CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
境港親と子どもの劇場
未来につなげよう!劇場のこころを

境港親と子どもの劇場は1994年7月に発足。
「子どもたちに生の舞台、演奏会に触れられる機会をつくりたい」という思いで運営しています。
« 第14回こどもわいわいカーニバル | Main | 7月例会 和太鼓ライブ »
3月例会「マリカン・ワールド」[2015年03月07日(Sat)]
3月7日(土)マリンバ・カンパニーさんによる
マリカン・ワールドでしたるんるんるんるんるんるん
いつもよりも、ちょっとおしゃれをして「特別な時間」を楽しみましたぴかぴか(新しい)

劇団さんとの打ち合わせのときに、代表 村井さんからホールの使い方から、舞台に上がるときや演奏を聴くときの心得など、大切なお話をしていただきました。
ホール内を走り回らない、舞台に上がるときは舞台の端を踏まないでまたぐなどなど。
当たり前のことばかりですが、きちんとした場でのマナーを子どもたちにしっかりと教える大事な機会でもあることを、今一度みんなで確認し合っていかなければならないと思いました。

P1070506.JPG
司会はコロポックルサークルの2人。
息の合った掛け合いで会場も和やかになりました(*^^*)

P1070509.JPG
お約束はテテラサークルの4人。
ついこの前まで抱っこされていたり、お母さんといっしょじゃないとダメだった子どもたちが、しっかりとお約束を覚えて子どもたちでだけで舞台に上がっている姿に、成長を感じましたぴかぴか(新しい)
きっと、お兄ちゃん&お姉ちゃんたちの姿を見ていて「いつか自分たちも〜!」そう思っていたんだろうね。今度は、お手本を示していく番だねわーい(嬉しい顔)

軽快で楽しい曲「道化師のギャロップ」から始まったコンサートグッド(上向き矢印)るんるんグッド(上向き矢印)
1曲1曲村井さんのわかりやすい解説があり、なるほど〜ひらめきと思いながら聴きました。
目にもとまらぬ速さで動く、マリンバ奏者のお二人のバチの動きに見とれてしまいました。
それぞれ高校3年生、大学1年生になってから始めたというマリンバ。
今から始めたらどれだけ上手く演奏できるようになるかな〜?と、どんなこともいつからでも始められるよ!というメッセージももらいました。
3歳から叩き始めたという村井さんのドラムもとってもカッコよかったですわーい(嬉しい顔)

P1070512.JPG
マリンバについてのお話もありました。
バチの毛糸の巻き具合によって音が変わり、音階によってバチの玉の部分の大きさを使い分けることを実演してくださいました。
低くて深い音から高くて軽快な音まで奏でるマリンバは5オクターブあり、いろんな曲を演奏することができるようです。

P1070517.JPG
途中の体験コーナーで「きらきらぼし」を演奏るんるん
3人とも堂々としていてとても上手でしたねぴかぴか(新しい)

P1070535.JPG
「ドレミの歌」に振り付けをしながら歌いましたわーい(嬉しい顔)
また、マリンバのバチの速さを体験すべく、とってもテンポの速い曲(題名を忘れてしまいました〜ふらふら)に合わせて両手で膝を叩いてみました。たった1分20秒ほどの曲だったのに、テンポについていくのも膝を叩くのも大変で、時間が長く感じられましたあせあせ(飛び散る汗)
終わった後は腕もだる〜く、じんじんするほどでした。
ただ聴くだけではなく、音やリズムを楽しむコーナーもあり、小さい子どもたちも飽きることなく楽しんでいましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

P1070543.JPG

P1070549.JPG
舞台上で振付をしてくれた子どもたちは、ご褒美に演奏者の後ろで最後の曲「剣の舞」を聴かせてもらいました。
なかなか生で聴く機会がないヴァイオリンの音色にうっとりです揺れるハート
そういえば、会場となったシンフォニーガーデンのこけら落とし公演で、境港親と子どもの劇場が共催として初めて開催したのはヴァイオリンのコンサートでしたexclamation×2
当時の運営委員さんたちから、大変だったけれど大成功を収めた話を聴いたことを思い出しました。


P1070504.JPG
カーテンコールは、わははサークル。こんな素敵なプレゼントを用意してくれましたひらめき

P1070560.JPG
終演後はマリンバ体験です。
1本ずつバチを持ち、1音ずつリズムに合わせて叩いてみます。ピアノでいう黒鍵、白鍵それぞれに分かれて叩いてみたり、いっしょに叩いてみたりしながら、だんだんと音楽になっていくのを体感しましたグッド(上向き矢印)
アフリカでは、ず〜っとこうやってリズムを刻み、いろんな音楽を楽しんでいることなどを教えてもらいながら、みんなで創り上げるリズムを楽しみましたぴかぴか(新しい)

P1070576.JPG
半円形の舞台、400席のホールは扇形のシンフォニーガーデンは、本格的なクラシックコンサートを聴くために設計されたホールです。
「ここで演奏してみたかった!」と1年前に村井さんから聴いた時、そんな素敵なホールが身近にあるのだということを改めて感じました。
演奏してみてどうだったのか・・・村井さんから聴くのを忘れてしまいましたが、その村井さん憧れのホールをバックに、お片づけを手伝ってくれたみんなとマリンバ・カンパニーの皆さんと記念撮影ですわーい(嬉しい顔)

Posted by 祐杏神 at 23:58 | 例会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/oyatoko/archive/36
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1070043
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

境港親と子どもの劇場さんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/oyatoko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyatoko/index2_0.xml