3月例会[2018年03月08日(Thu)]
3月1日(木)は、劇団風の子九州さんによる
「いまからいえでにいってきます」でした。

ノハラハラ?いったい何が始まるのだろうかとワクワク感が盛り上がる案内板はわははサークルが作ってくれました。
P1300079.JPG

クローバーサークルの末吉姉弟による司会のあいさつ、岸兄妹によるお約束で例会が始まりました。
P1300087.JPG

P1300089.JPG

やわらかい白いベールに包まれたあっくんが登場します。少しずつ成長していくあっくんを優しく静かに見守る子どもたちでした。
そして、4歳になったあっくんは「赤ちゃんなんかいらない!」と家出をしちゃいました〜がく〜(落胆した顔)
1本のたんぽぽの綿毛に誘われるままに着いたところは不思議な原っぱノハラハラ!?
そこで出会った変わった植物たちとのあっくんの大冒険に興奮が冷めない子ども&大人たちわーい(嬉しい顔)
11ヶ月の小さな人もず〜っと声を出して、あっくんを応援しているようでしたグッド(上向き矢印)

P1300099.JPG

P1300107.JPG

カーテンコールはコロポックルサークルの子どもたち。
3名のキャストそれぞれのネームを革に刻印してストラップを作ってくれましたぴかぴか(新しい)
「いつも持っているものに付けます!」と喜んでくださいましたわーい(嬉しい顔)
P1300075.JPG

あっくんの成長ぶりに元気をもらい、みんなニコニコ笑顔になりました。
とにかく「面白かった〜るんるん」という言葉しかでないほど、楽しい例会となりましたわーい(嬉しい顔)
担当サークルの子どもたちも張り切って片づけを手伝ってくれ、あっという間に撤収終了ひらめき
P1300109.JPG
風の子九州のみなさん、遠いところからありがとうございましたるんるん
Posted by 祐杏神 at 15:34 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6月例会 よしとの飛び出す紙芝居tukuru[2017年06月13日(Tue)]
6月10日(土)は
よしとさんによる、みんなで歌って踊る参加型紙芝居パフォーマンス!
「よしとの飛び出す紙芝居tukuru」でした!

紙芝居の舞台風の看板にバルーンアートで花を添えてくれたのは、中学生のはるくん。
スヌーピーと、チャーリーブラウンは小さい人たちに大人気揺れるハート
P1280531.JPG

お約束の当番は、きらきらいちごサークルの子どもたちるんるん
みんなしっかりと聞いてくれましたね。
P1280537.JPG

よしとさんの紙芝居は参加型なので、静かにおとなしく観ていてはいけませんがく〜(落胆した顔)
大いに笑って、楽しさを体で表現して楽しみますグッド(上向き矢印)るんるんグッド(上向き矢印)
子どもたちもびっくりの大人の「ろうそく隊」登場わーい(嬉しい顔)
みんな自分を捨ててがんばりましたぴかぴか(新しい)
P1280545.JPG

あまりの楽しさに、どんどんと前へ前へと自然に体が動き出す子どもたちグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
よしとさんの紙芝居にぐいぐい引き込まれていきますわーい(嬉しい顔)
この中には、始まってすぐの紙芝居『山の伝説』のやまびこの声が怖くて「絶対にもう観ない!」と後ろの方で泣きそうになっていた子がいるのですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
気が付けば、最前列でよしとさんに駆け寄っていましたわーい(嬉しい顔)
P1280553.JPG

他人と比べてばかりのニワトリのおはなし『ニワトリの唄』は、みんなとても静かに聞き入っていました。
楽しい中にも素敵なメッセージが込められたよしとさんの紙芝居でした。
P1280554.JPG

カーテンコール担当は、テテラサークルさんるんるん
大好きだというブルーインパルスの手ぬぐい(先月の航空祭で、よしとさんのために選んだそうです!)に、よしとさんと大盛り上がりでしたグッド(上向き矢印)
P1280533.JPG

公演終了後は、会員のみのお楽しみ企画exclamation×2
布バッグに思い思いの絵を布用クレヨンで描き、世界に一つのバッグを作りましたぴかぴか(新しい)
よしとさんが紙芝居のキャラクターを描いてくださり、それを下に敷いて描いたり、オリジナルの絵を描いたりわーい(嬉しい顔)
P1280571.JPG

終わりごろには、よしとさんのサイン会に発展グッド(上向き矢印)
布用クレヨンなので、洋服に描いてもらう人の列ができるほどでしたひらめき
P1280581.JPG

そして、最後は何と〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
販売のお手伝いで会場に来てくださっていた、よしとさんの相棒であるスペシャルゲストひうたさんとのコラボで『デハ二』の紙芝居exclamation×2
「よしととひうたの紙芝居」復活に大人の方が興奮してしまいましたグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)
ひうたさん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
P1280594.JPG


会員減少の中、仲間を増やすべくがんばっていますが、この楽しさをたくさんの親子さんへ届けられるよう、今できることをもっともっとがんばっていこうexclamation×2と思えた例会でした。
よしとさん、ひうたさん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
P1280598.JPG

るんるんおまけるんるん
飾り担当のきらきらいちごサークルさん作成の「よしとさんの顔だし」看板るんるん
ご本人が顔出しても違和感がないくらい、とっても上手に作ってくれてありがとう〜ぴかぴか(新しい)
P1280528.JPG
Posted by 祐杏神 at 10:50 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
5月例会 アンディ先生のストリート・マジック[2016年05月09日(Mon)]
5月7日(土)
マジックファクトリーさんによる
「アンディ先生のストリート・マジック」

2年前の中四国会議でアンディ先生のマジックを観た子どもたちが「絶対に境港の仲間たちといっしょに観たい!」と企画し、やっと実現しましたぴかぴか(新しい)

子ども部実行委員会を立ち上げ、看板やチケット、ポスター作成や新聞投稿原稿まで全て子どもたちががんばりましたパンチexclamation×2
準備をすすめながら、アンディ先生と会える日を心待ちにしていた子どもたちわーい(嬉しい顔)

2016033014580001.jpg

看板はとっても工夫がいっぱいで、赤い帽子の中からいろんな物が飛びだしてきますグッド(上向き矢印)

P1250108.JPG

司会は久しぶりに「祐柊(ゆうしゅう)」コンビで、マジックも披露してくれましたよひらめき
アンディ先生の前座を立派に努めてくれましたわーい(嬉しい顔)

P1250109.JPG

芝居仕立てのお約束で、会場のみんなもあっと驚く仕掛けがあり、みんなの心にしっかりと届いたようですひらめき

P1250120.JPG

アンディ先生とお弟子さんのモンブランことモンちゃんも登場し、目の前で次々と起こるマジックに会場一同驚きの連発exclamation×2
瞬間移動や空中浮遊・・・あり得ないことが起こるたびに大きな拍手と「え〜っ!!!なんで〜??」の声が上がりますがく〜(落胆した顔)
ただ観るだけではなく、体験型のマジックショーなので、子どもたちは元気の良い声でアピールしてました手(パー)手(パー)手(パー)

P1250137.JPG

カーテンコールでも、頭にかぶった帽子の中からプレゼントが飛び出す!という仕掛けありの演出で楽しませてくれましたるんるんるんるんるんるん

P1250172.JPG

公演終了後は、手作りのお菓子とお茶で交流会喫茶店
モンちゃんがマイクを手に持ち、子どもたち一人ひとりへインタビューしてくれましたわーい(嬉しい顔)その流れがとっても自然で、子どもたちのことが大好きな人なんだな〜と、子どもたちがモンちゃんから離れなくなってしまったほどですハートたち(複数ハート)

P1250183.JPG

アンディ先生とモンちゃんへの質問コーナーで聴いた、マジックを通した子どもたちへの想いがとても素晴らしく、子育てをする上でも大切にしていきたいことがたくさんありましたぴかぴか(新しい)
子どもたちをひき付けるトークが自然なのだけれど、それもこれまでの経験で試行錯誤してこられたからこその言葉であったり、その場で子どもたちの様子を見て瞬時に反応した言葉だったり。
“場数をふむ”と言われていましたが、言葉の端々に子どもたちへの愛情をすごく感じましたハートたち(複数ハート)
子どもたちの心だけでなく、私たち大人の心もがっちりとつかんだお2人です手(チョキ)

P1250191.JPG

お見送りするために外に出てからも、車の前で最後のマジックを披露してくださったアンディ先生とモンちゃんわーい(嬉しい顔)
みんな別れがたくて、走る車が見えなくなるまで手を振ってお見送りをしましたもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)

P1250201.JPG

会員が年々減少していますが、この日は4名の新入会もありましたぴかぴか(新しい)
最初から最後まで子どもたちががんばってくれたおかげで、本当に楽しい例会となりました、ありがとうわーい(嬉しい顔)黒ハート
子どもたちの無限のパワーを見せてもらい、これからがより楽しみになりましたね〜るんるんグッド(上向き矢印)るんるん
大人たちも負けないよう劇場を盛り上げていきましょうグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)
Posted by 祐杏神 at 17:38 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
7月例会 和太鼓ライブ[2015年07月19日(Sun)]
7月19日(日)
吟遊打人さんによる和太鼓ライブ
「いのち出発2」

コロポックルサークル「祐柊コンビ」の銘司会は健在で、会場のみんなが一気に集中しましたわーい(嬉しい顔)

P1090846.JPG

5歳の神太くんの太鼓の合図でお約束をしていきます。
(吟遊打人さんと同じ太鼓を描いたプレートは大好評で、帰り際にプレゼントさせていただきました♪コロポックル島田さん作成ですぴかぴか(新しい)

P1090849.JPG

吟遊打人の4人が太鼓を叩きながら登場すると、会場はあっという間に太鼓の迫力に大興奮わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
自然に湧き起こる手拍子に合わせて、思わず体が動くほどでしたexclamation×2
大熊手の登場に、会場は大歓声〜exclamation×2
太鼓に合わせて良さんの大熊手が”福”を舞い込んでいきます。
ここで、大熊手が折れてしまうというハプニングががく〜(落胆した顔)
しかし!
子どもたちの感想はすごかった!
「なかなか見られないものを見ることができてラッキーだった手(チョキ)
とっても前向きな発想がうれしいですねわーい(嬉しい顔)
「支えきれないほどの福」
を舞い込んでもらえたのでしょう〜ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)


P1090856.JPG

先月のワークショップに参加してくれた「たびだちっこ」のみんなが、倒れてしまった良さんに力を与えようと熊手踊りと太鼓でがんばってくれました手(グー)
練習の成果があり、力強い太鼓で良さんに元気が〜グッド(上向き矢印)

P1090883.JPG

P1090884.JPG

みんなの幸せを願い、たくさんの福を舞い込むための太鼓。
全身の筋肉を使って、心で音を生み出す素晴らしい太鼓。
アンコールの声が上がりるほどの大盛り上がりとなりました。
「たびだちっこ」たちは2度も吟遊打人さんと共演する機会を与えてもらいました手(グー)
やっぱり”たくさんの福”を舞い込んでもらったようですぴかぴか(新しい)
魂が震えるほどの歌声と笛の音色も加わって、本当に素晴らしいライブでしたぴかぴか(新しい)

P1090892.JPG

P1090894.JPG

カーテンコールの子どもたちは、どんなプレゼントを贈ったのでしょうかひらめき

P1090903.JPG

吟遊打人のみなさんとお片付けもがんばった担当サークルのみんなとわーい(嬉しい顔)

P1090907.JPG

P1090909.JPG
Posted by 祐杏神 at 22:15 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
3月例会「マリカン・ワールド」[2015年03月07日(Sat)]
3月7日(土)マリンバ・カンパニーさんによる
マリカン・ワールドでしたるんるんるんるんるんるん
いつもよりも、ちょっとおしゃれをして「特別な時間」を楽しみましたぴかぴか(新しい)

劇団さんとの打ち合わせのときに、代表 村井さんからホールの使い方から、舞台に上がるときや演奏を聴くときの心得など、大切なお話をしていただきました。
ホール内を走り回らない、舞台に上がるときは舞台の端を踏まないでまたぐなどなど。
当たり前のことばかりですが、きちんとした場でのマナーを子どもたちにしっかりと教える大事な機会でもあることを、今一度みんなで確認し合っていかなければならないと思いました。

P1070506.JPG
司会はコロポックルサークルの2人。
息の合った掛け合いで会場も和やかになりました(*^^*)

P1070509.JPG
お約束はテテラサークルの4人。
ついこの前まで抱っこされていたり、お母さんといっしょじゃないとダメだった子どもたちが、しっかりとお約束を覚えて子どもたちでだけで舞台に上がっている姿に、成長を感じましたぴかぴか(新しい)
きっと、お兄ちゃん&お姉ちゃんたちの姿を見ていて「いつか自分たちも〜!」そう思っていたんだろうね。今度は、お手本を示していく番だねわーい(嬉しい顔)

軽快で楽しい曲「道化師のギャロップ」から始まったコンサートグッド(上向き矢印)るんるんグッド(上向き矢印)
1曲1曲村井さんのわかりやすい解説があり、なるほど〜ひらめきと思いながら聴きました。
目にもとまらぬ速さで動く、マリンバ奏者のお二人のバチの動きに見とれてしまいました。
それぞれ高校3年生、大学1年生になってから始めたというマリンバ。
今から始めたらどれだけ上手く演奏できるようになるかな〜?と、どんなこともいつからでも始められるよ!というメッセージももらいました。
3歳から叩き始めたという村井さんのドラムもとってもカッコよかったですわーい(嬉しい顔)

P1070512.JPG
マリンバについてのお話もありました。
バチの毛糸の巻き具合によって音が変わり、音階によってバチの玉の部分の大きさを使い分けることを実演してくださいました。
低くて深い音から高くて軽快な音まで奏でるマリンバは5オクターブあり、いろんな曲を演奏することができるようです。

P1070517.JPG
途中の体験コーナーで「きらきらぼし」を演奏るんるん
3人とも堂々としていてとても上手でしたねぴかぴか(新しい)

P1070535.JPG
「ドレミの歌」に振り付けをしながら歌いましたわーい(嬉しい顔)
また、マリンバのバチの速さを体験すべく、とってもテンポの速い曲(題名を忘れてしまいました〜ふらふら)に合わせて両手で膝を叩いてみました。たった1分20秒ほどの曲だったのに、テンポについていくのも膝を叩くのも大変で、時間が長く感じられましたあせあせ(飛び散る汗)
終わった後は腕もだる〜く、じんじんするほどでした。
ただ聴くだけではなく、音やリズムを楽しむコーナーもあり、小さい子どもたちも飽きることなく楽しんでいましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

P1070543.JPG

P1070549.JPG
舞台上で振付をしてくれた子どもたちは、ご褒美に演奏者の後ろで最後の曲「剣の舞」を聴かせてもらいました。
なかなか生で聴く機会がないヴァイオリンの音色にうっとりです揺れるハート
そういえば、会場となったシンフォニーガーデンのこけら落とし公演で、境港親と子どもの劇場が共催として初めて開催したのはヴァイオリンのコンサートでしたexclamation×2
当時の運営委員さんたちから、大変だったけれど大成功を収めた話を聴いたことを思い出しました。


P1070504.JPG
カーテンコールは、わははサークル。こんな素敵なプレゼントを用意してくれましたひらめき

P1070560.JPG
終演後はマリンバ体験です。
1本ずつバチを持ち、1音ずつリズムに合わせて叩いてみます。ピアノでいう黒鍵、白鍵それぞれに分かれて叩いてみたり、いっしょに叩いてみたりしながら、だんだんと音楽になっていくのを体感しましたグッド(上向き矢印)
アフリカでは、ず〜っとこうやってリズムを刻み、いろんな音楽を楽しんでいることなどを教えてもらいながら、みんなで創り上げるリズムを楽しみましたぴかぴか(新しい)

P1070576.JPG
半円形の舞台、400席のホールは扇形のシンフォニーガーデンは、本格的なクラシックコンサートを聴くために設計されたホールです。
「ここで演奏してみたかった!」と1年前に村井さんから聴いた時、そんな素敵なホールが身近にあるのだということを改めて感じました。
演奏してみてどうだったのか・・・村井さんから聴くのを忘れてしまいましたが、その村井さん憧れのホールをバックに、お片づけを手伝ってくれたみんなとマリンバ・カンパニーの皆さんと記念撮影ですわーい(嬉しい顔)

Posted by 祐杏神 at 23:58 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月例会[2014年10月05日(Sun)]
9月23日(火・祝)は劇団仲間さんによる
「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」を鑑賞しました。

ペリカンさんのラッパが鳴り響くと、子どもたちもいっぺんに舞台に集中してました。
上演中の4つのお約束のときは、かわいい魔女が4人登場し会場をあっと言わせましたわーい(嬉しい顔)ひらめき

P1050008.JPG

前日は津山子ども広場さんで上演され、津山さんからのキリンの絵のプレゼントを持って来て下さいましたるんるん
(が、残念なことに写真に残すのを忘れてましたもうやだ〜(悲しい顔)
こうやって、他劇場のみなさんとつながっていけるのもいいな〜と感激です揺れるハート

初めてお母さんから離れて一人で観ることができた子どももいます。
文通を通して生まれたキリンとペリカンの友情。
それを見守ってお手紙を配達したペリカンとアザラシ、クジラ先生のあったか〜いやさしさに触れて、子どもたちは最初から最後まで舞台に集中していました。
終演後は、役者さんによるお見送りがあり、1枚1枚手書きのお手紙をもらいました手(チョキ)

P1050015.JPG

そして、夜は劇団員さんたちとの夕食交流会るんるん
このような交流会をするのは、私たちにとって初めてのことでした。
(会員が多かったころは何度もあったようです)
劇団さんにとっては、子どもたちもいっしょの交流会は初めて!ということでしたぴかぴか(新しい)
子どもたちのテンションも高く、食べる暇もないくらいおしゃべりがはずんだ交流会となりましたわーい(嬉しい顔)

P1050021.JPG

2才のこうちゃんは、帰ってからお手紙を書く真似をしていたそうですひらめき
「面白かったよ」などと自分の言葉として楽しかったことをうまく表現できなくても、心の中にしっかりと残っていることがわかり、とっても嬉しかったお母さんですハートたち(複数ハート)
Posted by 祐杏神 at 19:21 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
7月例会[2014年08月05日(Tue)]
遅くなりましたが…
7月20日(日)は7月例会
ずっこけ狂言ばなし
 どろピカぽん

でした〜手(チョキ)

これまでの例会は、運営委員を中心に、お手伝いできる方にお願いをして運営してきました。
が、劇団員さんとの交流も含め、荷物の搬入から舞台設営、そして後片付けまでを、もっとたくさんの会員に体験してもらいたい。これこそが、観るだけではない、劇場の醍醐味なのだということを伝えていきたい。
そう願って、今年度は「会員全員参加型例会」として、いくつかのサークルが担当して例会運営をやってみよう〜右斜め上右斜め上右斜め上
ということになって、初めての例会でした。
以前は、この運営方式だったということで、やってやれないことはない!とみんながはりきってました右斜め上手(グー)

準備段階から子どもたちも参加し、当日ははりきって荷物運びから会場設営のお手伝いをがんばってくれましたぴかぴか(新しい)手(グー)ぴかぴか(新しい)
お約束の子どもたちは、誉田創観さんとの共演とあって、緊張しながらもまたとないチャンスにご機嫌でしたわーい(嬉しい顔)
お約束の場面だけ、許可をいただいて撮影できました手(チョキ)るんるん
障子紙で作った裃をつけて決まってますねぴかぴか(新しい)手(グー)
P1040511.JPG

「かきやまぶし」「かみなり」「二人ばかま」という3つのお話。
特別な舞台装置があるわけではないのに、そこに何かがあるように見えてくる。
表情が豊かで、思わず顔まねをしてしまうほどのめり込んで観てましたわーい(嬉しい顔)
あまりのリアルな表現に怖くなったのか、泣きそうになる子もいましたが、物陰に隠れながらこっそり覗く姿もありがく〜(落胆した顔)
そして、「帰るでござる〜!」ふらふら
ちゃんと聞いているんですね〜グッド(上向き矢印)ひらめき

終演後は、創観さんによる南京玉ずだれの講習もありましたぴかぴか(新しい)
みんな上手にできていて、かくし芸が一つ増えましたねひらめき

P1040528.JPG

担当サークルのみんなは、最後まで片づけをがんばりました右斜め上

P1040522.JPG

藤原正憲さんよりサイン色紙の贈呈後、記念撮影ぴかぴか(新しい)
民族芸能アンサンブル若駒さんのファンが増えましたね〜ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

P1040535.JPG

若駒さん、ありがとうございましたるんるんるんるんるんるん

P1040533.JPG


Posted by 祐杏神 at 22:40 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「チャハハ丸とヘヘヘ丸」[2014年05月12日(Mon)]
5月5日(日・こどもの日)は人形劇団ココンさんによる
「チャハハ丸とヘヘヘ丸」
でした〜わーい(嬉しい顔)

P1040089.JPG


腹話術「クッキーとチュータ」とココンさんの3人のやり取りは最高に面白く、子どものみならず大人の心もわしづかみぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
子どもの笑い声よりも大人の笑い声の方が会場に響き渡っておりましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

その大人の笑い声って大事なんですよねexclamation×2
「あ〜こうやって、楽しいときには笑っていいんだ〜」って子どもも大人も心が開放されます揺れるハート

そして、4体のマリオネットをたった一人で操るココンさんの人形劇に魅了されました目
巧みに操られる人形、4つの声を使い分ける技ぴかぴか(新しい)ひらめきぴかぴか(新しい)
たった一人で演じているということも忘れてしまうくらいでしたわーい(嬉しい顔)

その後、忍者ごっこや腹話術で楽しんだお家がきっとたくさんあったことだろうと思いまするんるん

P1040087.JPG

P1040085.JPG

受付がスムーズになるようにがんばったクローバーサークル。
「いい本が消費税抜きで買えます〜!」と声を出して本の販売に貢献したコロポックルサークル。
子どもたちのやる気に満ちたいい顔はステキでしたぴかぴか(新しい)

P1040091.JPG

みんなで「こんちくわ〜〜〜〜!」でココンさん&奥さまを囲んで記念撮影わーい(嬉しい顔)
Posted by 祐杏神 at 10:16 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Witty Lookのプティ・ブティーズ[2014年03月28日(Fri)]
3月21日(金)境港市幸神体育館にて境港親と子どもの劇場創立20周年記念事業vol.6
「Witty Lookのプティ・ブティーズ」
(チィキィ*パークゥ)

前日までのお天気がウソのように朝からどんよりと曇り、みぞれも降る寒い朝雪
暖房もない体育館で仕込みが始まりましたふらふら

まずは担当サークルが早めに集合し、打ち合わせをしていきます。
お約束の子どもたちは、ナント!劇中に登場しCHEEKY!さん&DAIKIさんと共演わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
≪失敗は失敗だと思ったときに失敗となる!フォローするから大丈夫よ手(グー)
との言葉をもらい、みんなで心を一つに右斜め上右斜め上
P1030786.JPG

公演が始まる直前まで、今回は音響担当スタッフとして参加の和也さん指導のもと、ジャグリング体験るんるん
のみこみが速い子どもたちで、すぐに上手になっていきましたね〜わーい(嬉しい顔)
P1030788.JPG

CHEEKY!さん手作りのお魚をかぶり、お魚になりきってお約束をする子どもたち。お二人のフォーローもすばらしく、子どもたちも楽しそうでしたわーい(嬉しい顔)るんるん

P1030813.JPG

P1030820.JPG

一輪車世界チャンピオンでギネス記録も持つDAIKIさんぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)
柔軟な体を生かしてあっexclamation×2と驚く演技の連続で会場を爆笑の渦に巻き込んだCHEEKY!さんわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
二人の息の合ったパフォーマンスは「楽しすぎる!」の一言でした。
P1030897.JPG

P1030903.JPG

P1030914.JPG

あまりの楽しさになのか、思わず立ち上がり一輪車の後を追いかけて出ていく小さな子がく〜(落胆した顔)
二人は一輪車から降りて「いっしょにやってみる?」と話しかけた。そして、何事もなかったかのようにまたショーが始まったのでしたひらめき
ハプニングも笑いにかえてもらったことで、申し訳ないと思いハラハラしていた家族もホッとしたと言ってましたぴかぴか(新しい)
P1030864.JPG

観客の年齢層や反応を見ながら瞬時に対応できるなんて、当たり前のことだけど、さすがプロですぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

P1030918.JPG

「小学校3年の5月から一輪車に乗り始め、好きなことを続けていたら世界チャンピオンになりました!」DAIKIさん手(チョキ)ぴかぴか(新しい)
「運動が苦手ですが、DAIKIさんと面白いことをしよう!と大人になってから一輪車の練習をして乗れるようになりました。でも、垂直跳びはできません(>_<)」CHEEKY!さん手(チョキ)ぴかぴか(新しい)
楽しいと思うことをがんばって続けていれば、できないことはないexclamation×2
力強いメッセージをたくさんいただきました手(グー)ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

Posted by 祐杏神 at 22:25 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
どろぼうがっこう[2013年07月15日(Mon)]
7月鑑賞例会(7月12日:境港市民会館大会議室)は地元鳥取県の劇団:鳥の劇場による「どろぼうがっこう」でしたぴかぴか(新しい)
かこさとしさん原作の絵本から飛び出してきたかのような雰囲気に、開演前からワクワク感いっぱいわーい(嬉しい顔)
みみずくがどろぼうがっこうのお話を始めます。いったいどこからどろぼうたちが登場してくるのだろうと、子どもたちの気持ちがだんだん高まってグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P2150069.JPG
会場のあちこちからどろぼうたちが登場すると、子どもも大人も大興奮ぴかぴか(新しい)
くまさか先生はじめ、個性あふれるどろぼうがっこうの生徒たちの授業&遠足の様子に笑ったり、息をのんで見守ったりわーい(嬉しい顔)
P2150066.JPG
P2150079.JPG
併演のジャマイカ民話「アナシンと五」では、2人の役者のやり取りにくぎ付け目
不思議な楽器が奏でる不思議な効果音も観客の気持ちを盛り上げましたグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)
P7120174.JPG
終演後、どろぼうから”鍵開け体操”や”ぬきあしさしあし”の仕方を伝授してもらい、子どもたちは真剣そのものexclamation×2
P2150096.JPG
とっても上手に歩き、ほめられましたるんるんぴかぴか(新しい)るんるん
これでりっぱなどろぼうになれそうですひらめき手(チョキ)
P2150101.JPG
カーテンコールはコロポックルサークルの子どもたちが、手作りうちわと鬼太郎のおかしをプレゼントしました黒ハート
P2150084.JPGP7120169.JPG
Posted by 祐杏神 at 00:57 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

境港親と子どもの劇場さんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/oyatoko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyatoko/index2_0.xml