CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ネットワークオレンジ
ロクシタン・フランス研修の旅 part1  (03/12) こんどう
ロクシタン・フランス研修の旅 part1  (03/11) ヤマザキミノリ
第3回オレンジスクール「ぽかぽか春の親子遠足」に行ってきました! (02/27) ネットワークオレンジ
あ〜♪夏休み♪ (08/15) ネットワークオレンジ
畑はどうなってるかな? (08/15) カサブランカ
畑はどうなってるかな? (08/13) カサブランカ
あ〜♪夏休み♪ (08/13) オレンジさいとう
芸能人なみ!? (12/19) オレンジさいとう
テンテンテン (12/19) こんどう
テンテンテン (12/13)
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/orange-orange/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/orange-orange/index2_0.xml
嵐の前の静けさ [2011年06月03日(Fri)]
こんばんは、S幡です。

前の記事でも書かれているように、明日から3日間、地域塾のみんなと保護者の方々とでディズニーランドへ行ってきます。もちろんオレンジキッズのみんなもです!

しかし、それで浮き足立っているのはスタッフだけで、子ども達はいつもと同じような様子。今日もいつもと同じように、


学校から帰ってきたら、せんべいをガブリ




おやつが食べ終わったら、今日もみんなでシャボン玉を大満喫


そして、みんなが外でシャボン玉に夢中になっている間に、誰にも邪魔をされずに心行くまでレゴで遊んだり

本当に明日出発するのだろうか、と不思議になるくらい、のんびりした一日でした。

でも知っています。「明日どこにいくんだっけ?」とスタッフが尋ねると、ニヤッとして「ディズニーランド」と答えてくれたあの顔は、間違いありません。

子ども達が今夜ちゃんと寝付けれますように。

それではおやすみなさい!
Posted by ネットワークオレンジ at 22:32 | オレンジキッズ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢の国へ行ってきます [2011年06月03日(Fri)]
 お久しぶりです  O原です
 明日、東京のSさんの招待により、オレンジキッズ(保護者の方も)と
 エッグの皆で、夢の国「ディズニーランド」へ行ってきますびっくり

 震災から3ヶ月近く、避難所にいた方々も仮設住宅などに移ったり、
 親戚の家からアパートへ引越したりと自分たちの生活を少しずつ取り
 戻してきています。

 でも、落ち着くにつれて、現状を身に沁みて感じるこの頃でもあります汗

 招待していただいたSさんは、「被災地の過酷な現状にいる子どもたちが
 せめてひと時でも、夢の世界で楽しい時間を過ごせたら・・」と、私たちに
 話してくださいました。

 キッズ・エッグはもちろん大喜びですが、たぶん一番大変な想いをした
 家族の方に楽しんでもらいたいと思います。
 


 明日はこんなミッキーとミニーハートに、逢えたらいいなあ・・びっくりキラキラ  
 
Posted by ネットワークオレンジ at 21:26 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
福祉がひとつになった日。 [2011年06月03日(Fri)]
ネットワークオレンジの小野寺美厚です。
今朝の地元新聞に「復旧進む陰で・・・セーフティネットからこぼれる」と
いう見出しの記事が載っていました。

今回の大震災で身体障害が悪化し、不自由な生活を強いられている方が
行政のセーフティネットからこぼれてしまい、食糧の調達がままならないとの
こと。「市の財政が厳しいと聞くし、迷惑はかけられない」と障害者手帳の
交付など、行政サービスを受けずにいたそうです。この記事を読んで
すぐ新聞記者さんに電話をし、物資の提供を申し入れました。

この事を記事にしてくれた記者さんに心から感謝です。
そして、声に出して語ってくれた方にもありがとうです。

オレンジやその他の機関も、こんな風に困っている人達の声がすべて聞こえる
わけではありません。でも一歩踏み出してもらえれば、課題を解決するための
ネットワークへ繋げることが出来ます。

さっそく、社協さんに伝えて食糧の一部を提供してもらいました。
オレンジでは食糧、生活用品、野菜ジュース等を用意しました。
物資を持って、その方の自宅を訪ねたのですが、そこは被害の大きな地区で、
とても強いアンモニア臭と汚泥で、息苦しさと目の痛さが伴う場所でした。

こんなところに一人きりで、どんなに大変だったのだろうと悲しくなりました。

とにかく、住所が分かっても景色が変わっているので、探し出すだけでかな
り時間がかかってしまいました。仕事の合間をみながら動いていたので、
たちまち戻る時間になり、物資を社協さんと障害者生活支援センターの職員
さんにお願いをし、継続して支援を受けられるように引き継ぎをしました。

みんなで力を合わせて、この困難を乗り越えていかねば!

今日は福祉機関がお互いの強みを生かし合い、成果を出し合えたのでは
ないかと思います。いろんな意味で今日は記念日です。
Posted by ネットワークオレンジ at 20:53 | 支援物資配布 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハッピータグで幸せを!! [2011年06月03日(Fri)]
こんにちは、O山です。

今日のエッグチームは、ポッカポカ堂で販売するお菓子の袋詰めにぶら下げる『タグ』の作成をしました。



片面にはエッグのメンバーたちが描いた絵、もう片面にはネットワークオレンジのインフォメーションを記してあります。



これをラミネートし、糸を通し、お菓子の袋詰めにぶら下げるのです。


簡単な作業のようですが結構根気のいる作業なのです。

こんなかわいいタグが完成しました。どうです、なかなかきれいなものでしょうびっくり



ちなみに、このタグを付けたお菓子の袋詰めは本日、三日町オレンジへ

気仙沼の被害の実情を視察に来てくださった公益社団法人日本フィランソロピー協会の

皆様へのお土産としてお配りしました。

気仙沼の駄菓子屋さんぽっかぽか堂ではお菓子の袋詰めの注文を承っております力こぶ

ぜひご利用ください笑顔
Posted by ネットワークオレンジ at 15:58 | オレンジエッグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
金の招き猫と大漁旗 [2011年06月03日(Fri)]
こんにちは、オレンジ齋藤です。

今日の三日町は晴れです。



昨日は雨模様でしたが、今日は初夏お天気。



耳を澄ますと不如帰が懸命に鳴いています。


かわらばん「被災地気仙沼で暮らす」を書きました。

こどもの壁新聞のようですがご容赦を。

空だけを見ると平和なものですが、この匂いと目に見えないものへの不安は拭えません。

そして、チャの木にはおきゃくさまが。

この様子はこちらでどうぞ。


ではまた。
本日チャの木第1号のお客様 [2011年06月03日(Fri)]
チャの木オープンイベントから明けて2日目、

目の前のバス停でバスを待つ人や通りすがりの人々が「ここは何?」

と中をのぞきます。

そこで、スタッフはチラシを持って、「障がいのある人の就労体験の駄菓子屋と、奥は多目的にスペースを貸し出す場所です。」

とご案内をしております。



みなさん霧が晴れたように「そうなの。わかりました。」

と笑顔になられます。

気仙沼では、クチコミが大事です。しかも今はネットも見られない、情報が欲しい!という人であふれています。




そして本日チャの木第1号のお客様は、気仙沼で釣り船と旅館を経営されていたかねますさん。

かねますさんは旅館も船もこの災害で失いましたが、ご夫婦で希望を捨てず旅館と観光、漁業の夢を語っておられました。

「とはいえ、苦難の道のりであることは否めませんが、どうにか同業者で被災した人たちと話し合いの場を設け、ささやかでもよいので道を切り開きたい。」

と話しておられました。

「コミュニティカフェ・チャの木」は気仙沼の町の中にあり、人々の憩いの場であり、気仙沼の活気を呼ぶスペースになればよいと思います。

三人集まれば文殊の知恵、誰かの話を聞くもよし、セミナーを開く場所にも活用し、市民の学びの場にしたり、時には楽しいイベントを開き、少し塞いでいる人々の心を少しでも明るくすることができればこのうえないことと思います。

気仙沼にはたくさんの地域の芸能の団体がありますが、その人たちや、気仙沼ならではの文化を継承する子どもたちの発表の場として是非活用できたら地域の人が笑顔になれるのでは…

などといろいろ考えております。

地域の伝統文化やその他芸術文化、音楽などに携わる方、何か市民に向けて発表したいなどありましたら是非ご一報ください。

一緒に気仙沼を賑やかにしましょう。

現時点で、お子様からお年寄りまで楽しめるイベントがもうすでにいくつか企画されています。

みんなに笑顔になっていただければうれしいと思いつつ企画を進めています。

詳細決まりましたら発表とお誘いをいたしますので、お楽しみに。

本日は東京方面からいらした団体様が被災地気仙沼の様子を視察にみえました。

内容については、次回の更新にてお知らせいたします。

          ***齋藤***
かわらばん・被災地気仙沼で暮らす [2011年06月03日(Fri)]
昨日のオープンイベントから明けて一日。

今日の三日町は初夏の日差しです。

こんにちはオレンジの齋藤です。



今日は三日町でブログの更新中です。

ここにいるとやはり、匂いがかなり来ます。津波の置き土産の泥のいたずらです。

とはいえ、全国から集まって働いてくださっているボランティアや市内のボランティアのおかげで、匂いは半減しました。感謝です。

匂いのこと、被災地の健康被害の心配やその他の不安、被災者が今欲しいものなど、折にふれ聞き取りをした内容を「かわらばん」として書いてみました。




実際に被災者の生の声を聞くと、紙面には収まりきらない重みがあります。

季節も変わり、被災者の欲しいものも刻々と変化しています。

その後も、スタッフ一同聞きとり調査などをしておりますので、是非近いうちに第2号を発行したいと思います。
| 次へ