CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 岡山県備前市»
全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩キックオフイベント開催 [2017年03月23日(Thu)]
2017年3月20日(祝)
全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩のキックオフイベントが阿児アリーナ・ベイホールで開催されました。
Shima_5.jpg shima_amamo.JPG
主催者は、志摩市政策推進部里海推進室。ザ!鉄腕!!ダッシュ!!!でおなじみのNPO法人海辺つくり研究会理事の木村尚さんが話されるとあって、「空席以外は満席?!」という賑わいぶりでした。
amamoK市長 1.JPG
最初に、竹内千尋市長から挨拶があり、引き続き、木村尚さんの講演がありました。
アマモk木村氏.JPG
アマモサミットの成り立ちなどを話されたあと、志摩を訪れた印象として、横山からの夕焼け、山から眺める海岸は美しいが、船で廻るとゴミの残骸だらけ、とやさしい顔でチクリと痛い一言がありました。しかし、東京湾のことを考えると、志摩も今が頑張りどころで、ここでやっておかないと100年後大変なことになる、とアドバイスを戴き、「行政・漁業者・多様な市民の気持ちを集めて頑張りましょう!」と応援して下さいました。東京湾でも横浜市金沢区の瀬戸神社では、アマモ場再生のプロセスの中で、80年途絶えていた「無垢塩払い」というアマモを使う神事が復活したとのこと。アマモ場再生というきっかけで、人々と自然、人々同士の気持ちがつながる、というところに意義があり、大人同士が助け合っている「里海」のコミュニティは子供たちの表情が明るい、とのことでした。
アマモk西尾氏.JPG
引き続き、志摩市観光協会の西尾新会長の司会で、パネルディスカッションが行われました。三重県水産研究所の国分秀樹主任研究員と旧的矢湾アマモ再生協議会会長で鳥羽磯辺漁業協働組合の北村亨氏は、
アマモk国分氏.JPG
的矢湾で7年間、ゾステラマットと泥団子方式で15万粒のアマモの種をまいたが、ヘドロの底質で海の状況が厳しかったようで、マットの上にはよく生えたが根が張らず、横に広がらなかったこと、残念だが最近はアマモ場再生を一時中断していると報告されました。海の博物館の平賀大蔵学芸員からは、鳥羽市の小学生の体験活動についてや、伊勢の二見興玉神社の藻刈神事や、玉藻やアマモを使った製塩について紹介がありました。
アマモkパネラー.JPG
市長からは、次世代を担う子供たちに関心を持ってもらいたい、学校干潟という考え方も面白い、アマモを増やして鮎やウナギ、宝彩えびなどを志摩の山に多く生えているウバメガシの炭で調理して食べる、というのが「御食国志摩」らしくてよいのではないか、という素晴らしいアイデアも出て、「全国アマモサミット2017in 伊勢志摩」のキックオフイベントは11月11日〜12日の本番に向けて期待を高めつつ幕を閉じました。
amamok二見.JPG
海女漁業と真珠養殖が日本農業遺産に認定 [2017年03月14日(Tue)]
2017年3月14日
「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業ー持続的漁業を実現する里海システム」が、農林水産省によって、日本農業遺産に認定されました。
http://www.satoumi-shima.jp/
志摩市風景DH000123.JPG
日本農業遺産は、わが国において将来に受け継がれるべく伝統的な農林水産業システムを有する地域を認定する制度で、4月19日(水)に農林水産省講堂で認定式が行われます。
海女漁風景10[1].jpg
(掲載写真は志摩市提供)
2016年度第3回志摩市里海創生推進協議会開催 [2017年02月24日(Fri)]
2017年2月9日(木)
「市民と語り、市民と創る」という竹内千尋新市長のモットーを念頭に、今年度3回目となる志摩市里海創生推進協議会が開催され、1)第2次里海創生基本計画期間(平成29年度〜32年度)に各委員が優先的に取り組む事業の情報共有、2)志摩市里海創生推進協議会としての役割と進め方の再確認が行われました。
shimaK2.9 3.JPG
1)に関しては、全国で8箇所だけが選ばれた国立公園満喫プロジェクトの実践サイトとして、
(1)伊勢志摩国立公園としての適切な自然の利用と景観の保全に関するプロジェクト(伊勢志摩スタンドアップパドルボード協会、三重県真珠養殖連絡協議会、環境省中部地方環境事務所、市上下水道部、市教育委員会、市市民生活部、市建設部)、(2)産業連携の推進(ぷらっとホーム、市商工会、伊勢志摩スタンドアップパドルボード協会、市観光協会、安乗海女団体、三重県水産研究所、三重県真珠養殖連絡協議会、鳥羽磯部漁協、鳥羽志摩農協、市産業振興部),
(3)市民や関係者の取り組み目標と理解(志摩市女性の会連合会、ぷらっとホーム、畔志賀漁師塾、市観光協会、市政策推進部)がそれぞれのプロジェクトの今年度の進捗状況報告と、今後の予定について、市民の参加の観点も含め、情報共有しました。
ShimaK2.8_4.JPG
真珠養殖連絡協議会からは、伊勢志摩G7サミットの時に、各国首脳に贈ったラペルピンの取組みを通してあらためて真珠文化を後継者へと引き継ぎたいという思いが強くなったこと、現在、海女文化とともに「世界農業遺産」登録を目指していることなどが報告されました。市民生活部(環境課)と建設部からは、太陽光発電による海の汚染問題と景観などについて。観光協会からは、大王町の活性化プロジェクト。スタンドアップパドルボード協会からは、里海についての理解の浸透により、更に全国から多くの愛好家を受け入れたいので、受け皿を創る必要があること、教育委員会からは、里海学習・海洋教育につながる体験教育、産業振興部と海洋政策研究所からは、11月に行われる「全国アマモサミット2017in伊勢志摩」についてなどの話題が提供され、
shimaK2.9 4.JPG
2)については、松田治広島大学名誉教授から市民の参加を促すためにもソーラー発電とアマモサミットが市民参加のきっかけになるのではないか、また、海洋政策研究所の古川恵太部長から、市民を巻き込む活動の例として、東京湾再生のための官民連携フォーラムでやっているように、協議会の場でオーソライズして参加者を募り、自由なプロジェクトチームを作るのもよいのではないか、などこれまでになく積極的な意見交換と提案が行われました。
shimaK2.9_3.JPG
最後に高山進三重大学名誉教授が、1)大目標が共有しながら、市民が自由に動ける協議会にする、2)市民が市に提案できる協議会にするなど、情報発信をしながら連携をすすめていきたい、と締めくくりました。
志摩市竹内千尋新市長を表敬訪問 [2017年02月20日(Mon)]
2017年2月8日(水)
海洋政策研究所の寺島紘士所長、古川恵太海洋研究調査部長、大塚万紗子特別研究員、藤重香弥子研究員が、昨年11月の志摩市長選で8年ぶりに再選された竹内千尋新市長を表敬訪問しました。
shimamayor 1.JPG
寺島所長から、お祝いの言葉を述べたあと、沿岸域総合管理は世界的に認められ、推進されている制度であること、海洋基本法の12の施策のひとつであること、陸域と海域を一体化し、環境と経済を総合的に考えるまちづくりの手法であり、話し合いのしくみであることなどをお伝えしました。竹内市長は、以前から里海の考え方を大切にされてきた方なので、短い時間でしたが、市と研究所が進めてきた海を活かしたまちづくりについてご理解いただき、市民に見える形で議論すべきことをしっかり議論してほしい、とのご要望がありました。
shimacore2.8 2.JPG
引き続き、翌日開催される2016年第3回志摩市里海創生推進協議会の準備のために、協議会会長である高山進三重大学名誉教授、副会長である西尾新志摩市観光協会会長、オブザーバーである当研究所の寺島紘士所長らが参加して、打ち合わせを行いました。
東京で志摩市ICMコア会議開催 [2017年01月25日(Wed)]
2017年1月24日
志摩市から里海創生推進協議会(=志摩市沿岸域総合管理協議会)の副会長をされている志摩市観光協会長の西尾新氏と志摩市政策推進部里海推進室長の浦中秀人氏、同が、協議会の今後の進め方等について海洋政策研究所と意見交換するために来所されました。
170124志摩市コア.jpg
海洋政策研究所からは、寺島紘士所長、古川恵太部長、大塚万紗子特別研究員、藤重香弥子研究員らが出席しました。5町が合併して生まれた志摩市の魅力をどのように発信していくか、周囲の市町である伊勢市、鳥羽市、南伊勢町、度会町などとの連携、協議会の役割、自治会の役割、産業間の連携などが話題になりました。西尾副会長からは、市民がそれぞれの立場から自由に意見を言える「そこまで言っていいん会」の設置というユニークなアイデアも飛び出し、100年後の志摩をどう考えるか、目指していくゴールを見据えて、まちづくりを進めて行きたい、とのことでした。
志摩市 里海創生活動(2) [2016年12月22日(Thu)]
2016年12月11日(日)
志摩市の自然や産業・ガイドの基本を学ぶ「里海ガイド養成講座(第2期)」が阿児町にある代々木高等学校で開催されました。今回は、12月の休日を終日使って5回シリーズです。対象は志摩市の自然やその中で営まれる生活や産業の素晴らしさを市民や来訪者に伝えたいとう意欲のある「里海ガイド」候補の方々です。主催は志摩市です。
カリキュラムは「里海と伊勢志摩国立公園」「ガイドスキルについて」「コミュニケーションのワークショップ」「海での装備」「志摩周辺の自然景観の特徴と生い立ち」「海について」「救急救命」「海面救助」「安全管理ワークショップ」「海岸生物」「漁業」「海女漁」「真珠養殖」「昆虫」「植物」「図鑑の使い方」「鳥類」「危険生物」「食と文化」「真珠養殖場見学」など、ガイドにとって必須のテーマがたくさん盛り込まれています。
kanko1 3.JPG kanko 4.JPGZX
ひとつひとつの講義も工夫されていて、たとえば「志摩市周辺の自然景観の特徴と生い立ち」では、ブラタモリというテレビ番組で好評を博した近藤玲介皇學館大學准教授が興味深い志摩市周辺の地質学を講演されました。また、「救急救命」の講義について、参加者からは「ほかのところでも聞いたことがあるが、志摩市のはとても実践的で充実していて役立ちそう」と好評でした。
志摩市 里海創生活動(1) [2016年12月21日(Wed)]
2016年12月10日(土)
里海推進室のある志摩市では、日常的に「里海創生活動」が行われています。この日は、小学5〜6年生を対象にした「さとうみキッズ工房ぶりぼら」活動や、5月に自分で核入れをした「真珠の取り出し体験」などが行われていましたのでご紹介します。
1)「ぶりぼら」最初にこの言葉を聞いた時は、何を意味するのかわかりませんでしたが、「ブリ」も「ボラ」も出世魚であることから、ブリやボラのように地域の子供たちが地域を知って成長してほしい、という里海流の人材育成プログラムだとのことで、2016年7月から毎月約2回、下記のようなプログラムで行われてきました。
shimastove.JPG shimastove2.JPG
「横山を探検します(阿児町)」「海女さんとお話します(志摩町)」「かつお節屋さんに行きます(大王町)」「伊勢海老の赤ちゃんをみます(浜島町)」「伊雑宮を探検します(磯部町)」「真珠のひみつ(英虞湾)」「間崎島に行きます(志摩町)」そして、この日は最終回の「ぶりぼらお楽しみ会」で、以前にもご紹介したロケットコンロhttp://blog.canpan.info/oprficm/archive/322 を用いて、カレーを作り、午後は、「ぶりぼら活動」の集大成として、これまで見聞きしてきた地域の宝を題材にして作成した「かるた」を使った「かるた大会」を行い、子供たちは大はしゃぎだったそうです。主催は志摩市里海推進室です。
shimayuuhi.JPG harajo 3.JPG
2)自分で核入れをした真珠の「珠出し体験」
真珠養殖業をしている原条誠さんの工房で、5月に終日かかって自分で核入れをした真珠各90個から真珠の珠の取り出しを体験するというもので、寒空の中、立ちっぱなしで、アコヤガイを開けました。参加したのは、友人の結婚式に自分で作った真珠のアクセサリーをプレゼントしたいという女性や、このプロジェクトをニュースでリポートために取材している東海テレビのキャスターなどです。最初は開けることだけでも難しく、核がうまく入っていないものや、すでに死んでいるものなどもあり、なかなかの苦戦もありました。
harajo 1.JPG 写真.JPG
昼食には、原条さんの奥さん手製のおいしい「てこね寿司」をご馳走になりました。「てこね寿司」は志摩の名物で、カツオなどを薄く切ってしょうゆと砂糖のたれに漬け込み、ご飯と混ぜていただくという漁師料理です。アコヤガイの貝柱もそのまま食べたり、串に刺して香ばしく焼いて食べたり、色とりどりの個性的で美しい「私の真珠」、美しい景色、和気藹々と素敵な時間が過ぎていきました。これを毎年のイベントにしたい、とのことで、今後の展開が楽しみです。
tekone 1.JPG harajo 4.JPG
志摩市の里海創生活動はこのようにさまざまな形で展開しています。
伊勢志摩国立公園指定70周年記念事業開催 [2016年12月03日(Sat)]
2016年11月20日(日)
伊勢志摩国立公園が1946年のこの日に指定されてから70年を迎え、それを記念して志摩市で「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」が開催されました。
70taiko.JPG
大会は、伊勢志摩らしく、神恩太鼓の「神風」の演奏から始まり、
70_open.JPG
中部地方環境事務所長による開会宣言、比嘉奈津美環境大臣政務官らによる式辞・挨拶・来賓祝辞に続いて、
70_Gov..jpg
鈴木英敬三重県知事と、
70_mayor.JPG
竹内千尋志摩市長による歓迎の挨拶がありました。
70talk.JPG
引き続き、涌井氏、比嘉氏、鈴木氏による鼎談が行われ、志摩市は、自然と上手につきあうことで、グリーンインフラを文化にまで高めている、と「里海」の考え方を生活・文化に昇華させていることが賞賛されました。また、言語化されていないもの大切さ、「癒し」をどう観光に取り込むか、など今後の観光の指針となることなどが話し合われました。
70panel.JPG
パネルディスカッションには、JTBの山下真輝氏がコーディネーターをつとめ、西海国立公園のある佐世保市朝長則男市長、鳥羽市海島遊民クラブ代表の江崎貴久氏、志摩観光ホテル総料理長の樋口宏江氏、知床国立公園から松田光輝氏がパネリストとして参加しました。
志摩市アマモサミットへ向けて [2016年10月27日(Thu)]
2016年10月24日(月)
志摩市第2期第2回の里海創生推進協議会のあと、志摩市庁舎に場所を移して、2017年に予定されている第10回全国アマモサミットin志摩(仮称)の準備の進捗状況について打ち合わせを行い、いくつかの決定事項の報告を戴きました。
shima amamo1.jpg shima amamo 2.jpg
1)開催日については、2017年11月11日(土)〜12日(日)
2)会場は的矢湾の湾奥に近い志摩市役所磯部支所
と大枠が決まり、内容についても、事例発表、高校生サミット、そして、オプションツアーでは、アマモサポーターとともに種をまいたり、漁業者に船を出してもらって調査をしたり、真珠の取り出しなどはどうだろうか、と少しずつ形ができ始めました。

的矢湾の湾奥の伊雑の浦は、現在環境が劣化が問題になっていますが、以前は鳥羽水族館のジュゴンの餌用に大量のアマモを提供していたところです。一方で、英虞湾和具では、コアマモが増えているとのこと。こうした現象もアマモサミットをきっかけに調査をしていきたい、と担当者の方々のボルテージも次第に上がりつつあります。
志摩市里海創生推進協議会(第2期第2回) [2016年10月26日(Wed)]
2016年10月24日(月)
今年度2回目となる「志摩市里海創生推進協議会」が、志摩市立図書館で開催されました。最初に前回の協議会(7月末)から先月末までに行われた里海づくりの取り組み状況と成果について、また12月末までの今後の予定について紹介されました。1)自然の恵みの保全と管理、2)自然の恵みの持続可能な利活用、3)まちの魅力の向上と発信などについての活動です。これには神事や伝統行事、環境保全活動、研修会、スポーツイベントなども含まれます。
shima_1.jpg
また、第1期の協議会は委員によるディスカッションが中心でしたが、さらに多くの市民の参加を促すために、第2期は一般市民レベルの活動の促進に重点が置かれることになり、この間、3つの作業部会の会合が重ねられ、その成果としての提言などについても報告がありました。3つの部会は1)伊勢志摩国立公園としての適切な自然の利用と景観の保全、2)産業連携の推進、3)市民や関係者の取り組み目標と理解の促進で、観光・里海・商品などについてのテキスト化、観光ボランティアガイドの育成などが期待されています。
shima_2.jpg shima_3.jpg
さらに、第1期の計画時から懸案となっていた英虞湾沿岸域、的矢湾沿岸域、太平洋沿岸域に分けた3分科会についても検討が行われ、底質などが問題になっている的矢湾から、分科会を設置したいという希望がでました。
shima_5.jpg shima_4.jpg
伊勢志摩国立公園は2016年11月20日に国立公園指定70周年を迎えます。民有地が96%と、人の生活圏を多く含むため、地域の生活、歴史、文化、風習と自然が一体となった、まさに「里山・里海」を体現した国立公園といえます。今後の展開が楽しみです。
| 次へ