CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くま太
つぶやき 13日の金曜日 (12/05) ナカナカナカヤ
つぶやき 神戸お留守組 (11/20) さとうひとみ
よみうり子育て応援団 大賞受賞 (10/08) 草刈する代
洋服コーディネート講座 (06/21) ナカナカナカヤ
平成19年度ひろば報告 (04/25) ナカナカナカヤ
春の壁画 (04/25) ナカナカナカヤ
すくすく便り3月号 (03/21) さとうひとみ
すくすく便り3月号 (03/19) ナカナカナカヤ
すくすく便り3月号 (03/16) 庭山
すくすく便り3月号 (03/14)
最新トラックバック
「NPO子どもとメディア」の古野さんが白老町に来まーす! [2015年01月09日(Fri)]

突然ですが、お誘いです。

子どもにとっての電子映像メディア(テレビ・DVD・ゲーム・ネットにつながる機器など)の影響をわかりやすく教えて下さる方を、1月30日(金)の午前中に、すくすくにお招きすることになりました。10時半頃から12時半頃です。

福岡市が拠点で、全国的に活動されている「NPO子どもとメディア」の専務理事であられる古野陽一さんに、(無理を言って)白老に来ていただけることになりました。
古野さんのプルフィールは、以下の通りです。

ご興味のある方は、ナカヤまで、お申し込み下さい。
今回は、託児はないのですが、ナカヤにご相談下さい。

■プロフィール
古野陽一(ふるのよういち)
株式会社喜楽学舎 代表取締役
NPO法人北九州子育ち・親育ちエンパワメントセンターBee理事、NPO法人子どもとメディア専務理事など。
北九州市若松区の自然あふれる里で、小6女、高2男、高専5男の三人の口の達者な子どもたち、美しく賢く優しく頼りになる妻に恵まれ幸せな日々を送っている53歳。
第一子誕生のころは仕事中毒で妻が育児ノイローゼ寸前になっていても何もできず、第二子誕生のころから子ども・子育てのさまざまな活動にかかわってきた。特に2003年に家庭教育のファシリテーター資格を取り、これがライフワークになると確信した。
以後、子ども、子育ての当事者や人材養成の講座、講演、ワークショップに精力的に活動している。
また、第二子誕生のころから子ども・子育てのさまざまな活動にかかわり、特に当時ビデオ漬けにしていた第一子がノーメディアの取り組みで劇的に改善したことから、子どもとメディアの問題に取り組み始めた。
 IT技術者、ゲーム製作者の経験も生かして、ケータイ、インターネット、ゲーム等が子どもに与える影響を、講演会、ワークショップで広く啓発している。

Posted by お助けネットスタッフ at 10:34
2015年、よろしくお願いします@ [2015年01月05日(Mon)]

 2015年も、白老町子育てふれあいセンター「すくすく3ハート9」をどうぞよろしくお願いいた します。
 
 私、中谷(ナカヤ)は、この施設の運営を町から受託しております団体NPO法人)お助けネット の代表をさせてもらっています。

 昨年度は、たくさんの新しい利用者さんにお越しいただき、
 また、毎日のように利用してくれている方が、新しく来館された人に
 やさしく声かけをして下さるなど、人のつながりの場として育んでいただけたことに
 心よりお礼申し上げます。

 すくすくが楽しく温かい場所になるように尽力してくれているスタッフのみなさん、
 常勤スタッフの西村さん(主に広場担当)、北平さん(主にファミリーサポートセンター担当)を
 はじめ約40名のスタッフが、それぞれの得意技を発揮して、笑顔で活動してくれていることに
 感謝の気持ちでいっぱいです。


 名ばかりの代表ですが、私は、普段たいてい白老にいる時は
 午後の時間に、すくすく広場の奥の事務所で、仕事らしきことをしています。

 他に町内では、白老町訪問型家庭教育支援員として、乳児健診などでのアンケートで
 希望のあった人の所に出向き、おしゃべりしたりアドバイスしたり情報提供したり
 しています。
 子育て中の方と話を出来るのがこの時間ので、今の私にとっては
 訪問型支援の時間が最高に幸せです。
 白老町に住んでいる方、今年はぜひ気軽に訪問型のアンケートの「希望する」欄に
 ○丸をつけてね!

 町外では、20年以上のさまざまな経験を伝える役割をいただくこともあります。
 子育てや子育て支援についての講演会の講師依頼や、北海道の行政関係の委員なども
 させていただく年齢?!になったようです。
 
 昨年度は、そんなこんなで、町外に50日以上は出ていました。
 いろいろなまちで、様々な人と出会うことで、私自身たくさんのことを
 学ばせてもらっています。

 今年は、
 「自分が必要とされる場所で、自分を必要としてくれる人に尽くす1年」に
 したいと思います。


 「すくすく3ハート9」をあなたらしく活用して、楽しい1年になりますよう
 お祈りしています。
Posted by お助けネットスタッフ at 12:05
「ずーまだんけ」さん、NHKのEテレ、レギュラーに! [2014年03月30日(Sun)]
 
いつもスタッフが綴っているこのブログを楽しく読んでいる一応NPOの代表の中谷です。(笑)
 
今日は、びっくりニュースを見つけたので、お伝えしますね。

すくすくにも、何回も来て下さっているけん玉パフォーマーの「ずーまだんけ」さんが、
4月からNHK Eテレの『ニャンちゅうワールド放送局』で月に何回かのレギュラー出演されることになったそうです。

くわしくは、以下の「ずーまだんけ」さんのブログをみてね!

http://ameblo.jp/zoomadanke/entry-11808130687.html


もしよかったら、今年から始めた、中谷個人のフェイスブックも時々のぞいてみて下さいね。

https://www.facebook.com/michie.nakaya.5


 


Posted by お助けネットスタッフ at 10:59
燃えまくっています [2010年06月06日(Sun)]

中谷です。ラブ

 白老町子育てふれあいセンターの充実した活動は、ブログで
 観ていただいている通りです。
 常勤スタッフの西村さん、北平さん中心に、それぞれの部が
 意欲的に取り組んでくれていて、親御さんや乳幼児さん、
 小学生が、楽しんでくれた様子を喜んでいる会話が飛び交っています。
 自我自賛で恐縮ですがすいません
 毎日緊張感を持ちながらもいきいきと活動してくれるスタッフに
 頭が下がりますね。

 そんなわけで、私は、お助けネットの活動が継続発展できるような
 マネージメントや対外的な連携・ネットワークづくりに集中できます。

 また、今年は、我子がいなくなった淋しさを、プラスに昇華したくて
 新しいことにも挑戦します!桃太郎

 5月に子どもとメディア公式インストラクター養成講座を受講しに
 福岡市まで、2回行ってきました。飛行機
 大変勉強になり、絶対に、北海道で「子どもの発達を保障するために
 大人が知恵を寄せ合い工夫して、メディアリスクを伝えることの
 必要」を確信してきました。
 なんと、遠く九州での講座に、北海道から参加した方が
 他にもいらして、「なんとか、取り組みを始められないか」
 現在、検討中です。
 久しぶりに、燃えに燃えています炎
 あっ
 燃えすぎちゃったぁ〓

 例え、骨皮筋子になっても、かたちにしたいんです。
 近いうちにお知らせできるようにしますので、
 力になって下さいませ。力こぶ
Posted by お助けネットスタッフ at 18:10
私は誰でしょう? [2010年05月05日(Wed)]

 4ヶ月ぶりの登場です。桃太郎
 1年の3分の1もご無沙汰してしまい・・・すいません

 ついに、我が家から子どもがいなくなってしまいました。ロケット
 夫と2人の生活です。
 娘はもうすぐ21歳で旭川3年目、息子は18歳で今春から東京へ。
 2月3月は、淋しさとあわただしさで、人生の大きな節目に向き合って
 おりましたが、5月に入った今は、元気元気力こぶ
 
 子育て中の方には申し訳ない程の自由な時間を満喫しています。

 お助けネットの活動は、このブログでもわかるように
 メンバー1人1人の力で、事業が深まり広がっています。

 私も名ばかりですが、代表としてなんとか着いていっています。困った

 今は、5月17日の総会に向けて準備を進めているところです。
 今年度も、それぞれの部が、利用者さんや地域の方々
 さらに、全道の支援者さんにも喜んでいただける事を
 計画中ですので、お助けネットから目を離さず応援してね!

 
Posted by お助けネットスタッフ at 12:48
今年のすくすく始まりました! [2010年01月06日(Wed)]

 ブログを観てくださっているみなさま、明けましておめでとうございます。

 今年も、お助けネットをよろしくお願いいたします。ラブ

 みなさんは、どんな年末年始をお迎えでしたか?

 中谷は、家族の用事やら家の仕事に追われる年末でした。
 正月は、ひたすら食べていました。(だって、おもちがおいしいんだものブタ)

 それと、雪かきを今週は毎日。自分の家、ジジババの家、
 ちょこっと、すくすく3・9も・・・・・。汗をかいて、ふっくらしたお腹が
 凹むかと期待しましたが、なかなか。

 あっという間に、今日から子育てふれあいセンター(すくすく3・9)が
 始まりました。
 さっそく、午前中から広場に来てくれた親子さんもいてくれて
 うれしかったですね。
 中には、実家が白老で、正月里帰りの東京の方がいらして
 東京の世田谷で、子育て支援の活動に関わられている方も
 いらっしゃいました。私のことも知っていてくれて
 情報交換をさせていただきました。

 他には、北大の大学院で学ばれている学生さんが
 卒業論文に「地域での子育て支援」を取り上げるそうで
 話を聞きにいらっしゃいました。

 あと、嬉しかったのが。
 お孫さんの帰省時に利用するため、チャイルドシートを
 お貸しした方が御夫婦で返却に来て下さって、
 その時に、お助けネットの活動に関心をもって下さったことです。
 特に、だんなさんが「来年、定年になるのでこういうボランティア活動に
 かかわれたらなあと思いますねえ」と話してくださいました。
 大歓迎です!拍手
 地域のいろいろな世代の方、男性がかかわってくださることで
 新しい魅力が加わると思います。
 
 毎年5月から6月にかけて行う「子育て支援サービス講習会」を
 受講していただき、会の主旨に賛同していただければ
 誰でも、提供会員になってもらえます。
 そして、活動内容はご自身で選んで参加していただけるので
 当事者のママや男性の方も、遠慮せず参加下さいね。

 今年も、すくすく3・9につながって下さるおひとりおひとりの
 思いに助けられながら、自然体で笑顔になれるような
 場所にしていきたいです。

 どうぞ、よろしくおねがいします笑顔
 


 

 
Posted by お助けネットスタッフ at 22:04
12月だというのに・・・・・ [2009年12月11日(Fri)]
 お久しぶりです。笑い

 12月も2週間が経ってしまいます走る
 この頃、広場に来て下さる方の数が多いようです。
 北海道の冬は、やはり建物の中でないと、乳幼児連れには
 つらいのでしょうね。
 にぎわっている広場をながめるのはうれしいものです。
 お母さん同士やスタッフと和やかに話されている様子
 子どもさんのおもしろい行動や言葉に、広場のみんなが
 笑い声を上げている様子など、時々垣間見るだけでも
 元気をもらえます。

 さて、私は、広場に顔を出さないで何をしているのでしょうか?

 3日木曜日は、白老町訪問型家庭支援チームの会議があった
 のですが、北海道教育委員会の関係者の方が、
 視察に来て下さいました。
 熱心に質問をされて、利用してくれる方や関係機関との信頼関係の
 築き方に奮闘している様子が印象に残ったそうです。

 4日金曜日は,訪問型家庭支援の検診での聞き取り調査でした。
 赤ちゃんを育てている方は、今すぐの訪問ではなくても
 「希望する」に丸をつける方が、8割ほどもいらっしゃいます。
 やはり、乳幼児期は、親支援が大事ですよね。

 6日日曜日は、登別のふぉれすと鉱山で子育てフォーラムがあり
 午後の分科会の話題提供者として呼んでいただきました。
 自然遊びの支援者として活動している人で、これから
 さらに、広場などを開いていけたらと考えている方も
 いらっしゃったので、私の経験を熱く熱く語ってしまいました。
 その会場で、なんと、25年前の教え子(小学1年)夫妻に会い
 興奮してしまいました。「いやあ、おっきくなったねえ」と
 担任していたパパに言うと、「先生、何年経ったと思うんですか?」
 と笑われました。表情や雰囲気は変わらないので
 タイムスリップしてしまいますね。
 さらに、子育て通信を発行していた時を知っている方も
 参加されていて、「これから広場をつくっていきたい」と
 静かにでも力強く語られていて、感激しました。
 少しでもお役に立ちたいと、おせっかい虫が騒ぎます。

 7日の日曜日は、利用者さんのママ達が企画実施の
 手作り品フリマでした。かわいい作品がいっぱいで
 私も3個ほど買わせてもらいました。祖父母のように困った
 忙しく働くママの子どもさんと一緒に遊ばせてもらい
 とても楽しかったです。小さい子は、とにかくおもしろい!
 生きるエネルギーの塊ですね。ほしいですわ、そのエネルギー

 10日木曜日は、情報交流部の打合せ、町の地域福祉計画の
 策定委員会。情報交流部の打ち合わせの時に、よみうり新聞の
 地元のミニコミ誌「よみうりプラザ」の取材もありました。

 ・・・・・・・・てなわけで、さも忙しくしているように書きましたが
 家族の用事もし、自分の趣味の教室には、週に2,3回も
 通うというありがたい時間も過ごしています。
 年末残り3週間、優先順位としては、家の片付け・掃除が
 1、2位のはずなのですが〓

Posted by お助けネットスタッフ at 23:02
お助けネットの講師派遣事業 [2009年12月01日(Tue)]
久しぶりに登場の中谷ですラブ
 週末に何をしたかを知らせてばかりで恐縮です困った
 
 29日の日曜日は、胆振管内東部の厚真町に
 おじゃましました。厚真町小中学校PTA研究大会で
 「子育てを地域で支え合う〜子育てを支える地域の輪〜」と
 いうテーマで講演させていただきました。
 特に後半の「小中学生の子育て、コツとヒント」の話の時に
 非常に集中して聞いてくださり、真剣な親御さんや先生に
 よい刺激をいただきました。

 子育てや健全育成、子育て支援や次世代育成、市民活動、
 行政との協働、男女共同参画・・・・などについて
 これまで多くのことを学ばせてもらい実践してきました。
 それらを少しでも、他の方にも活用してもらいたいと
 以下の事業を始めます。

 題して、『お助けネットの講師派遣事業』です。
 内容によっては、中谷以外のメンバーを派遣することもできます。
 まずは、気軽にお問い合わせ下さいね。

 NPO法人お助けネットの講師派遣事業
【目的】 これまでの活動を通して学び経験したことを講師という形で
    お伝えし、道内の支援者の活動を応援したい。
    気軽に利用してもらい、親御さんの学習機会として活用したり
    自治体で策定中の次世代育成支援行動計画に生かしてもら
    いたい。

【内容】道内の子育て支援や教育に携わっている団体や行政で、
    講演会や研修会を開催する際、お助けネットのメンバーを講師
    やファシリテーターとして講師料無料で派遣する。
    50件程度を予定。
    旅費・交通費などは、主催者に実費負担してもらう。

 ★子育て:思春期を見通した子育てのコツとヒント(自己肯定感、
   がまんづよさの育み方・家庭学習・思いやり、社会力の育み方・
   親子のコミュニケーションなど)
 ★子育て支援:意義・背景・具体的な内容(ひろば・ファミサポ・
   訪問型など)
   実際に活動しているメンバーの体験談・支援者の資質向上など
 ★まちづくり:市民活動・当事者のはじめの一歩・行政との連携や
   協働、委託事業の運営と実際・子育てNPOの事例など

【派遣期間】2010年度末まで。
       ただし、予定を超えた場合は打ち切ることあり。

【問い合わせ・申込み】
 お助けネット代表 中谷(なかや)090−3773−8349

Posted by お助けネットスタッフ at 00:13
乗り物満喫の4日間 [2009年11月19日(Thu)]
 先週末は、いろいろな方にお会いできました。音符

 13日の金曜日には、胆振の西部伊達市久保内中学校に
 おじゃましました。久保内小中PTA教育講演会で
 「思春期を見通した子育てを〜発達を知ってあったか子育て〜」を
 テーマに1時間半話させてもらいました。
 1つの地域の小中学校だけで、毎年研修会を持っているそうで
 みなさん、表情豊かに熱心に聞いてくれ、感激しました。
 いくつか質問も出され、感心しました。

 なんと、その学校の養護教諭の先生は、私が新卒で
 務めていた時の同僚で、25年(4半世紀)ぶりの対面!
 懐かしすぎてなんと言って良いのやら・・・
 「どうして、講演活動に足を踏み入れたの?」と不思議がられました。
 そうなんですよ、若い時の私は、そういうタイプではなかったのでウインク

 14日の午後から稚内市に飛行機で向かい(大揺れ)
 15日は、1日日程で「子育て応援フォーラム」に参加。
 午前中の基調講演と午後のシンポジュウムでした。
 基調講演は、「パパ・ママのすぐに役立つ子育てのヒント
 〜子育ては男と女の共同参画から〜」をテーマに90分。
 
 午後のシンポでは、地元の支援センターの活動や、
 企業(お父さん)が、学校の子ども全員を巻き込んで
 ツリーハウスづくりをした事例など、生き生きとした活動の
 発表がありました。拍手
 
 最後に、文部科学省の方が特別講演されました。
 新政権で取り組んでいる関連施策について
 (高校の実質無料化・教員養成6年制など)や
 事業仕分けについても様子を話して下さいました。
 あと、全国学力テストの結果からわかったことの
 話しもありましたが、目新しい内容ではありませんでした。
 
 15日の夜にまた大揺れの飛行機で帰宅後
 朝起きてすぐに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 16日月曜日は、家を離れて初めて寝こんでしまった娘に
 会いに旭川までJRの旅。親切な下宿の方のおかげで
 すっかり元気になっていてホッとし、なんだかんだ
 おしゃべりをしながら部屋の片付け・・・楽しかった笑い
 親ばかですねえ。

 そんなわけで、1年間の内でもよくぞこんなに
 いろんな乗り物に乗ったなあと、驚いてしまうような
 4日間でした。
Posted by お助けネットスタッフ at 23:19
全体運営スタッフ会議 [2009年11月11日(Wed)]
 今週月曜日の夜は、全体運営スタッフ会議でした。
 全体運営スタッフって、誰だか知っていますか?笑い
 紹介しちゃいますね。

 会の副代表で相談部の末永さん、優しく頼りになるお姉さんです。
 広場常勤スタッフの西村さん、子どもさんの人気者です。
 託児部の要、お外遊びやイベント時の調理リーダーの佐藤さん。
 ファミサポコーディネーターで、会の金庫番、小林さん。
 ファミサポコーディネーターで、情報交流部のリーダー北平さん。
 情報交流部のリーダーで、カプラ名人の南川さん。
 広場常勤スタッフの久野さん、貴重な「若ママと同年代」。
 それと、中谷です。

 今回の会議では・・・・。
 1.それぞれの部から報告と予定。
 2.来年度の事業で取り組んでみたいことをざっくばらんに出し合う。
 3.よみうり子育て応援団大賞についての白老町広報の取材
 がありました。

 3の取材では、広報担当の方が、1人1人に感想を聞いてくれ
 それぞれが、いつからどんな思いでこの活動に関わってこられたのか
 や、現在・未来の会に対する想いを率直に語ってくれました。
 拍手感激しました。
 
 自分達のブログで、自画自賛も甚だしいのですが
 お助けネットのスタッフは、本当にすばらしい人達です。
 それぞれの持ち味を生かして、のびのびと存分に
 活動していただけるような会のマネジメントを
 することが私の役目なのだなと、あらためて感じることが出来ました。
 役目(必要とされている自分)を感じられることが
 ありがたいことなのだと、母親の役目をかなり卒業してきた
 今の私は実感します。

 若い時は役目が窮屈だったのだけれど・・・
 きっとバランスなのでしょうねえ。

 役目に囚われたくない自分と、役目をいただける自分と。


 
Posted by お助けネットスタッフ at 18:14
| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人お助けネットさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/otasuke/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/otasuke/index2_0.xml