CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年02月 | Main | 2009年04月»
<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ネットワークオレンジ
びりびりぺったんハプニング! (01/25) ヤマザキミノリ
びりびりぺったんハプニング! (01/22) ネットワークオレンジ
楽しさ盛りだくさんの土曜日にこにこ☆彡 (12/20) 神奈川の齋藤です
楽しさ盛りだくさんの土曜日にこにこ☆彡 (12/20) ネットワークオレンジ
キッズの夏休み2015(8月編) (09/01) 三浦 誠
キッズの夏休み2015(8月編) (09/01) ネットワークオレンジ
明けましておめでとうございますハイビスカス (01/03) 神奈川の齋藤です
明けましておめでとうございますハイビスカス (01/03) ネットワークオレンジ
ロクシタン・フランス研修の旅 part1  (03/12) こんどう
ロクシタン・フランス研修の旅 part1  (03/11)
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/orange-orange/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/orange-orange/index2_0.xml
ぬ、ぬけないよーーっ!! [2009年03月25日(Wed)]
どうも
F村です。


外は雪
だけど今日から
春休み
(心の俳句調)


さてさて
7名が来所したオレンジキッズ


Mちゃん(小4)も


Tくん(小2)も


Tくん(小3)も


Kくん(小2)とMくん(小3)とトモちゃんも


みんなみんな、良い表情で遊びましたほえー




オチはトモちゃん。

飛行機型のジャングルジムから降りられなくなってしまい
「ぬ、ぬけないよぉーーーっ!!」と絶叫...青ざめ
(5分後、無事ひとりで降りられました)



ちなみに、今日O原さんは会議(障害福祉サービス関係事業者説明会)出席のため仙台へ出張でした。
こちらもお疲れさまでした(^−^)


追伸

今朝の三陸新報『リレー随想』
当法人副代表理事/事務局長である小野寺美厚さんの文章が掲載されました。


下記はその全文です。
ぜひご覧ください。

「ネットワークオレンジ創世記」〜障がいがあっても、地域の中で生きる〜

こんにちは!ネットワークオレンジの小野寺です!おかげさまで活動を始めて5年。NPO法人を設立して1年が経過しました。私たちは「障がいがあっても、地域の中で自分らしく・楽しく・安心して暮らしてゆける環境の実現」を目標に、日々活動しています。
このネットワークオレンジの活動を始めたきっかけは、私の双子の息子たちの「障がい」でした。
今から16年前、予定日より約2ヶ月早く生まれた息子たちはとても小さく、兄が1,400グラム、弟が1,500グラムしかありませんでした。全身麻酔での出産だったので、私は息子たちを産んだ瞬間の記憶がありませんが、2人とも元気に生まれたそうです。しかし、未熟児室で彼らと初めて対面したとき、私が想像していた赤ちゃんの姿はありませんでした。保育器の中で光を当てられ、細い腕や胸には沢山の管が付き、目は脱脂綿で覆われた、小さく赤黒い体が2つ横たわっているだけでした。
あまりのショックに現実を直視できなかった私ですが、生きようと懸命に頑張っている彼らの姿に「元気でいてくれたらそれでいい。あなたたちを必ず幸せにしてあげるからね」と、泣きながら約束したことを覚えています。

彼らが生まれた平成4年当時は、障がい児(者)が地域の中で自分らしく暮らしてゆく選択肢は少なく、「健常児」と「障害児」の間で、育てていく環境がくっきりと分かれていました。「せっかく生まれてきたのに、なんでこんなに不平等なんだろう?」という感情の一方で、「障がいがあるから仕方ないのかなぁ」という葛藤の連続でした。たとえば理髪店や歯医者に行く、保育所への入園など、「うちではできません」と断られることも多くありました。逆に、快く受け入れていただいた方々の温かい優しさは、涙が出るほど嬉しかったことを覚えています。

そして、いつも私の隣で無邪気に笑っている彼らの笑顔がパワーになったんですよね。もともと無鉄砲な性格の私は「ないものは自分でつくればいい」親として彼らに残せるものは「財産ではなく環境である」という信念のもと、ネットワークオレンジ設立に向けて活動を開始しました。
団体設立当初は、フリーマーケットで資金づくりに励みました。行政や年会費、助成金などに頼ることなく、将来は自分たちでお金を稼げる団体を目指し、少しずつ活動の輪を広げてきました。そんな私たちに転機が訪れたのは3年前でした。「みやぎNPO夢ファンド」の助成決定です。厳しい審査に合格し、これまでの活動が高く評価されたことは「ネットワークオレンジ」の名前を一気に広めました。その1年後に法人格を取得し、市内の八日町に事業所(八日町オレンジ)を構え、児童デイサービスなどを中心に事業を展開しています。スタッフの4人(私含む)は、任意団体の頃の苦しみを共有してきた熱い仲間たちです。
日々「療育」の現場で思うことですが、障がい児(者)の自立は決して「自分一人で生きていける」ことではなく、家族以外の人たちや場所でも、自分らしく・楽しく過ごせるようになることが私なりの「自立」のとらえかたです。詳しくはいつかの機会に...

さてさて。月日が流れ、私の愛息子たちは持ち前の明るいキャラクターと天真爛漫な性格で、毎日楽しそうに養護学校へ通っています。そして放課後や休日は、ネットワークオレンジの児童デイサービスを利用し、学校卒業後を視野に入れた社会生活訓練などを行っています。学校の先生方やネットワークオレンジのサポーターの皆さんや、そして近所の方々に囲まれて、ニコニコとしている彼らの存在は、まちがいなく癒し系であると確信していますが、これって親バカ発言ですか?(笑)

特定非営利活動法人ネットワークオレンジ
副代表理事・事務局長 小野寺美厚



そんな勲さん(と、私F村)は
明日仙台にいってきます。
(無論お仕事です)

雪、降らないといいなぁ〜・・・





では、また。




Posted by ネットワークオレンジ at 18:43 | オレンジキッズ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ