CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バッテリー | Main | 修理例 お人形さんの眼−2»
カテゴリアーカイブ
これも私のブログです。ぜひ・・・
おもちゃの病院_報告
Google

WWW このブログ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
当ブログの番頭より
修理例 [新]アンパンマンわくわくクレーンゲーム−2 (10/22) 当ブログの番頭より
修理例 お人形さんの眼−3 (10/22) 当ブログの番頭より
おもちゃの業者などのサイト (10/22) ブログの番頭より
『ブラシモーター』の故障 (10/22) 齋藤
『ブラシモーター』の故障 (10/20) 田中 誠
修理例 [新]アンパンマンわくわくクレーンゲーム−2 (06/20) 通りすがり
修理例 お人形さんの眼−3 (12/22) 松崎
おもちゃの業者などのサイト (09/03) 当ブログの番頭
セロハンテープ (12/22) 添え状と封筒
セロハンテープ (12/22)
プロフィール

「おもちゃの病院_メモ」の番頭さんの画像
「おもちゃの病院_メモ」の番頭
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/omotyamemo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/omotyamemo/index2_0.xml
月別アーカイブ
日別アーカイブ
修理例 お人形さんの眼−3 [2010年01月06日(Wed)]
ブログランキング 左 クリックを [日記・シニア]

−−−前の項からの続きです−−−

今度は、眼球の前部・金属部分を、
瞳を埋め込んだままの、後方のプラスチック部分に埋め込んでいきます。
それが完成したのが、この絵です。
顔は、心持ち、上を見ているところです。
それで、眼は少し閉じかかっているところです。


今度は、前を見たところです。
瞳が、前方を見ているのがわかります。


この眼球を、お人形さんの眼に埋め込みました。
もちろん、どっちが上なのか、何回も、確認をした上での、決行でした。
寝かせた状態の眼の様子です。
といっても、実は、お人形さんを逆立ちさせて、写真をとりました。


修理終了後の、お人形さんです。
大手術なのかもしれませんが、リハビリがいらないのが、
お人形さんのいいところでしょうか。


以降、2010年02月05日(金) に、掲載させていただきました。

TOY DOCTORさんから、コメントを頂きました。

久しぶりですが拝見しております。
ぽぽちゃんの眼の治療成功ですね。

以前何度か担当した治療は、
首を外して、内部の詰め物を抜き出し、
眼球が収まっている部分の球形をカッターで切り開き、
抜き出して、折れているピンを取り付けて、
調整後、切り開いた部分から挿入し、
バランスを調整し、
首内に詰め物を納め、
胴体と組み合わせ、
結束バンドで固定しています。

顔面の材質は、
印刷物などに触れると、
転移してとれなくなるので、
できるだけ表面は触らないようにしております。
(眼球を抜き出した時に、開いた部分はそのままでも問題ありません。)


ありがとうございます。
『お人形さんの顔は命』といいます。
顔を傷つけないための、もっとも安全な修理方法として、
参考にさせていただきます。


ありがとうございました。


追記:H22.4.1

ここでは、

同様に、眼球の左右の、プラスチックの心棒の一方が、折れていましたが

このプラスチックの溶着を諦めて、

針金を通して、眼球が回転しやすいように、工夫…、


という方法をとりました。

今後は、心棒を両方とも取り外し、

通しの針金をそこに入れる方法も、考えてみたく思います。


−−−この項、終わりです−−−



JRANK BLOGへ、クリックを・・・。[日記・雑談のシニア]に参加しています。
コメントする
コメント
<<通りすがりにコメントを置いていきます。
保育士の母親からぽぽちゃん人形の眼球の動きが悪いのを何とかならないかと相談をされ、修理方を調べてたどり着きました。
最初人形を見た限りでは首と身体の縫い目を外して顔の中から眼球のパーツが取り付けてあるのかと思いましたが、こちらの記事で外から取り出せる事を知れました。
取り外しはかなり苦労しましたが何とか取り外し、眼球を分解してみると、やはり眼球を固定している棒状の部分が片方折れていました。
パーツの欠片も無くなっていたので接着は諦め、ドリルで眼球の折れた部分に穴を開けて爪楊枝でパーツを作り組み上げてみました。
動くようにはなりましたがプラスチックと違って爪楊枝は摩擦が強いのかたまに動かない時があり、完璧な動きにはならなかったのが悔やまれます。
今回手直しするにあたってこちらの記事がとても参考になりました。ありがとうございます。>>
当ブログをご覧頂いて、有難うございます。
素晴らしい修理をなさっているのですね。
目が回復に向かっている「ぽぽちゃん」、きっと、やさしく、遊んでくれると思います。
よかったですね。
コメント遅くなりました。
ありがとうございました。
Posted by: 当ブログの番頭より  at 2017年10月22日(Sun) 11:21

通りすがりにコメントを置いていきます。
保育士の母親からぽぽちゃん人形の眼球の動きが悪いのを何とかならないかと相談をされ、修理方を調べてたどり着きました。

最初人形を見た限りでは首と身体の縫い目を外して顔の中から眼球のパーツが取り付けてあるのかと思いましたが、こちらの記事で外から取り出せる事を知れました。

取り外しはかなり苦労しましたが何とか取り外し、眼球を分解してみると、やはり眼球を固定している棒状の部分が片方折れていました。

パーツの欠片も無くなっていたので接着は諦め、ドリルで眼球の折れた部分に穴を開けて爪楊枝でパーツを作り組み上げてみました。

動くようにはなりましたがプラスチックと違って爪楊枝は摩擦が強いのかたまに動かない時があり、完璧な動きにはならなかったのが悔やまれます。



今回手直しするにあたってこちらの記事がとても参考になりました。ありがとうございます。
Posted by: 通りすがり  at 2014年12月22日(Mon) 21:33