CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
樋口
手作りの輪 (06/16) めぐめぐ
脳の若返り教室だより (01/23) 加藤哲夫
1月のイベント情報 (12/30)
プロフィール

地域生活支援 オレンジねっとさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/orangenet1/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/orangenet1/index2_0.xml
共助社会づくり実践セミナー[2012年01月20日(Fri)]
第2回共助(共に生きる)社会づくり実践セミナー
◆13時〜17時
◆会場 オレンジねっと ときめきサロン
◆講師 CRファクトリー 代表理事 呉哲煥氏

   
   セミナーは20名の参加者で、会場がいっぱいになりました。
   l高度成長期を中心に日本人にとっての中心的なコミュニティであった
「会社」 「家族」とその関係構造は、幸か不幸か、いずれもこれまで
のような形では 存在しえなくなりました。
   


   日本社会における根本的な課題は、『個人と個人がつながる」ような
『コミュニティ」 『関係」をいかにつくっていけるかという点に集約されます。

    公助のサービスに頼らず、自助努力で頑張るだけでなく、まわりと共に
助け合って自分とまわりと地域を幸せにしていく姿勢が今後の日本
社会のカギになる!
    コミュニティリッチな人生の充実を、目標にする。

            「住民主体の自主活動・地域活動がなぜ必要なのか?]
              をグループワークで話し合い、共有を図りました。



            自分にとってコミュニティの価値とはなんでしょうか?

            
            誰もが居場所がある、仲間がいると 所属の欲求が満たされる
            仲間がいて、大切にされたり、必要とされることで
            自己肯定感や存在の意義実感が高まるようになる。
            生きる力の向上 相互理解力、受容力の向上・・・
                人として育ちたい!
            社会の役に立ちたいという人が増えてくる。

            地域というチームを強くするためには、モチベーションの高い
            チャレンジャーを地域で育て、増やしてゆかなければ、
              と思いました。
          
            
この記事のURL
http://blog.canpan.info/orangenet1/archive/110
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/529349
 
コメントする
コメント