CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
うう
仙南「新米試食会」 (05/07)
みどりの瑞穂
お米がおいしいよ! (10/08)
三浦隆弘@名取下余田
「みょうがたけ」って知ってる・・・1 (06/20)
沼ちゃん
おいしいスイーツ (06/10)
みどりの瑞穂
米粉でがんづき・・・ (04/15)
さんちゃん
地産地消の日・・・2 (04/05)
最新トラックバック
    〜♪♪ つくる人とたべる人をつなぐ ♪♪〜
      食育NPO「おむすび」

おむすび便り56号ができました [2018年01月29日(Mon)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌

 おむすび便り
 NO56

日本の食文化〜発酵食のすすめ〜は 今回は日本酒について
いつ頃から飲まれているのかな・・・
健康効果は   

しって納得!お魚のちしきは・・・数の子
どんな栄養があってどんな食べ方があるかな・・・

一物全体には・・・
産地の様子  値上がりしている野菜のわけは・・・
商品としての旬、野菜としての旬・・・って
なとり農自然のがっこう 三浦さんからのメッセージを・・・

美味しいものは元気にのなる は・・・
食べないでいると食べなくてすむようになってしまうそうです
食べたいもの、好きなものを食べることが、やる気、元気になるようです。

イベントは
お魚がきっと好きになる料理教室では、さんまの三枚おろし
親子でつくろう!「はらこ飯」
仙台市立将監小学校の親子食育講座では仙台風雑煮などのお節料理

真剣に目をかがやかせ取り組んでいる子どもたちの様子など・・・
どうぞご覧ください

(1)おむすび便り56号.pdf

「めぐみ野」旬感クッキング〜みそ作り〜 [2018年01月28日(Sun)]
ウィズセミナー

  「めぐみ野」旬感クッキング

 〜地産地消で美味しいみそ作り〜


1月20日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで、20名が田尻産の大豆と田尻産の「めぐみの米」で作った麹を使い、おいしいみそを仕込みました。


大豆は前日から水に浸しておきます
DSC01494.JPG

圧力鍋で煮ていきます
DSC01495.JPG

大豆が煮えたら、豆をつぶして・・・
DSC01488.JPG

大豆を人肌くらいまで冷まして
DSC01493.JPG

米麹と塩をよく混ぜ合わせ・・・
DSC01489.JPG

大豆・塩・米麹をよく混ぜて・・・
煮汁を加え耳たぶくらいの柔らかさになるまで、よくこねて・・・
DSC01490.JPG

これくらいかな・・・もう少しかな・・・
DSC01492.JPG

容器を焼酎で殺菌し、味噌を詰めて・・・
表面を平らにし、とっておいた塩をふり、ラップをしたら、焼酎に浸したペーパーを周りに置くとカビが出にくいので・・・
DSC01498.JPG

ビニール袋でおおい風通しの良いところで保管
梅雨明け頃に開けてみてカビが出ていたら取り除き、容器の周りを殺菌しラップをして保管
1年くらい寝かせた方がおいしいみそになります

はじめてみそを作る人が多く、美味しいみそができあがる1年が待ち遠しいようでした
おいしみそにな〜れ!!

親子食育講座〜子どもと一緒に作ろう!!お正月料理〜 [2018年01月27日(Sat)]
仙台市立将監小学校PTA親子食育講座

思い出のおいしさ家庭の食育


〜子どもと一緒に作ろう
    
     手軽にできるお正月料理!〜


12月9日(土)将監小学校で、食育講座の講師を務めました。親子28名が「仙台風雑煮」「えびの鬼殻焼き」「伊達巻」「飾りかまぼこ」「「柿なます」「田作り」を作りました。
また、お節料理やお正月のいわれについて学びました。


「伊達巻き」は卵を溶いて・・・
はんぺん、砂糖を加えミキサーにかけたら、オーブンで焼きます


IMG_20171209_103144.jpg

「柿なます」は大根とにんじんをせん切りに
IMG_20171209_105150 (2).jpg

水気をしぼって甘酢をかけ干し柿も入れて
IMG_20171209_110910.jpg

「えびの鬼殻焼き」はエビの背ワタを取り、さっと湯がいて、調味液につけて焼きます
IMG_20171209_111355 (2).jpg

仙台風雑煮の具材を切り・・・
飾りかまぼこを結んで・・・

IMG_20171209_115644 (1).jpg

「仙台風雑煮」「えびの鬼殻焼き」「伊達巻」「田作り」「飾りかまぼこ」「柿なます」ができました
IMG_20171209_121919.jpg

「いただきま〜す」
IMG_20171209_121952.jpg

今日使った食材のお話し・・・
「仙台風雑煮」に入れた、ずいき・凍み豆腐・引き菜のことなど

IMG_20171209_123910_ (1).jpg

おせちのことを初めて聞いた子や、お母さんたちからも、お節料理のいわれなど知らなかったことが多く参考になったの声も多く聞かれました。
市販のおせちを準備する人も多くいましたが、作ってみると結構簡単にできるので、今年は頑張って作ってみようとの声が多く、うれしい食育講座になりました。

大人のお魚教室 [2017年12月27日(Wed)]
食べてはじめる海の応援
  
  大人のお魚教室

 旬を味わう!海のめぐみ〜

11月18日(土)みやぎ生協文化会館で、お父さん、お母さん21名が参加。旬のさんまで「チーズハンバーグ」や「秋サラダ」「わかめのスープ」を作りました。

お魚博士の(株)仙台水産廣澤さんがさんまのおろし方を・・・
今日のさんまは女川産
まず頭をとって、腹に包丁を入れ・・・
DSC01450.JPG

内臓をとり出し、骨の上から包丁を入れて、三枚におろして・・・
DSC01451.JPG

親指を使い皮をとります
DSC01456.JPG

各自さんまをおろして・・・
DSC01459.JPG

「ここに包丁入れていいのかな・・」
DSC01462.JPG

三枚におろしたさんまを細かく切って・・・
DSC01466.JPG

形を整えてハンバーグにしたらフライパンで焼いていきます
DSC01472.JPG

トマトも焼いてハンバーグにのせ・・・
DSC01473.JPG

付け合わせのにんじんグラッセ・・・にんじんの面取りして
DSC01464.JPG

付け合わせのフライドポテトも揚げて・・・
DSC01471.JPG

「秋サラダ」を盛り付け
DSC01468.JPG

「雑穀ご飯」「さんまのチーズハンバーグ」「秋サラダ」「わかめスープ」ができました
DSC01476.JPG

「いただきま〜す」
DSC01478.JPG

食後のあとは「おむすびcafe」
コーヒーにデザートは「ヨーグルトりんごソース添え」
お魚の話でワイワイ・・・
アニサキスやヒスタミンのこと、魚の保存についてなども・・・
DSC01480.JPG

さんまが不漁のようで、例年より小ぶりで水揚げも少ないようですが・・・
「おいしかった」「作ってみようと思ったメニュー」bPはチーズハンバーグでした。
ぜひ家族に作って食べさせてほしいな〜・・・

今回も
魚のさばき方を知りたくて参加しましたが、さばき方以外にもお魚の話がたくさん聞けて面白かった
魚の知識が深まりました
さばき方の基本がわかったのでまた参加したい
魚の料理が覚えられて楽しかった
などなど好評のお魚教室でした
お魚がきっと好きになる料理教室 [2017年12月25日(Mon)]
食べてはじめる海の応援

  お魚がきっと好きになる料理教室

    〜親子で楽しむ!
       旬のお魚クッキング〜


11月11日(土)みやぎ生協幸町店で4歳から10歳の親子8組17名が旬のさんま料理に挑戦!!さんまを1匹ずつおろし、さんまのロコモコを作りました。
お魚博士の(株)仙台水産廣澤さんから、さんまのおろし方の実演
さんまを水道で洗ったら、頭をとって・・・
DSC01383.JPG

内臓を取り出し・・・
DSC01390.JPG

骨の上を包丁を動かし三枚におろしに・・・
DSC01391.JPG

さんまの皮をとり・・・
DSC01395.JPG

骨に包丁が当たっているのを確認しながら動かして・・・
DSC01400.JPG

さんまの下の身もおろし・・・
DSC01401.JPG

さんまの皮をとり・・・
DSC01404.JPG

三枚おろしにしたら細かく切って・・・
DSC01408.JPG

玉ねぎ・たまごと混ぜ合わせ、ハンバーグに・・・
DSC01415.JPG

手早く混ぜて・・・
DSC01416.JPG

形よくハンバーグにして・・・
DSC01419.JPG

オニオンスープの玉ねぎを色づくまで炒めて・・・
DSC01421.JPG

雑穀ご飯・温泉たまご・野菜と彩りよく盛り付けて・・・
「さんまのロコモコ」「オニオンスープ」「ヨーグルトりんごソース添え」ができました
DSC01425.JPG

「いただきま〜す」
DSC01429.JPG

食事のあとはお魚売り場の探検です。
どんなお魚が並んでいるのかな・・・
どこから来たお魚かな・・・

DSC01434.JPG

売り場にはみんなで作ってお料理もレシピと一緒に展示してありました。
おいしそうにできたので、レシピを見てさんまのロコモコを作ってみるお客さんがいるといいな・・・

参加者からは・・・・
家に帰ってすぐにお魚料理がしたくなりました。子供と楽しい時間が過ごせ、料理も探検もよい経験をさせてあげられました。
家で魚料理をすることが少なく、子供にも作らせることがなかったので、非常に良い機会になった。
親子で完食して、おいしくて楽しかった。
三枚おろしを学べたので、魚料理を避けていたが、もう一度自分でやってみようかなと思った。
ご飯をつくれて楽しかった。探検もできて楽しかった。
いろんな料理を教えてもらってうれしかった。

親にも子どもたちにも、楽しい発見がたくさんあった料理教室になったようです。
黄ハートわくわく・どきどき黄ハート「めぐみ野」クッキング [2017年12月18日(Mon)]
ウィズきっずすくーる
黄ハートわくわく・どきどき黄ハート
       
    「めぐみ野」クッキング


親子でつくろう!郷土料理

   〜宮城の秋グルメ「はらこ飯」


10月28日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで、4歳から10歳の親子11組26名が、宮城の郷土料理「はらこ飯」や「秋サラダ」「ひらたけのお吸い物」「ほっこりお芋の大福」を作り、旬を味わいました。

(株)仙台水産の武田さんから骨のとり方を・・・
鮭にはピンボーンといわれる骨があるので、指で確かめながら、骨抜きを使ってとります
DSC01332.JPG


骨をとったら皮もとります
DSC01334.JPG

ひと口大に切って・・・
DSC01336.JPG

骨はここかな・・・
DSC01337.JPG

うまくとれるかな・・・
DSC01341.JPG

皮を除きひと口大に・・・
DSC01339.JPG

鮭に入っていたはらこ(筋子)はお湯に入れて・・・
皮が縮んでほぐれやすくなります
DSC01343.JPG

網の上でコロコロすると下に落ちて・・・
塩水で洗うときれいに発色します
しょうゆ・みりんなどの調味液に漬け込んで・・・イクラの完成
DSC01346.JPG

「秋サラダ」の野菜を切って・・・
DSC01351.JPG

ブロッコリーも食べやすい大きさに切って茹でて・・・
DSC01353.JPG

「ほっこりお芋の大福」の生地を・・・白玉粉に砂糖と水を加え、レンジでチン
DSC01354.JPG

「はらこ飯」の盛り付けは・・・
炊き上がったご飯に、鮭をのせ、イクラをのせて・・・
DSC01358.JPG

ご飯を盛って・・・
DSC01361.JPG

鮭をのせて・・・
DSC01362.JPG

イクラをのせて・・・
DSC01365.JPG

「はらこ飯」「秋サラダ」「ひらたけのお吸い物」「ほっこりお芋の大福」ができました
DSC01370.JPG

「いただきま〜す」
DSC01373.JPG

食事のあとは、「今年もおいしいお米ができました」の紙芝居で、お米のことも学びました
DSC01379.JPG

思っていたより簡単にできる「はらこ飯」に「おいし〜い11」の声が・・・
「おうちで作ってみよう!」の感想もたくさんありました
今年は秋鮭の水揚げが少なく、はらこも少なめ、例年より価格がちょと高いですが・・・
ぜひおうちでも作ってほしいな・・・・
募集中!! お魚がきっと好きになる料理教室 [2017年10月25日(Wed)]

お魚がきっと好きになる料理教室

親子で楽しむ! 旬のお魚クッキング


11月11日(土)は旬のさんまを使った料理です。
さんまのおろし方も学びます。
三枚におろしたさんまで、ロコモコを作ります。

食事のあとは、お魚売り場の探検です。
どこで獲れたお魚かな・・・
どんな種類の魚が並んでいるかな・・・


一緒にお魚のいろいろ学んでみませんか

お魚がきっと・チラシ(親子で楽しむ!旬のお魚クッキング)11.11doc.pdf
「おむすび便り」55号ができました [2017年10月21日(Sat)]
つくる人とたべる人をつなぐ情報誌

      おむすび便り55号


日本の食文化 「発酵食のすすめ」は麹の話・・・
甘酒などで馴染みの麹菌
弥生時代から伝わってきたと言われ、奈良時代に編纂された「播磨国風土記」に稲穂についた麹菌で酒を造った記述もあるそうですよ。

知って納得!お魚のちしきは・・・
さばについて

人と人をつなげるものは
食べ物があるとなぜか話が弾み、みんなで食べる大切さを・・・

悩ましい今夏は・・・
天候に左右され、作物を育てる大変さを

「親子で市場を探検しよう!」「大人のお魚教室」「松島第五小学校の食育講座」などおベントの様子もご覧ください


-1おむすび便り55号.pdf
「食育ってなあに?」〜子どもの時から食育を〜 [2017年10月19日(Thu)]
松島町立第五小学校「親子ふれあい事業」

「食育ってなあに?」〜子どもの時から食育を〜

9月9日(土)PTA文化教養部が主催する食育講座の講師を務め、39名の親子と紙芝居「今年もおいしいお米ができました」や数字のクイズで、食について「お米を」キーワードに一緒に考えました。また「おはぎ」「おくずかけ」などを作り郷土料理も味わいました。

「1095」何の数字かわかる?・・・1日に3回食事をすると1年で・・・
DSC00978.JPG

食育NPO[おむすび」作成の「今年もおいしいお米ができました」の紙芝居でお米ができるまでを学んで・・・
DSC00982.JPG

「米っこカスタード」卵と米粉、砂糖をよく混ぜ合わせ、牛乳を加え・・・
DSC00986.JPG

火にかけ焦がさないように・・・
DSC00994.JPG

とろみがついてきたら火を弱め・・・
DSC00995.JPG

「おくずかけ」の材料を切って・・・
DSC00997.JPG

DSC01003.JPG

「わかめと大根のシャキシャキサラダ」の材料を切って・・・
DSC01005.JPG

炊き上がったご飯をつぶして・・・
DSC01010.JPG

「これくらいでいいかな・・・」
DSC01012.JPG

人数分に分けたら丸めて・・・
DSC01014.JPG

あんことゴマをつけて・・・
DSC01016.JPG

「おはぎ」「おくずかけ」「わかめと大根のシャキシャキサラダ」「米っこカスタード」の出来上がり
DSC01019.JPG

「いただきま〜す」
DSC01021.JPG


☆子どもが自分で作ったものだからと、いつもより楽しそうに食べていたのがよかった
☆昔ながらの料理はとてもおいしく大事なので、家でも作ってみたいと思いました
☆宮城の出身ではないので、郷土料理を作ったことがなかったが、これからはわが家の定番にしたいと思っています。
など、アンケートからお母さんたちの声や
☆とても楽しかった。おうちでも作れそうなのでおはぎを作ってみたい
との子どもの感想もありました。

新米が出る時期です。
宮城の美味しいお米で、おはぎにまた挑戦してもらえたらうれしいです。
自給率100%のお米たくさん食べてほしいな・・・

/strong>
大人のお魚教室 [2017年09月19日(Tue)]
シッテ・サワッテ・サバイテ・・・
        食べてはじめる海の応援

 大人のお魚教室
   旬を味わう!海のめぐみ
 
8月26日(土)みやぎ生協文化会館ウィズで25名が参加して、旬のタコ・カツオを使い、「たこ飯」「かつおたたき追いかつおサラダ」「焼きナスの南蛮炒め」「めかぶとうーめんのお吸い物」を作りました

(株)鈴力水産の遠藤さんがカツオをおろしていきます
気仙沼に水揚げされたカツオ・・・内臓を取り出し
DSC00934.JPG

三枚におろしていきます
DSC00938.JPG

骨を取りお店に並んでいるような節に切って・・・
DSC00942.JPG

(株)仙台水産の武田さんがカツオのたたきの作り方を・・・
フライパンでかつおの皮を下にして焼いて・・・
DSC00944.JPG

氷水にとり冷やして、ペーパーで水気をふきとり・・・
DSC00946.JPG

さっそくフライパンで焼いて・・・
DSC00948.JPG

「焼きナスの南蛮炒め」のナスに焼き色を付けて
DSC00949.JPG

DSC00950.JPG

カツオのたたきにベビーリーフ・玉ねぎ・水菜をのせて・・・
DSC00951.JPG

「たこ飯」「かつおのたたき追いかつおサラダ」「焼きナスの南蛮炒め」「めかぶとうーめんのお吸い物」ができました
DSC00961.JPG


「いただきま〜す」
DSC00954.JPG

「ごちそうさま」のあいさつは若いパパ
DSC00955.JPG

食後のおむすびcafe・・・
(株)鈴力水産でマグロを担当している遠藤さんからマグロの話を・・・
DSC00958.JPG

今回はカツオだったので、各自おろす作業はなかったのですが、料理教室で魚をおろすことが少ないので、いつも人気の「大人のお魚教室」です。おむすびcafeでのお魚ミニ知識も好評。

お父さん対象のお魚教室ですが、お母さんのお申し込みも多く、いつもよりお母さんが多くなりました。
魚のおろし方が勉強になった
魚料理は難しい印象だったが、自分でもできそうな気がしてきた
今までより魚を使った料理をしてみようと思います
参考になった。さっそく作ったみたい
など、お母さんたちのお声が多く、さっそくたくさん魚料理が食卓に出されそうです。
今度は親子料理教室に参加したいとのうれしい声も聞かれた「大人のお魚教室」でした。
| 次へ