CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
SDGs未来都市 [2018年06月20日(Wed)]
2018年6月15日(金)
沿岸域総合管理を通して海を活かしたまちづくり、持続可能な資源管理を実践してきた志摩市が持続可能な開発目標SDGs達成にむけた取り組みを先導的に進めていく自治体として、SDGs未来都市に選ばれました。
SDGs未来都市選定証(web).jpg
豊かな自然環境を保全士、御食国としての歴史を大切にして持続可能な食材の提供と観光業を、環境・経済・社会という3つの視点から進めていきます。
DSC_9694web.jpg
一言で言うと「持続可能な御食国の創生」。国連で発表される時は、With a history of providing produce to the Imperial Court, Shima will become a Sustainable Food Supplying Regionというフレーズで紹介される予定です。

志摩市は、17あるSDGsの目標のうち、目標8 働きがいも経済成長も 目標11 住み続けられるまちづくりを 目標12 つくる責任 つかう責任 目標14 海の豊かさを守ろう 目標15 陸の豊かさも守ろう を重点的に実現していきます。
的矢湾でアマモの種採り作業 [2018年06月09日(Sat)]
かつて、志摩市の的矢湾は、鳥羽水族館のジュゴンの餌となるアマモを毎日供給できるほど、見事なアマモ場を有していました。しかし、最近は水質および底質の悪化によりアマモ場が激減し、現在ジュゴンは韓国から空輸されるアマモを食しているとのこと。的矢湾の水質・底質の悪化は、的矢湾のこの海域での漁業にも影響を与え、以前は御殿が建ったといわれるほど採れたあおさのり(ヒトエグサ)の生産額が急激に減少しました。

IMG_0989.JPG

2018年6月9日(土)梅雨入り後の晴天に恵まれ、志摩市鳥羽磯部漁業協同組合の三ヶ所支所で、アマモの種採りが行われました。同漁協の漁師さんたちが船て的矢湾のアマモ場でアマモを刈り採り、陸に揚げ、志摩市里海推進室の公募に応じられたボランティアのみなさんと一緒に、種で増えるアマモと根で増えるアマモを仕分けしました。種で増えるアマモはネット袋に入れ、しばらく海に吊るして種を熟成、茎や葉を腐らせた後、種を取り出して海に蒔きます。一方、根で増えるアマモの平たい葉は、梅雨の雨に打たせて塩抜きをした後、畑の肥料にします。甘くて美味しい野菜が育つとのことです。
IMG_0999.JPG

的矢湾では、毎年、アマモの種まきをしてきましたが、底質が悪化しているため、なかなか定着しませんでした。昨年、大きなマットを敷き、その上に小さなマットに泥と種を塗り籠んだものをいくつも敷くという方法を試したところ、アマモが見事に成長したとのことで、漁協さんも的矢湾のアマモ場再生に自信を深めたということです。昨年秋には「全国アマモサミット」が志摩市で開催され、市民のアマモに対する興味も増したようです。
IMG_0996.JPG

今日、仕分けされた「種をとるアマモ」は大きな袋に15袋となりました。海に吊るして追熟した種は、7月末ごろ種を取り出され、夏の暑い時期を冷蔵庫で保管、水温が下がる12月頃に海に蒔かれます。来年のアマモの成長が今から楽しみです!
金丸弘美氏よりのメール転載「和歌山県のPR雑誌が秀逸」 [2017年08月21日(Mon)]
2017年8月20日(日)
総務省地域力創造アドバイザーで内閣官房地域活性化伝道師の金丸弘美氏より、「和歌山県のPR雑誌『和 Nagomi』が秀逸です。今号の特集は南方熊楠です。」という下記のメールを拝受。早速、拝読しましたところ、内容のみならず、写真、デザインも力強く、素晴らしいので、金丸弘美氏に許可を戴き、下記に転載いたします。是非、ご覧ください。参考になれば幸いです。

(以下、引用)
******************
金丸です。

和歌山県のPR雑誌「和 Nagomi」が秀逸です。今号の特集は南方熊楠です。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/p33/index.html
丁寧に作られていて美しい。テーマが自然と環境と地域の力と一貫しています。
バックナンバーもすべてサイトから読めます。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/index.html

長男・知弘・りさ夫妻が、2016年6月に和歌山県田辺市に移住しました。
その特集が今号の「わかやまに恋した人」で組まれたのでした。びっくりでした。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/p33/p20_21.pdf

和歌山県は、若者の移住・定住・起業をサポートする支援をしています。
丁寧な体制がとられていて移住が増えているというのも納得です。
http://www.wakayamagurashi.jp/how-to/support/

田辺市は若者の起業支援をする塾も開かれています。
http://www3.u-toyama.ac.jp/chiiki/t-senryaku/tanabe/
もっとも感心した取り組みでした。とても刺激されました。 

なお知弘・りさ夫妻の移住経過と詳細は和歌山県庁の移住相談窓口がある
「NPOふるさと回帰支援センター」のサイト「FURUSATO」でも特集が
掲載されています。
http://www.furusato-web.jp/iju/wakayama-tanabe
*******************
(引用、以上)
田原隆雄備前市新市長を表敬訪問 [2017年07月14日(Fri)]
2017年7月13日(木)
海洋政策研究所の寺島紘士前所長(現参与)と角南篤新所長が、2017年4月に備前市長に就任された田原隆雄新市長を備前市役所に表敬訪問し、沿岸域総合管理「海を活かしたまちづくり」について意見交換を行いました。備前市は、2017年2月6日に「備前市里海・里山ブランド推進協議会with ICM」を発足させ、備前市総合計画、備前市まち・ひと・しごと創生総合戦略等の実践を沿岸域総合管理(ICM)の手法を用いてすすめています。

最初に寺島参与より、沿岸域総合管理が地域の活性化に役立つことをあらためて説明しました。田原新市長は「海を活かしたまちづくり」というのはいい言葉ですね、としっかりと受け止められ、その意義についても深い理解を示されました。
bizen1.JPG

これを受けて、備前市において「海を活かしたまちづくり」をどのように展開するかについてに話が及び、海に面した市や町にとって、山間部も生態系を共有している意味でも重要であることから、沿岸域総合管理は市・町全体を対象にしていること、沿岸域総合管理の施策は海洋基本法ならびに海洋基本計画に立脚していること、備前市は日本の沿岸域総合管理の先進的モデル地域であり、計画を立てた後は横串を通した実行が重要であること、できれば実行を担当する担当部署が新設されることが望ましいのではないか、など重要で具体的な点へと話が展開していきました。

市長からは、全体の方針を決める会議については広く持ち寄って横串を通し、全体を理解した上で実行については各部署で分担してもよいのではないかと意見を述べられ、備前市として沿岸域総合管理を実行していく全体的なしくみについて、忌憚のない意見交換が行われました。

また、バイオマスによる発電や、廃棄物を活用した再生エネルギーについての話題も共有されるなど、備前市での「海を活かしたまちづくり」プロジェクトに、市長としてリーダーシップを発揮してとりくみたい、と力強い言葉を戴きました。備前市における沿岸域総合管理の今後の進捗が楽しみです。
(参加のすすめ)アマモの種の選別作業 [2017年07月12日(Wed)]
志摩市では、2017年11月11日〜12日に「全国アマモサミットin 伊勢志摩」を開催します。その準備として、2017年6月24日に的矢湾で、三重県水産高校性やこどもたちがアマモの種採り作業を行いました。
http://www.satoumi-shima.jp/columns/c1/2017/06/post-8.html

その日に採集したアマモから、成熟した種を選別する作業を、来る7月31日(月)に予定しています。奮って、ご参加ください。詳細は、下記の「新しい里海のまち・志摩」のホームページに「里海推進室からのお知らせ」として掲載されています。

http://www.satoumi-shima.jp/columns/c1/2017/07/post-9.html

このようなアマモ場が増えるといいですね!
アマモ伊勢志摩0609.jpg
氷見市のまちづくり [2017年06月23日(Fri)]
2017年6月19日(月)
「美しい富山湾クラブ実行委員会」開催のあと、恒例となっている開催地の「街あるき」が行われました。
Himi 7.JPG himi 8.JPG
案内役は中野善宏氷見市観光協会事務局長。氷見市は「ドラえもん」や「忍者ハットリくん」で有名なまんがユニット藤子不二雄のひとり、藤子不二雄Aの出身地ということもあり、彼のアートを展示している「氷見市潮風ギャラリー」や、作品のモニュメントがある「まんがロード」、生家である光禅寺を案内して戴きました。
FujikoA.JPG Himi 6.JPG
会議の前後にまち歩きをしていましたところ、いくつか面白いところを発見しましたので、ご報告しておきます。ひとつは、「ひみ番屋街(氷見漁港場外市場)」http://himi-banya.jp/ 新鮮な魚介類や豊富なみやげものを販売する「みのりの番屋」、フードコートや回転寿司、展望広場、足湯や温泉もあり、結構にぎわっていました。多くのショップの中でも特に目を引いたのが、環境と美味しさの両立をめざすワイナリー兼レストラン兼宿泊施設を経営するSAYS FARM http://www.saysfarm.com/ 新しいタイプの氷見の人気ブランドとなっているようです。
Himi 13.JPG Himi 14.JPG
もうひとつは、空家の多くなっている商店街の中に見つけた「氷見市まちづくりバンク」。まちづくりに関心のある人々が集える場所になっています。ここからどのようなアイデアが実現されるのか、楽しみです。
美しい富山湾クラブ委員会開催 [2017年06月21日(Wed)]
2017年6月19日(月)
「美しい富山湾クラブ」の第8回実行委員会が、越中式定置網およびブリ漁で有名な富山県氷見市で開催されました。
himi 2.JPG himi 3.JPG
挨拶:
冒頭に顧問の林正之氷見市長から挨拶があり、「氷見から望む海越しの立山連峰を世界遺産に!」という活動をしていること、また、美しい富山湾の活用ということで、湾岸サイクリングレースを行ったことなどが紹介されました。理事の松原勝久氷見市観光協会会長からは、氷見の海岸と道路の美化のために6月に行った氷見クリーン大作戦で1200名という大勢の市民が参加したことなどが報告されました。
himi 1.JPG
議題1:実績報告
高桑幸一事務局長から今年度の実績と今後の計画の説明があったあと、各担当の実行委員からも、今年3回目の湾岸サイクリングでは、1300名を超えるエントリーがあり、1269名が参加したこと、また、湾岸の道路にサイクリング用のブルーのラインが引かれてサイクリングがしやすくなり、サイクリストが増えたことが報告されました。

議題2:湾アップ提案の実施状況について
富山大学2年生の伊藤大貴さんから、「地域の観光資源と活用戦略」について提案がありました。富山県の観光名所のひとつひとつは素晴らしいが、それらが繋がっていないことを残念に思うので、フォトラリーという手法を用いて、SNSなどで発信、最後にフォトコンテストを行う、という案です。今年はまずテスト的に射水、岩瀬浜、滑川で行い、その後、全体に広げたいとのことで、参加者への協力を呼びかけました。この提案について、富山テレビを含む多くの参加者たちから協力を申し出る建設的な意見が出されました。
Himi 4.JPG
議題3:今後の取組みについて
海岸清掃:7月17日の海の日の清掃活動、10月15日の「富山湾100万人による海岸をきれいにする活動市民の会」について、入江良明富山湾海岸をきれいにする活動の会代表から紹介がありました。夏休み前の海岸はきれいだが、秋、冬は放置状態になるので、この季節を含め通年できれいな海岸にしたい、という言葉が印象的でした。
タモリカップ富山大会2017:今年も7月16日にタモリカップが開催され、タモリさんが海王丸の一日船長として乗船されることが、岡田一広富山県セーリング連盟理事から発表されました。エントリーは56艇、バーベキューなどへの参加希望者は2200名と既に定員をオーバーしている、と高い人気の様子が伺えました。
富山湾ふれあいビーチフェスティバル:
国土交通省北陸地方整備局大河内義之氏から今年は8月に岩瀬海岸で行うことが発表されました。
第10回Sea級グルメ全国大会:
大野究魚津埋没林博物館長から、今年は10月に魚津で開催され、全国から23~4店舗が参加の予定である、と発表がありました。
「海と日本PROJECT in 富山2017」:
富山テレビ放送営業部の蔵西宏之氏から同プロジェクトの概要と実施の進捗状況が紹介されました。各種メディアを使っての広報、富山オリジナルとしての「海の学習帳プロジェクト」などが報告されました。
Himi 5.JPG ペットボトルでないお茶の提供ひらめき
議題4:その他
射水市世界一挑戦塾(今年は、漁網を使った世界一大きなハンモックを作り、イベントを行います)、日本海学講座(7月末に「富山湾の魅力体験親子教室」を開催予定ですが、夏休みの自由研究に役立つということで人気だそうです)、世界遺産への登録への協力、高田秀重教授によるマイクロプラスティックに関する講演会、などについて紹介がありました。

「美しい富山湾クラブ」、次回の実行委員会は9月に滑川市、次々回は2月に射水市、また理事会は11月に黒部市で開催予定です。
2016年度「海を活かしたまちづくり」映像集 [2017年06月15日(Thu)]

2016年度のICM調査研究事業の一環として作成した動画について、「海を活かしたまちづくり」映像集として公開しました。

広域型及び島嶼型のモデルサイトの取組紹介映像や志摩市・小浜市・備前市ぞれぞれの取組紹介映像、関係者へのインタビュー映像等全17本を公開しています。

こちらからご覧ください。
https://vimeo.com/album/4510126

主な4本として、「広域型と島嶼型」、「志摩市 協議会の新たなスタート」「備前市 協議会設立」、「小浜市 協議会次のステップへ」は以下からもご覧いただけます。


沿岸域総合管理 広域型と島嶼型





志摩市 協議会の新たなスタート




備前市 協議会設立




小浜市 協議会次のステップへ



参加者募集!的矢湾でアマモ種子採取イベント [2017年06月09日(Fri)]
「新しい里海のまち」志摩市では、2017年11月11日〜12日に「全国アマモサミット2017in 伊勢志摩」を開催します。
アマモ伊勢志摩0609.jpg
これに先駆けて6月24日(土)に的矢湾でアマモの種を採取する作業を行います。漁業者や水産高校の生徒の皆さんが刈り取ったアマモの中から種の入っているものを選別して袋に入れ、海にぶら下げておきます。

8月頃、成熟した種を取り出して冷蔵庫で保存し、アマモサミットでアマモボトルを作ったり、海域に蒔種し、アマモ場作りを行う予定です。

日時:6月24日(土)10時〜12時
場所:的矢湾(阿児町国府)の宮潟港

詳しくは新しい里海のまち・志摩ホームページをご確認ください。
http://www.satoumi-shima.jp/columns/c1/2017/06/post-6.html

アマモ場は幼魚たちが育つのに大切な場所で、「海のゆりかご」とも呼ばれています。
https://vimeo.com/album/4618839 にアマモの素敵な映像が掲載されています。)

初夏の的矢湾で、漁師さんたちや水産高校のお兄さん、お姉さんたちが船で取ってきたアマモの流れ藻から米粒のような種子が入っているアマモを取り出す作業、結構面白いですよ!

参加申し込み先:志摩市の里海推進室(0599-44-0206)
satoumi@city.shima.lg.jpに(担当:浦谷さん・大形さん)
6月19日(月)午後5時まで、とのことです。
申し込むときは、名前、住所、電話番号(当日の天候によっては、中止になることもあるので、連絡に必要)をお伝えください。
2016年度 沿岸域総合管理モデルの展開に関する調査研究報告書 [2017年04月26日(Wed)]
海洋政策研究所では、日本財団の助成を受け、「沿岸域総合管理(ICM)」の展開に資する調査研究に取り組んでいます。

2016年度は、ICMのさらなる展開や人材育成を推し進めるために、新たな取組みとして、複数の自治体が関与する「広域型」や海域が島の周りを取り囲む形で存在する「島嶼型」のモデルサイトにおける事業展開の調査研究を実施し、その成果を報告書に取りまとめました。
また、「標準型」のモデルサイトにおけるICM事業展開推進のための調査研究についても継続実施し、その成果を報告書に取りまとめました。

2016年度 沿岸域総合管理モデルの展開に関する調査研究報告書(16.1MB)

2016ICM6.png

ネットワーク会議及び各地での研修会や勉強会等の様子


本報告書は当研究所Webページでも公開しておりますので、ぜひご覧ください。
| 次へ