CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« マグロは大丈夫? Duke大学ネレウスフェロー  | Main | ストックホルムレジリアンスセンターと魚養殖 »
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
ベーリング海の珊瑚礁[2011年10月05日(Wed)]
先週は、木曜日にUBC(ブリティシュコロンビア大学)のLiu Institute for Global issuesの所長、 Peter Dauvagne教授と面会した。CSR(企業の社会的責任)の専門家のJane Listner博士の紹介である。

教授は、Political economy を専門としており、環境問題が政治経済的な問題でもあるという立場から議論を進めている(「地球環境の政治経済学 : グリーンワールドへの道」が日本語に訳されている)。個人的に魚問題には関心があり、彼の招待でダニエルポーリー教授も同研究所で何度か講演をしている。

また、教授のイニシアチブで、UBCの博士課程大学院生の間に学際的なネットワークを構築するプログラムが実施されている。これは、優秀な院生が学際的なチームを作り、共同にて研究・論文共著を行う事をサポートするプログラムである。ネレウスでの学際的なコラボレーションについて、経験豊富な教授に今後もアドバイスを頂けるのはありがたい。

金曜には、FISH 500セミナーで、太平洋最北の海、ベーリング海の自然についての発表を聞いた。ベーリング海は、大規模な漁業にとって世界有数の好漁場、Discovery ChannelでDeadliest Catch というカニ漁のドキュメンタリーがあるが(日本の題名は「ベーリング海の一攫千金」)、荒れ狂う北の海は、漁師にとってはまさに「板子一枚下は地獄」の世界である。

今回の発表は、その地獄の底深くに広がる素晴らしい海底珊瑚とそれらがそこに住む海の生物にとって(これはカニも含む)如何に重要な生息域であるかという講義であった。グリーンピースに所属する科学者であるJohn Hocever氏の発表は、海底探査用の潜水艇からとった珊瑚と荒れ果てた荒野の様な無惨な海底の姿を、写真を使って分かりやすく見せてくれた。何より驚いたのは、多くの漁師の生活を支えているこの海に関して私たちが本当に限られた調査・科学知識しか持っていない事であった。

発表の最後に会場から「グリーンピースにいる事で、あなたの「科学的報告」が色眼鏡で見られませんか?」との質問があり、「それについては否めないし、科学のみを行う事で、内外に対して色々受け入れられない事もあるが、事実を知る事は重要であると考える」と答えていた。

先ほどのDauvergne教授の著書でも議論されているが、私たちは、一人一人個人としてグリーン主義な部分と市場自由主義な部分を併せ持って生きており、それはある意味Hocever氏や環境保全の立場に立つ人間にとっても同様であろう。

現実社会の持つ混沌と人それぞれが考え方や行動において自己矛盾する事実をふまえながら、環境や政治的な問題については、その解決を目的として議論や調査を進めるべきではないか。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/otanereus/archive/8
コメントする
コメント
プロフィール

ネレウス太田義孝さんの画像
ネレウス太田義孝
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/otanereus/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/otanereus/index2_0.xml