CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 会報誌 | Main | 入会・会への相談関係 »
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
昨日は術後 ひと月検診日[2016年09月17日(Sat)]
会報誌に掲載する闘病記に写真を掲載することにしました。術式は顕微鏡下の、棘突起縦割式開窓術です。写真のようにL3からL5の圧迫部位の骨が開窓され(骨を削って窓が開けられているのが、X線画像からわかると思います)、そこから脊髄を圧迫している黄色靭帯を塊として取り出されています。下の写真は取り出されて黄色靭帯です。塊として取り出されているので、部分的に残ることもありません。棘突起を縦割して中に到達していますので、背骨の筋肉も傷めることがありません。椎弓も温存されています。

s-P1050704.jpg

s-P1050753.jpg

今日はだいぶ歩きました 釣りにもいきました[2016年08月30日(Tue)]
今朝は、とても涼しかったですね。さわやかな空と風。で、ついつい朝の散歩、山の方に歩いてしまいました。家から東のほうに行くと阪和線が走っているんですが、それを渡って山の方に行くと、信太山。丘陵ですが、ここのふもとに葛の葉伝説の信太の森の守り神さん、聖神社があります。戦乱で焼けたのを豊臣秀頼さんが再建したものが残っています。そこへ行く道の途中に、鏡池というのがあります。ちょうど水面いっぱいに蓮が咲いていました(写真は後日)。透き通った空気の中に鮮やかに咲いていました。

午後は全脊柱連とLINEでやりとりしていましたが、それに疲れたので、術後すぐに車に乗って事故を起こしたら保険が下りないから当分やめておいたほうが良いといわれているんですが、車に乗ってゆるゆる市役所に、腰にはめているサポータの費用をバックしてもらう手続きに行きました。

そのあと、近所の岸壁に、サビキ(鰯釣り)に行きました。 少ししか釣れませんでした。でも、足元に置いたあみえびを網かごに入れたり、釣り上げた魚を外したり、かがんで拾ったり、ちょっとしんどかったけど、水のそばに立って釣りができました。

s-DSC03243.jpg

s-DSC03251.jpg
今日は台風、ちょっと調子が悪いかな[2016年08月29日(Mon)]
今日も朝早くから、散歩しました。ちょっと頑張りすぎました。 また、今まで行っていた病院の整形外科の診察を受けて、術後はじめての、他病院によるリハビリを開始しました。今日は退院後5日目ですが、脚を鍛えるために少しきつめのリハビリを開始。で、ちょっと、足首がだるいような〜〜。 台風の気圧の関係もあるのか、傷口を時々意識。でも、まあまあ順調。

スマホのパケットの容量オーバーで通信速度低下。1000円払えば1GBもらえるんですが、今月もまもなき終わりなので、ちょっと辛抱しようと思います。 スマホとパソコンをつなぐケーブルの手持ちがないので、スマホの画像をパソコンに取り込むのもちょっと支障が・・・・ 

s-DSC_1527.jpg
異常を見つけてくださった和田先生に感謝・感謝[2016年08月28日(Sun)]
ちょっと具合が悪く、少し戻ったかと思いましたが、大丈夫でした。るんるん
手術して、脚の具合が良くなって(太ももの裏の痛みも消えました。右足に力が入らなったのが、力が入るようになりました(そんな気がしています)よかったぁ。 2本足立ちが安定して、スクワットもも何も持たずにできるようになりました・・・ 手術してむっちゃよかったぁ!!)
それに加えて、入院生活で、ストレスがだいぶ消えたんでしょうか? 生まれ変わったような感じです。全く何も考えない、頭の中が空っぽを実感します。実際は、すごく大きなストレスがあり、それを考えると、もうずっしりと落ち込んでしまうんですが・・・  入院中に隣の方が、イケダさん、それは考えな、ほおっておくしかないんやで、イケダさん とのことでした。 それはそうなんやけど・・などと言いながらも・・・ 親の気持ち子知らずです。 親不孝者。 テレビで報道されているTさんの件よりもましなんでしょうが〜〜〜

まあ そのストレスがなければ、今のところ、非常にすっきりしています。病気が良くなるということはこんなに気持ちがいいものでしょうか。 体全体に元気が戻ってきているように思います。
和田先生に大感謝の毎日です。わーい(嬉しい顔)

s-DSC_1557.jpg

s-DSC_1573.jpg
ちょっと揺り戻しか?[2016年08月26日(Fri)]
昨日は少し足首が痛いような、だるいような感じがありましたが、今日はそれも良くなったような・・ 9年前の頸の手術の後、数か月の間、「揺り戻し」がありました。 手術したら一直線に良くなってその状態が持続するというよりも、脊髄が最良の状態に納まるまで、行きつ戻りつしたりするのかな と思っています。

まあそれでも、朝6時から散歩し、10時ごろから心療内科(ノイローゼでかかっていた)に自転車で手術の結果の報告に行き、街を回って神社にもお参りして、街中温泉に行き、図書館に行って、買い物をして帰ってきました。 かんかんの天気の下、半パンで汗をかいても良い格好で自転車に乗って開放感を満喫しました。風も少しあり、涼しく感じましたが気温はまだ高かったんですね。夏の生命力を全身で感じることができました。

s-DSC_1532 - コピー.jpg


すっかり良くなり、うれしいいいいいいい[2016年08月25日(Thu)]
昨日、24日朝 退院しました。10日夕方手術完了ですから2週間。
帰りに天王寺駅で降りてハルカスに昼めしを食べに行き。展望台にも行ってきました。ちょっと天気はいまいちでした。
s-DSC_1510北西.jpg

s-DSC_1497 南東.jpg

帰りは電車に乗って、駅から歩いて帰りました。帰ると、いろんな書類がどっさり届いていてその内容確認に追われました。

仏壇には、3個目(2個は病院でもちょっと食べた)のコロタン(鉢植えでもできた)があがっていました。
s-DSC03223.jpg

今朝は早くから目が覚め、隣の留守宅の植木の具合確認を兼ねての水やりと、その後ちょっと散歩してきました。歩いていると、近所の方も、表情も明るくなって、良かったと喜んでくださいました。あまり無理しないようにとのアドバイスに従い、帰って裏の植木の茂りのひどいのだけ切りました。

疲れをためないようにぼちぼちやっていこうと思います。 しかし先生がよく、この具合の悪いところを見つけてくださったものだと思います。たまには別の目で診ていただくのもいいのかなと、思っています。

やっとスマホからパソコン入力に移れて、ブログの書き込みが楽になりました。

よいことずくめです。 [2016年08月23日(Tue)]
昨夜は、訪室してくださった和田先生と記念撮影。先生は、手術の帽子をかぶっていたので、、とおっしゃりながらも気軽に写真にはいってくださいました。
DSC_1476.JPG
DSC_1466.JPG
今日は新しい会員さんが、枚方から来られたので、待ち合いでお話しさせていただきました。いろいろお聞きしていると、日本を代表するような研究者。名誉教授。そんな方に偉そうに、仁王立ちでお話ししていました。
その後、隣のベッドの方と名残を惜しんでいると、な、な、なんと、MさんとKさんご夫妻がおみまいにきてくださいました。びっくりしました。いろんな話で盛り上がって、長時間悪いとバイバイしたら、後ろから、娘と、嫁さんがー。何で声かけへんかったんやーといったら、盛り上がっていたし、気がついてると思っていたよし。
今日は特別よい日でした。
DSC_1483.JPG

体はものすごく良くなりました。わるいところをみつけてくださって、適切なオペをしてくださった和田先生に大感謝です!
あさって退院[2016年08月22日(Mon)]
たくさんの本を持ち込んで読破しょうと企みましたが、ゆめ脆くも破れて、退院をむかえることになりました。二週間はあっという間でした。同室の人たちと愉しく談笑して過ごしてしまいました。でも、とても充実した貴重な日々を過ごしたような気がします。

つい力が入ってしまう、ハラハラの連続だったオリンピックもまたすごいフイナーレとともに終わってしまいましたね。みんなすごくて、いろんな感動、元気をもらいましたね。東京オリンピックも楽しみですね。

台風、被害がなかったでしょうか? 関東から北上してまた北海道? 暑すぎたり、何だか変な気象ですね。

秋にどじょう掬いをと思うと、いつの間にか、

金はなけえぇれどぉ 日ごとにぃーうたでー、心たのぉしくう暮らしたいー と名歌、安来節の一節を口ずさんでいました。

名残惜しい入院生活です。
大分よくなったようです[2016年08月19日(Fri)]
起きた時、動き始め等は以前のように動きづらいのですが、少し動くと、力が入らなかった右足から踏み出せるようになっていてめっちゃ嬉し。スッス歩けるので、リハビリの先生に、秋にどしょうすくいやらなあきませんねんといってしまいました。先生は、その事頭に入れてやりましょうとのことでした。主治医 和田英路先生には、どじょうすくいと来年、西穂高山荘に泊まるの目標にしますねん といってしまいました。
傷を覆っていたものもすべて無くなりました。明日シャワー、24日 水曜日、退院と決まりました。
今日で一週間かな[2016年08月17日(Wed)]
今日はリハビリ、担当の先生がお休み。で代わりに、若い女性の女の先生。何をするにも上手くやろうと緊張。立って指先に力を入れるやつでは、先生の肩に手をおいてと言われても一寸さわる程度。もっと掴まってと何回もいわれ、しまいには先生が手を引っ張って肩に。もう骨の上の柔らかい知覚が脊髄を通りあたまへ。あたまは真っ白! 汗がどばー。部屋へ帰って着替えをしていると、切ったところ全体を覆っていたサランラップのようなカバーが落ちた感じ。看護師さんを呼ぶ羽目に。
多感な、純情二重奏 顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)たこたこたこ

もう痛みも殆ど感じず、ベッドであぐらをかいたりしています。

写真は術後4日目だったかな? 血がしみでていたところをマーカで囲ってある。恐い写真ですみません。
DSC_1416.JPG
| 次へ
プロフィール

大阪脊柱靭帯骨化症友の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/osakaopll/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/osakaopll/index2_0.xml