CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 料理 | Main | 料理教室»
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
うう
仙南「新米試食会」 (05/07)
みどりの瑞穂
お米がおいしいよ! (10/08)
三浦隆弘@名取下余田
「みょうがたけ」って知ってる・・・1 (06/20)
沼ちゃん
おいしいスイーツ (06/10)
みどりの瑞穂
米粉でがんづき・・・ (04/15)
さんちゃん
地産地消の日・・・2 (04/05)
最新トラックバック
「大人のお魚教室」移動楽習 [2018年05月01日(Tue)]
食べてはじめる海の応援

「大人のお魚教室」移動楽習

 〜めぐみの海を知る旅〜

3月24日(土)22名が宮城県北上町十三浜・女川町を訪ねました。
宮城の豊かな海の幸を食べて応援しようと、旬のお魚を使った「大人のお魚教室」も26回になり、参加者も500名を超えています。震災から七年たった今、豊かな海に何が起こったのか、海の状況はどうなのかなど、産地を訪ね生産者や流通、加工の現場で、お話を聞くことで復興の現状を知り、水産業を応援していきたいと企画しました。

集合場所のみやぎ生協文化会館ウィズ内の、「東日本大震災学習・資料室」を見学。震災当時の被害状況などを振り返り、河北町十三浜に出発。
十三浜の漁業生産組合「浜人」到着
「革新的でかっこいい、次世代に新しい漁業を伝えたい」と頑張っている阿部勝太さんよりお話を伺いました。
海に移動して・・・・
DSC01592.JPG

津波でこの辺りも流されました
DSC01605.JPG

わかめ漁師さんがそれぞれに浜でわかめを茹でている釜です
DSC01606.JPG

浜では生わかめを出荷するのに選別作業中
IMG_20180324_110911.jpg

都会の人だと、めかぶとわかめが別のものだと思っている人も多くいますよ・・・
IMG_20180324_111203.jpg

浜人では浜でなく工場で、一定の温度でわかめを茹でて・・・
DSC01607.JPG

結構重いので、湯通しする作業は機械を使い上げ下ろし・・・
DSC01615.JPG

湯通ししたわかめを冷やし、飽和塩度の水を流し漬け込んで、塩蔵わかめに・・・
DSC01610.JPG

脱水したわかめを加工
小刀で丁寧に茎(芯)を取り・・・
DSC01622.JPG

阿部さんはどこにでも出かけ売り方を学んだり、仙台の居酒屋さんにも出向き、十三浜の「しゃきしゃき湯通し塩蔵わかめ」のおいしさをアピールし、独自の販路を築いているそうです。古今東北ブランドで、みやぎ生協やネットでも取り扱っています。
10年後を考えた時、漁師がいなくなるのでは・・・
想いを同じくする若手漁師と「フィシャーマンジャパン」を設立。新世代拡大の取り組みを始めています。
若い漁師さんたちが増えるといいですね。

次に女川に・・・・
完成したばかりの女川町地方卸売市場に・・・
魚市場の加藤さんに説明していただきました
見学通路は船のデッキをイメージして
DSC01631.JPG

見学通路からは船が入ってくる風景が一望、反対側では水揚げされた魚がセリをする様子も見学できます。
IMG_20180324_133502.jpg

市場の4階には見晴らしのいい調理室があります。
海を眺めながら、おかせいの女川丼の昼食を・・・
DSC01624.JPG

マスカー(女川魚市場買受人協同組合冷凍冷蔵施設)見学
石森さんからお話を伺いました。
カタールの支援を受けて津波で何もなくなった女川に最初にできた施設で、
マスカーとはカタールの伝統的な漁法に由来しているそうです
魚が水揚げされても鮮度が保持できないと入港する船もなくなるので、最初に冷凍冷蔵庫や製氷工場を作ったのが他の自治体のモデルにもなっているそうです
DSC01639.JPG

DSC01636.JPG

冷凍庫の中・・・
DSC01637.JPG


次は蒲鉾本舗高政工場見学
機械で笹かまぼこが流れていきます
DSC01643.JPG

高政さんはもともと蒲鉾の原料を扱っていましたが、女川に新しいお土産品をということで蒲鉾を作り始めたそうです。
蒲の穂に似た形のちくわから蒲鉾になったそうです
DSC01644.JPG


震災後の復興の様子や現場を見ることができ、若手の生産者の取り組みも聞けて良かったとの声が多く聞かれました。
しゃきしゃきわかめはもちろん、干物、蒲鉾など、女川シーパルピア・ハマテラスで、どの参加者もたくさん買い物をしていました。少しでも支援になればと・・・
これからも食べて応援していきましょう!!
親子で市場を探検しよう! [2016年08月26日(Fri)]
夏休み体験学習
早寝 早起き 朝ごはん 市場で・・・

親子で市場を探検しよう!!

7月26日(火)小学生の親子16名が、取引量が東北最大の仙台市中央卸売市場を見学をしました。
このイベントは(株)仙台水産と共催で「お魚がきっと好きになる料理教室」の夏休み課外授業として開催しています。
早朝5時50分集合、セリの様子やマグロの解体などを見学しました。

マグロのセリが始まっています・・・2階見学通路から
CIMG5968.JPG

(株)仙台水産の廣澤さんの案内で、セリの様子を後ろから特別に見学させてもらいました
CIMG5974.JPG

競り落とされたまぐろには紙がのっています
CIMG5975.JPG

近海物がいろいろ並んでいます
CIMG5985.JPG

ここは移動ゼリで入札します
CIMG6012.JPG


七ヶ浜のウニ・・・
CIMG5968.JPG

カレイ、平目、鯵・・・
CIMG5986.JPG

荒浜の金頭・・・
CIMG5999.JPG

新潟の真鰺・・・
CIMG5992.JPG

秋田の真鯛・・・
CIMG5996.JPG

バラで入ったイカも・・・
CIMG6016.JPG

近海物のたくさん入荷のある、イカ、カツオ、サンマなどはここで入札されます
入札の時の手やりをやってみましょう・・・
CIMG6021.JPG

水産棟から青果棟に移動
野菜、果物がたくさん入荷しています
CIMG6031.JPG

今の時期入荷の多いのは、スイカ、桃・・・・(株)宮果さんからお話を・・・
CIMG6033.JPG

管理棟に戻り、市場の役割やセリの「手やり」を廣澤さんから・・・
CIMG6041.JPG

お魚の話を(株)鈴力水産の本郷さんから
CIMG6048.JPG

(株)鈴力水産に移動
マグロの解体見学・・・遠藤さんが今日競り落としたメバチマグロをおろしていきます
CIMG6058.JPG

マグロは大きいので4つにおろしていきます
CIMG6063.JPG

骨を取り・・・
CIMG6071.JPG

中落ちをスプーンですくって・・・
CIMG6079.JPG

「おいし〜い」
CIMG6088.JPG

(株)仙台水産の会議室に戻り朝食で〜す
すきな具材をのせて・・・マイ海鮮丼
CIMG6094.JPG

「いただきま〜す」
CIMG6093.JPG

早朝集合の探検でしたが、市場で働く人の様子を身近で見学いろいろなことを学んだようです。
  
  セリでは早口で何を言っているのかわからなかったが、手やりを教えてもらいよかった
  人がたくさんいるのに驚いた。物流の大切さがわかった
  いろいろな魚の種類を見ることができた
  市場の人は早起きだなと思った
  マグロの解体が見れてよかった。マグロがいろいろな所からきているのがわかった
  市場の雰囲気を感じることができた。豪華な朝食をよかった
などなど、アンケートからも来年も参加したいと好評でした。
たくさんお魚を食べることにつながりますように・・・

地産地消の納豆作り [2015年12月16日(Wed)]
MELON環境市民講座

    地産地消の納豆作り
       &
 自家製酵母のこだわりパンを楽しむ


10月10日(土)(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク、(株)加工連の共催で開催、32名がのどかな秋の角田を尋ねました。

宮城県は北海道の次に大豆の作付が多い県です。
地元で栽培・収穫した大豆を加工しているところは全国的に見ても数少ないです。
地元の大豆で納豆に加工、みやぎ生協の「顔と暮らしの見える産直 めぐみの納豆」になって30年になります。
(株)加工連の納豆工場を見学、納豆作りにも挑戦しました。


納豆になる大豆
小さい方が「すずほのか」大きい大豆は「あやこがね」

CIMG5057.JPG

納豆作りに必要なもの
CIMG5059.JPG


納豆の作り方のお話
CIMG5060.JPG


指でつぶせるくらいやわらかく煮た大豆に納豆菌をかけて・・・
CIMG5062.JPG


納豆に照りができるように、4,5回納豆菌をスプレーして・・・
CIMG5063.JPG


よく混ぜて・・・
CIMG5064.JPG

パックに詰めて・・・
CIMG5073.JPG


水分が飛ばないようにシートをかぶせ
CIMG5077.JPG

テープで蓋を止め、保冷袋に納豆と熱湯入りのペットボトルを入れ、発酵させます。
夜にもう1度ぺットボトルのお湯を替えて・・・
1〜2日したら納豆の出来上がり

CIMG5078.JPG

納豆工場で、納豆に使われる大豆のお話や、作業工程のお話を聞いて・・・
CIMG5090.JPG


大豆畑の見学
CIMG5101.JPG

「すずほのか」は茎の長さも短く、豆も小さい・・・「小粒納豆」に
CIMG5106.JPG

ホーリーパンで、卵のお話も・・・
CIMG5109.JPG

さあお待ちかねの食事・・・
自家製酵母パンと地元のこだわり食材を使ったランチ
「いただきます」

CIMG5115.JPG

パンに使う酵母はイチジクや果物から・・・ホーリーパンの堀畑さんのお話
CIMG5118.JPG

帰りは角田の産直市場「あぐりっと」でお買い物・・・
いろんなことを学んで、おいしいものを食べて、にこにこ笑顔のバスの旅でした。





平和ってなあに [2015年08月23日(Sun)]
ウィズきっずすくーる

  〜平和ってなあに〜

    絵本の読み聞かせとすいとん作り

今年、戦後70年になります。戦争を知らない世代が多くなりました。
8月8日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで、4歳から11歳の親子31名が、絵本の読み聞かせと、戦時中食べていた「すいとん」つくりから、平和について考えました。

最初に絵本の読み聞かせ・・・
CIMG4738.JPG

CIMG4741.JPG

すいとんを作ってみよう!
粉を練って・・・
CIMG4749.JPG

よくこねて・・・
CIMG4758.JPG

すいとんの具材を切って・・・
CIMG4753.JPG

CIMG4755.JPG

CIMG4756.JPG

具材がやわらかくなったら、コロコロまるめて少しのばして・・・
CIMG4759.JPG

「さつまいもごはん」「すいとん」 入れる野菜がなくて、さつまいもの茎なども入れたという「戦時中のすいとん」
CIMG4763.JPG

「いただきま〜す」
CIMG4766.JPG

「鶏肉の入った具だくさんのすいとんも、さつまいもご飯もおいしいね〜」
「戦時中のすいとんも意外とおいしい」
CIMG4768.JPG
みんな残さずいただきました


食材のお話
「さつまいもご飯」もお米が少ないので、お芋、かぼちゃ、大根などを入れて増やしていたこと、粉も製粉が荒くあまり味がよくなかったこと、野菜も少なく、さつまいもの茎なども入れたり、すいとん汁のダシもあまりなかったことなどのお話も・・・
食材が豊富な今、戦時中の味を再現するのは難しかったです。
CIMG4769.JPG

小さい子も多く、ちょっと難しかったかな・・・と思いますが・・・
毎日の平和な暮らしから、それぞれ何か感じてもらえたのでは思いました。

親子で市場を探検しよう! [2015年08月20日(Thu)]
夏休み体験学習
早寝 早起き 朝ごはん 市場で・・・・

  「親子で市場を探検しよう!」

「お魚がきっと好きになる料理教室」の課外授業として8回目になる市場探検です。
お店で売られている魚はどこから来るの? どのくらいの種類の魚が取引されているの?
7月24日(金)早朝5時50分集合、東北最大の仙台市中央卸売市場でセリの様子やマグロの解体をなどを小学生の親子15組30名が見学、市場の役割なども学びました

忙しく働いている中を見学するので、探検の注意事項を確認して・・・出発!
CIMG4552.JPG

2階の見学通路からマグロのセリが始まっている様子が見えます
CIMG4554.JPG

市場に降りて・・・
競りが終わったマグロには落札した札が・・・
CIMG4562.JPG


CIMG4563.JPG

いろいろな漁港からたくさんの魚が入荷しています
CIMG4579.JPG

七ヶ浜のヒラメ・・・
CIMG4572.JPG

秋田の岩がき
CIMG4575.JPG

クジラ肉も・・・
CIMG4590.JPG

移動しながら競りを行う「移動競り」
CIMG4586.JPG

新鮮なイカは光っていてこんな色・・・
CIMG4600.JPG

気仙沼のカツオも・・・
CIMG4602.JPG

ここで競りをします
「手やり」」で値段が決まります
CIMG4595.JPG

(株)鈴力水産に移動して、マグロの解体の見学です
今朝、競り落とした「本マグロ」・・・
まず頭をとって
CIMG4625.JPG

マグロは真ん中に包丁を入れて、まず1/4を切り
CIMG4628.JPG

のこりの1/4を切り離し
これがカマ
CIMG4635.JPG

中落ちをスプーンでとり・・・
「おいし〜い!」
CIMG4649.JPG

CIMG4657.JPG

CIMG4662.JPG


さあ朝ごはんで〜す
「どれにしようかな」好きな具材をのせて・・・
マイ海鮮丼を・・・
CIMG4676.JPG


「いただいま〜す」
CIMG4681.JPG

アンケートの声
「早さが勝負!とのこと、新鮮なお魚を食べるのに、市場の人々の大変さがわかった。思い出しながらお魚をいっぱい食べたい」」
「セリで指合図をやり値段を決めていてびっくり」
「24時間働いているなんて知らなかった」
「セリを見るのもマグロの解体も初めてのことばかりでした」
「いろんな魚の種類がたくさん見られてよかった」
「初めて市場を見て新しい発見がたくさんあった」
これをきっかけにお魚がもっと好きになりたくさん食べてほしいな・・・
宮城の豊かな海の幸たくさん食べてね
親子で市場を探検しよう! [2014年08月20日(Wed)]
夏休み体験学習
    早寝 早起き 朝ごはん 市場で・・・
親子で市場を探検しよう!

「お魚がきっと好きになる料理教室」を開催しています。その中では「お魚がどのようにして売られているか」などを、お店のお魚売り場の探検をして学習しています。
もっとお魚のことを知ってほしいと、(株)仙台水産との共催で、夏休みの課外授業として仙台市中央卸売市場の見学を行っています。
7月25日(金)15組30名の小学校の親子が、競りでにぎわう早朝の市場を探検しました。

6時からマグロのセリが始まり、競り落とされたマグロが並んでいます。
CIMG0849.JPG

セリ人は、マグロの尾の切り口を見て品定めをします
CIMG0852.JPG

近海のヒラメ・吉次・アナゴも・・・
CIMG0865.JPG

CIMG0869.JPG

移動しながら競りが行われていますが・・・
CIMG0873.JPG

カツオなどは、ここで競りが行われます。
今日は入荷が少なく競りが終わってました。
CIMG0883.JPG

水産棟の見学が終わり青果棟に移動
ブリッジから見学
(株)宮果さんから入荷状況などのお話を聞きました。
CIMG0905.JPG


会議室に戻って、市場の働きやお魚のいろいろなこと、市場で競りに使う「手やり」もみんなでやってみました。
CIMG0911.JPG


(株)鈴力水産でマグロの解体の見学です
今日競り落としたメバチマグロ・・・
CIMG0927.JPG

手際よく下ろしていきます
CIMG0928.JPG

CIMG0932.JPG

下ろしたマグロの中落ちを・・・
CIMG0946.JPG

「おいしい〜」
CIMG0957.JPG

CIMG0958.JPG

見学が終わり、お待ちかねの「市場の朝食」
好きなものをのせて・・・
自分だけの「海鮮丼」に・・・・
CIMG0967.JPG

(株)鈴力水産の本郷社長に、見学しての質問にも答えていただきました
CIMG0968.JPG

毎回好評の「市場探検」です。
今回も29組の申し込みがありましたが、早朝の忙しく作業をしている中の見学なので、抽選になりました。
どの参加者からも「貴重な体験ができた」との声が聞かれました。
東北最大の仙台中央卸売市場で、全国、海外からも入荷しますが、
三陸の魚やホヤも多く獲れるようになってきました。
たくさん食べて宮城の水産を応援していきましょう!!
今日の見学が応援につながることを願って・・・・
フレッシュ食の祭典つづき [2013年10月23日(Wed)]
東日本大震災で被災した当時の写真も展示されていました。
DSCN7481.JPG

工場も再開して・・・たくさんの加工品が並んでいます。
DSCN7484.JPG
DSCN7482.JPG

さんまの蒲焼きを使ったライスバーガー・・・・おいしそう!
DSCN7483.JPG

石巻桃浦の牡蠣も・・・
今年も海水温が高く、水揚げが少し遅れていますが、昨年よりはいいそうです。
DSCN7473.JPG

ながさき加工協技会のいろんな加工品
骨まで食べられる「骨のあるヤツ」というの加工品も・・・・
DSCN7488.JPG

かまぼこ類も・・・
DSCN7486.JPG

スモークされたハマチ・・・おつまみに
DSCN7490.JPG

豆腐とアボガドにきな粉と黒蜜をかけたデザートなど、お魚だけでなく、青果・食肉・惣菜など、たくさんのおいしい提案がされていました。
食育NPO「おむすび」の料理教室でも、調理の基本を大事にしながら、手軽に使える調味料も活用し、おいしい・楽しい料理教室を企画していきたいと思います。
もちろん、豊かな宮城の食材をいっぱい使い応援していきます。
フレッシュ食の祭典 [2013年10月23日(Wed)]
9月25日(水)仙水グループ主催の生鮮合同提案会がサンフェスタで開催され、流通関係者、レストラン、ホテル、モニター(消費者)などたくさんの人でにぎわいました。
DSCN7457.JPG
働く女性が増えていることや、高齢化などもあり、調理する時間は短くなっているとのことで、簡単にできる料理が求められているようです。

DSCN7458.JPG
DSCN7459.JPG

魚、野菜、肉料理など、簡単に調理できる調味料が各メーカーから販売され、短時間に手軽においしい料理ができる提案がされていました。

温めるだけになっているフィッシュボールも・・・
DSCN7470.JPG
おいしそうな煮魚も温めるだけに・・・
DSCN7471.JPG
焼き魚もおいしそう・・・
DSCN7479.JPG

塩釜のひがしもの「マグロ」・・・
DSCN7468.JPG

気仙沼のカツオ
一本釣りの船で活ジメしたカツオ
DSCN7472.JPG

日本の食文化のクジラも・・・
DSCN7476.JPG
親子で市場を探検しよう! [2013年08月03日(Sat)]
早寝 早起き 朝ごはん 市場で・・・ 
  親子で市場を探検しよう!


季節にあわせて「お魚がきっと好きになる料理教室」を開催していますが、夏休み課外授業として、仙台市中央卸売市場の見学を(株)仙台水産のご協力をいただき開催、14組28名の親子が早朝の市場を探検しました。

市場の中は競り人はじめリフトなどがせわしく動いているので、見学の注意事項の確認を・・・
DSCN7270.JPG
さっそく市場の見学です
6時からマグロの競りが始まっています
DSCN7287.JPG
競りが始まる前にマグロのしっぽの切り口を確認し競りに参加します
競り落とされたマグロが運ばれていきます
DSCN7284.JPG

DSCN7290.JPG

マグロのように決まった場所で競りを行う「固定競り」のほかに、並んでいる魚を見ながら動いて行う「移動競り」があり、競り人が集まっています
DSCN7299.JPG

どんな魚が並んでいるかな・・・
これは太刀魚・・・刀のような形から太刀魚、立って泳ぐのでタチウオ・・・
DSCN7307.JPG

七ヶ浜のウニも・・・
DSCN7310.JPG

青森のホタテ
DSCN7305.JPG

大分のイサキ
DSCN7302.JPG

荒浜の真鯛
DSCN7316.JPG

活魚のところでは水だこが・・・
DSCN7321.JPG
"こ〜ぷの森”植林体験会 [2013年06月19日(Wed)]
5月12日(日)みやぎ生協”こ〜ぷの森”田束山で植林体験があり参加しました。
田束山は南三陸町にあり、歌津払川を伝い、山の栄養分が志津川湾に注いでいます。山の森の栄養をたっぷり受け、みやぎ生協「めぐみ野」志津川湾産生かきが、ぷっくりしたおいしいかきに育ちます。昨年の神行堂山、貞任山に次いで3か所目になります。

前日は大雨で足場が悪く大変でしたが、植林組合、漁協、かきの生産者、震災後ずっと南三陸町に応援に来ている、京都生協・大阪いずみ生協の方たち、みやぎ生協のメンバーなど100名以上が参加し、900本を植林しました。
DSCN6939.JPG

植林の仕方の説明。周りの枝や葉を除き、土を掘って植えます。根元に入れる土は葉や枝が入らないようにかぶせ、抜けてこないように踏み固めます。
DSCN6944.JPG
目印の竹のところに植林していきます
DSCN6939.JPG
もくもく穴を掘って・・・・
DSCN6953.JPG

DSCN6946.JPG

一人で参加した中学生、小さい子供さんを連れて参加した家族。植林は次の世代への贈り物だとか、参加した子供たちが10年後、20年後にまた来る機会があるといいね

南三陸町に来てみて、マスコミは復興が進んでいるように伝えていますが、まだまだ。やっと瓦礫が取り除かれただけ、地盤沈下した所のかさ上げにもどのくらいの時間がかかるのか、何もなくなった町、2年以上が過ぎたのに・・・・

おいしい「生かき」が待ち遠しいです。
被災地の水産物・加工品を買って応援していきましょう。
早く生活の基盤ができることを願っています。
| 次へ