CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« インフォメーション | Main | 予定 »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
2月9日(土)つなかん対話交流会in南大阪報告[2019年02月12日(Tue)]
 9日のつなかん南大阪は、48名の参加者があり、無事、終了しました。参加者は、当事者12名、家族20名、 支援者など16名です。前日の新聞記事を見て当日参加した人は7名です。

 当日のテーマは、
@8050問題
A自分らしい生き方、心地よい生き方
B地域でつながるには
C親子関係のギクシャクを解消するには
Dフリー
の5つで、話をさせていただきました。
 どのグループも、話し合ったことで得た気づきや学びを、お土産に持ち帰ることができました。

 ご参加いただきましたみなさまに、お礼を申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
5月26日(土)家族支援セミナーを実施しました[2018年05月27日(Sun)]
 東京からKHJ本部事務局長の上田理香さんを迎えて、家族支援セミナーを開催しました。たくさんの学びがあり、有意義なセミナーになりました。
 主な内容は、以下の通りです。
 @長期高年齢化の実態について
 A誰もが孤立しない共生社会をめざして
 B多様な生き方を認め合う明日のために

 ひきこもりをとりまく最新情報をお聞きしながら、自分には何ができるのか、何をしたいのか整理し、積極的に行動していこうと思いました。
 ご参加いただいた方々との交流も、今後の活動への意欲をかきたてられました。みなさん、ありがとうございました。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
農園活動報告・5月18日[2018年05月18日(Fri)]
 少し曇り空の中、今日は農園活動でした。新しい活動場所は、前川農園のご協力で、旧の農園の1/4の広さですが、もともと果樹園のところに移動しました。
 今月は、若者チームは4人、親チームは2人の参加でした。民家に近く、あまり大きな声を出してはご迷惑なのですが、ついつい、声が大きくなってしまいます。
 収穫予定だったじゃがいもは、花の盛り。ためしに掘ったものの、まだ時期が早いようで、もう少しあとの方がよさそうでした。
 旧の前川農園に植えてあった玉ねぎは、もう少し置いておく方がよさそうでしたが、引っ越ししなければならないので、そのまま収穫。切っていると玉ねぎが目にしみました。小さくても、ちゃんと玉ねぎなのがすごいです。
 次は、新農園に移動して、レタスとチシャ菜の収穫をしました。その後、重さをはかって、出荷の準備までしました。だいたい100グラムで袋に入れていきました。
 新農園は、狭くなったこともあって、お弁当を食べたりゆっくりしたりする場所がないのが難点。わたしは、お昼前に失礼したのですが、若者チームは、どうやら、外で食べようか、と話していました。

 来月も、いつも通り、農園活動の予定です。雨が気がかりな季節になりますが、のんびり参加してみてくださいね。お待ちしています。
お詫び[2018年04月25日(Wed)]
 しばらく、ブログの更新をお休みさせていただきました。今日から、また、様子を見て更新していきます。
 若者向けの具体的な活動予定については、会員の方に、会報やはがきなどで、直接、予定を郵送していますのでご了解ください。
 『大阪虹の会』は、社会的ひきこもり当事者と家族の支援に、様々な角度からとりくんでいます。ひきこもりで悩まれている方を対象とした家族会ですので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

4月 5日(木) 浜寺公園でお花見をしました。
4月 7日(土) 定例家族会を実施しました。
4月11日(水) 石神サロンを実施しました。
4月20日(金) 農園活動は、場所をかえて実施しました。
4月21日(土) 虹バザーを実施しました。
2月定例家族会報告[2018年02月11日(Sun)]
 毎月、第2土曜の大阪虹の会定例家族会の様子についてお知らせします。

◎出席者 13名
◎内容
(1)NHKおはよう日本
  「なぜ"女性のひきこもり"は見過ごされてきたのか」より
@番組内容の確認
  働いていない、家庭をもっていないなどに対して、後ろめたさや劣等感を感じ、それが、疎外感、排除感をうんでしまっている。
A意見交換
 ・女性特有のしんどさがあることを考えていきたい。
   摂食障害に至るケースは、圧倒的に女性に多いなど。
 ・男性、女性にかかわらず、それぞれ、同性の親との関係に課題があることが多い=同性の親との関係に意識を向けていくことが解決へのひとつの道筋とも言える。
 ・少しでも、社会とつながるための支援を考えていくべき。

(2)参加者交流
 ・(各自の現在の様子を話しながら互いに交流する)

(3)今後の学習会についての希望
○春には、大阪虹の会の総会がありますが、その時、学習会ができたらいいな、ということで、希望を出し合いました。

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

 家族会で話しているうちに、自分自身で気づいていなかった気持ちに気づいたり、メンバーの話を聞いて、自分の認識が変わることもあります。
 また、似た体験があるので、様々な感情を共有でき、仲間を強く意識します。各自の体験は異なりますが、共通していることが多いので、孤独感が薄らいで、楽になったように感じます。家族会では、自分が癒やされているようで、相手を癒やしていたり、相手が楽になると自分も楽になったりします。
 他者の体験が多ければ、それだけ気づきも多いといえます。ぜひ、たくさんの家族のみなさまのご参加を願っています。
 家族会で得たものは、普段の生活に持ち帰り、日常に活かすことで、心豊かに過ごせるのではないでしょうか。

※来月の定例家族会は、3月10日(土)1時30分〜4時 の予定です。
農園活動報告・1月19日[2018年01月19日(Fri)]
 時は大寒前日。きっと寒いだろうと覚悟を決めて出向いたのですが、意に反して、屋内より屋外の日差しを浴びる場所の方があたたかいぐらいでした。
 今月は、若者チーム5人、親チーム5人の参加。人数を見越したかのように用意していただいた白味噌仕立てのお汁や、差し入れのお菓子は、量もぴったりで、食べきりました。
 肝心の作業は、
  @今後の植え付け計画
  A人参、水菜などの種まき
  Bジャガイモの植え付け
をしました。
 連作に注意する野菜などを教えていただきながら、今後の植え付けの希望を出し合いました。
 ジャガイモの植え付けは、一昨日の雨でぬかるんでいたので、足がすべって何度も転びそうになりました。長靴が泥にうまって、足をとられ、慣れないせいで歩きにくかったです。
 残りの作業は、若者チームに頼んで、親チームはおしゃべりに勤しみました。(いや、一部だけかも……) こんなおしゃべりが、気持ちを解きほぐしてもらっているような気がします。自分の生き方や考え方の中で、変えていくべきことなど、情報収集の場にもなっています。

 2月は、まだ寒いでしょうが、ちょっとした息抜きに、参加していただけたらうれしいです。お待ちしています。
農園活動報告・12月15日[2017年12月16日(Sat)]
 毎月、第3金曜日は、前川農園での農園活動の日です。
 寒いんじゃないかと、ぬくぬくした格好で参加したのですが、日がさしていると暖かく、農園作業にはぴったりでした。
 今月は、若者5人、親5人の参加でしたが、もう何回かご一緒しているので、作業の合間(??)のおしゃべりも楽しかったです。
 今月の作業は、春菊とじゃがいもの収穫がメイン。春菊は少しでしたが、じゃがいもは大きいのがいっぱいとれました。若者たちは、そのじゃがいもを、冷たい水できれいに洗ってくれましたので、翌日の虹バザーで売るそうです。
17.12.15.jpg

 ブロッコリーの植え付けもすませて、お昼には、豚汁を振る舞っていただきました。やっぱり、冬場になると、あったかいお汁がありがたいですね。お菓子の差し入れもちょうだいしました。
 来月は、きっと寒いんだろうな。けど、こうして農園活動に参加させていただくようになって農作業(の真似事)を初めて経験しているのですが、こんな小さな種から、おいしい作物が育つことを知り、植えた野菜が大きくなってきているのを見ると、なんだかうれしくなりますね。
11月12日(日) 秋の収穫祭[2017年11月14日(Tue)]
 前日の明け方まで雨が降ったとのことで、ぬかるんでいるのでは、寒いのでは、と心配していたのですが、好天に恵まれ、本当に収穫祭日和でした。

 参加したのは、若者6人、親、支援者14人。
 参加した若者たちは、日ごろの農園活動にも参加している6人です。こうした日常活動の積み上げが、若者たちの安心感や自信を育て、少し日常よりは多い参加者の中へも出ていく背中を押すことにつながったのではないかと思いました。こつこつとした日常活動をこれからも息長く継続してくことの大切さを感じました。

 さてさて、収穫祭。
 残念ながらさつまいもは、つるは相当のびていたのですが、さつまいもの方はあまりとれず、これは肥料が多すぎたのかなあ、とのことでした。異様な2週続きの台風などによる雨の影響もあるのではないかと思いました。

 途中には、トイレ休憩がてら農の里に出向いて、お米やカキなどを購入してきました。
 その間に、畑に残った若者チームが、テーブルなどのセッティングをしてくれたそうです。

 お昼は、恒例になった若者特製手作りピザ!! お肉や焼きそば、炊き込みご飯などおなかいっぱい食べました。とってもおいしかったです。

 そのあとは、親チームは干し柿づくり。器用な手さばきで教えてくださる先生もいて、わたしは初体験です。
 若者チームは、たぶん、来年に希望を託して、冬野菜の定植や種まき。(若者とは別行動のため、見てませ〜ん。それもまた大切かと…)

 ちょっとした何気ない会話も、同じ悩みを持っている方との話だと、言わなくてもわかっていただける部分があって、わたしにとっては、話してとても気持ちが楽になります。たくさん話して、たくさん笑って、収穫祭は、心浮き立つ場ともなりました。
 ありがとうございました。
9月15日(金) 農園活動[2017年09月15日(Fri)]
 毎月、第3金曜日は、前川農園での農園活動の日です。
今月は、急に涼しくなったので、とても気持ちよく作業できました。
若者6人、親4人の参加でしたが、みんな、涼しくてよかったとのことでした。

 先月の作業でまいた野菜が、結構大きくなっていてほっと一安心。慣れない者にとっては、こんな頼りない種まきで大丈夫なの?と、不安だったのです。
 その苗の定植は若者チームにまかせて、親たちは、虹農園の草ひきです。さつまいもが、じゃがいもやピーマンを隠すほど伸びているのですが、それ以上に雑草強し!!
あまりにもたくさんで、畝の5分の1くらいしか作業できず。
トホホ。。。と思っていたら、「夏草やから、そろそろ枯れてくるよ〜」と言われました。
ええ〜っ、そんなものなんですか!

 お土産に、オクラ、ピーマン、きゅうりをいただきました。
 11月には、収穫祭も予定しています。焼き芋かなあって聞いて、楽しみになりました。
17.9.15.2.jpg
8月18日(金) 農園活動[2017年08月18日(Fri)]
 毎月、第3金曜日は、前川農園での農園活動の日です。
今月は、若者6人、親5人の参加で活動しました。先月に続いて、平均年齢が若くなりました。
農園の方では、朝から結構強い雨が降ったそうです。曇り空で、暑さの方は助かりましたが、それでもポタポタと汗が流れました。

 作業は、種まきと収穫です。除草も必要だったのですが、親チームが倒れないように、との気遣いでしょうか。
 白菜、春菊、ブロッコリーなどを播きました。
野菜の種って、こんなに小さいんだとびっくりしました。それを1つずつ、育苗トレイに播いていくのですが、途中で、列がわからなくなって困りました。それくらい小さいんです。
人数が多かったので、あっという間の作業で、しゃべっている時間の方が長かったです。。。

 収穫は、オクラやピーマン。こちらは若者チームです。
もちろん、帰りにはお土産にいただきました。

 お昼は、外でいただきました。トウモロコシやしば漬け、サツマイモなどの差し入れがあって、おなかいっぱいでした。
たのしいおやつも差し入れていただき、みんなでワイワイ楽しみました。

 来月は、9月15日(金)です。たくさんのご参加、お待ちしています。
| 次へ
プロフィール

大阪虹の会さんの画像
大阪虹の会
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/osaka-niji/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/osaka-niji/index2_0.xml