CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 代わってあげられなくてよかった | Main | 明後日のレモネード店中止のお知らせ »
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Applemixportion
英語で考える「生きる意味」 (05/19)
れーこ
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
とし
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
れーこ
史上最低最悪の学習 (04/11)
ペペロン
史上最低最悪の学習 (04/11)
え!? 世の中こうなってたんすか? じゃっ、法律変えなきゃですかね?[2010年08月21日(Sat)]
蟻んこやトラやマンボーにとって大切なことって

なんだろう?

種の存続---?

つまり、天敵から身を守ることと、子孫繁栄だろうか---?

そのために、生きているのかな?


自分のために生きてるんじゃないって、

意味なくて虚しい。


人間の場合は、

自分の生に意味があるからこそ、

仲間やこどもをの生をかけがえないものとレスペクトでき、

純粋な愛が盛り上がる。

結果として種が存続される。

それが、人間だろう。


だから、人間にとって大切なことは、

自分の生が喜ぶような体験をすること。


教育は、生の喜びを伝えるものであるべき。

それが本当の学びというものだろう。

逆にこども達を苦しめるものになっているとしたら、

それは教育ではなく、

それが行われる場所は学びの場ではない。


学校の特に授業である必要はないんだよ。

(もちろん、私は、一教員として、

私の授業が学びの場であるようにしたいと、必死になりますが。)


近年、いろんな学びの場がじわりじわりと増えてるような気がする。

いろんな子が持つ、いろんな種に対応できるようにだから、

大きく ど〜ん ってならないので目立たないけど---

アンテナが立ってないと、気付かないだろうけど---

秘密基地が生まれたり、

わくわくさせる学習塾とか、

習い事の先生が柔軟性や創意工夫を見せていたり、

こども達がアレックスのレモネード店をなるのに協力したり。
〜〜あっ、これ、私っす(^^)〜〜


たくさんの既成事実があちこっちで広がって、

気付けば、変わってないのは、

トップっつーか、センターっつーかの、

1点だけだったりしてね。


えーーーーーっ、世の中こうなってたんすか!?

んじゃっ、法律変えなきゃですか?


つって、最後に制度がひっくり返る。


私の計算だと、20〜30年。


いやぁ、ここ(今)に私が生きてる意味を感じるねぇ。

私の大切なことは、叶えられてる。

だからかな、私の純粋な愛、盛り上がってます。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/on-the-way/archive/1026
コメントする
コメント
まいさんも、お元気で!

シンクロする感性は出逢いの奇跡を起こします。 

再見ドキドキ大
Posted by:くろがね  at 2010年08月24日(Tue) 02:13

お返事ありがとうございます!

そうなのです、感じれば、分かる程孤独で…。

でも、ひとつひとつ、だんだんに、『がんばってやっていく、』ことが大切なんですよね。恐くても。
いつか、何かの縁、巡り合わせで、お会いできたらいいな〜。
お元気で☆ 私もやっていこう!
Posted by:まい  at 2010年08月23日(Mon) 20:11

まいさま

ありがとうございます。 学校で社会でなされているおかしいことをおかしいと感じられる敏感な感性は、まずは、孤独を感じさせるんじゃないかと思います。 でも、「がんばっていった」時、必ず本物の仲間と出逢える喜びをもたらします。 私もまいさんに出会えて嬉しいですハート
Posted by:黒金玲子  at 2010年08月23日(Mon) 07:04

書かれていること、たくさん共感しました。
黒金さんは、ほんとうに優しくて強い心を持った方なんだなあ。こちらのページに辿り着いて
出会えてよかったです。
私にとって、学校だけではなく、今も社会全般、
なされていることが、おかしく感じます。
すごく勇気づけられました。私も少しずつがんばっていこう!と思います。

Posted by:まい  at 2010年08月22日(Sun) 17:05

プロフィール

さんの画像
黒金 玲子
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/on-the-way/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/on-the-way/index2_0.xml