CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、
宮前おやこの会「おひさま」のブログです。
親子学級での講義内容や保育中の子供達の様子などを紹介しています♪
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
最新コメント
ひつじ
15年 第13〜18回打ち合せ (08/10) きば子
15年 第13〜18回打ち合せ (08/04) その太
14年度 第15回親子学級 (12/26) きば子
14年度 第13回親子学級 (12/01) きば子
14年度 第1回親子学級 (09/13) その太
生涯学習交流集会の報告 (03/22) その太
14年 第3〜4回打ち合せ (03/01) たろう
13年度 第13回親子学級 (12/05) その太
13年度 第13回親子学級 (12/04) きば子
13年度 第11回親子学級 (11/23)


にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ

http://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
19年度 第5回親子学級[2019年10月03日(Thu)]
2019年度 第5回親子学級
『子どもの見方を知って味方になろう』


今回は、日本抱っこ法協会理事、シャローム共育相談室主宰の萩原光さんにお話を伺いました。

■先生のご紹介■

自宅の一室で相談室を26年行っている。
以前は学校教員を13年くらいしていたが、その中で地域での子育て支援が大事だなと思い、思い切って教員を辞めて子育て支援を始めた。

子育て相談は、本を読んだりネットを通じて申し込みがあり、親子で1時間半マンツーマンで行っている。千葉・神奈川・東京・埼玉、遠い方だと新幹線で来る方もいる。悩みが深いと2・3回通ってもらう。親子の立ち直りに関わっていると、意外なことが大事だと痛感させられる。

■相談に来るお子さん■

@泣き下手さん:泣きそうになると顔を逸らす。泣くのを我慢してしまう。

Aダダこねベタさん:ヤダヤダ言えない

B甘え下手さん:あまり甘えないまたは、永遠と甘えすぎてしまう。抱っこをしても身を任せてくれず隙間が空く。

子どもの【泣く】【ダダこね】【甘え】は子どもの成長に必要な部分がある。「うち子は泣いて困る」よりも、むしろ「うちの子は上手に泣けているね!」と思っていい。

■子どもはどうして泣くの?■

@要求の【泣く】
Aストレス発散の【泣く】

泣くことによってストレス発散が出来る。心ゆくまで「泣き」を止めないで抱っこしてあげると、子どものストレスが治まり泣き止む。

親子関係が上手く行っているからこそ子どもは泣ける!
ここぞという所で【泣く】【ダダこね】【甘え】が出来ない子はストレスが溜まっていく。街中で泣いている子どものお母さんは「子育てが下手」と思われてしまうかもしれないが「泣ける子はのちに修正がきく子」である。

<<相談例>>
家では割とおとなしい子が幼稚園で乱暴をしている。
お母さんなりに子どもの気持ちを汲みながら諭すように話をするけれど、翌日また子どもは友達を叩いてしまう。

周りのお母さん達からチクチクと言われてしまう。お母さんはお父さんからも責められる。

厳しく子どもに叱ったところ、子どもにストレスとなり夜中に叫ぶ・チック・指しゃぶり・爪噛み・おもらしなどが出てしまった。しかしお友達に手を出すことは直らない。

優しくしても厳しくしてもこの子は直らない!とお母さんは思い困ってしまう。

その子は相談に来た時、とても礼儀正しくお母さんを心配させまいとしていた。だから先生からは「我慢しなくていいよ」「甘えていいよ」とお母さんからお子さんに伝えてもらった。

登園までの道中は泣いたりダダこねをして大変にはなったが、幼稚園での行動は落ち着いた!!

<<相談例>>
一歳半の男の子。1か月前に断乳をしたが上手くいかず暴れ出したので、やはり授乳を再開したら物を壊すなどの行動が朝から晩まで続いて酷くなった。

子どものキモチは”お兄ちゃんになっておっばい卒業したかったのに”
”ヤダヤダと言いたい気持ち”と”ちゃんとやりたい気持ち”との間で葛藤している

「上手に乗り越えられなかったね。泣いてもいいよ。ダダこねて甘えてもいいよ。お母さんは応援しているからね」とお母さんが声をかけると、3日後には子どもの行動が落ち着いた。

■ママのストレス対策■

自分の中には【二人の自分】が居る。

@自分の中にいる【大人の私】=理性
A自分の中にいる【子どもの私】=泣きたい・ヤダヤダ言いたい=誰か私を抱きしめて!!!

子どもが泣く

自分の中にいる【子どもの私】も泣きたくなる

自分の中にいる【大人の私】が【子どもの私】を抑えつける
子育てしていると、自分の中の小さな女の子【子どもの私】をないがしろにしがち。

今回の講座のテーマ『子どもの見方を知って、子どもの味方になろう』の子どもは、自分の子ども1人ではなく、自分の中の小さな女の子も含めて2人の子どものこと。

自分の子どもを抱きしめる時、自分の中の小さな女の子【子どもの私】も抱きしめてあげるといい。


ペン学級第5回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
19年度 第4回親子学級[2019年09月26日(Thu)]
2019年度 第4回親子学級
『「アリサ」から見た子どもの発達』


今回は、帝京大学教授の杉本真理子先生にお話を伺いました。

■子どもの「やりたい」を尊重する■

子どもは、親が手をかけ過ぎなければ、自分の力を発揮し子ども同士で成長していく。
子どもに何かをさせる保育は一律に、なるべく早く、上手に、効率よく保育が進むのを良しとしている。
早く字を読める必要はない。字が読めると絵本を見ても絵を見なくなる。


■「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない■

レイチェル・カーソン作『センス・オブ・ワンダー』の紹介。
子どもたちは美しいものを美しいと感じる。
知らない物に出会うと感動したり、思いやったり、たくさん味わったものはもっと知りたいと思い、子どもに身に付いていく。

■エリクソンの心理社会的発達理論■

乳児期=基本的信頼 対 不信の時代
世の中は自分に良くしてくれるかそうでないか、基本的信頼を得るか不信を得るか。
不信に偏って世の中はなるべく何もしない方が安全だと思ってしまって育っている子どももいる。
毎日同じことと思うかもしれないが、赤ちゃんの基本的信頼感を育むために生活する。

幼児期=自律性 対 恥・疑惑
しつけが強くて失敗を責め立てると自己防衛する。
自己防衛しているのに秘密などを人目にさらされる。自分を守っても守り切れない、自己疑惑に陥ってしまう。
失敗するのは当たり前。一緒に始末して失敗をこうやったら大丈夫だねと声をかける。それが励ましになる。

児童期=自主性 対 罪悪感
将来的に自主性が育っているかどうかは大きな問題。
自主性が育っていると自分の人生に積極的。
してはいけない、言う通りにしなさい、と言われ続けたら言われたことしかしない人間になる。

学童期=勤勉性 対 劣等感
生きていくための様々なことを身につける時代。
自主性が育ってないと課題が出てきたとき逃げ出したくなる。

危ない︕ 汚い︕ 早く︕・・・と子どもの「やりたい気持ち」をつぶしてはいけない
子どもは何でも早くできないし、上手にはできない。
失敗をたくさんするが、責めないであげて欲しい。
人生大丈夫と伝えよう!
致命的な失敗はそんなにあるものではない。
どうしたらうまくいくのか、子どもに試行錯誤のチャンスをあげて欲しい。



Q:夫は理屈はまだ子どもは分からないと思って型を教えたがる。先生はなぜその型になるかの経験をさせるのが大事と仰っていたが、さじ加減が現実的に難しい。

A:歌舞伎役者の子どもたちは全部型で教え込む。でもできた時にはすごくほめる。
日本は型のあるものが多い。子どもは型にはめたほうが良いという人もいる。
だけど、型だけで理由が分かっていないと、型から外れた時に動けなくなる。
理屈が分からなくても子どもに言ってあげてほしい。

子育てのパートナーに育児方針を相談するのは良い。でも育児方針が一致できなくても良い。
「ジュースはあげないようにしているからあげないでください」と周りに頼むのではなく、
「おばあちゃんのところではジュースもらえて良いね」「色んな人が世の中にいるよ」と子どもに言ってあげてほしい。

Q:「ごめんなさい」をいつから言わせるというか、思ってもらうか。

A:言葉をだけを言わせたいのか、ごめんねという気持ちを思わせたいのかで全然変わってくる。
ごめんねを本当に言うにはいろんなことが整う必要がある。
自分のしたことが相手にとってどういう意味をもっているかというのが分かって初めてごめんねができる。そうなると年齢では測れない。
他の人の気持ちが分かるというのは子どもにとって難しいこと。
「○○ちゃん泣いちゃったよ、イヤなんだって」ということから教えてあげる。
「すみません。ほら、ごめんねは?」なんてことは言わない。


次回は、日本抱っこ法協会理事、シャローム共育相談室主宰の萩原光さんに『子どもの見方を知って味方になろう』というテーマでお話を伺います♪


ペン学級第4回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
●おひさま広場10月●[2019年09月23日(Mon)]
子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2019年10月15日(火) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室

19年度 第3回親子学級[2019年09月19日(Thu)]
2019年度 第3回親子学級
『子ども本来の姿を見る 映画「アリサ」鑑賞』



宮前親子学級ではこの映画『 アリサ−ヒトから人間への記録− 』を毎年欠かさず鑑賞しています。

この映画では、保育園で育つアリサという子どもの生後2ヶ月から6歳11ヶ月までの成長を追っています。自由な遊びを通じて身体(身体能力)が成長していく様子、遊びにおける人との関わりを通じて、思いやり・ねばり強さ・創造力など心が成長していく様子が映されています。

まだまだ小さいのに全身土まみれでハイハイしていたり、大きな石がゴロゴロ転がっている山を裸足で上り下りしたり、崖のような急傾斜の坂道を転がり落ちて遊んでいる姿・・・

子どもが「針の糸通し」「竹馬」「逆上がり」などなど、思うように物事を進めることができず泣いているのに、保育士は『がんばれ!』と励ますだけで手を絶対に貸さず、子どもは諦めることなく自分自身の力で数日かけて成し遂げていく姿・・・

大人が何も指示していないのに、子ども同士で自然と役割分担を決めて遊び合い・助け合いをする姿・・・

ほとんどの親が『汚いからやめなさい!』『危ないからやめなさい!』と叫んでしまいそうな、野性味あふれるたくましい子ども達の姿がたくさん映されていました。

受講生からは以下のような感想があがりました。

●1歳の歩き始めくらいのヨチヨチした子がうんていを登ったり、砂山を登ったりしていた所が印象に残りました。こんなに小さい子でもやれる力があるんだと驚きました。

●子どもの持っている能力のすごさを改めて実感しました。危ないから『ダメ』ではなく、何事も経験させて子ども自身が考える。そのことによって成長していくんだなと、子どもはすごいなと思いました。どういう声がけをするか、どこまで見守るかが本当に大切だと感じました。

子どもの持っている「生きる力」はとても強くたくましく、大人が容易に奪ってはいけない尊いものだと感じた。『危ない!』とつい手も声も出してしまいますが、それをすることで、その子の可能性の芽を摘んでしまうことになりますね。信じて見守る、子どものしたいように探求心を育てたいです。

次回は、映画の内容を踏まえて『「アリサ」から見た子どもの発達』というテーマで帝京大学教授の杉本真理子さんにお話を伺います。


ペン学級第3回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
19年度 第2回親子学級[2019年09月12日(Thu)]
2019年度 第2回親子学級 『 見守る保育について 』

今回は、子育て支援センターたいらの担当で、児童室の保育を長年担当してくださっている大田京子さんからお話を伺いました。

《大田さんの自己紹介》
子どもが3歳の時に親子学級を受講した元受講生。
知り合ったママたちと今までつながっていて、何でも話せる仲間になった。
孫もでき、自分の親もいるので、育児から介護まで何でも相談して。

始めは、他己紹介タイムるんるん
「先週、学級での子どもの様子や学級が終わってからの子どもの様子、ご主人やご家族と学級に関してお話をしたか」
について隣の人と話し合って発表しましたひらめき

次に大田さんからのお話でするんるん

見守る保育について

《子どもの見方》


●泣いてもいい
保育者は普通のおばちゃんです。先生ではありません。
知らない人と過ごすのだから、不安じゃないはずがない。泣いてもいいんだよ。保育者は、子ども達に「お母さん大好きだもんね」と伝えてい入る。

●1歳半でも理解できる
1歳半くらいの子は、お母さんが勉強してくることを理解できると思いますか?
ちゃんと話せば1歳半の子どもも分かる
保育者は小さい子にも時計を見せながら、「お母さんは12時に迎えにくる」と言っているので、必ず守ってほしい。
約束を守ることで、信頼関係ができる。

●「良い子」はいない!
この年齢で良い子であるわけがない。

●遊ばない子
泣いて遊ばない子、動かない子→お友達をみて遊びをみている
泣いておにぎりを食べない子→その場が居心地がいいだけ

●子ども同士の関わりについて
@一人遊び
  ↓
Aお友達同士のおもちゃの取り合い・引っ張り合い
  ↓
Bお友達と遊べるようになる

子どもは段階を踏まないと上手く遊べない。今の小さい時はイジメはありません!今成長の途中だから色んなことをしているだけ。
体験することが重要。人間は経験していない事は分からない。見守り方によって違う。

《児童室での見守る保育》

●保育者は子ども1人につき3・4人でみている。
15人全ては見きれないので、それぞれ全体を見れるように、関わり合いを把握するために8つの目でみている。

●「保育者は子どもと遊んだり、遊び方を教えない」
怪我がないよう注意しつつ子ども同士の関わりを見守る。
本を読んで、と持ってきても、全員は読まない。必ず子どもを見ている保育者がいるようにする。トイレも同様に一人の保育者が声を掛け合い連れて行き、全員が行かないようにしている。

●噛む・叩くとお知らせしてもらっているお子さんに関して
→お子さんを預かった段階で実在を見るようにしている。

●ケガについて
子どもはケガをするもの。転んで大きなけがをしないよう学んでいる。
ただし、お母さん・お父さんの目の前にいない時のケガは、どのようにしてケガをしたのかを説明出来るようにしなければならない。

●「どうしたの?」
引っ張りあいや押し合い等していたら、名前を呼んで「どうしたの?」と聞くのがいい。
「どうしたの?」はこれから先もずっと使える言葉。覚えて帰ってほしい。
子どもは自分の中で消化していっている。子どもの自ら育つ力を信じて見守っている。

●物を取り合ったりしているとき
→(ひっぱる、おす)そばに行く
→(物でたたく)止める  命にかかわるから
「命にかかわること以外は見守る」というのが見守る保育の基本。出来ないかもしれないけれど、しようとしてほしい。

●お弁当について
いつでも食べていいことにしている。ただし、「立っては食べさせない」
→行儀ではなく、誤飲・誤嚥を防ぐため
立って食べるのは命にかかわること。食べないからといって追いかけまわして食べさせない。怒って言う必要はない。「座って」と真顔で言う。座らない時は食べさせない。
子どもに接する時、「これは命に関わるか?」を意識すること

●ここはトレーニングではありません!
ここは幼稚園や何かのトレーニングではありません。トイレトレーニングをしている方はお知らせください。但し、トイレトレーニングをしてあげるわけではない。保育者が「トイレ行く?」と聞いて「うん」と言う時のみ連れて行きます。
遊びに夢中になっていたら遊びを優先し、普段オムツでトイレに行かない子が他の子を見て行く時は連れて行ってあげます。

●日誌・ビデオの見方について
可愛いとか個人的なことは書きません。なるべく時系列に沿って保育者の記憶を頼りに記録しています。 自分の子どもだけでなく、他の子どもの関わりを意識して読んで。取った、押した、叩いたから悪いと決めつけず、関わりを見て。(例えば、引っ張った→この子と遊びたいのかな?)

日誌はお父さんにも見せて、説明してあげて。
自分の子には上手く接することが出来ないのは当たり前。少し余裕がある時に、離れたところから子どもをみてあげると子どもの成長に気付くことが出来る。

例えば…
お母さんが握ってくれたお握りを自分の物だと理解して、今は食べたくないけどあげたくない。自分の為にお母さんが作ってくれたからあげたくない!と思うのは当たり前。別の時にお握りをたまたまお友達にあげることが出来たとしてもそれはその時渡すことが出来ただけ。
子どもの全ての関わり合い・成長を見守ってあげるのが【見守る保育】

《子どもをみる力》
お母さん達もここで15人の子ども達をみれる。下の子達もいるから更に多くの子どもをみれる。宮前区で過ごしていれば、周りにいる地域の子ども達もみれる。そんな繋がりを作っていくのが市民館の役割だと思っている。

仕事をしていない今、家にいると思いますが、おうちにいるのがいいとか保育園に預けるのがいいとかではなく、地域にいて子どもをみるのもいい。仕事復帰で子どもとの時間がないと思うようになっても、お風呂の時間など子どもと関わる時間を工夫してあげて。
日本は働ける人は働いて!という環境で若い人が社会に欲しいのが現状。
長い時間、子どもとの時間を過ごすのも大変なので、どういう風に自分が生きていきたいかを考えていければいいと思う。家族と自分との関わり合い
で考えていければいい。自分のスタンス、自分が一番やりたいこと・やれること、子どもとの関わり合いを考えながら…お母さんは大変ね。

子どもに習い事をさせる時は自分も何か1つ始めてください!
お母さんは自分の好きなことをして良いんですよ!
お母さんは子どもにお金をかけるなら自分にかけてあげて。

ー質問タイムー
Q:大きい子と小さい子で物の取り合いをした時はどうする?
A:取り合いになっても「貸してあげなさい」と言わない。たとえ小さい子に何かを貸してと言われても、「今使っているから後でね」と言う。もし相手の子が忘れてしまっていても、「後でね」と伝えたのだから、必ず「今あいたけど使う?」と確認する。

Q:ママ友達と話をしていると、「話すの禁止!」と子どもが言ってくる。それでも話をしていると下の子に意地悪をしてきてしまう。私は話したいのですが、どうしたらいい?
A:時と場合によるかもしれないけれど、子どもに今お母さん話したいからちょっとだけしたら止めるね!でもいいし、お友達のお母さんに今ダメそうだからまた後でお話させて?と伝えてはどうかな。


次回は、子ども本来の姿を見る〜映画『アリサ』鑑賞〜です。

ペン学級第2回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)
●おひさま広場9月●[2019年09月11日(Wed)]
子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2019年9月23日(月) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室



※来月は10月15日(火)開催予定です
19年度 第1回親子学級[2019年09月05日(Thu)]
2019年度 第1回親子学級 『 ようこそ!親子学級へ 』


ついに親子学級が開講しました。
まだまだ夏の暑さが残る中、子どもを連れて市民館へ行くことだけでも大仕事ふらふらでしたね。
皆さんおつかれさまでした!

これから母子別室で過ごす時間が待っている…
いつもとはまるで違う感じ…
受講生の皆さんもお子さん達も少し緊張の面持ちで10時を迎えました。

今年も母子揃っての受付→保育者の紹介→保育風景の紹介(ビデオ上映)→子どもとお別れする時の約束事の説明とアレルギーの確認→子どもを児童室の保育者に預けてお別れ→ママ達だけでオリエンテーション
・・・という流れで第一回親子学級を行いました。

オリエンテーションでは、
学級の説明と、保育ビデオをみながらの保育説明、そして自己紹介を行いました。

15回無遅刻・無欠席で通い続けることが、親にとっても子どもにとっても意義がある・・・
「これから大丈夫かしら…」と心配になった方もいるかもしれませんが、
悩み事・心配事は遠慮なく相談してくださいね。
保育者、企画委員みんなでサポートしていきます!ぴかぴか(新しい)

今年の学級通信の名前決めでは、昔なつかしの雑誌、なかよし・りぼん・チャオの話題も出て盛り上がり、はじめは緊張の面持ちだったママ達も、わきあいあい和やかな雰囲気で意見を出し合い・・・ハートたち(複数ハート)
最終的にコアラ抱っこからとった「コアラ」に決定!

これからの15回でたくさんお話をし、かけがえのない仲間になっていけたらいいなと思います黒ハート


次回は、子育てアドバイザーとして活動されていて、児童室の保育を長年担当してくださっている大田京子さんから「見守る保育について」というテーマでお話を伺います。


ペン学級第1回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)

●おひさま広場8月●[2019年07月29日(Mon)]
子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2019年8月15日(木) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室

2019年度受講生募集!![2019年07月28日(Sun)]
2019年度 宮前親子学級 受講生募集

今年のテーマは『 広げよう!私と子どものミ・カ・タ 』ですかわいい
私の育児ってこのままでいいの・・・?
子育てに不安を感じていたら、学級を通してみんなで一緒に学び・語り合いませんかるんるん

■対象
全15回出席することができる神奈川県川崎市宮前区内在住の
@H28年(2016年)4月2日〜H30年(2016年)4月1日生まれの第一子を持つ親子17組 ※別室保育

Aその他、対象年齢以上の子を持つ方5名 ※保育なし

※希望者多数の場合は抽選となります。抽選結果は8月初旬にお知らせします。

■日時
令和元年9月5日〜12月12日 毎週木曜日10:00〜12:00 
※ただし9月26日は9時45分〜12時 全15回
    
■会場
宮前市民館(宮前区役所の隣、宮前図書館と同じ建物)

■費用
保険加入予定:子ども1名につき800円
資料代・雑費:大人1名につき200円

■申込方法

住所、氏名(ふりがな)、電話番号、お子様の名前(ふりがな)、お子様の生年月日と性別を明記して8月7日必着でハガキかFAXまたは宮前市民館ホームページにてお申し込みください。
なお、二人目以降のお子さんがいる方は、お子さんの名前と生年月日もお書きください。

〒216-0006 宮前区宮前平2-20-4
宮前市民館 宮前親子学級 担当 田浪(たなみ) 宛
FAX:044-856-1436
※FAX送信後は送信確認のため必ず044-888-3911(宮前市民館)までお電話ください

募集チラシ・プログラムはこちらをご覧ください
    ↓
2019surface.png2019back.png

皆様からお預かりする個人情報に関して、お申込の講座運営及びそれに関わるご連絡以外の目的で使用しません。また、皆様の個人情報を無断で第三者に提供することはございません。
●おひさま広場7月●[2019年07月22日(Mon)]
子育て中のみなさんが自由におしゃべりできる居場所

晴れおひさま広場晴れのお知らせです!

・子どもとふたりきりで煮詰まってしまいそう・・たらーっ(汗)
・思うように食べてくれない、寝てくれない・・たらーっ(汗)
・トイレトレーニングがうまくいかない・・たらーっ(汗)

子育て中の悩みについて、同じ月齢やちょっと大きいお子さんのママたちと一緒にワイワイおしゃべりしてみませんか?

乳幼児のママはもちろん、幼稚園児や小学生のママも大歓迎!!

予約不要、出入り自由、お1人でも、お友達同士でもOK!お気軽にどうぞぴかぴか(新しい)

2019年7月25日(木) 10:00〜12:00

会場:宮前市民館 4階 児童室

| 次へ