CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 絵本の紹介 | Main | 活動報告»
ブラジル人学校への読み聞かせ〜1年をふりかえって〜 [2018年03月30日(Fri)]
おむすびころりん愛知は、地域に住む外国人児童・生徒への読書サポートをしています。

多国籍の子ども達と一緒に絵本を読む日もあれば、子ども達が皆同じ国にルーツを持っているという場合もあります。


2018年度は、ブラジル人学校で週に1回30分程度読み聞かせを行いました。

子どもたちは4歳から12歳までと年齢の幅が広く、また入れ替わりも結構あり日本語がほとんどわからない子どもが増えました。名前を覚えるのも大変でした。担当の先生も変わり日本語での会話ができない中での選書に苦労しました。

読み聞かせは日本語でのこだわりを一部やめてポルトガル語で絵本を読んでもらいました。

子どもたちも素直に心に響いているのが伝わりました。これからの課題は年齢に関係なく受け入れられる選書です。単に「読み聞かせ」にいくでなく、遊びの要素も必要だなと感じました。

「ぺんぎんたいそう」「ぴょーん」は体も動かせて楽しい絵本だと感じました。月に1回、交流館の多目的ホールでの「読み聞かせ」も場所が広いと言うこともあり子どもたちがのびのびした様子がみられ来年度も継続することにしました。

brasil.jpg
続きを読む・・・
Posted by おむすびころりん愛知 at 13:00 | ブラジル人学校 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)