CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
氷見市のまちづくり [2017年06月23日(Fri)]
2017年6月19日(月)
「美しい富山湾クラブ実行委員会」開催のあと、恒例となっている開催地の「街あるき」が行われました。
Himi 7.JPG himi 8.JPG
案内役は中野善宏氷見市観光協会事務局長。氷見市は「ドラえもん」や「忍者ハットリくん」で有名なまんがユニット藤子不二雄のひとり、藤子不二雄Aの出身地ということもあり、彼のアートを展示している「氷見市潮風ギャラリー」や、作品のモニュメントがある「まんがロード」、生家である光禅寺を案内して戴きました。
FujikoA.JPG Himi 6.JPG
会議の前後にまち歩きをしていましたところ、いくつか面白いところを発見しましたので、ご報告しておきます。ひとつは、「ひみ番屋街(氷見漁港場外市場)」http://himi-banya.jp/ 新鮮な魚介類や豊富なみやげものを販売する「みのりの番屋」、フードコートや回転寿司、展望広場、足湯や温泉もあり、結構にぎわっていました。多くのショップの中でも特に目を引いたのが、環境と美味しさの両立をめざすワイナリー兼レストラン兼宿泊施設を経営するSAYS FARM http://www.saysfarm.com/ 新しいタイプの氷見の人気ブランドとなっているようです。
Himi 13.JPG Himi 14.JPG
もうひとつは、空家の多くなっている商店街の中に見つけた「氷見市まちづくりバンク」。まちづくりに関心のある人々が集える場所になっています。ここからどのようなアイデアが実現されるのか、楽しみです。
美しい富山湾クラブ委員会開催 [2017年06月21日(Wed)]
2017年6月19日(月)
「美しい富山湾クラブ」の第8回実行委員会が、越中式定置網およびブリ漁で有名な富山県氷見市で開催されました。
himi 2.JPG himi 3.JPG
挨拶:
冒頭に顧問の林正之氷見市長から挨拶があり、「氷見から望む海越しの立山連峰を世界遺産に!」という活動をしていること、また、美しい富山湾の活用ということで、湾岸サイクリングレースを行ったことなどが紹介されました。理事の松原勝久氷見市観光協会会長からは、氷見の海岸と道路の美化のために6月に行った氷見クリーン大作戦で1200名という大勢の市民が参加したことなどが報告されました。
himi 1.JPG
議題1:実績報告
高桑幸一事務局長から今年度の実績と今後の計画の説明があったあと、各担当の実行委員からも、今年3回目の湾岸サイクリングでは、1300名を超えるエントリーがあり、1269名が参加したこと、また、湾岸の道路にサイクリング用のブルーのラインが引かれてサイクリングがしやすくなり、サイクリストが増えたことが報告されました。

議題2:湾アップ提案の実施状況について
富山大学2年生の伊藤大貴さんから、「地域の観光資源と活用戦略」について提案がありました。富山県の観光名所のひとつひとつは素晴らしいが、それらが繋がっていないことを残念に思うので、フォトラリーという手法を用いて、SNSなどで発信、最後にフォトコンテストを行う、という案です。今年はまずテスト的に射水、岩瀬浜、滑川で行い、その後、全体に広げたいとのことで、参加者への協力を呼びかけました。この提案について、富山テレビを含む多くの参加者たちから協力を申し出る建設的な意見が出されました。
Himi 4.JPG
議題3:今後の取組みについて
海岸清掃:7月17日の海の日の清掃活動、10月15日の「富山湾100万人による海岸をきれいにする活動市民の会」について、入江良明富山湾海岸をきれいにする活動の会代表から紹介がありました。夏休み前の海岸はきれいだが、秋、冬は放置状態になるので、この季節を含め通年できれいな海岸にしたい、という言葉が印象的でした。
タモリカップ富山大会2017:今年も7月16日にタモリカップが開催され、タモリさんが海王丸の一日船長として乗船されることが、岡田一広富山県セーリング連盟理事から発表されました。エントリーは56艇、バーベキューなどへの参加希望者は2200名と既に定員をオーバーしている、と高い人気の様子が伺えました。
富山湾ふれあいビーチフェスティバル:
国土交通省北陸地方整備局大河内義之氏から今年は8月に岩瀬海岸で行うことが発表されました。
第10回Sea級グルメ全国大会:
大野究魚津埋没林博物館長から、今年は10月に魚津で開催され、全国から23~4店舗が参加の予定である、と発表がありました。
「海と日本PROJECT in 富山2017」:
富山テレビ放送営業部の蔵西宏之氏から同プロジェクトの概要と実施の進捗状況が紹介されました。各種メディアを使っての広報、富山オリジナルとしての「海の学習帳プロジェクト」などが報告されました。
Himi 5.JPG ペットボトルでないお茶の提供ひらめき
議題4:その他
射水市世界一挑戦塾(今年は、漁網を使った世界一大きなハンモックを作り、イベントを行います)、日本海学講座(7月末に「富山湾の魅力体験親子教室」を開催予定ですが、夏休みの自由研究に役立つということで人気だそうです)、世界遺産への登録への協力、高田秀重教授によるマイクロプラスティックに関する講演会、などについて紹介がありました。

「美しい富山湾クラブ」、次回の実行委員会は9月に滑川市、次々回は2月に射水市、また理事会は11月に黒部市で開催予定です。
2016年度「海を活かしたまちづくり」映像集 [2017年06月15日(Thu)]

2016年度のICM調査研究事業の一環として作成した動画について、「海を活かしたまちづくり」映像集として公開しました。

広域型及び島嶼型のモデルサイトの取組紹介映像や志摩市・小浜市・備前市ぞれぞれの取組紹介映像、関係者へのインタビュー映像等全17本を公開しています。

こちらからご覧ください。
https://vimeo.com/album/4510126

主な4本として、「広域型と島嶼型」、「志摩市 協議会の新たなスタート」「備前市 協議会設立」、「小浜市 協議会次のステップへ」は以下からもご覧いただけます。


沿岸域総合管理 広域型と島嶼型





志摩市 協議会の新たなスタート




備前市 協議会設立




小浜市 協議会次のステップへ



参加者募集!的矢湾でアマモ種子採取イベント [2017年06月09日(Fri)]
「新しい里海のまち」志摩市では、2017年11月11日〜12日に「全国アマモサミット2017in 伊勢志摩」を開催します。
アマモ伊勢志摩0609.jpg
これに先駆けて6月24日(土)に的矢湾でアマモの種を採取する作業を行います。漁業者や水産高校の生徒の皆さんが刈り取ったアマモの中から種の入っているものを選別して袋に入れ、海にぶら下げておきます。

8月頃、成熟した種を取り出して冷蔵庫で保存し、アマモサミットでアマモボトルを作ったり、海域に蒔種し、アマモ場作りを行う予定です。

日時:6月24日(土)10時〜12時
場所:的矢湾(阿児町国府)の宮潟港

詳しくは新しい里海のまち・志摩ホームページをご確認ください。
http://www.satoumi-shima.jp/columns/c1/2017/06/post-6.html

アマモ場は幼魚たちが育つのに大切な場所で、「海のゆりかご」とも呼ばれています。
https://vimeo.com/album/4618839 にアマモの素敵な映像が掲載されています。)

初夏の的矢湾で、漁師さんたちや水産高校のお兄さん、お姉さんたちが船で取ってきたアマモの流れ藻から米粒のような種子が入っているアマモを取り出す作業、結構面白いですよ!

参加申し込み先:志摩市の里海推進室(0599-44-0206)
satoumi@city.shima.lg.jpに(担当:浦谷さん・大形さん)
6月19日(月)午後5時まで、とのことです。
申し込むときは、名前、住所、電話番号(当日の天候によっては、中止になることもあるので、連絡に必要)をお伝えください。
2016年度 沿岸域総合管理モデルの展開に関する調査研究報告書 [2017年04月26日(Wed)]
海洋政策研究所では、日本財団の助成を受け、「沿岸域総合管理(ICM)」の展開に資する調査研究に取り組んでいます。

2016年度は、ICMのさらなる展開や人材育成を推し進めるために、新たな取組みとして、複数の自治体が関与する「広域型」や海域が島の周りを取り囲む形で存在する「島嶼型」のモデルサイトにおける事業展開の調査研究を実施し、その成果を報告書に取りまとめました。
また、「標準型」のモデルサイトにおけるICM事業展開推進のための調査研究についても継続実施し、その成果を報告書に取りまとめました。

2016年度 沿岸域総合管理モデルの展開に関する調査研究報告書(16.1MB)

2016ICM6.png

ネットワーク会議及び各地での研修会や勉強会等の様子


本報告書は当研究所Webページでも公開しておりますので、ぜひご覧ください。
「我が国の海洋政策の現状と今後の課題」海洋フォーラムご案内 [2017年04月20日(Thu)]
 2017年は、海洋基本法が施行されて10年の節目の年となります。また、2013年に策定された海洋基本計画も2018年4月に計画期間の5年が経過することから、18年春の次期海洋基本計画策定を目指して計画の見直し・検討が本格化する年でもあります。更に、4月1日には、有人国境離島法が施行され、また、内閣官房総合海洋政策本部事務局は内閣府総合海洋政策推進事務局に組織変更されました。

 2017年4月25日(火)に開催予定の第141回海洋フォーラムでは、内閣府総合海洋政策推進事務局長の甲斐正彰氏を講師にお招きし、「我が国の海洋政策の現状と今後の課題」についてお話を伺います。皆様是非ご参加くださいませ。


日時:4月25日(火)17時〜18時半

場所:笹川平和財団ビル11階 国際会議場

   (東京都港区虎ノ門1−15-16)

講師:甲斐 正彰氏(内閣府総合海洋政策推進事務局長)

テーマ「我が国の海洋政策の現状と今後の課題」

参加費:無料



美しい富山湾クラブH29年度総会 [2017年04月11日(Tue)]
2017年4月9日(日)
富山湾が2014年に「世界でもっとも美しい湾クラブ」に加盟したことを受けて設立された「美しい富山湾クラブ」の総会が、富山市岩瀬天神町の岩瀬カナル会館で開催されました。岩瀬はブリ街道と呼ばれた旧飛騨街道の入り口で、最近、多くのノーベル賞受賞者にゆかりがあるという「ノーベル街道(岩瀬から高山市までの国道41号線)」の出発点として有名になったところです。
富山 1.JPG
総会は、永原功北陸経済連合会名誉会長から「美しい富山湾クラブ」の1年の活動報告と挨拶で始まりました。来賓挨拶として、石井隆一富山県知事が「『美しい富山湾クラブ』と連携して富山を『海のあるスイス』とアピールしたい。また、『世界で最も美しい湾クラブ』の総会を富山に誘致したい」と述べられ、
富山 2.JPG
村椿晃魚津市長が、「2017年は、5月に植樹祭、10月にSea級グルメ大会が魚津で行われる。4月には『美しい湾クラブ』の湾岸サイクリングの出発点となる。地域間の連携が重要なので、他市町とも密に連携して富山湾の魅力を全国・世界に発信したい」と述べられました。
富山 3.JPG
その後、議事に移り、高桑幸一事務局長から2016年度の活動実績として、G7環境大臣会合に合わせて行った海岸清掃活動への協力、8千人以上の観客を動員したタモリカップへの協力、海洋政策研究所の沿岸域総合管理ネットワーク会議での発表など多数の活動が報告されました。
富山高桑氏.JPG
2017年度も湾岸サイクリング、タモリカップ、クリーンアップ大作戦など多くの活動が予定されています。海洋政策研究所の寺島紘士所長からは、海洋教育パイオニアスクールプログラムの紹介を行い、多くの方々に関心を持って戴きました。
富山全体.JPG
最後に、地元の満寿泉醸造元の枡田酒造店枡田隆一代表取締役から回船問屋街であった岩瀬のまちおこしについて講演があり、
富山枡田氏講演 1.JPG
引き続き、実際に岩瀬のまちに出て、見学を行いました。
岩瀬まちあるき 2.JPG
枡田氏によると、北前船の寄港地として多くの蔵が並んで栄えていたこの地区も、ほとんどが空き家になっていたので、一つずつ借りたりしながら、建て直し、ベネチアングラスの作家や、陶芸家、井波の彫刻家、魅力的な日本酒の店、レストランなどに入ってもらい、富山湾の美しさを感じられるスポットにしていきたい、とのこと。情熱あふれるその行動力と、それを支える地元の大工さんたちの技量が印象的でした。
岩瀬まちあるき 1.JPG
備前市ICM第1回専門委員会開催 [2017年03月24日(Fri)]
2017年3月23日(木)
2月6日に設立した備前市の海を活かしたまちづくりの協議会「備前市里海・里山ブランド推進協議会 with ICM」の第1回専門委員会が、備前市日生総合支所で開催されました。笹川平和財団海洋政策研究所からは、古川恵太海洋研究調査部長がアドバイザーとして、大塚万紗子特別研究員と藤重香弥子研究員がオブザーバーとして参加しました。
BizenS 6.JPG
冒頭に、協議会会長である備前市長室の今脇誠司室長が、里海・里山ブランドを推進していくには、ネットワークを活かすことが重要と挨拶されました。
BizenS 2.JPG
引き続き、事務局(備前市まちづくり部まち産業課)からこれまでの経緯・専門委員会の意義について、また協議会規約などについて説明と報告が行われ、その後議事に移りました。
BizenS 5.JPG
最初に役員の選出があり、委員長に備前市まちづくり部の中島和久部長、副委員長に備前市日生町漁協の天倉辰己専務理事が選出されました。専門委員は、下記のとおり幅広い分野のメンバーから構成されています。
BizenS 8.JPG
日生町漁協専務理事、伊里漁協組合長、岡山東農協課長代理、美作東備森林組合支所長、備前観光協会事務局長、備前市自治会連絡協議会会長、BIZEN食のアンバサダー、備前商工会議所女性会副会長、備前東商工会事務局長、協同組合岡山備前焼陶友会総務委員長、(公財)特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会事務局長、八塔寺ふるさと村運営協議会会長、備前市観光ボランティアガイド協議会会長、備前市施設管理公社事務局長、古代体験の郷まほろば、華麗備前会、日生カキオコまちづくりの会、備前市農業委員会会長、備前市地域おこし協力隊、備前市まちづくり部長ほかで、アドバイザーとして、海洋政策研究所の寺島紘士所長、古川恵太海洋研究調査部長、NPO法人里海づくり研究会の田中丈裕理事・事務局長が参加しています。
BizenS 9.JPG
それぞれの委員から、さまざまな提案が活発に行われ、委員会での議論と出会いの中から、「里海・里山ブランド推進」に関し、お互いにさまざまな協力ができるという期待も高まり、今後の専門委員会での議論が楽しみです。また、2016年度の事業として、世界農業遺産に登録された石川県能登の里山里海の視察が予定されていることが報告されました。
全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩キックオフイベント開催 [2017年03月23日(Thu)]
2017年3月20日(祝)
全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩のキックオフイベントが阿児アリーナ・ベイホールで開催されました。
Shima_5.jpg shima_amamo.JPG
主催者は、志摩市政策推進部里海推進室。ザ!鉄腕!!ダッシュ!!!でおなじみのNPO法人海辺つくり研究会理事の木村尚さんが話されるとあって、「空席以外は満席?!」という賑わいぶりでした。
amamoK市長 1.JPG
最初に、竹内千尋市長から挨拶があり、引き続き、木村尚さんの講演がありました。
アマモk木村氏.JPG
アマモサミットの成り立ちなどを話されたあと、志摩を訪れた印象として、横山からの夕焼け、山から眺める海岸は美しいが、船で廻るとゴミの残骸だらけ、とやさしい顔でチクリと痛い一言がありました。しかし、東京湾のことを考えると、志摩も今が頑張りどころで、ここでやっておかないと100年後大変なことになる、とアドバイスを戴き、「行政・漁業者・多様な市民の気持ちを集めて頑張りましょう!」と応援して下さいました。東京湾でも横浜市金沢区の瀬戸神社では、アマモ場再生のプロセスの中で、80年途絶えていた「無垢塩払い」というアマモを使う神事が復活したとのこと。アマモ場再生というきっかけで、人々と自然、人々同士の気持ちがつながる、というところに意義があり、大人同士が助け合っている「里海」のコミュニティは子供たちの表情が明るい、とのことでした。
アマモk西尾氏.JPG
引き続き、志摩市観光協会の西尾新会長の司会で、パネルディスカッションが行われました。三重県水産研究所の国分秀樹主任研究員と旧的矢湾アマモ再生協議会会長で鳥羽磯辺漁業協働組合の北村亨氏は、
アマモk国分氏.JPG
的矢湾で7年間、ゾステラマットと泥団子方式で15万粒のアマモの種をまいたが、ヘドロの底質で海の状況が厳しかったようで、マットの上にはよく生えたが根が張らず、横に広がらなかったこと、残念だが最近はアマモ場再生を一時中断していると報告されました。海の博物館の平賀大蔵学芸員からは、鳥羽市の小学生の体験活動についてや、伊勢の二見興玉神社の藻刈神事や、玉藻やアマモを使った製塩について紹介がありました。
アマモkパネラー.JPG
市長からは、次世代を担う子供たちに関心を持ってもらいたい、学校干潟という考え方も面白い、アマモを増やして鮎やウナギ、宝彩えびなどを志摩の山に多く生えているウバメガシの炭で調理して食べる、というのが「御食国志摩」らしくてよいのではないか、という素晴らしいアイデアも出て、「全国アマモサミット2017in 伊勢志摩」のキックオフイベントは11月11日〜12日の本番に向けて期待を高めつつ幕を閉じました。
amamok二見.JPG
サーモンランド宮古のまちづくり [2017年03月19日(Sun)]
2017年3月17日(金)
岩手県盛岡から、まだ雪の残る閉伊川沿いの美しい景色に癒されながら、国道106号線を宮古駅行きのバスで移動すること2時間15分。海洋政策研究所沿岸域総合管理サイトコーディネータの大塚万紗子特別研究員と宮古サイト担当の藤重香弥子研究員が、宮古市役所を訪ね、「サーモンランド宮古のまちづくり」のあり方について、宮古市産業振興部の山根正敬部長、東京海洋大学佐々木剛准教授と意見交換を行いました。
宮古市における沿岸域総合管理については、当時2010年11月に宮古湾を訪問し、最初の研究会を行いました。東日本大震災前のその様子は下記のブログ映像でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=isGsvej05jk
当時、宮古市水産課課長として対応して下さったのが山根氏で、以来引き続き、部署が変わったあとも、宮古市における沿岸域総合管理「海を活かしたまちづくり」の進捗状況をずっと気にかけて下さっていたそうです。
miyakosalmon.JPG
山根部長との意見交換のあと、佐々木准教授を交え、NPOいわてマリンフィールド橋本久夫理事長、齋徳林業の齋藤眞琴代表、いわて男女共同参画サポーターの伊藤エミ子氏とも意見交換することができました。宮古市は「森・川・海とひとが共生するやすらぎのまち」を市のテーマとしていることから、これを具体化する沿岸域総合管理の手法の導入が求められているようです。
| 次へ