CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地域をつなぐ里海・里山交流シンポジウム | Main | 3.11から6年»
宿毛湾漁業者と黒潮についてミニ勉強会 [2017年03月06日(Mon)]
2017年2月24日(金)
高知県の西南に位置する宿毛湾。宿毛湾に面している宿毛市と大月町が海洋政策研究所と協働で、美しく健全な沿岸域の環境保全と活性化に向け、沿岸域総合管理の実践モデルサイト活動を開始していますが、その一環として、国立研究開発法人の海洋研究開発機構(JAMSTEC)の科学者と地元の宿毛湾漁協の漁業者が共に開発した宿毛湾と豊後水道の海の天気予報、海況予測システムについて、研究経過の発表会を行いました。
海洋政策研究所からは、大塚万紗子特別研究員、上里里奈研究員、藤重香弥子研究員が、JAMSTECからは、ヴァーラモフ・セルゲイ主任研究員、美山透主任研究員、そして宿毛市出身の森岡優志研究員が参加しました。
SukumoJAMSTEC 1.JPG
冒頭、海洋政策研究所が制作した沿岸域総合管理についてのDVDを視聴、その後、海洋政策研究所の大塚特別研究員より、「宿毛湾における海をいかしたまちづくり(宿毛湾沿岸域総合管理)の進捗状況」について話しました。引き続き、JAMSTECの森岡研究員、美山主任研究員、から、宿毛湾漁協の漁業者の協力のもと、データの収集を行ったこと、黒潮の予測について毎週発表を行っていること、最近、新しく豊後水道モデルを開始したこと、また、今年からは漁業者にとってより役に立つ情報とするために宿毛湾予測モデルの精度を分解能3kmから200mにしたこと、養殖に役立つよう塩分濃度の予測や海面の高さの計算も提供していることなどが発表されました。
SukumoJAMSTEC 2.JPG
その後、宿毛湾で漁業に従事されている出席者の方々と質疑応答と意見交換が行われ、ノット表記の方がわかりやすい、漁業者にとって潮流と水温は重要なので、ホームページでも選択もしくは両方を掲載してくれると有難い、データ収集については協力してもよい、という声が上がりました。JAMSTECとしては、漁業者のみなさんの役に立ちたいので、どんどんリクエストしてほしい、とのことでした。「宿毛湾の海を活かしたまちづくりレポートhttp://www.jamstec.go.jp/aplinfo/kowatch/?p=4548」に詳細が掲載されています。また、黒潮ウォッチについては、http://www.jamstec.go.jp/aplinfo/kowatch/をご覧ください。3月30日から6月1日までの予測がとてもわかりやすく掲載されています。
コメントする
コメント