CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大阪脊柱靭帯骨化症友の会(大阪OPLL友の会)
 骨化症と診断され、びっくりされている方、手術をどうしたものかと悩んでおられる方、手術をされたその後もすっきりしない方、ご家族の方の治療方法でお悩みの方。 私たちの患者会に入会されませんか?
 同じ病の患者たちが手を取り、助け合い、同じ病だからこそ、ともに理解しあえる患者の集いの会です。 活動はボランティアで行っています。
 会の設立は平成6年10月です。会員は250名ほど、日本全国です。会報誌、医療講演会、医療相談会、会員交流会の開催、会員からの相談、問合わせ対応、全国関係団体・関係機関との連絡、情報交換などを行なっています。
 会員へは、脊椎専門指導医の御紹介なども行なっています。お気軽に電話、メールなどしてください。
« 会報誌 20日までにはお手許に届くと思います | Main | だいぶ前進した?? »
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
心がかきむしられる・・[2017年07月17日(Mon)]
今日は、郵便局本局へ会報誌の発送に行きました。休日窓口はいつも混んでいるんですが、今日もたくさん並んでおられ、私が持ち込むとその手続きに手を取られて、一般の人に迷惑がかかってしまわないかと、でなおそうかかと聞いたら、何とか頑張らさせていただきますと、大汗の職員が笑顔で受け付けてくださいました。とても嬉しかったです。

作業もとても迅速にしてくれました。きちんと部数をカウントし小分けしてくくっていたから、向こうも作業しやすかったんだと思います。 

会報運搬の台車は、潰れてしまいました。昨日の朝は大丈夫だったんですが、やはり、運搬しているうちに疲労困憊したんですね。御苦労さまでした。
s-DSC_1703.jpg


郵便局から帰ろうとして、猪苗代町絆づくり実行委員会による 第16回心の手紙コンテスト募集ポスタ―に目が留まりました。 「母から子への手紙 募集」7月1日から10月2日。 
s-IMG_20170717_0001.jpg


日本が誇る世界的医学者。飛び抜けた頭脳、人を救いたいとの優しい心に、おかあさんからのとつとつたる手紙、英世博士はどれだけ胸をかきむしられたことでしょう。いつもその手紙を胸に抱いておられたというじゃないですか。 ネットはおろか、電話もない時代・・・帰ろうと思ってもそう簡単に行ききできない時代・・・

一度、15年ぶりにたった一度の帰国が実現した、その3年後におかあさんは亡くなられたそうです・・・・
s-DSC_1705.jpg


s-DSC_1708.jpg


比較になるはずもないのに、自分の人生を重ねてしまい、泣きながら帰りました・・・




この記事のURL
http://blog.canpan.info/osakaopll/archive/1969
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1288284
 
コメントする
コメント
プロフィール

大阪脊柱靭帯骨化症友の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/osakaopll/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/osakaopll/index2_0.xml