CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 英語学習法 | Main | 熱血教師れーこの標語 »
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Applemixportion
英語で考える「生きる意味」 (05/19)
れーこ
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
とし
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
れーこ
史上最低最悪の学習 (04/11)
ペペロン
史上最低最悪の学習 (04/11)
社会って何だ???S[2008年04月27日(Sun)]
お寄せいただいた「社会」論も底を尽き、ちょうど区切りの20回ということで、私の言葉でまとめて最終回〜♪ 

なんて思ったけれど、難しいね落ち込み汗

4次元的に存在する社会の概念の中で私の中で一番大きいのは、

社会=職場

というものだ。


子供の間に所属している場所は社会でなくてよい。

自分に合わなければ逃げ出すべきだロケット

枠にはめこまれていては自由な個性は伸びないはさみ 

音符テーマ曲音符

ステッペンウルフの「ワイルドでいこう」〜Born to Be Wild♪〜

もしくは尾崎豊の「15の夜」〜盗んだバイクで走り出す♪〜

積極的に逃げるのです。 逃亡。 かっこいいじゃんラブ


でも、いつかちゃんと仕事をして自分が生きていくお金を稼がなきゃいけない。

お金を稼ぐことが仕事で、お金を稼ぐ場所が社会

でも人生の目的はお金では決してない

人生の目的は仕事での自己実現だ。 

自分でなきゃできない仕事をすることだ。

つまり社会とは自己実現の場でなくてはならないのだ。


難しいのはお金を稼ぐことと自己実現の両立。 両立してなければいけないのです。

お金を稼ぐことだけに目がいき、社会(=職場)が納得のいかない場所であってはならない。 ごまかしの人生をずっと生きるなんて拷問だろう。 拷問にも麻痺したオトナ達が社会を作っているとしたら恐ろしい〓

でも、たくさんのオトナ達が「社会」を論じてくれたけれど、そんな人は一人もいなかった。 素敵な人ばかりだったね星 よし、よし! 日本は大丈夫ひまわり

とても難しいことだけれど、ひとりひとりが自己実現と誇れる仕事を真剣に模索するならばどんな定義の社会もよくなるだろう。

模索、していきましょう。 子供のうちに積極的逃亡をするのは絶対必要だ! 偉いよ、不登校諸君! 勇気を培ったんだサボテン 最高力こぶ 

We need YOU! 
社会はあなたをこそ必要としています!


社会って何だ???R[2008年04月26日(Sat)]
今日は3つの短い意見を紹介します。

■整体師・山下さん(男性)

「社会」ですか???

文系、大の苦手な僕には難しい質問ですが、
         
          「社会」=「秩序」
  
かなとおもいます。

定義は難しいですね。。。

・・・・・・どれくらい甘んじられるものですか?

社会に対して、ですよね?

甘んじることが出来なかったのも、転職理由かな?
ただそれも20代前半の話で、今は同じことは出来ないかも。

7割りは甘んじてると思います。
トンチの利かない答えですみませんm(_ _)m


■会社員・Kさん(女性)

社会といわれて一番に思いつく言葉は「暮らし」かな。
どこまでを自分の暮らしと考えるかで、選択が変わるのかな、と。

自分ひとりから世界まで。 私は自分の家族と周りちょっと位までかな(笑)。
器が小さいとはこのことだね〜。


■派遣社員・なおみさん(女性)

一行でよいなら「このろくでもない、すばらしき世界」かねー。

ってまるっきり宇宙人ジョーンズの受け売りですが…。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

山下さんは、社会に甘んじられないから転職。 そして3割の自己スペースを勝ち取った。

Kさんは私の数少ない真の友だけど、「周りちょっと」という小さい器の中に受け入れられるものとして、私は選択されてるのかな・・・? 多分OKでしょうまる

そして、もう一人の真の友、なおみさんにとって私は「すばらしき」と思わせる方の要素なのかしら? はい、これも多分OKでしょうまる 

ところで、宇宙人ジョーンズってだれ?

明日は一応社会シリーズ最終回。 もちろん永遠のテーマですが、ここらで一度まとめましょう。 できるかな汗







社会って何だ???Q[2008年04月25日(Fri)]
さて、続き。 今日はアイアンレディ・サッチャー女史と、ハンサムレディ・マイコさんと、アーユー(ア)レディ?な私の意見の総括。

〜・〜・〜Are you ready?〜・〜・〜

ところがそういった家庭の中の約束事が愛と福祉に基づかなくなった時、家庭はどうなるでしょう? 

これをやるのは、誰それの役割。 だから私はやるもんですか。

9時に寝るって決まってるんだから、とっとと寝なさい! 話? ダメよ! 話がしたいんなら、やること済ませてからでしょ!

これじゃぁね・・・すいません

家庭の中でこそ、思いやりの心が育つのでしょう。 

一応約束事があっても、前提は愛と福祉だから、それを優先する形で平気で破られるわけ。

これはあなたの仕事だけど、あなたはお疲れみたいだし、今日は私時間があるから代わるわ。

子供の大事な話には何を差し置いてもしっかり耳を傾ける。

そういうこと。 そういうことで子供は思いやりを育て、大人は思いやりを発揮する。

愛と福祉に基づいてできた制度を一人歩きさせてはいけない。
それじゃ本末転倒だ。

その姿勢を社会に延長することができたら・・・。

そうすれば社会の風はもっと自由に温かくなるだろう。

そういう意味で、サッチャー女史もマイコさんも私も

家庭が社会の基礎であり、

大切な場だと考えるのだ。

サッちゃん。 マイコさん。 そうだよねー笑顔 
社会って何だ???P[2008年04月24日(Thu)]
昨日の続きです。 ハンサム・レディ、マイコさんからサッチャー女史の言葉とマイコさんなりの解釈をいただきました。

第一社会=家庭 をなによりも大事に。 全てはそこから。

という内容。

私は 社会⇔家庭(個人的な関係)  

反対のものって考えてたんだよな。

public(公)⇔private(個人)

だし。

でも、実は私の考えとサッチャー女史(マイコさん)の考え、結局同じではないかと思うのです。

なんて、図々しい? サッチャー女史に対して、まぁ、あいつの言ってることも私と変わんねーよなーなんつって汗


どこが反対なのかというと、そこに制度があるかどうか。

社会は人の集まりだから、制度がなければめちゃくちゃになっちゃうかもしれない。

6歳の4月には小学校に入り、1年おきに進級していく。 

とか

買い物したらお金を払う。 その中には自動的に税金が含まれている。

とか

「犯罪」と定義されたことを行うと、警察に捕まる

とかとか。

これらの制度がなかったら・・・って想像してみて欲しい。 原始の時代ならOKだろうけど。

まぁ、というわけで、社会には様々な制度が基礎として存在している。

それに対して、家庭(個人的関係)の中。

制度の数は著しく少ないでしょう。 

家庭の中の約束事は多数あっても、それは福祉と愛に基づいたものです。

9時には寝なさいよ! ←明日の朝起きられないから

新聞読みながら食事しないで! ←お話しましょうよ

テレビは1日1時間でしょ! ←他のことでも楽しみなさい

などなど。

そしてそれらは簡単に破られるのです。

ま、いっか今日は。

お父さんの仕事のゴミ出し、できなければお母さんがやるのです。

子供に禁止しているゲーム、お母さんの留守にお父さんと子供でやっていたり。

それでもペナルティ(罰)なんてないでしょう。


友人間、恋人間の個人的な関係でも同じです。

「平等」を強いるルールなどなく、例えば、デート費用はお金を持ってる側が持つとか、時間に余裕のある側が逢いに来るとか、そんな風になってる。 


長くなりました。 結論は明日に走る
社会って何だ???O[2008年04月23日(Wed)]
マイコさんは、30代前半 
インド人の夫を持ち、現在インドの経済的中心都市バンガロールに在住。
一児の母。
とても自立した女性です。 かっこいいのよラブ

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

むずっかしい、ことやってますね。

私の意見ではない、ちょっと他の人のも読んだので、違った観点から。

さて、私の社会とは・・・鉄の女と言われた、英国元サッチャー首相が言った名言を紹介します。

「社会というものはありません。あるのは個人と家庭だけです」

この演説の前に、
「何かあると人は社会のせいにするが・・・」という前置きがある)というのがあります。

最後は
「自分と友人や家族の幸せが一番だと思う。」
としめくくっています。

ということで、サッチャー元首相が社会がないといいたいわけではなく、

個人、家庭がまず基本の社会で、

第一に考えていれば、おのずと良い社会も築いていける


といいたいのだ。 

まずは個人の、自分の家族の第一社会といものをしっかりと見つめることが大切なのだと思います。

個人の、家族の、それぞれの社会でもあり、健全な社会を築くとは、実は簡単なようで難しいことでもあるのかもしれません。

最近は家族の内の絆が希薄な家庭が多くなっているような気もします。

自分と家族、それが小さな社会でもあり、大きな社会につながっていくのです。 

「自分の社会」と真摯に向き合う姿勢が大切なのだと思います。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


初めての切り口でとてもおもしろい!

私はマイコさん(サッチャー女史)とは違くて、「社会」の対立概念が「家庭」かと思っていました。 「家庭」を「個人的関係」と置き換えてもOKです。

そして社会と切っても切れないのが「制度」だとするならば、家庭(個人的関係)にはできるだけ制度を持ち込むべきでないと。 

言っていることは同じかもしれません。

このことについては明日語ろうと思います。
社会って何だ???N[2008年04月22日(Tue)]
さぁ、花山さん最終回です!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


今のこの生きにくい社会には、いろいろな悪い風が吹いているが、強く吹いてるのは何だ? 

庶民にとって危険な風は止めなければならない。


ネット社会メディア社会では風がおき易いし、大きくも成りやすい。又止め易いとも言える。

良い風を大きくし、悪い風を止めるのはわれわれ庶民自身である。
  
私達は賢く強くなければならんのだよ。 

住み良い社会のために!


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


色々な風が吹いています。 

エコの風、エゴの風、不登校の風、お受験の風…。

どの風が心地よいでしょう? 

それを決める賢さ

・・・知識だけでなく、直観力、思いやり、ひたむきさ・・・

を身につけるよう導くのが真の教育ですね。

肝に銘じます。
社会って何だ???M[2008年04月21日(Mon)]
花山さんからの寄稿、昨日からの続きです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


----国家と「社会」は同じではないが、形の上では「社会」は国に含まれると考えよう。

----国家と「社会」は相互に密接に影響しあうものだが、時には鋭く対立するものだ。

対立の原因は、多くは国家が社会に奉仕しないで、むしろ苦しめるからだ。 私達は国家に対してはKYではダメだ。

今の国家は私たち個人の居場所を保障しない
日本国憲法には、国民は最低の文化的生活を営む権利を有するとあるのだが。

----社会には時に強い風が吹く。

全てを巻き込んで吹き荒れることがある。

昭和の初め頃の社会には、戦争の風が吹き始めていた。

それはどんどん大きくなって全てを巻き込んで太平洋戦争に突入していった。

殆どの庶民は誰もこの風を止めようとはしなかった。 むしろ一緒になって突き進んでしまった。 もっとも止めようとする者には牢獄が待っていた。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


もったいぶって、花山さんの結論(主張)は明日にするのですが、国家と社会・・・。 重なっていながら強力にに反発しうる関係なんですね。 ベトちゃんとドクちゃんがケンカするみたいなものだ。

こう言ってるのに(憲法で)、できていない。 憲法は社会をこうあるべきと規定するのに、実際に憲法を機能させようとする行政の力が足りない。

世の中の風に振り回されるのか・・・。 ところが、その風の出所が実は行政自体だったり。 

やっぱりベトちゃんドクちゃんのケンカだね。 片一方が立とうとするのに片方が座っていたい、とか。 どこにも着けない。 どこにも居られない。
社会って何だ???L[2008年04月20日(Sun)]
1週間ほど休んでました。 社会シリーズアコーディオン

そこに置いてあたためるってことをしてみたかったのです。 

さて、以前にも一度お話いただきました花山さんから、さらに寄稿していただきました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


黒金さん、もう一度「社会」って何だ?に挑戦させてもらいます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


「社会」って何だ?


と問われれば

「人間の集まり」


と答える。

どんな集まりだ?


と訊かれれば、

それを研究する「社会学」という学問があるので勉強してくれ


と答える。

社会学には、社会心理学、社会人類学、社会形態学、社会言語学、社会工学、社会科学---などが含まれる。

ウワ-!やっぱり逃げ出そうっと---。

待てよ、現実の社会はそこにあって、こんなに分かれているわけじゃない。
人間が勝手に分けたもの。

現実は一つで具体的且つ総合的で、これらの学問を包含している。

そんな現実に対して私の感じたことを書くのが求められているに違いないと思うので、かってに思いつくまま書くこととした。

----人間はこの「社会」の中で、自分の居場所がなければ生きられない。 自分の居場所とは、この社会の中で、継続的に食べていける処かそれを保障してくれる 処の上にある。

----どんなに嫌っても、この「社会」から離れては私達は生きていけない。
仙人のように霞を食って生きていけるとしても、それだけでは生き続けられない。

「人はパンのみにて生くる者にあらず」だが、

それなら何で生きられるんだ?

現実の社会の中で、
私ら人間はそれを見出さなければならないんだな。


----それは、その「社会」の一員としてだが、

しかしそれから独立して自主的、主体的であることの中に見出せることが多いように思う。

社会に飲み込まれると自分の居場所を見失う。

KY だっていいのだよ。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


この後、花山さんの論は国家と社会に向かいます。 

ここまででも一文一文に入っている内容がとても濃く、消化が追いつかなそうなので、続きは明日掲載させていただきます。

社会の一員として、でも、だからと言って、ひとつの与えられた歯車を回し続けるというのでなく、自分から見つけていくことの大切さ。

社会人として生きる上で大切なのは、うん、本当にそういうことなんだと思います。

社会って何だ???K[2008年04月10日(Thu)]
昨日は幼稚園という社会に初めて放り込まれた娘の話でした。

今日は5年目になるとどうなってるか・・・。 
息子(小3)の話です。

R=私  Y=息子  です。

R : 「家にいるのと学校にいるのとでは何が違う?」

Y : 「家は暇にできる。 学校は友達に誘われて休み時間とかにも暇にできない。」

R : 「暇にしてたいんなら断ればいいんじゃないの?」

Y : 「断るとなんか悪いなぁと思って。」


R : 「じゃぁ、家にいるのとスイミングやってるのと何が違う?」

Y : 「うーん 難しいな…。 スイミングは泳いでるから気持ちいい。 でも、上のクラスの人は全員となりのクラスなんだけど、特に背泳ぎのキックの時にたまに誰かのバタ足がかかって、鼻に水が入りそうになる。 それで、少し泳ぎたくなくなる。 後、他はちょっと注意されるとなんかヤになる。」

R : 「家でも注意されるでしょ?」

Y : 「それ聞かれると難しい。」


R : 「サッカーはどう?」

Y : 「家と変わらないぐらい楽しくできるし、それと同じくらい悲しいときは悲しい。」

R : 「悲しいのは試合に負けたとき?」

Y : 「そう。」

R : 「それだけ?」

Y : 「後、自分のせいで点が入っちゃった時」

R : 「それだけ?」

Y : 「シュート外しちゃった時」

R : 「それから?」

Y : 「それだけ」


R : 「じゃぁ、ついでにパズル道場はどんな感じ?」

Y : 「検定の時に周りがうるさい。」

R : 「先生たちはうるさい人を注意しないの?」

Y : 「注意するけど、次の週になるとまた…」

R : 「ユウはうるさくしないの?」

Y : 「まあね。」

R : 「ユウはうるさい人を注意しないの?」

Y : 「注意しない。」

R : 「妹に言うみたいにうるさければうるさいって怒ればいいじゃん?」

Y : 「んー、困るなぁ。 わかんないなぁ。 弱ったなぁ。」


R : 「ユウは家にいるほうが好きなんだ?」

Y : 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たぶんね。 自分でもよくわからない。」


社会生活に付き物の対人関係ってやつに悩み始める兆しが見え隠れしててなかなかおもしろいインタビューでした笑い 

息子は「わからない」ってよく言ってました。
もやもやとした感情に普段は向き合ってないんだね。
突きつけられて、戸惑い気味だったみたい。

きっとこれから対峙を免れなくなっていくことでしょう。
前途多難だったらいいねクローバー
それだけいろんなものに逢えるよお金お金お金

社会って何だ???J[2008年04月09日(Wed)]
今日は私の切り口で。

昨日は4歳の娘の入園式でした。
 
娘は気が向かないと人の言う通りにしない子です。

ごはんもまともに食べなければ、着替えもめちゃくちゃ。

公園でも一人で遊ぶし、お友達と盛り上がっても次の瞬間には一人になりたがったりする。

そのくせ下の子の特徴で要領がよいから、これはどうしたって許されない! ということをすることはないので、きつく叱られた経験があまりない。

いわゆる“社会性”が育ってない。

というわけで、入園式。 おもしろかった。

「いうことをきく」という概念がないから、彼女の頭の中は疑問符だらけだったみたい。

・・・なんで、ここに座ってなきゃいけないんだ?

・・・お母さんとこ行っちゃおーっと。

・・・なんで、あんぱんまん手遊びかな?

・・・やってらんねー。 パス!

それでも、長いものに巻かれる場面も出てました。

疑問に思いながらも 「いうことをきいて」たし。

今後娘が“社会性”をどう付けていくのか、

どう拒んでいくのか、

楽しみです。 



 
| 次へ
プロフィール

さんの画像
黒金 玲子
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/on-the-way/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/on-the-way/index2_0.xml