CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月14日

出雲の山墾り_2019_sec.21

7月13日、21回目の活動セクションです。
 去年より火入れは1週間ばかり早かったはずですが、気候のめぐりあわせが悪く(高温下で梅雨入り遅く降雨少なく、梅雨入りしてからは気温が低い)、播種したものたちの生育は、遅い=よくないと感じます。

こちらは昨年2017年7月15日の陸稲。これとてずいぶん定植が遅れ、やきもきしたことを覚えていますが、こんな具合。
20180715-P128036102

そして、昨日の陸稲の様子。


そして、上の写真よりおそらく7日ばかり前に定植したものがこちら。
P1290479

ところかわって、ケタ地のアマランサス。ほとんどダメかと思っていたのですが、他の草をよりわけ「救出」したもの。



昨年、2018年7月28日のがこれ。あと10日でここまではとうてい無理ですが、10日遅れとして、8月7日にはここまでいきたいものです。

20180728-P128040102



posted by 面代真樹 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑

2019年07月01日

安曇野ちひろ美術家でみた、シビル・ウェッタシンハ『かさどろぼう』

7月5日の「本とスパイス」、テーマは「雨が滴り落ちるその場所について」。

雨が滴り落ちるその場所について〜シビル・ウェッタシンハ『かさどろぼう』はじめ.(本の話#0019)

先月、安曇野ちひろ美術館で出会ったいくつかの〈もの〉〈光景〉をきっかけ、あるいは足がかりとして論じてみたい、誰かに伝えてみたいと思ったのだ。
今日からまとめていくのだが、そのきっかけを思い起こすために、雑想として記しておく。

まずは写真のみのせておき、テキストはのちほど加筆。

P1290468

P1290449

P1290472



(つづく)



●主な図書等
†. シビル・ウェッタシンハ作&絵、いのくまようこ訳『かさどろぼう』(徳間書店)
†. 『雨と生きる住まい―環境を調節する日本の知恵』(LIXIL出版)
†. 下山眞司〈縁側考―「謂れ」について考える〉新しいウィンドウで開きます〜建築をめぐる話…つくることの原点を考える(web)