CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Applemixportion
英語で考える「生きる意味」 (05/19)
れーこ
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
とし
ダメダメ〜娘への懺悔 (04/29)
れーこ
史上最低最悪の学習 (04/11)
ペペロン
史上最低最悪の学習 (04/11)


人と違うって、馴染めないって悩んでるの?

あなたは、とっても素敵だよラブ

自分を信じて
まる



I'M ALL FOR YOU[2011年05月01日(Sun)]
In your soul lives affection.

He may be covered

under so many layers of vanity

and stern responsibility.


You may hardly feel him now,

but he doesn't ever stop existing.

He always endures.


I've never denied him.

It was always yourself.

What is important?

What is really important?


He's your soul.

He's yourself---.


Aren't you lonely?

I'll be there.

Don't refuse.

Let me in.


I'm all for you.
泣いた娘[2011年04月01日(Fri)]
昨日、娘がひっくひっく泣いた。
身体を震わせ、息ができずに苦しくなる泣き方。
だれにでも、記憶があるだろう。
私も何度も親に叱られ、泣いては、
目が腫れて、その日1日は頭痛がした記憶がある。
でも、娘には小1から小2に上がるこの時期にして、
初めてのことだった。
ここ2ヶ月で、叱られてぽろぽろっと涙を流すことが数回あって驚いていたが、
今回はようやく子どもらしい激しい泣きっぷりを見せてくれた。

3年前、幼稚園に行きたくなくて、バスに乗る時にわんわん泣いたことはあった。
でも、結局乗せられてっちゃうから、泣きっぷり見てないんだよね。
それが3〜4日続き、それからは、彼女のわんわん泣きは記憶にない。

叱られても、悲しい物語を本で読んだりテレビで観たりしても泣かないから、
ちょっと心配してたんだ。
笑いはするから、大丈夫だろうとは思ったけど、
叱られた後やイヤな思いをした後、泣きもせずに、
ひとり黙って、ぬいぐるみのラベルを唇に挟む姿を見ると、
おいおいおいおいおいおい、こいつ大丈夫かよーーーって、
彼女の内向振りに、その内部に母親を入れてくれないことに、
頭を抱え、心を痛めて、私の方が涙していた。

理由は、ひとつには、私が激しくは叱ってこなかったことだ。
下の子で要領がよいせいか、ちょっと注意することはいっぱいあっても、
これは激しく叱らなきゃっていう決定的な悪いことって、
しない、もしくは、うまくやるから、疑惑で終わって叱れないんだよね。
それと、私が彼女にはすごく甘いのだ。
理由は3つ。 女の子ってかわいいんだもん♡
中身が男な私はめっぽう女の子に弱いのです(^^;
ダメじゃんなぁ。
もう1つは、アトピーのハンデを背負ってるから。
こんな不快情況を抱えながら、この子が笑ったら、
私はそれだけで、娘を偉い!って思って、尊敬したのです。
尊敬する人のことって、なかなか叱る気持ちにならないでしょ。
3つ目は、理由にもならないんだけど、なんか彼女は叱れなかった。
兄さんの方は、随分、本能的に叱ったけれど。

それが、昨日は、自分の中で時にうやむやに揉み消し処理をしてた彼女の悪事を
放っておけないぞっていう私がいたんだ。
そして、叱った。 しっかりと。

彼女の泣いてる姿に、
彼女が泣かなかった理由と、私が叱れなかった3つ目の理由の理由が見えた。

激しく泣くことで、アトピー症状がぶわっと悪化したのだ。
体温の上昇と過呼吸状態って、アトピーに悪いんだろうね。

この子は、自己防衛本能で泣けなかったのではないか。

そして、私は、泣けない子に対し、叱るという泣きの発散を必要とするストレスを与えることを
母親本能として避けていたのではないか。

ひっくひっくひっくひっく、可愛い嗚咽の音楽がようやく鳴り止んだころ、
アトピーの爆発も引いていった。

その後、彼女がぬいぐるみのラベルを唇にはさむこともなかった。

しかし、私は、やっぱり泣くんだよね。 成長に感動して。
子どもへのメッセージ[2011年03月31日(Thu)]
自宅マンションで小さなチャリティーイベントを企画しました。

マンションの子供達へのメッセージを思い入れたっぷりに書いたので紹介します。


☆ ☆ ☆


3月11日に東北地方で大きな地震がありました。 その後に、大きな津波が来ました。 さらに、電気を作っている工場が地震で壊れて、人間の体をひどく痛めつける物質が漏れて広がってしまいました。 

世界地図を見てみて下さい。 ここ、[マンション名]から、たった小指の先1本分しか離れていない場所で、今、たくさんの人が命を落としたり、家族を失ったりしています。 寒い講堂で過ごし、食べるものも足りず、着替えることもできずにいる人がたくさんいます。 その中には、お年寄りも、子供達も、赤ちゃんもいるのです。

地球がびくって揺れる場所が、ほんの少しずれていたら、倒れたのは[マンション名]だったかもしれません。


いちばん苦しんでいるのは、東北地方の方々ですが、地震でとても多くのものが壊れてしまったために、日本中の人が少しずつ苦しんでいます。 壊れてしまったことでとても困っているし、それを元通りにするのはとても大変なことだから。 今、大変で、ふぅ---。 この先ずっと大変だと思って、ふぅ---。

それで、たくさんの大人たちは、いつもと同じように見えるかもしれないけど、本当はちょっと元気をなくしてしまっています。

そこで、あなたの力を貸して欲しいのです。 あなたの姿は、大人たちを元気にします。 大人は、もう自分には出せなくなってしまった子どもの声や、交わすことができなくなってしまった無邪気なやりとりに、本当に力づけられるものなのです。 それに、小学生にこんなことができるのかーって思うと、未来が楽しみになります。 そうしたら、もっと頑張って、壊れたものを早く直せるし、東北地方の人たちのことだって助けてあげられるようになるかもしれない!


4月10日に、集会室に大人が集まります。 そこで、歌を聞かせて欲しいのです。 歌でなくても、ダンスができるなら踊って欲しいし、コマ回しが得意ならそれを見せて欲しい。 ハンドベルもあります。 お友達とやってみませんか? なんでもできそうなことを考えて、お家の人と話してみてね。 みんなが楽しんで何かに取り組む姿を見せにきて下さい。 よろしくお願いします!
「うちの子はやらないよ」[2011年03月30日(Wed)]
「うちの子はやらないよ」って、

なんでわかるんだろう? 

子どもがやる、やらないには、理由がある。 

理由で動いてる。 

親のデータや勘ってのもあるけど、

子どもの成長ってそれを素敵に裏切るものなんだけどなぁ。


って、tweetしたんだけど、我ながら、

EXACTLY! パチパチパチ(*^^*)

って、思ったんで、ブログにも上げます。


近々、チャリティーイベントをやります。

自宅マンションの集会室を使ったこじんまりしたものなので、

収益なんて、焼け石の水にもならないのわかってるけれど、

目的はそこではないところに2つ。


1つは、不運としかいいようのない目に遭う人がいる一方で、

たまたま遭わなかった自分達が、当然力をserveしなきゃいけないでしょって、

子供達や、いないと思うけど買い占めしちゃう大人たちに、

伝えること。


もう1つは、あまりに非情な現実もありながら、

世の中には素敵なこともあるんだよっていうことも、また、

現実だっていうのを思い出して欲しいこと。

子供達の一生懸命な姿って、

もう無条件に微笑んでしまうし、

それはどんな状況下だって、楽しむべきなの!

だから、あえて私はこのイベントをパーティーと呼びたい。

パーティには「仲間」「メンバー」って意味もあるしさ♪


それで、娘に聞きました。

こんなパーティのために、あなたにできることある?

そうしたら、少し考えて「チアダンスを踊るよ!」。

「ハンドベルもやる?」の問いには、

「そこまでは、できない」


素晴らしいと思いました。


これを、いきなり最初から、

「マンションの人たちの前で、ダンスを踊る?」って訊いたら、

やる、とは言わないでしょう。


子どもの判断力をもっと尊重していいと思うのです。

親がこれは絶対いいと思って、あなた、これしなさい! って

普段からそういう態度でやってたら、

育つのは判断力でなく、反発することだよね。
不 謹 慎 推 奨 委 員[2011年03月27日(Sun)]
自分が試される機会ですね。


起こった不幸やこれから起こることへの不安を嘆いても仕方ありませんが、

誤解を恐れながら言うなら、

嘆かないからと言って、できる

堂々と有意義だぞ! と言えるような活動はないのではないでしょうか。

(小さな積み重ねはもちろん貴重で有意義なのは間違いないけれどm(__)m)

だから嘆いても仕方ないけど、嘆かなくたって仕方ない。


私も毎日泣いています。

多くの人の悲しみに。

自分がダイレクトなヘルプになれないことに。

放射能汚染の永続的な影響の恐怖に。

自分の無知に。

虚しさに。


だけども、毎日、微笑んでもいるのです。

大笑いさえするのです。

うれし涙を流すことさえあるのです。


春の息吹

(息吹---すてきな言葉ですね。 日本人のやわらかいセンスが感じられて大好き。

ちなみに、英訳しろと言われたら、springing of spring と訳したい)

に心が弾むのは、自然なこと。


進級進学のこの時期、子どもの成長が明確になり、

嬉しくなります。 自然なこと。


心許す仲間とごはんを食べる時、

箸が転がっても、大笑いしちゃう。 

まして、口の中でチーズが噛む度にきゅっきゅって奇声を上げたら、

(ギリシャのハルミチーズ、おもしろいです!)

笑いを止めるのが大変。 自然なこと。


人は自然の災害により、命を奪われ、

自然に逆らった技術により、不自然な身体にされる。

自然はかくも絶対なものです。

抵抗しても無駄。


だから、whatever may happen ---- たとえなにが起こっても、

自然な気持ちまで、抑え込まないで!


もちろん、落ち込むことも自然なことだけれども。


私は、普段、いつも落ち込んでいます。

人間の不条理に。 実は自殺願望なんてありありです。

絶対しないと決めているし、できないけども。

だから、自殺願望っていうよりも、消滅願望って言った方が適切かな。


もともと落ち込んでいるものだから、震災被害、震災2次被害を嘆く気持ちがどんなに強くても、

割と普段通りでいられます。

普段、通奏低音で落ち込みながらも、

感動したり、大ウケしたりしているように、

今も、毎日素敵を感じて微笑み、大笑いし、感涙しています。


謹慎なんてしていません。

行きたいと思うところがあれば行っています。

「不謹慎」大推奨!

自称、不謹慎推奨委員でございます。

不謹慎したい人は連絡してね(^^ゞ


自然によりダメージを受けたならば、

癒しもまた自然の中に見つかります。



springing of spring を感じに行こうよ♪



<おまけ>

私は逃避補助員でもあります。

自分で言うけど、優秀な。

疲れて全てがイヤになり、逃げ出したい時、

逃げればいいよ。

ドラッグとかそんな破壊的な逃げ方になっちゃう前に、

束の間の楽しい気分を、楽しんごさん並に注入してさしあげます。

逃げておいで!

もちろん、点滴終了後は、お帰りいただきますけどね〜。
human-diversity(人間の多様性)[2011年02月16日(Wed)]
生態系における多様性(diversity)を biodiversity と言う。


絶滅種をつくることを、人は罪に感じる。

急に保護とか始める。


ぼこんぼこんに殴っといて、

相手が死にそうになると、急に怖くなる。

なんか、そんなイメージだけどね。


biodiversity だけでなく、

human-diversity も守らなきゃね。

いろんな人間が、いろんな場所で、のびのび自分を生きる権利を持っているべきだ。


bio-diversity を実現するには、

豊かな自然が必要だ。


ん? 「豊かな自然」って変だなぁ。

自然は手を入れてなかった状態がいちばん豊かなんだから。

手を入れること=不自然 だから。


話が、反れましたが---。


人の多様性、human-diversity を受け入れるのにも、

豊かな心という土壌が必要。


自然な状態は厳しいから、

だから、脳を発達させた人間が、

それを不自然にしていった。

それほど、自然が豊かな状態というのは、

過酷なものだけれども。


多様な人が伸び伸び生きる権利は、

あらねばならない。


社会が、それをつぶしてはならない。

それは、自分の立っている基礎部分を破壊している行為だ。

ここ日本で、崖崩れの音が聞こえませんか?


しょーしかしょーしかしょーしかしょーしか

にーとぞーかにーとぞーかにーとぞーかにーとぞーか
Unconditional Desire[2011年02月13日(Sun)]
平気な顔してさ

人には見せずに

重い荷物を

背負ってるじゃん


私の手を握って

少しだけ

楽になるかもしれないよ
自分にも人にも優しくなろう[2011年02月12日(Sat)]
私は自分に厳しい。


自分に負けたと感じた時、自分を憎む。

世界も、目の前のつまらなそうな顔したひとりの人の気分も変えられない事実に、自分を蔑む。

優しい気持ちで接してくれる人に、自分はそれに値しないと悩む。

きれいに歌が歌えないことに泣く。


***********************


私は人に厳しい。


時間を無駄にする人を憐れむ。

浅はかな喜びの裏にある虚しさに気付かない人に怒る。

長いものに巻かれて気付かない感性に失望する。

刹那熱中し忘れ去る責任感のなさを責める。


************************


人は完璧じゃなく、この世は完璧じゃなく、

完璧を求める厳しさは、息が詰まるだけなのに。


優しく甘い一滴ずつで癒し合えれば、

悪い方向に行かないのかもしれない。

間違ったことをひとつしたならば、

自分を嫌うかわりに、

人のした間違ったことをひとつ尻拭いしよう。

笑顔で。

その人を嫌うかわりに。
得恋・失恋[2011年02月05日(Sat)]
得恋---

ありのままを愛されることで

自分を生きることに躊躇が消えた


失恋---

恋と同時に自信を失い

何を生きたらいいのやら
自分にも人にも本当によい仕事[2011年01月26日(Wed)]
仕事を決める時に、やっぱり「本当によい仕事」を条件にするべきだと思う。

自分が好きで、楽しめるってだけでなく、

人や地球を傷つけないか、を考察すべきだと思う。


今日食べるパンのためなら「お金のために」っいうのは、

仕方ないって言うか、がんばって下さい、だけども、

周りの誰かと比べたりとか、老後の自分のためとか、

そんな、実体のない者に「お金のために」と言うならば、

それは、えいやっと投げ捨ててしまえばいい。


そんな風に主体的に「本当によい」仕事を選ぶことは、難しいけど、まだできる気がする。

もっと難しいのは、他の人がした「本当によい」とは言えない仕事を受け入れないこと。


つい、安い労働力を使って作られた¥100ショップなどの商品を買ってしまう。

どうしても、排気ガスをまき散らす車に乗ってしまう。

自分の快適さのために、エアコンを稼働させ地球の温暖化を促進させてしまう。


「本当によい」がまた難しい。

人を幸せにする、という、「本当によ」さげな、名目を掲げて自分を安心させることに

甘んじるべきじゃないと思う。

人の幸せと欲を満たすこととは違う。

弱者をつくらないことこそが、本当によいことの条件だ。


******************************


生徒がこんな構成のessayを書いてきたら、

書き直しさせるだろうな。

でも、これで、おしまい(^^;


最近、寒さのせいか(?)、感性が鈍化しているのに加えて、

ツイッターの短文に慣れてしまって、

ブログが書けなくなっているのですm(_ _)m


※ツイッターはこちら:http://twitter.com/koseikyouiku
| 次へ
プロフィール

さんの画像
黒金 玲子
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/on-the-way/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/on-the-way/index2_0.xml