CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
クリスマスツリーと気候変動[2011年12月04日(Sun)]
私が勤めるFisheries Centre(漁業センター)にクリスマスツリーが飾られた。イギリスにいた時は特に、街頭にクリスマスセールの宣伝としての飾り付けが出る時期が年々早くなっている気がした。

不況の中、人々が家族とともに過ごす心安らぐ3日間を待ち望んでいる中、早くから街に鳴り響くクリスマスソングに当日はもう消化不良気味だったのを覚えている。

カナダでの生活は、私の住居が大学構内にあるため、商戦がらみのクリスマスソングの応酬はないが、今年は国内では東北大地震、国外では数々の災害に加え,「オキュパイ」デモで問われる経済格差問題の深刻化と人々の厳しい生活状況を考えるとクリスマスツリーの灯りも単純に楽しむ事が出来ない。

先日、アメリカでは、103歳の老人に自宅から立ち退き命令がでるというニュースが流れていた。一方で、ABCニュースでは労働雇用問題の解決策として「最低賃金をなくす」「失業保険をカットする」等と提案していた。問題解決を単純なカット戦略に「翻訳」されてしまう事は、漁業で言えば、資源減少に関して単純に漁師に「穫るな!」というのと同じ理屈である。

世界的な問題について、個人的な責任は、モラルの議論だ。例えば、気候変動(Climate Change)に関して、日曜のドライブをやめる事と、問題解決につながる政策を支援する事のどちらが個人的な責任であろうか?科学的見解によって、私達はこのような選択を迫られる事はない。魚資源の問題も同様に、科学的な見解のみによって、私達は、「魚を穫るな!」「食べるな!」という選択を迫られる事はないだろう。

消費者は、温暖化抑制の為にドライブに行かない事や、資源状況が問題視される魚を食べない事を個人的に迫られるべきであろうか?そのような選択を迫られる事のない、「許される数日間」を求めクリスマスツリーを飾り付けている訳ではないが、いつの日か、科学ではなく哲学の話をネレウスプログラムでも行わなければならないと考えている。

魚を守る漁師[2011年11月24日(Thu)]
ブログで親しい人の事を書くのは、時として適切でない場合もあると思う。ましてや、それが悲しい知らせであればなおの事、書くべきではなのではと何度か自問した。

先週、岡山県備前市日生町の漁業組合長でいらっしゃった本田和士組合長の訃報を受けた。

本田組合長には、以前勤めていた海洋政策研究財団の総合的な沿岸管理に関わる事業の関係で知り合いになり、常に暖かく接して頂いた。同事業で、日生がモデルサイトになり、その担当を私が受け持たせて頂いた関係で、日生には何度もお邪魔し、本田さんには陸でも海でも瀬戸の海について、経験と思いの詰まった話をして頂いた。

最初、岡山県水産課の田中さん(現在は海洋建設水産環境研究所の所長をされている)と鳥井さんに本田さんをご紹介頂いた時には、半日岡山県庁前の図書館で日生の漁業史を読み、付け焼き刃で訪問をした私に「宜しくお願いします」と頭を下げて頂き、本当に恐縮したのを覚えている。

それからも、「海の計画を作りましょう」とか「日生のアマモ増殖について海外に発信しましょう」とか、どちらかと言うと直接的とは言えない私の提案について常に熱心に耳を傾けて下さった。お身体の調子もあり、遠出は苦手でいらっしゃったのに、総合的な沿岸域管理の事業に関わる会議の為に東京までお越し下さった時には、本当にお礼の言葉もなかった。

私は、海外での現地調査が多く、日本の海について十分な経験がない。しかし、本田さんは逆にその経験のなさを新たな視点として受けとめて下さった。

私が、自分勝手にも仕事半ばでカナダに向かう時にも、「日本の為に、いい仕事をしてください」と新たな出立にお祝いの言葉を下さった。「また、帰国の際はぜひとも日生に、今度はご家族で来てくださいよ」と言って頂いた。

一度、ダニエルポーリー教授に謎掛け半分で、「漁師がいないといなくなってしまう魚もいる」と話し、「何を言っているのだ」と笑われた事がある。自然海岸が激減し、すり減った生息域に長い年月をかけてアマモを植え、魚のすみかを作ったのは日生の漁師と本田さんのリーダーシップである。この例を挙げると、「一度、その漁師とお会いしたい」とポーリー教授が話していた。

魚を守る漁師、矛盾しているようで、そうあるべきである海と人との関係を本田さんは体現されていた。

どうぞ安らかに。
私のプロジェクト[2011年11月14日(Mon)]
プログラムのCo-Directorとして、全体的なコーディネートや方向性の戦略を練ると共に、私自身の研究も少しずつ進めている。

研究の一つは、これまで日本で行ってきた沿岸域管理、特に
海洋空間計画のあり方についてである。海洋空間計画とは、多様な海洋情報を一元化し海底から海中また海上の自然保全と人間活動のバランスのよいそして効率的な施行を計画する事である。

近年、メキシコ湾での海上油田事故、日本では言うまでもなく福島原発事故による海洋汚染が、我々に沿岸及び海洋利用のあり方について、世界に大きな問いを投げかけている。

海の持つ自然回復力にのみ頼る事なく、私たちがどの程度のリスクと利益を海の利用によって背負い、また今後どのように海と関わっていきたいのか。海の「自然としての価値」を、私たちは、それが一度壊れてしまったら、また元に戻すのがどれだけ大変かをしっかりと理解しながら考えていくべきであろう。

そういった意味で、海洋空間計画とは、リスクや利益を知る道具であるとともに、異なった利害関係者が共に未来について考える「円卓」の用な物であると考えている。そして、一番重要なのはプロセスである。

この海洋空間計画の初期的な物を、漁業者中心で岡山県備前市の日生町漁業組合が少しずつ始めている。世界の海洋空間計画に関する取り組みでは、漁業者の参加を課題としている場所も多く(行政との信頼関係や漁業者自身のまとまりのなさによって)、日生の取り組みはうまく行けば先端的な事例である。

現在、私はカナダにいるので、現地の水産課や漁業組合そして地域NGOと連携をとっているのは、海洋政策財団の瀬木研究員が、総合的な沿岸域管理に関わる事業の一環として行っている。

今週から、その瀬木研究員がUBCを訪れている。彼のこちらでの調査の合間に、共に同業の人類学者として専門的な話が出来るのを楽しみにしている。

私のもう一つの研究は、Global Indigenous Fisheries Assesmentと称して、世界的な先住民漁業に関する調査研究である。グローバルな視点から海の未来を考えるネレウスにとって、大きなデータギャップのあるエリアに焦点を当てた。

地域とグローバル両方に、関わり続ける事で、研究者としての謙虚さを失わないようにしたいと思っている。


プリンストン会議[2011年10月31日(Mon)]
先週から移動とイベントが続いた。

月曜から水曜まで、プリンストン大学で初のネレウスワークショップを行う。
参加者は、プリンストン大学からポスドクフェローのJames WatsonとPhdフェローの Kelly Kearneyが参加、そしてデューク大学からAndre Boustany(ポスドク)と
Daniel Dunn(Phd)が参加した。

UBCからは、プログラマー、私、Villy Chriestensenが参加し、プリンストン大学からは Jorge Sarmiento教授とCharles Stock博士が参加した。

Stock博士は、昨年末に大統領から若手科学者賞をもらっている。プリンストンの構内を歩きながら、「オバマ大統領と会ったよ」「まじで!」というミーハーな会話をしながら昼食を奢ってもらった。

昼食は、参加者の半分がマグロを注文し、マグロの専門家であるAndre Boustanyに「これってサステイナブル?」と質問を繰り返していた。

ワークショップは、月曜がデータ整理等の技術的な話であったが、火曜の午前中の全体ミィーティングでは「2050年の海を予測する為に、どのような疑問に我々は答えるべきか?』という議題で盛り上がった。

議論の中で、自然発生的に、魚、漁師、シーフード、という3つのキーコンポーネントを中心に、海と人間と魚をつなぐ『鳥瞰図」作りを行った。

黒板を使いながら、フェローと教授らが思いついた事を各自書き加え、また議論を行うという繰り返しの中で、かなりお互いの領域を超えた話を出来たと思う。

なにより、Sarmiento教授から、「多様な専門家がよって、始めて気候変動についての議論を行った時のようだ」とコメントをもらえた様に、参加者全員がネレウスというユニークな取り組みに興奮していたのが嬉しかった。

その後、Jamesの設定でサイモン レヴィンSimon Levin教授(生態進化学)の研究室と合同会議を行い、未来の海を予測する為のモデルアプローチについての議論が行われた。

レヴィン教授とはその後少し個人的に話す事が出来、今後、Jamesを通してネレウスに協力頂く事になった。 教授はもうすぐ、日本(九州大学)で講義を行われるとの事、わたしが関西の出身であるというといきなり教授が『オオキニ」と言ったのには笑ってしまった。

水曜にUBCに戻り、金曜に私の職場であるFisheries Centreの全体セミナーで発表を行った。私自身の個人研究についてであるが、かなり良い反響があった。

内容は、先住民漁業についてであるが、自分自身も先住民であるUBCのDavid Close教授から協力の意向を発表後に伝えられたのが最も嬉しいコメントだった。





過去と未来は違う世界。プリンストン大 ネレウスフェロー[2011年10月21日(Fri)]
前回イワシを食べていれば、資源管理は大丈夫かというところで話を止めた。確かに、漁業のターゲットとなる魚が、大型魚種から小型に移り行くのであれば、資源が多く比較的問題の少ないイワシを食べるは得策かもしれない。

何より、イワシを豚のえさにするよりも人間が食べる方が食料安全保障には貢献度が高いし、漁業者にとっても魚一匹の価値が上がるのでありがたい。

しかしながら、これはイワシという魚が常によく穫れる魚であり続けた場合の話である。Ryan Rykaczewski氏によると楽観的な話ばかりではないらしい。Ryanはプリストン大学のもう一人のネレウスポスドクフェロー。専門は海洋学および海洋生物学である。

現在、魚資源、特にイワシ等の小型回遊魚を対象として、魚資源への気候変動の影響について研究している。海流の変化、またそれによる動物プランクトンの増減、そしてその結果としてのイワシの資源変化(これは量だけではなく、どの海流に?海のどの深さに資源が分布するという事も含めて)を研究している。

気候変動が動物プランクトンの生態に与える影響は大きく、 それも含めてRyanはイワシの資源量がこれまで以上に変動大な資源になるかもしれないという。つまり、去年大量にとれていた魚が今年突然とれないという状況が、過去に我々が経験した以上に起こってしまうかもしれないという事である。

もし、イワシ等の小型回遊魚の資源供給がより不安定になるのであれば、イワシを食べるだけでは海(魚食)の未来は救われたとはいえないであろう。

Ryanは、この問題も含めて、彼の研究で、一つ大きな問題を提示しようとしている。

『我々は過去を知る事で未来を予測する事が出来るのか?』というのが彼の問いである。逆に言えば、「過去の傾向から未来を予測する事は出来ない」というのが彼の議論である。

では、どうすれば未来を予測出来るのか。これは、ネレウスの最初の課題である。
ストックホルムレジリアンスセンターと魚養殖[2011年10月12日(Wed)]
ストックホルムレジリアンスセンター(Stockholm Resilience Centre-SRC)は、ストックホルム大学に属する社会科学系環境問題研究所である。この研究所では、環境を自然のシステムとしてではなく、社会的要素と自然的要素が混雑しながら形成している社会生態システムとして捉えており、環境変化は人間社会と生態系( socio-ecological)の関わりの中で生み出された変化として扱われるベキであると説いている。

つまり、海に関して言えば、その環境変化は、漁業活動、漁業管理等の一連の人間活動(穫る方も管理する方も含めて)やそれに関わる政策を含めて理解されるべきであるという事である。これは、違法漁業や、養殖産業の発展も含めてである。

このユニークな考えは、現在の気候変動や、魚資源の枯渇、そして食料安全保障問題に対して、その環境への『影響」ではなくそれによる社会生態系の「回復力」(Resilience)を見る事で事象の総合的な理解とその解決を導く基盤へとつながる。

学際的な取り組みに積極的なSRCは、 Henrik Osterblom氏とCarl Folke氏を研究責任者として、ネレウスプログラムに参加している。

先週、SRCにてNippon Foundation Senior Nereus Fellowに選抜されたMarc Metian博士とスカイプ会議を行った。博士はフランスでの学位習得後、ハワイにわたり、国際的な水産養殖の広がりについて研究を続けてきた。ネレウスでは、養殖は世界の魚食を支えられるのか、沿岸貧困地域の食料安全保障に貢献出来るのかという課題に取り組んでいく。

世界的に、魚の養殖は淡水魚が圧倒的に多く、サーモンやマグロ等の高級魚はまだ全体的に少ない。しかし中国も含めこれまで淡水養殖の盛んな国々も今後高級魚の養殖に変わっていく傾向があるとMarcは言う。問題は、これらの魚の餌となるイワシ等の小型魚の資源管理である。

実は、イワシ等の小型魚の資源管理は、気候変動とも深く関わってくる。大型の魚を食べずに資源に問題がない小型の魚を食べようと言うだけでは、我々は海の回復力を保つ事が出来ないかもしれない.....という話は次回させて頂く。
アップデイトが遅れているがMarc Metianのウェッブはこちら
http://web.mac.com/ichromodoris/Marc_&_Laetitia/Marc_Metian.html
ベーリング海の珊瑚礁[2011年10月05日(Wed)]
先週は、木曜日にUBC(ブリティシュコロンビア大学)のLiu Institute for Global issuesの所長、 Peter Dauvagne教授と面会した。CSR(企業の社会的責任)の専門家のJane Listner博士の紹介である。

教授は、Political economy を専門としており、環境問題が政治経済的な問題でもあるという立場から議論を進めている(「地球環境の政治経済学 : グリーンワールドへの道」が日本語に訳されている)。個人的に魚問題には関心があり、彼の招待でダニエルポーリー教授も同研究所で何度か講演をしている。

また、教授のイニシアチブで、UBCの博士課程大学院生の間に学際的なネットワークを構築するプログラムが実施されている。これは、優秀な院生が学際的なチームを作り、共同にて研究・論文共著を行う事をサポートするプログラムである。ネレウスでの学際的なコラボレーションについて、経験豊富な教授に今後もアドバイスを頂けるのはありがたい。

金曜には、FISH 500セミナーで、太平洋最北の海、ベーリング海の自然についての発表を聞いた。ベーリング海は、大規模な漁業にとって世界有数の好漁場、Discovery ChannelでDeadliest Catch というカニ漁のドキュメンタリーがあるが(日本の題名は「ベーリング海の一攫千金」)、荒れ狂う北の海は、漁師にとってはまさに「板子一枚下は地獄」の世界である。

今回の発表は、その地獄の底深くに広がる素晴らしい海底珊瑚とそれらがそこに住む海の生物にとって(これはカニも含む)如何に重要な生息域であるかという講義であった。グリーンピースに所属する科学者であるJohn Hocever氏の発表は、海底探査用の潜水艇からとった珊瑚と荒れ果てた荒野の様な無惨な海底の姿を、写真を使って分かりやすく見せてくれた。何より驚いたのは、多くの漁師の生活を支えているこの海に関して私たちが本当に限られた調査・科学知識しか持っていない事であった。

発表の最後に会場から「グリーンピースにいる事で、あなたの「科学的報告」が色眼鏡で見られませんか?」との質問があり、「それについては否めないし、科学のみを行う事で、内外に対して色々受け入れられない事もあるが、事実を知る事は重要であると考える」と答えていた。

先ほどのDauvergne教授の著書でも議論されているが、私たちは、一人一人個人としてグリーン主義な部分と市場自由主義な部分を併せ持って生きており、それはある意味Hocever氏や環境保全の立場に立つ人間にとっても同様であろう。

現実社会の持つ混沌と人それぞれが考え方や行動において自己矛盾する事実をふまえながら、環境や政治的な問題については、その解決を目的として議論や調査を進めるべきではないか。
マグロは大丈夫? Duke大学ネレウスフェロー [2011年09月28日(Wed)]
先週から、自分自身の研究に割く時間があり、「魚と文化」についての調査を少しづつ進めている。

魚資源管理におけるHuman dimension (人間的側面)の研究は地域的な視点から行われている取り組みが多く、魚資源を共有財産やコモンズ(Ostromのカテゴリーについては深くは言及しない、民族学的な事例を見る上でそのカテゴリーにどれほどの意味があるのかについては考察中)として地域共同体の管理制度に言及する報告が多い。

そこには、成功の要素としての『リーダーシップ」等が焦点としてあげられるが、『??さんが立派だったから」というは説明として成り立つのか、少なくとそのリーダーシップを可能とした社会的枠組みについてより深い理解を得たいと考えている。

本日は、Duke大学のAndre Boustany博士とスカイプ会議、集中した1時間の長く楽しい会話だった。Andreとは、先週のDukeチーム(Patrick Halpin, Daniel Dunn)との会議で話をしたが、面と向かうのは初めてである。

今回は、彼のこれまでの研究と今後の予定について話をした。Andreは博士号をスタンフォードで終え、魚に発信器をつけて生態等を探る研究を行ってきた。マグロやサメ等の大型回遊魚が対象として国際的な若手マグロ(サメ)エキスパートである。

海に関わったきっかけは、学部を終えて漁船に監視員として混穫の実態(対象となる魚種ではなく大型の海洋ほ乳類等を網にかけてしまう事)とその取り締まりの仕事を行ったのが始まり、その経験から魚の生態とともに漁業について興味を抱いたという。

珍しく、複雑なモデル分析をするにもかかわらず、漁師との関わりの中で漁業管理の実践の難しさを肌で感じてきた若手海洋科学者である。もう十数年毎年海に出てマグに発信器を取り付ける調査を行ってきたため、海とそこに棲む生物についてはネレウスフェローの中で一番『実践的経験知」が高い。

漁業管理における科学の役割について、漁業管理が長期的な視点に立つ必要性は、早急に漁師に受け入れられなくても、科学者として、研究結果を常に発表し、実態と問題を指摘し続けるべきだと彼は言う。

本マグロに関しても、「其の危機については1999年から指摘されてきた。最近 その指摘を受け入れた管理政策が提示され始めた。時間はかかる」という。学際的なネレウスの取り組みに参加出来た事を嬉しく思うといい、他機関のフェローと共に 、『科学的結果」が受け入れられる(政策に反映される)時間を縮める工夫を考えていきたいと話してくれた。

マグロについて、プリンストンのJames Watson博士との橋渡しをし、今後は漁業経済、管理政策学に関わるネレウスフェローも含めた一連のマグロの流れ(自然から食卓へ)についての共同研究を今後の計画として進めていくつもりである。

Andreにマグロに関して聞いた所。「本マグロは絶滅はしないと思うが、資源量はかなりまずい事になっている」と話してくれた。我々がやるべき事は、本マグロには手を出さずにビンチョウやキハダを食べているのが良いと言うのが、Andreからのメッセージである。

最後に、CITESの件について話し、それが「本マグロの問題に一般の関心が向いた事が今後の資源保全にとっては、ポジティブな出来事であった」と述べ、「日本で築地に行きたい」と嬉しそうに話してくれた。バランスのとれたマグロ話の出来る若手研究員の参加に、心強く思った。
Princeton ネレウスフェロー[2011年09月21日(Wed)]
バンクーバーでは、今の季節松茸が出回っている。大変安めの値段で巨大な高級キノコを食せるのはありがたい。ここまで大きく育つのは気候の違いかそれとも種類の違いだろうか?

本日は午前中にUBCのネレウス関係者と会合、今後2週間に1度は各パート進捗報告も含めた会合を行う。如何せん各自専門性が高いため、こまめにベンチマークを決めておかないと各自バラバラになってしまう為、この様な会合は必要である。

現在遅れているウェッブのセッティングも含め早急に対応が必要な課題は山積みである。

午後から、プリンストンのシニアネレウスフェローであるJames Watson氏とスカイプにて会合、プリンストンの環境に慣れたかも含めて、研究内容等の説明を受けた。

カリフォルニア大学で博士号を終え、この秋からプリンストンにネレウスフェローとして配属されたJamesは、海流により海洋生態コミュニティが如何につながっているのかを探る事で、各海域の環境変化また漁業圧力への『抵抗力」を理解しようと試みている。

その為に、まず『大きな魚から減っていく」という「フィッシュングダウン現象」をより現実的にしかしシンプルに理解するために、魚のサイズを中心に新たなシミュレーションモデルの構築を試みている。

また、大型の海洋生物が如何に海域を移動し、またどのような理由でその移動パターンを変化させるのかを知る事で、今後これらの生物の活動の変化を予測する方法が導かれるのではないか(またそれによって漁業の海洋生物への影響をより詳細にそして広範囲に知るえるのではないか)という課題にも取り組む予定であるという。

配属されたプリンストンでは、生態学と海洋学の両学部の橋渡しをすでに始めており、人のネットワークを重視するネレウスに適任のフェローと言える(大変頼もしい!)。

昨日のDuke大学のフェローとの会合を早急に設定する事を約束しスカイプ会談を終わったが、多様な海の問題に柔軟に取り組もうとするJamesとの会談は本当に楽しかった。

会話の最後に、金融と海洋の話になり、生態学的アプローチを金融動向の理解に適応するというワイルドな考えを持つ研究者の話を聞いた。少し勉強してみようかと考えている。James Watson博士のウェッブはこちら
http://www.icess.ucsb.edu/~watson/Site/Home.html

Duke大学 [2011年09月20日(Tue)]
久しぶりに、晴れた日になり少し暖かい一日となった。

月曜日は毎週メール等で忙しい日々となるが、今日は少し時間があり、午後からの会合の為の予習が出来た。他分野の論文を読むのは、簡単ではないが基礎的な議論を理解する事に集中してリーディングを行うのは持続的に『学ぶ」楽しみを与えてくれる。

今日は、午後からネレウスの参加期間であるDuke大学と会合。研究責任者のPatrick Halpin氏、ネレウスフェローのDaniel Dunn氏 (博士課程)、ネレウスシニアフェローのAndre Boustany氏とサポートスタッフのEi Fujioka氏(漢字をお聞きするのを忘れておりました。すいません。)と今後の研究計画等について話をした。

Duke大学の参加者は、Marine Geospatial Ecology Laboratoryを拠点としており、GISによる海洋生態系・海洋活動の地図化を専門としている。最近、世界の海洋生物調査で有名になったCensus Of Marine Lifeでも生物情報の視覚化において中心的な役割を担っていた (例えば、広範囲で泳ぐマグロの生息域を地図に表す等)。

ネレウスでは、高度回遊魚の生態と漁業活動の関わりや、海洋保護区等の空間的な海洋管理の漁業活動の影響等、地理的な情報を視覚化し、異なった活動(魚の動きと漁師の動き)を重ね合わせる事でよりリアルな人間と魚の空間的な関わりを明らかにする研究を行う。

Andreは、マグロとサメの専門家であり、現在これらの魚種がどのくらい「あぶない」のかについてまた個人的に話してもらう事にした。

研究準備といい、進行に関する計画といい、Duke大学は現在ネレウスパートナーのトップランナーである。また、Daniel Dunnは海洋空間計画(Marine Spatial Planning - MSP) にも強く興味を持っており、私も少なからず関心のあるトピックである為、今後MSPについてもサイドトラックとして話を進めるつもりだ。

Duke 大学 Marine Geospatial Ecology Laboratory
http://mgel.env.duke.edu/

プロフィール

ネレウス太田義孝さんの画像
ネレウス太田義孝
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/otanereus/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/otanereus/index2_0.xml