CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人おれんじの会(山口県特発性大腿骨頭壊死症友の会)

山口県 特発性大腿骨頭壊死症友の会です。患者・家族の交流と情報交換を目的として2007年11月に発足しました。患者の立場から疾患の原因究明・予防・治療の確立を求め、社会に対しては疾患についての正しい理解を求めるべく働きかけています。


第1回ふくふくカフェ [2017年04月05日(Wed)]
ふくふくカフェ?
今、注目されている、難病カフェです。全国各地で始まっています。下関市では、市民活動センター「ふくふくサポート」の一室を月一回借りて開店します。
ふくふくサポートでやるから、ふくふくカフェ。もちろんたくさんの幸福を生み出すカフェにしたい、そんな思いもあります。福×2です。
今年は桜が遅れていましたが、急に暖かくなってきました。春らしいイメージでメニューを作ってみました。IMG_20170402_142329s.jpg
4月2日(日)本日の甘味は、老舗百貨店「大丸」で大福を3種類仕入れました。白、ヨモギ、苺。
苺といっても苺大福ではありません。なんと、苺餡が入っています。

開店間もなく、お客様がお見えになりました。お客様同士でも会話が弾みました。話題になったことは、街のバリアフリー、特に公共交通機関の使いやすさ。ほかの地方都市と比べても、障害者が出歩かない街だとよく言われます。バスの降車ボタンの位置がバラバラで、統一性がないので視覚障害者は困ってしまう。歩道を点字ブロックの通りに歩いていると、通路の屋根がないところを通るように誘導されて雨に濡れてしまう。ノンステップバス以前の問題でスロープをかけることすらできない(車いすユーザーは乗れない)バスの車両がまだかなりある。駅前の人工地盤のエスカレーター(昇降機を兼ねる)は、屋外設置なので故障が多い。いっそエレベーターにすればよいのでは?など。課題が出てきました。
IMG_20170402_142459s.jpg
難病のことに限らず、誰もが安心して暮らせるまちづくりを考えている方、そのために何かしたい、という方、気軽にカフェにおいでください。毎月最初の日曜日午後1時30分開店します。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1262003
コメント