CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
社会福祉法人とは社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法の規定により設立された法人で、公共性がきわめて高く、営利を目的としない民間の法人です。
「社会福祉法人おおつ福祉会」は、障害のある人や家族の願いをもとに、地域の多くの団体や個人が集まり、障害のある人の願いをかなえるために1990年に設立されました。

2011年01月26日

二つの展覧会を終えて

前回告知していました、二つの展覧会が無事終了しました。
どちらもたくさんの来場者で賑わいました。

埼玉で開催していた、「アートが生まれるところ」では、
他府県の施設の美術活動を担当している職員が、
毎日の美術活動の関わりの中で生まれ出た作品と作者の
姿をありのまま伝えていました。
どこの施設の職員も、みんなが楽しんで取り組み、
そしてそれが生き甲斐となり、その人自身と表現を高めて
いきたいという同じ思いがあるなと感じました。

写真は、展示会場4カ所のそれぞれの風景です。
どの会場も、作品にあった雰囲気でした。

writen by Kubo
posted by おおつ福祉会 at 16:37| Comment(0) | ニュース

2011年01月18日

展覧会のお知らせ

アトリエ地空からのおしらせ笑顔
ご無沙汰になっていました。一回で終わるんじゃないかと内心不安に
なっていましたがなんとか投稿します。
現在開催されている展覧会のお知らせをします!


「第7回滋賀県施設合同企画展 ing・・・〜障がいのある人の進行形〜」


会期 2010年12月11日(土)〜2011年1月16日(日)
    11時〜17時(最終日は16時30分まで)
会場 ボーダレスアートミュージアムNO−MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)

おおつ福祉会からは、唐崎やよい作業所(アトリエ地空)、おおぎの里が
出展しています。



「アートが生まれる場所」
全国より15の場所から生まれる作品と、埼玉・川口の4つのアート・スペースがつながります

・川口市立アートギャラリー・アトリア 2011年1月8日(土)〜1月23日 10時〜18時
・senkiya 
・masuii R.D.R gallery            
・工房集ギャラリー 2011年1月8日(土)〜1月21日(金)

唐崎やよい作業所、社会就労センターこだま、社会就労センターあおぞらの
作品を展示します。

他府県のアート作品も必見です!

工房集
http://minuma-hukushi.com/KOBO-SYU/      
posted by おおつ福祉会 at 16:51| Comment(0) | ニュース

2010年10月19日

アトリエ地空ブログデビュー!

アトリエ地空もブログをスタートします乾杯
アトリエ地空は、おおつ福祉会法人おおつ福祉会唐崎やよい作業所の手織り、陶芸、絵画造形活動として、展開しています。1993年からスタートして、その人らしさを大切に取り組んでいます。
「地空」とは、「地と空の間にある、あらゆる出来事のなかの一つ」という意味があり、障害のある人が作った物も、あらゆる出来事に関わっていこうとするエネルギーがあり、これらを多くの人との縁にしたいという願いの元、これまで展覧会や販売をやってきました。
働きはじめて二年目、私は造形活動を主に担当し取り組んでいますが、メンバーそれぞれが物を作っているときの幸せそうな顔、できあがったときの達成感、そして色彩・造形の美しさに驚き、人は表現することの喜びをもっているなと感じています。

ブログでは、メンバーが制作した絵画造形物や、活動中の様子を中心にお伝えします。
新商品も展開中!
posted by おおつ福祉会 at 17:50| Comment(0) | ニュース

2009年02月12日

おおぎの里 ガラス教室開講

日々色々とニュースはありながら長らく更新しておりませんでしたが、平成21年に入りおおぎの里のガラス工房が一新  大がかりな作業のためなかなか立ちあげることが出来なかった吹きガラスが、長浜の黒壁の工房の先生を迎えて広く一般の方にも開放しこれからが楽しみ、かく言う私も待ちに待っておりました、ぜひとも挑戦させてもらうつもりです。体験談も後日 ご報告できればと思いますが。  (事務センター川島)
是非ともみなさま、ご参加お待ちしております。トンボ玉などは開所から2年経ち利用者の方も慣れてこられたと聞いておりますが、おおぎの里へ行くときは何か新しいことがあるのか興味津々展示物もどんどん増えて開所とおじに比べ施設が利用者にも地域にもなじんできたなあと嬉しく思っております。
















posted by おおつ福祉会 at 12:58| Comment(0) | ニュース

2007年11月05日

なんぶでいサービス改修工事完了

なんぶでぃサービス改修工事完了




平成19年11月5日 日本財団よりからの補助金をもとに第2こだま共同作業所は、なんぶで

ぃサービスと名を改めきれいにそして使いやすく改修された施設で日中支援の場として

新たなスタートをきりました。











posted by おおつ福祉会 at 16:51| Comment(0) | ニュース

2007年09月27日

(仮称)南部デイサービス改修工事入札結果

(仮称)南部デイサービスセンター改築工事 



 入札日  平成19年7月25日

 入札参加事業者名
  

  株式会社宇野工務店         入札価格 金8,350,000円

  五六七北川建設株式会社      入札価格 金7,900,000円

  株式会社澤建設工業所       入札価格 金8,300,000円

  原田実業株式会社          入札価格 金8,360,000円

  株式会社増田工務店         入札価格 金8,400,000円

  

入札結果


  五六七北川建設株式会社      入札価格 金7,900,000円で落札





続きを読む・・・
posted by おおつ福祉会 at 13:32| Comment(0) | ニュース

2007年07月27日

南部デイサービス

南部デイサービス 改修工事前

撮影 平成19年7月19日


玄関



リビング



和室建具



洗面所



2階窓

posted by おおつ福祉会 at 10:22| Comment(0) | ニュース

2007年07月25日

南部デイサービス

地域活動支援センター南部デイサービス 事業計画

目的

既存の事業所への通所が困難な方や、在宅障害者、引きこもり、高齢の方、独居、家族の介護の低下などの事情から、日常生活での細かい課題を抱えた利用者の方々の活動場所の拠点として展開していく。
デイリープログラムは、ゆったりとした取り組みを中心として、出来るだけ、地域で長く生活するための生き甲斐作りや、支援をしていく。また、様々な課題を持って入所してくる人たちのニーズに応えながら、必要に応じて社会復帰のための窓口的役割を果たす。

目標

@利用者の実践の充実
・個別支援計画を作成し、利用者のニーズに添った支援を進めていく。
・高齢者、身体障害者への援助技術や利用者の支援の職員の専門性を高めていく。
A関係機関との連携
・関係機関との定期的な情報交換や日中支援の連携を進めていく。
・利用者の自立訓練の窓口として、やまびこ支援センターとの連携をしながら進めていく。
B地域との交流
・積極的な作業所の行事開放を進めていく。
・障害のある方だけではなく、地域の高齢者や住民の憩いの場所となるように進めていく。

計画
事業内容

物件現状  小規模無認可作業所
所得形態  賃貸借
工事内容  玄関・各居室・便所・台所周りの改修・冷暖房器具の設置工事等
施設名    地域活動支援センター「南部デイサービスセンター(仮称)」
面積     敷地 157.54u
        建築面積 
        1階 101.88u  2階 89.19u 延床 191.07u
構造     木造
施設概要  リビング ・ 活動室3 ・ 洗面所 ・ 浴室 ・ 便所2 ・ 事務室 ・ 静養室         団らんの場 ・ 食堂
定員     10人
職員     管理者  生活支援員


工事前写真(撮影日 平成19年7月19日)














posted by おおつ福祉会 at 19:11| Comment(0) | 事業案内

2007年07月12日

新施設開所

平成19年4月 社会福祉法人おおつ福祉会の4番目の通所施設とし、 大津市仰木の里に
障害者福祉サービス事業所おおぎの里が開所いたしました。



posted by おおつ福祉会 at 14:05| Comment(1) | ニュース