CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
一般財団法人 親学推進協会の公式メールマガジンに投稿した
「図書紹介」を画像付きで掲載します。

2015年09月15日

68号

morotomi.jpg
『子育ての教科書 0歳から大人になるまでに親がすべきこと』

著者:諸富祥彦
発行:幻冬舎, 2015年

<紹介者より>
 この本で子育ての基本に立ち返ってみましょう。分かりやすくまとめられ
ています。 子育ての三つの方針、発達段階に応じた関わり方をそれぞれ確認した後で
男の子・女の子・ひとりっ子の育て方、お父さんの関わり方にも触れています。

<目次>
一章:0-6歳 めいっぱい愛情を伝える「ラブラブ期」
二章:6-10歳 社会性と協調性を育む「しつけ期」
三章:10-18歳 自分づくりを支える「見守り期」
四章:18-25歳 子どもの就職・結婚をサポートする時期
五章:男の子・女の子・ひとりっ子の育て方
六章:お父さん・お母さんと子どもの関係

<本書より>
 これだけは大切にしてほしいという基本さえ守っていれば、あとは何とかなるものです。たいていのことは取り返しがつくのです。
子育てで大切なことは@安定した気持ちで子どもに接する。
A子育てのゴールは「幸福力」を育てる。
B年齢と成長に応じて「子育てのギヤチェンジ」をする。
この三つです。子どもが大人になったときに「僕は何とかやっていけそうだ」「私の人生は基本的
にはOKだと思える「幸福力」を育てていけばいいのです。
【図書紹介の最新記事】
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年08月17日

67号

claraHill.jpg
『ヘルピング・スキル―探究・洞察・行動のためのこころの援助法』(2)

著者:クララ・E・ヒル
監訳:藤生英行
発行: 金子書房, 2014年

<紹介者より>

 支援者には、どのようなことが求められているのか、クララ・ヒルから学んでみましょう。ここで扱う「ヘルピング」は次のように定義されています。
「ある人物が別の人物を援助して、感情(フィーリング)を探究し、洞察を得て、生活に変化を起こさせるようにすること」

 援助を提供する人を「ヘルパー」、支援を受ける人を「クライエント」と呼んでいます。ヘルパーは、変化へのプロセスをガイドし、クライエントが何を、いつ、どのように変化させたいかを決められるまで一緒に作業をします。ヘルピングは、クライエントが心の痛みから解放されて、自分の人生の方向を見いだし、変化を促すフィードバックをうける有効な手段です。

有能なヘルパーには、次のような特徴があります。
・注意深く共感的に傾聴する。
・判断しない。
・思考と感情の探求を促す。
・相手が問題に対する新しい視点を得られるように援助する。
・生活を改善する行動をとれるように動機づける。
・明確な理論的基盤にもとづいてクライアントに関わる。
・常に最新のヘルピング知見に精通している。

有能なヘルパーは、解答を提供することが常に相手を援助することにならないことを知っています。ほとんどのクライエントは、自分で新しい洞察を見つけるプロセスに積極的に参加して、自分にとっての最適な行動を見つけようとしていることを理解しているのです。

いかがでしたでしょうか。自己開示が多すぎてはいないかと、私は反省しきりです。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年07月14日

66号

claraHill.jpg
『ヘルピング・スキル―探究・洞察・行動のためのこころの援助法』

 著者:クララ・E・ヒル
 監訳:藤生英行
 発行: 金子書房, 2014年

<紹介者より>
「ついに出た」、「やっと出た」。そんな本です。
 本書は、原書第二版(2004)を訳したものです。2014年には第四版が出版されていますので、今さら感があります。しかも、価格は一万円(+税)という手の出しにくさです。

 それでも本欄で取り上げる価値はあります。まず、500ページに及ぶ大著を英語で丁寧に読み解く時間と力がない私のような方にオススメします。次に、親支援をエビデンス(科学的根拠)のあるスキルによって実現しようと研鑽を積まれている方にオススメします。

 タイトルの副題にあるようにクララ・ヒルのヘルピングスキルは三段階で展開されます。探究・洞察・行動です。それぞれの段階で援助者が心がけることやワークが掲載されています。

 私も毎週研修会に参加しているところですが、実に奥が深いです。模擬カウンセリングを20分ビデオに撮って、それを確認しながら、どのような意図でスキルを使ったのか一つひとつ参加者からフィードバックを受けるワークもあります。DVDも発行されていて著者の働きかけをみながら自分と比べて学ぶこともできます。

 日本では、筑波大学や上越教育大学の大学院で導入実績があるようです。親学アドバイザーのスキルアップには大変有効と思います。アドバイザーが相談者に「巻き込まれ」てしまうのを防ぐことができるからです。共感性疲労の克服は多くの援助者・支援者の課題です。また、来年には著者来日の情報もあります。詳細がわかり次第、本欄でご紹介いたします。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年06月15日

65号

oomori.jpeg
『母親はみな一生懸命 愛情がからまわりしないための35のポイント』(2)
 著者:大森 弘
 発行:グッドブックス,2015

<紹介者より>
 本書を紹介するにあたって、筆者と私との力の差を改めて実感しました。今回は紹介というよりは感想を述べることで、自分の役目を果たしたいと思います。このコーナーの連載を勧めてくださったのも大森先生なのですから、評するには先生との心理的な距離が近すぎるのです。

 本メルマガの読者の皆様におかれましては、すでに読了されている方もおられると思います。本書は、協会にとっても親学にとっても、大切な価値があるものです。親学の入門と講座の復習に最適だからです。「難しいことを易しく、易しいことをわかりやすく」説明できるのは著者ならではの教育技術だと思います。

 第一章「子育てに「親学」を」では、「いい子」のイメージを持つことから始まります。子育ての目的や目標を想像すると、子供の個性と社会性、そしてその統合に話は進みます。目的をはっきりと想像すると情報過多の現代においても判断の指針がたつ、とするこの指摘はとても単純で易しいようでありながら、「木をみながら森を見て、森を見ながら木の枝をみる」ような視野の広さ
と洞察の深さが求められる境地でもあり、親学を人間性を高める学びであるとする著者の態度の一端を伺い知ることができます。
 
 子育ての目的は「個性」と「社会性」が統合された、自立した人間を育てることとしています。果たして私は・・・などと思いが過ぎりますが、すると空かさず「不完全な人どうしが支え合って社会がなりたっているのですよ」と先生に言われそうな気がします。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年05月15日

64号

oomori.jpeg
『母親はみな一生懸命 愛情がからまわりしないための35のポイント』(1)

著者: 大森 弘
発行: グッドブックス, 2015年

<紹介者より> 
 この本は、当会の前専務理事の大森 弘先生が上梓されたものです。本書の評判は、すでに発売日(4月22日)から口コミで広がっているようです。すでにお持ちの方も居られるかとは思いながら、多くの方にオススメするために取り上げることに致しました。

 協会の講座で扱われた内容を中心に「親学」の視点からまとめられています。
第一章では、子育ての「目的」と子育ての基礎となる「態度」を扱っています。
第二章から第五章までは、子供の発達段階に応じた親の関わり方を扱っています。
第六章では、親を支援する立場の方に向けてまとめてあります。

初学者にとって、親学入門の最適な一冊になります。基礎と基本のほぼ全てを学ぶことができるからです。講座を修了されたみなさまにとっては、とてもよい復習の教材になります。文字通り、一文字ずつ心を込めて「書いた」文章とその行間に先生の講座を思い出すことができるからです。
これから数回にわたって、本書の内容とそれにまつわるエピソードなどをご紹介します。    
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年04月15日

63号

お休みです。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年03月16日

62号

978-4-7885-1417-1.jpg

『夫婦げんかと子どものこころ 健康な家族とはなにか』(3)

著者:川島亜紀子
発行:新曜社, 2014年

<本書より>
 一般には、妊娠・出産には、夫婦のきずなを強めるイメージがあります。育児は、家事のなかでも夫婦が協力しあう必要があるからでしょう。今回の調査でも夫婦関係に大きな影響を与えていることがわかりました。

 いいことばかりでもありません。この時期の夫婦には、けんかが急増していることも明らかになったのです。生活のなかで積み重なったストレスが何かのきっかけで爆発したとき、子どもにはどのような影響を与えるのでしょうか。

1.はじめに親子の「愛着」関係を築く条件から考えてみます。
条件1:子ども側の問題;要求を読み取りやすく表現できるか。
条件2:親側の問題;読み取り感度は良好か。
条件3:相互の問題;親が読み取った子どもの要求に適切に応じることができるか。

この三つの条件は、複雑に関わりあって成立します。例えば、親側がストレスを抱えている場合に子どもの要求を読み取りにくくなったり、適切に応答できなくなることがあるのです。

2.次に夫婦げんかと子供の反応に目を向けます。
子供は、親のけんかで生じる嫌な気持ちをなんとかしようと努力しています。

 次のパターンに分類できます。
<不安になって>
・その場から立ち去る・落ち着かなくなる
<自分に気を引く。自己非難>
・笑わせて気を引こうとする・怒られようとする
<飛び入り。三角関係>
・仲裁に入ろうとする・どちらかの見方につこうとする

3.まとめ
 夫婦げんかが子供の心に与える影響は、次のように考えられます。
1.愛着(情緒安定性):子どもが安心して甘えられなくなる。
2.自己非難:夫婦げんかの原因や責任を子どもが抱え込む。
3.三角関係:うまく収めることができれば、子どもの自己効力感になるが、失敗すると自己非難につながる。

<紹介者より>
 3回にわたって夫婦げんかを取り上げました。
以前紹介したアメリカ人女性の言葉を思い出します。「夫婦げんかの最中に家族カウンセリングで学んだことを思い出すのは、飛行機から飛び降りながら空中でパラシュートの取り扱い説明書を開いているようなものだ」と。
 
 家族心理学の知見からは確かに学ぶことも多いですが、すべての知識や理論を忘れてしまったときに出てくるものだけが身についたものといえるでしょう。その意味で親学は修行だともいわれています。

 ある講師は「わかっていても」感情のままに怒ってしまいそうなときは、その場を離れるようにしていると話していました。できることから少しずつ取り組んでいきたいものです。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年02月16日

61号

978-4-7885-1417-1.jpg 
『夫婦げんかと子どものこころ 健康な家族とはなにか』(2)

 著者:川島亜紀子
 発行:新曜社, 2014年

<紹介者より> 
 夫婦げんかをしてしまったとき、どのような対応をしていますか。
 自分が我慢する、子どものいないところで話し合う、時の過ぎるのに任せる、自分の気持ちを伝える・・・いくつもの方法が思い浮かびますね。

 これまでの研究をまとめると、結婚年数にかかわらず、夫婦でうまくいかないときや、折り合いがつかないときに7割以上の人は「積極的に自分の気持ちを伝えている」ことがわかっています。それと同時に7割程度の夫婦は、時々以上の頻度で「自分が我慢」しているようです。
 今月は、「夫婦げんか」研究の移り変わりをみていくことにしましょう。

 1960年代以降、アメリカで盛んになった夫婦げんかの研究によって、いくつかのことがわかってきました。例えば、お互いの意見が不一致であるとき、その行動を観察することは「将来の夫関係を予測する」のに有用であることがわかりました。
 また、どういう方法が夫婦げんかの解消に関係するのかを調べるために、わざとケンカをしてもらった夫婦にいくつかの方法を試みてもらいました。ところが、結局のところどれもうまくいかなかったのです。上手な話合いの方法、つまり上手な夫婦げんかのやり方を訓練するだけでは効果がみられなかったのです。

 次に注目されるようになったのは、お互いをどのように捉えているかという側面でした。1980年代に検討されはじめたこの研究によって、相手をどのようにみているのかが重要だと考えられ始めたのです。今では夫婦げんかは、目に見える行動(顕在的な葛藤)と、感情や認知などの潜在的な葛藤が組み合わさったものとして定義されています。
 
 夫婦げんかでは、自分の行動が相手に影響を与え、相手の行動によって自分の行動が変わる体験をします。こうした「原因-帰属」の考え方によると、自分の行動の原因は、状況のせいであって、相手の行動の原因は、相手の意思によるものだと考えやすくなります。
 したがって、相手が「ああする」「こう言う」から、私はそうしたと、お互いに思いあうことになるのです。

 アメリカのゴットマンらは、夫婦のやりとりのパターンを3種類に分類しました。お互いに攻撃しあうパターン、一方が責めて一方が逃げるパターン、両者が歩みよるパターンです。アメリカでは、要請−回避型の「妻が責めて夫が逃げる」パターンが多いといいます。

 筆者によると、夫婦げんかの翌朝に「あいさつをする」といった、人としての礼儀が守られていることが後をひかないコツなのだそうですよ。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2015年01月15日

60号

978-4-7885-1417-1.jpg

『夫婦げんかと子どものこころ 健康な家族とはなにか』(1)

著者:川島亜紀子
発行:新曜社, 2014年

<紹介者より>
 本書は、子育て中の夫婦関係、とくに「葛藤」に焦点をあてて追跡調査したデータをもとに夫婦関係と子どものこころの関係を紹介しています。夫婦げんかが、子どもに何らかの影響を与えることは自明のことですが、具体的にはどのようなことなのでしょうか。著者の博士論文を基に書き下ろされた説得力のあるレポートです。
 子どもに見せなければいいのだろうと読み進めていくと・・・どうも違うようです。

<本書より>
・「妊娠出産は夫婦のきずなを強める」は思い込み
 大学生に「出産によって夫婦げんかは増加する」と話すと、男女ともほとんどの学生が驚き、ショックを受け、自分の結婚・出産・子育てイメージとのギャップを感じるという。一般には妊娠出産が「自然で、努力することなく」夫婦の絆を強め、夫婦関係をワンランクアップしてくれるように期待されているが、現実は異なることを結婚前に伝えることが有効ではないだろうか。

・夫婦げんかの種「家事・育児の分担」
 家事・育児の分担による夫婦関係満足度には、夫婦の性役割観が関わっている。欧米の調査では、妻が夫婦平等の対等な性役割観をもつことは、夫婦関係の質を低めるが、夫が平等主義の場合には夫婦関係の質を高めることが知られている。つまり、役割や家事のバランスだけでなく、それに対する認知や態度が重要になる。夫は、一様に家事や育児をすればよいという問題ではなく、相手の期待(価値観)に沿うようなサポートができていることが大事だといえる。

・夫が家事・育児に参加したいのに実際にはできない理由
 一つは、物理的に家庭外の役割に拘束されている場合で、もう一つは、母親(妻)による家事・育児の抱え込み(Maternal gatekeeping)である。これは、母親(妻)の性役割観(平等派、伝統派)に規定されており、父親(夫)との役割観と一致していない場合に阻害するような行動につながり、不満を増加させることになっているのかもしれない。

・サポートしてほしい、サポートしてあげたい、という気持ちは肯定的であるものの、相手の気持ちに配慮しないと、否定的な影響をもつ可能性もある。サポートが必要だというシグナルを上手に出すことができるか。そのシグナルを上手に読み取り、適切に対処することができるかということは、夫婦関係維持の重要な鍵である。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介

2014年12月15日

59号

415gXE7pIKL.jpg
 『やさしいみんなのピアレント・トレーニング入門:ACTの育児支援ガイド』
(原書:The Joy of Parenting: An Acceptance and Commitment Therapy Guideto Effective Parenting in the Early Years)

著者:リサ・W・コイン,アミー・R・マレル
監訳:谷 晋二
発行:金剛出版,2014年

<紹介者より>「ピアレント・トレーニングでもマインドが扱えるようになりました」
 本書は、「悩むのはごく当たり前」とする立場から、不安や恐れの感情を抱えながら親が大切にしている価値観に基づいて子どもを育てる方法を紹介しています。親学に関心をもつ多くの皆様がご存じの通り、これまでピアレント・トレーニングでは、親が子どもの行動を変化させることに焦点を当てていました。最新の行動理論に基づく本書では、子育て中の親の価値観・マインドを扱います。エクササイズが充実していて、体感しながら読み進めることができます。
 ACTとは、行動理論に基づく心理療法のことで「受け入れる(Accept)、選ぶ(Choose)、行動する(Take action)」の原則を示しています。

<監訳者より>
 ACT(Acceptance and Commitment Therapy)は、たとえ不快な考えや感情があったとしても、自らの価値に基づいた行動を可能にすることを目的としています。
 メンタルヘルス上の課題を抱えている人のための心理療法であるだけでなく、健康やWell-beingに関するモデルでもあります。子育ての知識や技術を紹介する本はたくさんありますが、マインドとの付き合い方を紹介した本は限られています。悩み、不安になることはとても当たり前の人間のありようなのです。その当たり前の出来事とうまく付き合っていく方法をこの本で学び、子どもとの大切な時間を作っていただきたいと思います。

<序文より> 
 本書は、多忙を極めるときでも私たちが子どもを観て、感じて、感謝する時間を設けるための現実的な方法を教えてくれます。オープンになること、受け入れること(アクセプタンス)は私たちの「時間感覚」を変え、子どもと過ごすひとときを私たちにとっても大切なものとしてくれます。私たちの子どもは、マニュアル通りにはなりません。それでも、時にはちょっとした知識や方法が役立つこともあるのです。
posted by oyagaku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書紹介