CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
うう
仙南「新米試食会」 (05/07)
みどりの瑞穂
お米がおいしいよ! (10/08)
三浦隆弘@名取下余田
「みょうがたけ」って知ってる・・・1 (06/20)
沼ちゃん
おいしいスイーツ (06/10)
みどりの瑞穂
米粉でがんづき・・・ (04/15)
さんちゃん
地産地消の日・・・2 (04/05)
最新トラックバック
    〜♪♪ つくる人とたべる人をつなぐ ♪♪〜
      食育NPO「おむすび」

「おむすび便り」55号ができました [2017年10月21日(Sat)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌

      おむすび便り55号


日本の食文化 「発酵食のすすめ」は麹の話・・・
甘酒などで馴染みの麹菌
弥生時代から伝わってきたと言われ、奈良時代に編纂された「播磨国風土記」に稲穂についた麹菌で酒を造った記述もあるそうですよ。

知って納得!お魚のちしきは・・・
さばについて

人と人をつなげるものは
食べ物があるとなぜか話が弾み、みんなで食べる大切さを・・・

悩ましい今夏は・・・
天候に左右され、作物を育てる大変さを

「親子で市場を探検しよう!」「大人のお魚教室」「松島第五小学校の食育講座」などおベントの様子もご覧ください


-1おむすび便り55号.pdf
「食育ってなあに?」〜子どもの時から食育を〜 [2017年10月19日(Thu)]
松島町立第五小学校「親子ふれあい事業」

「食育ってなあに?」〜子どもの時から食育を〜

9月9日(土)PTA文化教養部が主催する食育講座の講師を務め、39名の親子と紙芝居「今年もおいしいお米ができました」や数字のクイズで、食について「お米を」キーワードに一緒に考えました。また「おはぎ」「おくずかけ」などを作り郷土料理も味わいました。

「1095」何の数字かわかる?・・・1日に3回食事をすると1年で・・・
DSC00978.JPG

食育NPO[おむすび」作成の「今年もおいしいお米ができました」の紙芝居でお米ができるまでを学んで・・・
DSC00982.JPG

「米っこカスタード」卵と米粉、砂糖をよく混ぜ合わせ、牛乳を加え・・・
DSC00986.JPG

火にかけ焦がさないように・・・
DSC00994.JPG

とろみがついてきたら火を弱め・・・
DSC00995.JPG

「おくずかけ」の材料を切って・・・
DSC00997.JPG

DSC01003.JPG

「わかめと大根のシャキシャキサラダ」の材料を切って・・・
DSC01005.JPG

炊き上がったご飯をつぶして・・・
DSC01010.JPG

「これくらいでいいかな・・・」
DSC01012.JPG

人数分に分けたら丸めて・・・
DSC01014.JPG

あんことゴマをつけて・・・
DSC01016.JPG

「おはぎ」「おくずかけ」「わかめと大根のシャキシャキサラダ」「米っこカスタード」の出来上がり
DSC01019.JPG

「いただきま〜す」
DSC01021.JPG


☆子どもが自分で作ったものだからと、いつもより楽しそうに食べていたのがよかった
☆昔ながらの料理はとてもおいしく大事なので、家でも作ってみたいと思いました
☆宮城の出身ではないので、郷土料理を作ったことがなかったが、これからはわが家の定番にしたいと思っています。
など、アンケートからお母さんたちの声や
☆とても楽しかった。おうちでも作れそうなのでおはぎを作ってみたい
との子どもの感想もありました。

新米が出る時期です。
宮城の美味しいお米で、おはぎにまた挑戦してもらえたらうれしいです。
自給率100%のお米たくさん食べてほしいな・・・

/strong>
大人のお魚教室 [2017年09月19日(Tue)]
シッテ・サワッテ・サバイテ・・・
        食べてはじめる海の応援

 大人のお魚教室
   旬を味わう!海のめぐみ
 
8月26日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで25名が参加して、旬のタコ・カツオを使い、「たこ飯」「かつおたたき追いかつおサラダ」「焼きナスの南蛮炒め」「めかぶとうーめんのお吸い物」を作りました

(株)鈴力水産の遠藤さんがカツオをおろしていきます
気仙沼に水揚げされたカツオ・・・内臓を取り出し
DSC00934.JPG

三枚におろしていきます
DSC00938.JPG

骨を取りお店に並んでいるような節に切って・・・
DSC00942.JPG

(株)仙台水産の武田さんがカツオのたたきの作り方を・・・
フライパンでかつおの皮を下にして焼いて・・・
DSC00944.JPG

氷水にとり冷やして、ペーパーで水気をふきとり・・・
DSC00946.JPG

さっそくフライパンで焼いて・・・
DSC00948.JPG

「焼きナスの南蛮炒め」のナスに焼き色を付けて
DSC00949.JPG

DSC00950.JPG

カツオのたたきにベビーリーフ・玉ねぎ・水菜をのせて・・・
DSC00951.JPG

「たこ飯」「かつおのたたき追いかつおサラダ」「焼きナスの南蛮炒め」「めかぶとうーめんのお吸い物」ができました
DSC00961.JPG


「いただきま〜す」
DSC00954.JPG

「ごちそうさま」のあいさつは若いパパ
DSC00955.JPG

食後のおむすびcafe・・・
(株)鈴力水産でマグロを担当している遠藤さんからマグロの話を・・・
DSC00958.JPG

今回はカツオだったので、各自おろす作業はなかったのですが、料理教室で魚をおろすことが少ないので、いつも人気の「大人のお魚教室」です。おむすびcafeでのお魚ミニ知識も好評。

お父さん対象のお魚教室ですが、お母さんのお申し込みも多く、いつもよりお母さんが多くなりました。
魚のおろし方が勉強になった
魚料理は難しい印象だったが、自分でもできそうな気がしてきた
今までより魚を使った料理をしてみようと思います
参考になった。さっそく作ったみたい
など、お母さんたちのお声が多く、さっそくたくさん魚料理が食卓に出されそうです。
今度は親子料理教室に参加したいとのうれしい声も聞かれた「大人のお魚教室」でした。
お魚がきっと好きになる料理教室 [2017年09月19日(Tue)]
「親子で市場を探検しよう!」

年4回開催している「お魚がきっと好きになる料理教室」の夏休み体験学習として、取引量が東北最大の仙台市中央卸売市場の見学を(株)仙台水産の共催で行っています。
小学生の親子15組30名が、早朝5時50分集合。セリの様子やマグロの解体を見学、お店で売られている魚はどこから来るの? どのくらいの種類の魚が取引されているの?などたくさんのことを学びました。

(株)仙台水産廣澤さんの案内で市場の探検に出発
6時からマグロのセリが始まり、競り落とされたマグロは運び出されます。
天候不順で今日のマグロの入荷量も少ないそうです。

DSC00845.JPG

全国各地から入荷した魚が並んでいます
DSC00858.JPG

鹿児島の太刀魚・・・
DSC00855.JPG

鹿児島の金目鯛・・・
DSC00856.JPG

移動セリが始まっています
DSC00865.JPG

ここには近海物が入荷します・・・ブリ

DSC00871.JPG


DSC00873.JPG

近海物はここでセリにかけられます
DSC00868.JPG

セリ人になった気分でのぼってみて・・・
DSC00870.JPG


青果棟の見学、(株)宮果の花淵さんから青果のお話し
DSC00878.JPG

2階のブリッジから・・・忙しく動いています
DSC00880.JPG

(株)鈴力水産で競り落としたマグロの解体を見学
頭を落として・・・

DSC00888.JPG

真ん中に包丁を入れて、マグロは4分の1ずつ切っていきます
DSC00891.JPG

残りの半分を切って・・・
DSC00894.JPG

骨を取り除き・・・
DSC00896.JPG

半身も同じように切って・・・遠藤さんの見事な包丁さばきであっという間にブロックになりました
DSC00898.JPG

中落ちをいただきました
「おいし〜い!!」

DSC00912.JPG

DSC00918.JPG

市場の朝ご飯は・・・
マグロの三種盛り、地中海の本マグロに千葉のビンチョウマグロ、沖縄のバチマグロ
アサリの味噌汁

DSC00924.JPG

マグロの解体が見られてれてよかった
大きい包丁にびっくりした
マグロなどの大きな魚を解体する人になりたい
すばやく大きなマグロが小さくなるなんてビックリ、中落ちもおいしかった
市場はとても広くてたくさんの人が働いていることがわかった
魚のことがたくさん知れて楽しかった
セリはいろいろな指の使い方があってすごかった
など、眠くて早起きは大変だったようですが、それ以上に満足した子どもたちの様子・・・
お魚のことをたくさん学び、お魚がもっと好きになった市場探検でした。

おむすび便り54号ができました [2017年07月21日(Fri)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌

   おむすび便り54号

ぬか漬けは好きですか
熟成したぬか床1gに、1億から10億の乳酸菌が含まれているそうですよ。
詳しくは「日本の食文化 発行食のすすめ〜ぬか漬けの話〜」に・・・・

「知って納得!お魚のちしき」は魚介類と外国語・・・

「なとり農と自然のがっこう」の三浦さんは作りやすく見栄えのよい品種が開発され、在来種が衰退していく心配を・・・

ハッピート大崎の千島さんから「チャレンジとチェンジ」の大切さを・・・

子どもたちのちょっと得意そうな、生き生きしたイベントの様子もたくさん載っています。

どうぞご覧ください。

おむすび便り54号.-1doc.pdf
黄ハートわくわく・どきどき「めぐみ野」クッキング [2017年06月29日(Thu)]
ウィズきっずすくーる

黄ハート黄ハートわくわく・どきどき
   
  「めぐみ野」クッキング

  
  親子でつくろう!郷土料理

  〜さなぶりのごちそう〜


6月10日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで4歳から10歳の親子11組25名が参加。
田植えのあとのおもてなし料理「さなぶり」を作りました。
昔の田植えは、たくさんの人のお手伝いで手植で行っていたので、田植えのあとは料理や演芸などで労をねぎらっていました。

今回は旬のカツオで「手ごね寿司」や「お煮しめ」「かんてん寄せ」「草大福」「かき玉汁」を作りました。

特別講師(株)鈴力水産遠藤さんがカツオをおろすのを見学
包丁を入れて・・・
DSC00687.JPG

内臓を取り出して・・・
DSC00690.JPG

サクを刺身のように切って・・・
DSC00696.JPG

切ったら包丁を動かして・・・
DSC00698.JPG

うまく切れるかな・・・
DSC00700.JPG

「草大福」は白玉粉・水・砂糖を混ぜてレンジで5分・・・
DSC00703.JPG

お餅になったら切り分け、あんこを入れて・・・
DSC00704.JPG

かき玉汁の片栗粉を量って・・・
DSC00709.JPG

卵を流し入れ・・・
DSC00711.JPG

「手ごね寿司」カツオをのせ、のり・大葉をちらし、ゴマをひねって・・・
DSC00718.JPG

「かつおの手ごね寿司」「お煮しめ」「かんてん寄せ」「草大福」「かき玉汁」ができました
DSC00728.JPG

食事のあとは「今年もおいしいお米ができました」の紙芝居でお米ができるまでを学びました
DSC00740.JPG

「かつおの手ごね寿司」は子どもにも大人にも好評でした。
おいしいカツオがこれから水揚げされます。
ぜひ作って食べてほしいですね。
募集中!!親子で市場を探検しよう! [2017年06月26日(Mon)]
早寝 早起き 朝ごはん市場で・・・

  親子で市場を探検しよう!

お魚がきっと好きになる料理教室の移動学習
料理教室のあと売り場の探検をして、どこでとれたお魚かな・・・なんというお魚?
いろいろなお魚のことを学んでいますが、夏休みの体験学習として、市場を見学して、売り場に並ぶ前の流通について学びます。
早朝5時50分集合ですが、早起きしてたくさんの人が働いている仙台市中央卸売市場を探検してみませんか。
7月25日(火)で〜す。
詳しくはチラシをご覧ください。

2017市場探検チラシ .pdf
お魚がきっと好きになる料理教室 [2017年06月25日(Sun)]
  食べてはじめる海の応援

お魚がきっと好きになる料理教室
 
 〜 親子で楽しむ!旬のお魚クッキング 〜

5月27日(土)4歳から9歳の親子9組20名が「めぐみ野」志津川湾産養殖銀さけを使って、「銀さけの手まり寿司」「銀さけとアボカドのタルタルサラダ」を作りました


志津川湾で養殖している「めぐみ野」銀さけをお魚博士(株)仙台水産の廣澤さんがおろしていきます。ウロコをとって・・・
4月のころは小さかった銀さけは2.8キロに大きくなって・・・
DSC00536.JPG


腹に包丁を入れ内臓を取り出し・・・・
DSC00539.JPG

三枚におろしていきます
DSC00540.JPG


二枚におろしたら、魚の向きを変えて骨を下にして・・・
DSC00544.JPG


包丁を骨の上を動かして・・・
DSC00545.JPG

これで三枚おろしに・・・
DSC00546.JPG

鮭の切り身にしたのを角に切って、アボカド・クリームチーズ・銀さけの順にのせて・・・
「銀さけとアボカドのタルタルサラダ」
DSC00549.JPG

ニャンコの手にして銀さけを切って・・・
DSC00552.JPG

「ここから切っていいかな?」
DSC00553.JPG

器に盛り付けて・・・
DSC00560.JPG

今度は「手まり寿司」用に薄く切って・・・
DSC00567.JPG

ラップの上に銀さけをおいて、ご飯をのせて・・・
DSC00570.JPG

お吸い物は宮城県産のあさりを入れて・・・
DSC00573.JPG

「銀さけの手まり寿司」「銀さけとアボカドのタルタルサラダ」「あさりのお吸い物「マシュマロヨーグルトいちご添え」ができました
DSC00577.JPG

「いただきま〜す」
DSC00584.JPG

食後はお魚売り場の探検!
隊長は(株)仙台水産の武田さん
何ていう魚かな・・・産地はどこかな・・・
DSC00589.JPG

みんなで作った料理も並んでいます
DSC00594.JPG

宮城県のホヤ・・・
DSC00596.JPG

今日のメニューで作ってみたいbPは「銀さけの手まり寿司」でした。
難しいと思っていたら簡単にできたと大喜びの手まり寿司・・・
旬の銀さけは宮城県で90%以上養殖されています
天然の鮭と違い、エサの管理がされているので、アニサキスなどの寄生虫がつかないので、刺身など生食がおすすめ。
「みやぎサーモン」の名称でGI(地理的表示保護制度)に登録されたニュースが流れていました。たくさんの人に知ってもらい、消費拡大されるといいな・・・
「めぐみ野」は、みやぎ生協のメンバーと生産者が交流し取り組んできた「顔とくらしの見える産直」商品で、志津川の銀さけ(生産者限定)も産地を訪ねるなど交流をしています。






大人のお魚教室 [2017年06月16日(Fri)]
シッテ・サワッテ・サバイテ・・・

  大人のお魚教室
 
    食べてはじめる海の応援
旬を味わう!海のめぐみ〜はまぐり・ホヤ〜

4月22日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで開催。40〜70歳代のお父さん19名、お母さん6名が宮城の美味しいホヤを剥き、ホヤの天ぷらなどを作りました。

お魚博士の(株)仙台水産廣澤さんからホヤ・はまぐりのお話
ホヤに含まれるプラズマローゲンという成分は認知症予防にもなることなど栄養についても学習
CIMG6728.JPG

まず「はまぐりご飯」に入れるはまぐりに火を通して・・・
CIMG6737.JPG

今朝早朝水揚げしたホヤ・・・
CIMG6745.JPG

ホヤには+と−の口がありますよ
CIMG6741.JPG

+の口をを切るときれいな水が・・・−の口からは排斥物が・・・
CIMG6748.JPG

みんなでホヤ剥きに挑戦!
CIMG6754.JPG

どっちが+かな・・・
CIMG6757.JPG


CIMG6755.JPG


殻を外したら中をきれいに・・・
CIMG6759.JPG

むいたホヤをさっと湯通し・・・
てんぷら粉をつけて・・・
CIMG6763.JPG

「はまぐりご飯」「ホヤの天ぷら」「菜花のおひたし」「はまぐりのお吸い物」「豆腐の田楽」ができました
CIMG6765.JPG

「いただきま〜す」
CIMG6767.JPG

「ごちそうさま」のあと、コーヒーを飲みながら「おむすびcafe」
お魚の話でワイワイ・・・
CIMG6778.JPG

はじめてホヤを剝いた人が多かったのですが、ホヤのおいしさにさっそく家で作ってみようとの声がたくさんありました。宮城の三陸の特産品「ホヤ」震災後生産量は回復してきてますが、原発事故の影響で7〜8割輸出していた韓国が輸入ゼロ。生産過剰で廃棄しているのは残念!「天ぷら」「ホヤの田楽」「ホヤご飯」などおいしいです。たくさん食べてくださいね。

(株)宮城テレビの取材があり、5月11日(木)ミヤギテレビnevery「魚を食べよう」の中で紹介されました
「おむすび便り」53号ができました [2017年04月28日(Fri)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌
   おむすび便り

食育NPO「おむすび」の活動も10年になりました。
たくさんのサポーターさんに支えられ活動しています。サポーターさんにお届けしている「おむすび便り」をやっとカラーにすることができました。

今回より「日本の食文化発酵のすすめ」がスタート
発酵食品って・・・

「食べ物が教材に」では
名取市でセリやミョウガタケを生産している三浦隆弘さんに、開催している「田んぼのがっこう」の様子などを・・・

8020運動って・・・

子どもたちの得意そうな笑顔・・・イベントの様子もぜひご覧ください

おむすび便り53号-2.pdf