CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年07月31日

モチアワ、タカキビ、ヒエの現状

 春焼き地のモチアワが出穂です。勢いはありませんし稔りは薄いでしょうが、7月13日(下の写真)の惨状からすればよくぞここまでという感があります。シカにもウシにも食べられました。出穂前というのは、茎が美味しいのでしょうか。

20170713-P126023202

 そして、本日、すなわち2017年7月31日のモチアワが下の写真です。




 ちなみに昨年、2016年8月3日のモチアワはこちら。稔り方の違いがわかるかと思います。

20160803-DSC_007502

 続きましてタカキビです。
 まず7月13日。こりゃダメだわと思いました。

20170713-P126023902

 が、ここまで回復はしています。

20170731-P126035602


 そして、ヒエ。
 7月13日のこの食害のさまはひどいものだと思いました。

 20170713-P126023602

 約20日後の7月31日の状況がこちら。
 モチアワ、タカキビより状態は悪いのですが、この勢いがどこまで続くか、ですねえ。

20170731-P126035702


 これから夏の盛りの1ヶ月は光合成能力をいかんなく発揮できるときであります。
 見守っていきますよ。
 応急処置の草刈りを約15分実施しました。
 水曜日にまた少しやっておこうと思います。

2017年07月30日

竹の焼畑2017〜sec.21

 7月30日(日)です。夏焼きへ向けての焼畑整備、その何日目なのでしょう。
 この日の参加者は4名。
 朝の9時30分〜午後3時まで、みっちり作業しました。進んだのではと満足。しかし、人が足りんので準備が黄信号です。
 天気予報とのにらめっこは相手が笑ってくれたようで、8月6日の火入れ、天は「良し、やれ」と言ってくれているようです。










posted by 面代真樹 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年07月27日

2017年アマランサス(赤穂)の成長を振り返る

 島根県仁多郡奥出雲町佐白における竹の焼畑。アマランサスの焼畑栽培については2年目にあたる。赤い立穂を有する種を優先的に栽培すべく、新たな種を入手し育成することにした。長野県松本地方で自然栽培による育成を重ねている種である。
 これを火入れ後、蕎麦と蕪を栽培した後にまくものとして試してみた今年。途上であるが振り返りつつ課題をもう一度整理してみようと思う。

◉5月18日
 通称「中山」。播前にはオオアレチノギク(おそらく)が背を伸ばし始めている。中山ではオオアレチノギクが焼畑後のパイオニアプランツとして優先している。この日、そのキクを根こそぎ抜いて種を蒔いた。

20170518-P125087702

20170518-P125088002

◉6月4日
なかなか発芽しないこともあり何度かにわけて種を蒔いているのだが、この段階でも発芽は認められなかった。
20170604-P125095402

◉6月10日
待ちに待った発芽。ひとあんしん。
20170610-P126004002

20170610-P126004302

20170610-P126004502

◉6月23日
20170623-P126008002

◉7月6日
地形上、日照にめぐまれておらず、また間引きが大きく遅れたこともあるのだが、成育はよくないうようだ。
20170706-P126019102

20170706-P126019402

◉7月24日
夏、ぐんぐんと成育してほしい〜。
20170724-P126031502

2017年07月26日

竹の根がつくる土と土用の丑と

 7月24日は1時間半ほど山仕事。間引きと火入れ地の様子見である。様子見のほうは何を見るわけでもないのだが、何が生えているのかとか、今の時期の風はどうなんだろうとか。そんななかで土をみて少し驚いたので、そのことを記しておく。
 こちら、竹を伐り火を放って3年目の土である。



 1年目は鍬を振り下ろせば跳ね返さんばかりにガチガチであった。この日、振った鍬はさっくりと土の中に潜り込むことができた。いまだ根は張っているものの、ぽろぽろとくずれる。あともう2年もすればフカフカになるのではないか。今段階で歩けばクッション性をもっているのではっきりとわかる。腐葉土の上とまではいかないが、明らかに違うふかふか感がある。
 これ、森に戻るにしても、畑にするにしても、大変なポテンシャルをもった土だと思うのだ。
 どうだろうね。

 土用の丑は昨日だったか今日だったか。意外にもウナギのことに言及する声は聞こえてこなかった。スーパーの売り場をみればわかるように、もはや高嶺の花であって、そうやすやすと買える代物ではない。
 だからこそ、この日に買おうとなるのだろうが、もはや無理も限界であろう。
 
 巷間よく知られているように、ウナギはもともと夏には売れないものだ。その旬は油ののる冬である、天然ものであればなおさら。ただ養殖であれば季節は関係はないようだ。江戸時代後期、夏に売れないウナギをどうやったら売れるかということから「土用の丑の日に鰻を食す」という新習慣ははじまり、養殖の時代になり、稚魚の乱獲と表現されるが、それどころではない。約半数が違法な取引で稚魚を入手し養殖しているという報道があったのは3ヶ月前であったろうか。
 ニホンウナギは準絶滅危惧種。絶滅の日が確実に近づいている。
 な、ら、ば。
 鰻に変わる土用の丑の日の新習慣を発明したらよろしいだろう。
 そこで、ウのつくものではないが、シのつくものであれば、困っているものがある。
 シカ
 土用の丑の日に鹿肉を食べる。
 なんとかならんもんかのお。



 

 

posted by 面代真樹 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年07月25日

『草原の河』8月1日より広島・横川シネマにて

 日本で初めてのチベット人監督による劇場公開作。
 こうした作品は山陰地方に住む者にとっては、広島・岡山での上映を期待することになる。そして8月1日より広島の横川シネマでの上映がはじまるので、行こうと思う。
 ソンタルジャ監督のインタビュー記事を読んだ。
 この映画ではプロの役者を採用していない。チベット人だけで映画をつくりたかった監督は、その理由を、チベットにはプロの役者がほとんど居ないということに加えてこうのべている。
「この父親役のグル・ツェテンさんにしても、もし普段やってることと全く違うことをやれと言われたらとてもできないと思うんです。でも牧畜民という自分自身を演じるということなので、彼はできるわけです」
 演じるとはなんなのか。
 演劇・映画・舞台を通じて表現されるものとはなんなのか。そんな問を発しようものなら、現代的意味、商業的意味、思想的意味、教育的意味。無数の意味が横溢しかねない。
 そして、この映画にはその「毒」に毒されないものがあるように思えた。
 ソンタルジャ監督は侯孝賢の映画から影響を受けたという。侯孝賢の映画はスクリーンから離れた客席の存在を前提としてつくられているように思えるし、蓮見重彦もそういうことをどこかで書いていたと私の記憶にはある。そういうこととはどういうことか。
 映画のシーンに笑いを誘うところがあるとしよう。そこで笑う観客があたかも映画の1シーンであるかのように、映画を観ながら感じてしまうのだ。そんな映画は通常は退屈なものとして敬遠される。夢中にさせることを回避しているのだから。
 さて。『草原の河』はどうなのだろう。楽しみである。


2017年07月24日

星の名前と民俗と

 wikiで野尻抱影をひくと、天文民俗学者とある。天文民俗学、はて、初めて聞く言葉だ。JKの全文横断検索でかけてもヒットはしない。googleではいくつかのサイトが出てくるので、ある種の造語であろう。
 星の伝承研究室の北尾浩一氏が、2006年に『天文民俗学序説 ―星・人・暮らし―』を著されている。この書ならびに北尾氏が嚆矢となって、小さくとも広まっている言葉、それが天文民俗学であると思われる。
 古く”天文民俗”を調べ集めたのは、野尻抱影ひとりであるかに独見していたのは、失礼なことであった。
 北尾氏は、いまも聞き書きに全国を訪ねておられるようで、島根県では、出雲市大社町宇龍に17年ほど前にこられて、語り部の喪失を悲しんでおられる。
出雲市大社町宇龍の星の語り部
《「よんべ(ゆうべ)、いつまでおったんや」「スマリがあがるまでおったー」
そのような会話をした日々は遠い昔になってしまった。七夕も海に竹を流してはいけなくなってから行なわない家が増えた。》
 いまや七夕の竹は海にも川にも流さない(せない)のだろうか。小さく切り刻んでゴミの日に出すくらいなら(そんな世の中であるのならば)、七夕の祭りなどやめてしまうのがまっとうな感性であろう。

 さて、実はここまでが前置きのつもりであったのだが、時間切れゆえ、つづきは次回へ。
 以下、備忘として項目をあげておき、のちに加筆しよう。

・死んだら天の川へいく(漁師の聞き書きに頻出…要確認)
・野尻抱影『星三百六十五夜 夏』に「七夕雨」あり
 →旧暦で七夕をまつる地域にはこの日の雨を吉とするところがある。出歩かないこと。雨が降らないと七夕さんが作物をもっていく。降れば豊作。というような。北尾氏の聞き書きには、七夕の日には漁に出ない、出ればイカが葉や茄子に化ける、というものあり。

・野尻抱影『星三百六十五夜 夏』の6月28日「へっつい星」に、この一文あり。
《思い出して、私は、江戸時代の学者畑維竜の随筆『四方の硯』(※日本随筆大成〈第1期 第11巻〉所収)の中にある文を読み返したー
 ー具象を見ることは、農民よりくはしきはなし、大和の国は水のとぼしき処なれば、四月頃より夏中、農民夜もすがらいねずして、星象をばかり見て種おろし、あるひは夜陰の露おきたるに苗のしめりをしり、米穀の実のると、みのらざるとをあらかじめはかりしる事なり。その星に、からすきぼし、ひしぼし、すばるぼし、くどぼしなどやらの名をつけて、其の星は何時に何の位にあらはれ、何時に何方にかくるなどいひて、その目つもりにてはかること露たがわず。云々》






 

2017年07月22日

竹の焼畑2017〜sec.17

 7月22日(土)。夏焼きへ向けての焼畑整備、その5日めです。
 この日の参加者は、な、なんと3名。
 いや数ではありません。問題は。
 内容についてはのちほど追記するとして、畑地の状況をお伝えしましょうぞ。

・中山東南上部
 アマランサス赤穂選抜エリアです。日照の影響なのか間引きをさぼったからなのか、成育は遅れています。モチアワはようやくのびてきました。間に合うのか。大豆はぼちぼちです。



・中山裾部
 先週、牛の侵入対策をした箇所です。今のところ最終ラインは突破されていません。牛に食われたモチアワですが、なんとか葉を出し直しており、ひょっとしたら出穂から収穫へとたどりつけるかというところ。



・アマランサス間引き
 ここまでほたらかしちゃいかんですよね。そら成育が遅れるわけだわな。反省。


・春の火入れ地ホンリー
 一度はあけたゲートを閉じてみています。が、食害はさらに拡大しているようなそうでないような。食われた脇から芽がでてきていますので、このまま食害なしでいければ実をつけるはず。葉が枯れかけているものがちらほらあります。水か窒素が足りないのでしょう。猛暑も一因でしょうか。種は台湾高地のものですからね。



・サツマイモ
 やや遅いきもしますが、草刈りを丁寧にしていることもあり順調か。


 
・ヤブツルアズキ
 ここまで大きくなりました。



posted by 面代真樹 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年07月21日

裏庭の片隅でトノサマガエルとばったり

 気温が34℃をさすような猛暑日が続いています。雨が降らないので、庭の木々がそろそろバテ気味な印象。そんななか、外流しがつまり水がたまっていたので、やれやれ掃除しますかとかがんでみたら、小さなトノサマガエルとばったり。
 国内では准絶滅危惧種に指定されていますが、島根県ではまだ普通に見ることができます。とはいえ、私が子どもの頃、30年〜40年前とくらべると、たまに見る程度であって、「ほらそこにいるでしょ」と簡単に教えることは難しいものです。そう。都市からやってくる、生き物好きの子供たちにとって、トノサマガエルを捕まえた思い出が忘れらないくらいに大きなことなのだと聞いたこともあります。島根県内ではなぜトノサマガエルが絶滅危惧に至っていないのかのついて聞いたことはないのですが、自然地形と水田の様態によるところなのかなあと思ってみたりはします。
 しかし、県という単位で自然を見るのは、本当に仕方なしの便宜であって、せめて水系単位でレッドデータは見るべきなのでしょうね。トノサマガエルでいえば、斐川平野では激減しているのではないでしょうか? たまに立ち寄る実家周辺ではまったく見なくなりましたから。
 
 そんなトノサマガエル(Pelophylax nigromaculatus)ですが、ちょっと目を話した間にいなくなりました。せっかく自分だけの小さな家(池・縄張り)を見つけたと思っていたのに、そうそうに水を抜かれて追い出されようとは思ってもみなかったことでしょう。すまん。山をこえて北に100mいけば田圃もあるのですが。水辺に乏しいわが家周辺ですので、産卵の場を得るのには労多きことだろうなあ。がんばれよ。

 さて、下の写真はそのトノサマガエルではなく、アマガエル。トノサマガエルと比べると、手足の吸盤の力が相対的に強く、U字溝のような壁面でもよじ登れることなどから、絶滅危惧からは逃れているようであります、いまのところ。繁殖時期もトノサマガエルより長いのかな。6月までの夜、裏の畑の方ではよく鳴いていました。その頃ほどではないですが、今でも夜の鳴き声はにぎやかです。
 雑食性で、虫を食べてくれるらしいので、ヤモリ同様、繁殖繁栄を願う種族です。
 

 
 一方、蟻が多すぎるのではと。畑にも家にも庭にも。バランスを取り戻す途上の過渡的なものなのかどうなのか。経過観察としたい。

【参考ページ】
◎しまねレッドデータブック
 県民必読。コウノトリでどうたら騒ぐ前にもう少し読もうよ。
◎トノサマガエルの生態や捕まえ方(HONDAキャンプ・生きもの図鑑)
◎ニホンアマガエルの生態や捕まえ方(同上)
 とてもよく編集されています。考えて丁寧につくられていますよ。クリックひとつで読むことができることに、頭が下がります。監修の長崎大学教育学部の大庭伸也准教授は、「タガメの採餌を巡る生態学的研究」のタイトルで2016年度日本昆虫学会若手奨励賞を受賞した方。

 

2017年07月20日

スリランカにおける混ぜる料理と多様性、そして焼畑

 スリランカのカリー料理をつくっていく中でふと気がづいた。
 あぁ、そういうことなのかと。
 文にはなりにくい。
 まとまりがつかず、何を書いているのか、わからなくなってしまうことをおそれる。
 が、まずはあげてみよう、10カ条にて。おいおい整理すればよい。

@スリランカ家庭では都市にあっても薪で火を炊く場所をつくろうとする。いくつかの理由があるが、アーユルヴァーダに昇華されている家庭医学でガスの火でなく燃やす木で煮るようにという指示がなされる調理がある。思うに。それは焚きムラを要するからではないか。成分が抽出されるその過程において。
Aとあるレンズ豆のカレーのレシピにおいて、材料を「まぜずに」煮込むこと、それがコツだというものがある。豆料理において比較的よくあるのではないか。これも@と同様、均一でなくすることが味とともになんらかの多様性をもたらす効果がある。熱が通って焦げるくらいの箇所からやや生煮えに近いもの、など。
B同じカリーを食べるにしても、混ぜ方、口への運び方、咀嚼から飲み込み方によって、味わいが異なることは理屈でもわかろう。手で食べるのか、スプーンで食べるのかによっても、それは大きく異る。
C日本のカレー、それはスリランカ(インド)から英国にもたらされたものからの独自進化でもあろうが、最大の違いは、すでに混ざりきっているものが日本式カレーであることだろう。
D多様性に価値を見出すことのできる文化は、死を単なる無とはとらえていないだろう。死こそが豊穣=多様性をもたらす。
E聖人にも悪人にも等しくもたらされるのが「死」である。なんと素晴らしいこと。すなわち人の世の価値とは異なるもの。
F秩序と混沌。この対比を「光と闇」というイメージに集約させようとするものは何か。
G夜は闇ではなく無秩序ではなおさらない。むしろ昼の太陽よりははるかに「秩序」に近い側にあるものが夜(の時間)である。月は規則正しく満ち欠けを繰り返し、星座とその位置の変化は季節とともに方位を導き、遠い航海を可能にするものだった。
H食べることは、土を知ることと深いつながりをもっている。
I焼畑の本質は、土に多様性をもたらすこと、すなわち「死」をそこに生じせしめることにあるのではないか。焼畑を単なる生産手段としてとらえているのではわからない、そこは。そしてスリランカの焼畑の伝統にはその智慧が残されている。

2017年07月19日

セミがいっせいに鳴き始めた2017年木次の夏

 平成29年7月19日。本日島根県東部は公式?に梅雨明けとなりました。梅雨らしい日はほんの数日だった気もします。気温が数日前からぐっとあがっての連日真夏日でしたので、あぁ、名実ともに夏なのだなあと、それはそれとして思います。
 今日の話題はセミです。
 今年の夏は、いろんなセミたちが、いっせいに鳴き始めている。
 気の所為かもしれません。今の時刻(夕刻)、耳にすることのできるセミの種類をあげてみましょう。こちらのサイトを参考にしながら。
 ●いろいろなセミの鳴き声を聞こう(子どもの科学・誠文堂新光社)
 ニイニイゼミ
 アブラゼミ
 ヒグラシ
 ツクツクボウシ
 ……。ニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの区別が曖昧です。精進して聞き分けられるようになりたい。今年の夏の課題。