CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大島コミセン施設予約状況

2019年06月10日

特定廃棄物埋立処分施設を見学 役員研修会

大島地区地域づくりの会役員研修会が6月6日、7日に行われました。毎年行われているこの研修会、今年は、福島県の原発被災地にあるリプルン福島、特定廃棄物埋立処分施設、コミタン福島の3か所を見学しました。施設周辺は、除染した土砂を運ぶ特定廃棄物運搬車と書かれた緑色の幕をつけた専用の大型トラックが荷台をシートで覆い、列をつくって往来していました。
最初の視察地であるリプルン福島では、現在行われている特定廃棄物の埋立処分事業の概要や進捗状況など模型を見ながら説明を受けました。その後、近くにある特定廃棄物埋立処分施設に移動し、ヘルメットを付けながら見学しました。東京ドーム2個分の現地では、敷地内に電子タグがつけられた専用収納容器が運び込まれ、次々と埋め立て作業が行われていました。
コミタン福島は、3.11の地震で発生した津波から原子力災害の状況と現在までの取り組みを映像や新聞記事、模型で分かりやすく紹介しています。参加者の皆さんは、係員の説明に真剣に耳を傾け、鋭い意見交換が行われていました。原子力災害、まだ道半ばの印象を受けた視察研修になりました。
IMG3.jpg
posted by 大島コミセン at 12:15| (カテゴリーなし)

2019年06月03日

令和元年度第1回奉仕作業終了する

6月3日9時から、利用者団体の皆さんによる奉仕作業がありました。今回は、敷地内東口と西口の桜の木周辺と北口の除草作業でした。
朝から蒸し暑い天気の中、皆さん汗を流しながら、一生懸命作業してくださり、一時間後にはすっかり綺麗になりました。ご協力本当に有難うございました。
DSCF6511.jpg
posted by 大島コミセン at 15:50| (カテゴリーなし)

2019年05月14日

環境部会 植樹桝にマリーゴールドを植える

5月12日、環境部会と婦人会連合会のメンバー30人が参加して環境美化運動を展開しました。この事業は毎年行われており、コミセン南側の道路の植樹桝にマリーゴールドを植え、コミセン南側の窓の前にグリーンカーテン用の棚を作りました。マリーゴールドは、春から夏にかけてオレンジ色や黄色の花を咲かせてくれて、往来する人たちを楽しませてくれます。グリーンカーテンは、日差しをさえぎってお部屋を涼しくしてくれます。ゴーヤが予定されており、今から実を付けるのが楽しみです。
kan.jpg
posted by 大島コミセン at 14:30| (カテゴリーなし)

2019年05月13日

ロビーに東石川在住の寺西さんの絵画展示

大島コミセンの玄関を入ると正面の壁に、大きな絵画が目に留まります。この絵画は、タテ120pヨコ150p(F80号)の大きさで、茨城県展に入選した東石川在住の寺西千賀子さんの作品、題名は「一隅」です。防波堤を背景に置き去りにされた漁業網やガラスの浮き球、蛸壺、錆びついた鉄などが細かく描かれれています。遠くには重機が配置され、見る人に語り掛けてくるものがあります。近くに来た際には、ぜひ立ち寄り鑑賞してみてはいかがでしょうか。
img.jpg
posted by 大島コミセン at 15:38| (カテゴリーなし)

2019年04月24日

大島コミセン地区地域づくりの会定期総会 

4月20日大島コミセン地区地域づくりの会の定期総会が大島コミセン研修室で行われました。総会では、平成30年度の事業報告に続き2019年度の事業計画が審議されました。今年の大島コミセン地区運動会は、いばらき国体の開催時期が重なることから休止になりました。また、大きな事業としては、ふれあいフェスタが11月16日・17日、芸能発表会が1月25日に予定されました。議案の最後に、役員改選があり、新たに鴨志田政行会長が就任されました。鴨志田会長は、「みんなで楽しい地域活動がしたい」とあいさつ、新年度の地域づくりの会がスタートしました。
総会.jpg
posted by 大島コミセン at 10:26| (カテゴリーなし)

2019年04月22日

雄大に鯉のぼり

今年も大島コミセンロビーに鯉のぼりが泳ぎました。大きさ8メートになる真鯉と緋鯉2匹が1階天井いっぱい雄大に泳いでいます。鯉のぼりの”鯉”は、古代中国の話に「鯉が滝を登って龍に出世する」という、出世を意味する魚として出てきたといわれています。日本では、江戸時代の中期ごろに立身出世の象徴として鯉が描かれるようになり、形を変えながら、明治時代以降に現在の立体的な鯉のぼりになったといわれています。男の子の健やかな成長を祈願する端午の節句。子供たちがすくすく成長することをお祈りいたします。
a.jpg
posted by 大島コミセン at 17:09| (カテゴリーなし)

2019年04月09日

大島地区桜満開

桜満開。桜の開花は冬で覆われた幕を日本の南から北海道まで順次はがしていくが、ここ大島地区の外野第一公園の桜は今盛りと咲き誇っている。成熟しきった桜の木が大きく手を広げ青空に向かってっ背伸びしているように見える。桜の花は隣の花を押しのけるように鈴なりになり自分が一番とばかりピンク色を輝かせている。小学校入学式の今日、ピカピカのランドセルを背負った一年生が両親に連れられ桜の下を通って行った。この光景を目にして心を躍らせ清々しいい気持ちにしてくれるのは私だけだろうか。
さくら.jpg
posted by 大島コミセン at 14:22| (カテゴリーなし)

くらしの便利ガイド 持ち帰り自由

市で作成した、最新版のくらしの便利ガイドが配布されました。この便利ガイドは、ゴミの出し方や病院一覧、いざという時の日頃の備え、市内施設マップなど、ひたちなか市で生活するのに便利な情報がたくさん掲載されている、とても便利なガイドブックです。コミセン1階ロビーに置いてあります。自由に持ち帰りができます。ぜひ、ご活用ください
便利帳.jpg
posted by 大島コミセン at 10:02| (カテゴリーなし)

食推大島中地区 食生活改善推員連絡協議会長賞

バランスのとれた食事を広めようと、毎年、食生活改善推進員による料理コンクールが行われています。今年度は、平成30年10月に行われ、食推大島中地区の皆さんが挑戦した「しいたけチーズみそ焼き」が見事、食生活改善推員連絡協議会長賞に輝きました。作り方を掲載します。
材料(2人分)
生しいたけ  6枚
<A> クリームチーズ 50g
    白みそ     10g
    卵黄      1個
    こしょう    少々
青じそ         2枚
サラダ菜        2枚
ミニトマト       4個

作り方
@生しいたけは軸をとり、オーブントースターで3から4分焼き軽く水分をとばす。
AAを混ぜ合わせる
B@のひだ側にAをのせ、再びオーブントースターで5から6分、焼き目がつくまで焼く。
C千切り青じそをBにトッピングし、サラダ菜、ミニトマトと共に盛り付ける。
大島地区しいたけチーズ.jpg
posted by 大島コミセン at 14:48| (カテゴリーなし)