CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、
宮前おやこの会「おひさま」のブログです。
親子学級での講義内容や保育中の子供達の様子などを紹介しています♪
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
最新コメント
ひつじ
15年 第13〜18回打ち合せ (08/10) きば子
15年 第13〜18回打ち合せ (08/04) その太
14年度 第15回親子学級 (12/26) きば子
14年度 第13回親子学級 (12/01) きば子
14年度 第1回親子学級 (09/13) その太
生涯学習交流集会の報告 (03/22) その太
14年 第3〜4回打ち合せ (03/01) たろう
13年度 第13回親子学級 (12/05) その太
13年度 第13回親子学級 (12/04) きば子
13年度 第11回親子学級 (11/23)


にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ

http://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
18年度 第2回親子学級[2018年09月13日(Thu)]
2018年度 第2回親子学級 『 見守る保育について 』

今回は、子育て支援センターたいらの担当で、児童室の保育を長年担当してくださっている大田京子さんからお話を伺いました。

《大田さんの自己紹介》
31年前に親子学級を受講した元受講生。子育てアドバイザーの資格あり。支援センターたいらのスタッフとして7年目。自分の子育てから始まって、親子学級の保育を長く続けていることも含め、これまでずっと地域の子ども達から離れずに過ごしている。
孫もでき、自分の親もいるので、育児から介護まで聞きたい事にこたえます。

始めは、他己紹介タイムるんるん
「この夏、子どもと過ごす時工夫したこと」をお隣どうしで自己紹介し合い、お隣の人についてみんなに発表しましたひらめき

次に大田さんからのお話でするんるん

見守る保育について

「命にかかわること以外は見守る」というのが見守る保育の基本。

進んで子どもと一緒に遊んだり、遊び方を教えたりはしない。怪我がないよう注意しつつ子ども同士の関わりを見守っている。

・子どもが他の子どもの持っているものを取ったら・・・

お母さんからみて「悪いこと」かもしれない。しかし、子どもにとっては「子ども同士の関わりのはじまり」。関わりをもつことでコミュニケーションが育つ。
子どもの世界では「わたしのものはわたしのもの。ひとのものはわたしのもの。」から始まる。子どもの発達の段階を考えて「伝えたい事は言葉で伝えよう」と促す。

オモチャの取った・取られたには、どの子にも同じ対応をする。「あなた大きいでしょ。小さい子に貸してあげて」とは言わない。「借りたいね。でも○○ちゃんが持っているね。使っているから待っててね」と言っている。

※「貸してあげなさい!」「はいどうぞ!」「ありがとう!」という、テレビのシーンやおとなの真似をしているうちは本当の意味で出来たとはいえない。
取り合いのなかで、取られて悔しい、貸してもらってうれしい・・・たくさん遊んで体験することで身についていく。

・子どもが食べながら歩いていたら・・・

誤飲・誤嚥を防ぐため、食べさせない。立って食べるのは命にかかわること
食べないからといって追いかけまわして食べさせない。
怒る必要はない。「座って」と真顔で言う。座らない時は食べさせない。

・子どもが物で叩きそうになった時や噛みそうになった時・・・

「ダメ!」「危ない!」と言う前に「○○ちゃん」と子どもの名前を呼んでいる。名前を呼ぶと必ず振り向くので、そうやって名前を呼べるように、保育者は必死で名前を覚えている。
 なにか起こりそうなときは「○○ちゃん、どうしたの?」困った顔をしていたら「どうしたの?」、あれこれ聞きだしたりせず、ただ「どうしたの?」 子どもが大きくなっても、そうやって声掛けしてあげてほしい。

児童室について

・子ども達はお母さんの話がよくわかってるので「おかあさんはお勉強してくるね」と伝え、「12時にはかえってくる」と約束して欲しい。保育者も児童室の時計をみせながら「12時にはかえってくる」と伝えている。まず、12時は帰るという約束をきちんと守る。約束が必ず守られることでお母さんと子どもたちと保育者の信頼関係ができる。

・お母さんは子供たちの顔をみたら「勉強してきたよ!」と伝えてあげて欲しい。子どもは勉強という言葉を聞いてなんとなく「なにかしてきたんだな」ってわかるようになってくれる。

・お弁当は安心のためなので、いつでも食べていいことにしている。ただし、「立っては食べさせない」

・保育者は子どもと遊んだり、遊び方を教えない。怪我がないよう注意しつつ子ども同士の関わりを見守っている。本を読んで、と持ってきたら読んであげるが、必ず子どもを見ている保育者がいるようにしている。

・子どもの様子は必ずいろんな保育者に聞いて欲しい。

保育日誌について

・オモチャの「取った」は「他の子どもと関わった」と置き換えてとらえてほしい。子どもが言う「ダメ」「ヤダ」「あっちいって!」は、いじめてるわけじゃなくコミュニケーションの手段ととらえて欲しい。

・自分の子どものことだけでなく、他の子の様子もぜひ読んで欲しい。

・旦那さんにも保育日誌を見せて、子ども達のことについて話すきっかけにしてほしい。

ー質問タイムー
Q:友達と取り合いをするとき、どれくらいまで見守ればいいのか
A:そばに行って、もので叩かない限り見守る。「どうしたの?」と声掛け。これは子どもが思春期になるまで使える言葉。
「貸してあげられる?」と聞いて、貸してあげられない時は相手の子どもに「待っていてくれる?」と聞く。
ただしお母さんに余裕、元気がないと難しい。お母さんが「よく寝て、よく食べる」ことが大事。

Q:子どもが片付けができない。命に関わらないけど、散らかっていると下の子もいるから危ない。本人にやってもらうには?
A:子どもの年齢にもよるが、大きな箱に全部入れて片付ける。分別しない。大きい子なら、下の子が危ないから片付けて。と真剣な顔で頼む。小さい子なら一緒に競争したり、いろんな手を使う。お母さんは女優にならないと。

Q:子どもは1歳。真剣に言っても伝わらない。痛いことをしてくる。
A:表情を変えずに、「痛い。」と言うだけにする。だめでしょとか言わない。無表情が一番怖い。

Q:子ども同士で遊ばない。せっかく外に行ってもそばから離れず、他のママと話していると邪魔してくる。
A:ママの気持ちが伝わっている。離れてほしいと思うのは逆効果。トイレについてくるなら、「トイレ行くけど、来る?」と言ったりする。


次回は、企画委員による講座「仲間を知ろう」です。

ペン学級第2回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)

18年度 第1回親子学級[2018年09月06日(Thu)]

2018年度 第1回親子学級 『 ようこそ!親子学級へ 』

今年の夏は、台風に地震と、全国にわたって自然災害が多く、落ち着かない日々が続いておりますが、本日は天候にも恵まれ、ついに親子学級が開講しましたかわいい

受講生の皆さんは、一人も欠席することなく、お子さんと一緒に座って、10時を迎えました。

今年も母子揃っての受付→保育者の紹介→保育風景の紹介(ビデオ上映)→子どもとお別れする時の約束事の説明とアレルギーの確認→子どもを児童室の保育者に預けてお別れ→ママ達だけでオリエンテーション・・・という流れで行いました。

オリエンテーションでは、15回無遅刻・無欠席でなどの学級の説明と、保育ビデオをみながらの保育説明、そして自己紹介を行いましたるんるん

子どもがはまっているものという話題では、フラミンゴやオカピなどの独特な動物が出て盛り上がり、はじめは緊張の面持ちだったママ達も、わきあいあいと、穏やかな雰囲気でお話ができました揺れるハート

これからの15回で、小さなイライラや、深い悩み、時に楽しく、時に真剣に、たくさんお話をし、かけがえのない仲間になっていけたらいいなと思いますぴかぴか(新しい)



次回は、子育てアドバイザーとして活動されていて、児童室の保育を長年担当してくださっている大田京子さんから「見守る保育について」というテーマでお話を伺います。


ペン学級第1回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)



ファーストフードブログ担当 忍子のつぶやきファーストフード
ママ達がお勉強をしている間、子ども達は児童室で預かっています。ずっと泣いている子や、たくさんのおもちゃに遊びに夢中になる子。中には、ママと離れたドアから離れずに泣いている子もいます。私が息子を預けた時は、泣かずに他の子とたくさん遊んできて欲しいな〜と思っていましたが、今はドアから離れずに泣いている子が、愛おしくて仕方ありません黒ハートあんなにママが大好きー!!を全身で表現してくれる今の時期ハートたち(複数ハート)とっても大変な時期でもあるけれど、素敵な仲間と一緒にかけがえのない時間を楽しみましょうるんるん
●おひさま広場8月●[2018年08月08日(Wed)]

子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2018年8月16日(木) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室

●おひさま広場7月●[2018年07月06日(Fri)]

子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2018年7月19日(木) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室

2018年度受講生募集!![2018年06月25日(Mon)]
今年のテーマは『 大丈夫、みんな一緒だよ 』ですかわいい
自分に自信がなくて、子育てにも自信がない・・・
周囲に頼れる人がいなくて、孤立してしまっているかも・・・
子育てに不安を感じていたら、学級を通してみんなで一緒に学び・語り合いませんかるんるん

2018年度 宮前親子学級 受講生募集

■対象
全15回出席できる神奈川県川崎市宮前区内在住の
@H27年4月2日〜H29年4月1日生まれの第一子を持つ親子17組
  ※別室保育となります。上記未満の第二子は同室です。
Aその他、対象年齢以上の子を持つ方5名(保育なし)

※希望者多数の場合は抽選となります。
 抽選結果は8月10日頃までにお知らせします。

■日時
平成30年9月6日〜12月13日 毎週木曜日10:00〜12:00 全15回
※ただし11月1日(木)→10月31日(水)に振替  
    
■会場
宮前市民館(宮前区役所の隣、宮前図書館と同じ建物)

■費用
保険加入予定:子ども1名につき800円
資料代・雑費:大人1名につき200円

■申込方法

住所、氏名(ふりがな)、電話番号、お子様の名前(ふりがな)、お子様の生年月日と性別を明記して7月31日必着でハガキかFAXまたは宮前市民館ホームページにてお申し込みください。
なお、二人目以降のお子さんがいる方は、お子さんの名前と生年月日もお書きください。

〒216-0006 宮前区宮前平2-20-4
宮前市民館 宮前親子学級 担当 田浪(たなみ) 宛
FAX:044-856-1436
※FAX送信後は送信確認のため必ず044-888-3911(宮前市民館)までお電話ください

募集チラシ・プログラムはこちらをご覧ください
    ↓
2018.png 2018back

皆様からお預かりする個人情報に関して、お申込の講座運営及びそれに関わるご連絡以外の目的で使用しません。また、皆様の個人情報を無断で第三者に提供することはございません。
●おひさま広場6月●[2018年06月08日(Fri)]

子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2018年6月20日(水) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室


●おひさま広場5月●[2018年04月30日(Mon)]

子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2018年5月29日(火) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室


宮前親子学級受講生のその後[2018年03月08日(Thu)]

宮前親子学級では「子どもの育ち」を学ぶだけではありません。
「母親としてだけではない自分自身の生き方」を考えたり、「地域における仲間づくり」の大切さを学び合っていきます。

連続15回の受講を終えた方々の中には、以下のような活動をされている方がいます。

・宮前親子学級の企画委員・保育のボランティア
・その他講座の企画運営ボランティア
・子どもの通う幼稚園や学校での役員活動
・子育てサークルの運営
・その他、地域の子ども・子育て支援活動
・障がい者社会参加学習活動のボランティア

上記のようなボランティア活動を経て、市民館臨時職員として職を得た人もいます。
また、パート・社員として働きながら活動を継続している人もいます。

子どもに習い事を一つさせるなら、ママも何か一つ勉強をしなくちゃ手(グー)

というのが、親子学級で長年保育に携わっていて、子育てアドバイザーの資格を持つ大田さんの格言ぴかぴか(新しい)

そして、この言葉に感化されて純銀粘土の資格を取ったのがasakoさん。

かわいい純銀粘土ワークショップ@東急ハンズ新宿店
東急ハンズなどのワークショップで、純銀粘土を使ったシルバーアクセサリー作りの講師をされているasakoさんは、ご自宅でも純銀粘土教室をしているし、うさぎイラストの制作もしているし、地域の青少年指導員としての活動もしています。そんな多忙な中、毎年、保育者として親子学級の子ども達を見守り続けてくれていまするんるん


その他にも勉強をして資格を取り、お仕事に活かしている方々がいらっしゃるので下記にてご紹介を・・exclamation


かわいい気功整体 ママたちの癒しのサロン「にじいろ」
松井式気功美容整体の上半身施術、小顔セラピー・ヘッドセラピーを提供してくれる癒しのサロンです。
宮前親子学級の受講後、企画委員として一時期参加してくれていたakiさんの、親子学級への熱い想いはこちらで語ってくれています黒ハート



これからも随時追記して皆さんの活躍を紹介していきたいと思います揺れるハート
公開講座『幼児期からの英語教育を考える』開催報告[2018年03月03日(Sat)]

『幼児期からの英語教育を考える〜どの子も伸びる共有型しつけのススメ〜』

というテーマで2月18日に内田伸子先生の講演会を開催しました。

内田先生は、発達心理学、認知心理学、保育学が専門で、十文字学園理事・十文字学園女子大学特任教授、福岡女学院大学大学院客員教授、お茶の水女子大学名誉教授です。

長年にわたり「こどもちゃれんじ」の監修に携わり、しまじろうパペットの開発、商品検証を手がけられて、NHK、教育テレビのコメンテーターなどでも活躍されています。


==講演会のまとめと感想==


【先生の主張】

小学校では英語“以外”に注力すべき


【どうしてexclamation&questionその根拠は】

実は小学校以前に英語学習をしても差はつかないことが実証されたため


【そこで必要なのはこの2つexclamation

@子どもの主体的な遊び
A共有型しつけ

・考える余地を与える援助的サポート=「○○したら?」と提案する
3つのH(ほめる・はげます・ひろげる)の言葉かけ


【結果ぴかぴか(新しい)

語彙力を高め、主体的に探索し、自律的に考えて行動する

・自律的思考力(子ども自身で考える力)
・創造的想像力(学力基盤力)
 につながり、
英語を含めたあらゆる技能習得に長期的視点で役立つ


〜余談〜

先生のなぞかけが心に残ったのでご紹介ですひらめき

 共有型しつけとかけて、盆栽と解く
 その心は、松(待つ)と菊(聴く)


待って、子どもの心の声をしっかり聴くことが大事ということでした。


【受講者の感想】

・子どもが3歳で早期の英語教育が必要だと思っていたので、お話を聞いて安心しました。もっとゆっくり子どもの気持ちを第一に考え、子育てをしようと思いました。

・裏付けられた細かいデータを基にご講演して頂き、とても説得力の高いお話しに感動しました。なかなか時間の余裕がないと「強制型しつけ」になりがちですが「共有型」を今日からは意識して取り組んでいきたいと思います。子どもの質問に“正しく答えなきゃ”と思っていましたが“子どもに考えさせる”という選択肢にとても心が軽くなりました。

・「共有型しつけ」と「強制型しつけ」のお話しが心に残りました。まさに自分が強制型のしつけをしており耳が痛いです。ゆとりをもち、声のかけ方を改めたいです。英語教育について、調査・データを示していただき説明され、とても納得できました。

・子どもの声かけ、とても参考になりました。小2の娘の英語に関し、現在悩み中だったので勉強になりました。父親は早く始めた方が良いと思っているので、今日のお話を共有してみたいと思います。

【企画委員の感想】

・今まで知らなかったことがたくさん学べてよかったです。
「見える力ばかりではなく、発達が停滞しているように見える時に、こころ・からだ・脳の中で見えない力が成熟している」ということを聞いて、普段見えるところばかりで判断していることに気づきました。

・英語はできないよりもできた方が良いから、早くから取り組んだ方が良いと何となく思っていました。「自分で関心を持てば、あっという間に習得してしまう」というお話と、英語に限らず自分で生きていく力を身に付けてほしいと思ったときに、今しできないこと、今しかやってあげられないことがある!ということに気づかされました。具体的に必要なことをお話ししていただいたので、今日から実行したいと思います。
●おひさま広場3月●[2018年03月01日(Thu)]
子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2018年3月27日(火) 10:00〜12:00
会場:宮前市民館 4階 児童室


| 次へ