CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月31日

今年はチョウの姿を見ない

 5月に実をつけ、楽しみにとっていた庭のジューンベリー。昨年はヒヨドリと競争になり、けっこう負けていた。今年はそこにスズメも参戦してきたので、われら人間のとりぶんはずいぶんと減ったのだった。ヒヨドリは単独でやってきてぺろっとまるごと食べるのだが、スズメの口には実が大きすぎて、そうはいかない。よって、食べかけの食い散らかしが多くなるし、枝にとまる時間も長いので、スズメ同士でも喧嘩になるようだ。たいてい3羽くらいがせりあってチーチーと叫びあっていた。
 そんな5月も今日で終わり、ジューンベリー狂騒曲もFin.となったのか、庭がずいぶんと静かだ。今年はいろんな鳥たちの声が聞こえる。おそらく、生息域が大きく変化したせいだろう。冬の時期にすぐそばの河川の河畔林が皆伐された。サギの一大コロニーとなっていて、裏山にもずいぶんと巣をつくっていたものだが、今年はさすがに激減、というより絶滅・壊滅にひとしいありさまだ。
 どうなるかなあと思っていたのだが、他に生息地を見つけたのだろう。この地からはおそらく数百から千のオーダーでサギがいなくなったことになる。人為的改変によって。すると、当然、サギに追いやられていた他の競合種が勢力を伸ばす余地がドカンと生まれたことになる。
 私が鳥の声や種類がふえたと感じるのは、そうした変化によるものなのだろうと思う。
 一方で、減った(と感じる)ものがチョウである。もともと少なかったのだが、今年はとくに見かけない。裏の畑でモンシロチョウをみたのと、黒い羽のものを線路のそばで見たくらいではないか。鳥とどう関係するのかはわからないが。草刈りや水路の影響だろうか。降雨が少なく気温が高い今年の気象の影響だろうか。
 10年くらい住み続ければ、変化に対してもっと言えたりわかったりするのだろう。2017年・平成29年の春の終わりの感想として、端書してみた。

2017年05月30日

【報道雑感】セブン、“コーヒーかす”を消臭剤に 全店舗に導入

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/29/news148.html
ITメディアが報じている標題のニュースについて、感想を控えておく。

1. 成分を抽出したらリサイクル? 抽出後の残渣は相当量にのぼるような……。抽出過程で投入される資材、エネルギー投入はどうなっているのか?

2. コーヒーかすが通常の食品リサイクルのルートに入れないため、産廃処理コストが相当なものであり、またそれがゆえに研究も盛んであることは見聞していたが、このリリースはその中でも筋のいい話ではないようだけど……。

 土の生命力を賦活させるための手法をあれこれ試したり、もがいたりしているなかで、気になったのです。コーヒーかす、、、かあ。と。多孔質の個体であろうが、炭などとは違って微生物の棲家としてはよくないらしい。その理由が、この記事中にある、抽出する成分である”コーヒー酸やキナ酸”であるとしたら。。。抽出後の滓の方こそが、じつは土壌改良等に有効な「売れる」資材であるのだったら、このニュースの効果は相当なものだと思うのだが、真相はいかに。

posted by 面代真樹 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年05月25日

粗朶ってなあに?

粗朶(そだ)ってなあに?

あれだよ、あれ。川の護岸に使ったり。弥生時代からみられるというから、そりゃ由緒あるもんだよ。簡単にいってしまえば、木の枝を編みまとめた束だね。
新潟県粗朶業協同組合・若月学のテキスト

へー。木の枝なんて、今じゃゴミ扱いなのにね。燃やそうにも、いろいろめんどうだしね。

もったいない話だよ。で、その粗朶だけど、灰小屋(ハンヤ)で土と重ねて燃やしてたという記載を見つけたんだ。なんで?ばかな?と思ったんだが、まてよと。
なんらかの理由で使わなくなったものをそのままもってきて燃やしたのだと思うんだ。たとえば、壊れたもの。肥沃な土砂もからまっているのがよかったりして。運ぶ手間は相当なものだろうけど。

農文協「聞き書き広島の食事」をみてみたら、ハンヤが出てくるのは中部台地で、ため池灌漑による水田耕作地帯だ。ただ、この本の聞き書き調査が行われた頃の「焼土」は変容した形態ではないのか。こう書いてある。
《(春の行事として)冬の間に用意したやあはを使って焼土もする。灰屋か田の中で、やあはと田の土とを交互に重ねて焼きあげ、麦の肥料にする。重い土をもっこで担ぐ重労働である》

もう少し調べてみるよ。

あぁ、いいけどさ、そういうやりかけの調べもの、そうとうたまってない?

すまんすまん。いや、でもね、ぜんぶつながってるんだって。

ふーん。で、いつそれつながるの?



★【灰小屋】とは(ひろしま文化大百科)……《灰小屋とか灰焼場、ハンゴヤ、ハンヤなどと呼ばれ、県内に広く分布した草木灰、焼土などを製造する小家屋。
 安芸中南部では、水田の農道わきなどに設置され、20アールに1基の割合で存在した。広島市安佐北区、旧高田郡南部、東広島市、旧賀茂郡などの水田地帯に、最も多く、独特の田園風景となっていた。この地方では、水田の土を、粗朶(そだ)、ごみなどとともに焼いて、麦作の肥料とした。焼土法とか燻焼土(くんしょうど)法で、全国的に見ても古い自給肥料づくりの農法であった。
 備後地方では、家の周辺に設置し、主として草木灰を製造、麦や大豆、そばなどの肥料とした。
 灰小屋は、農家にとって、重要な役割を持つ施設。「灰小屋を見れば農民の腕前が分かる」といわれた。火をたくところだけに、構造は頑丈に出来ている。腰壁は、石と赤土をこねた大きな固まりで積み上げ、厚さは50センチ内外。小屋の4本柱は、「灰小屋柱」といいクリの巨木を使う。屋根は、草屋根で、9尺4方以下の灰小屋には寄棟が多い。一戸建が普通だが、大きな農家になると、連棟式4室という豪壮なものもあった。》

2017年05月23日

土地の記憶、風景の記憶-001

 正確さを期する、あるいはよけいなことを考えず誤解や混乱を避けるのであれば、「土地の記録、風景の記憶」と標すべきなのだろう。いたずらにそうしてみたという向きもなくはないのだが、確信とまではいえないまでも、こうすることで、なにかを発することができればいい、はかない望みであることを承知したうえで、浪漫主義的との謗りや、あれやこれやを引き受けつつ。
 いや、それは、一顧だにされないことへの不安の一形態に過ぎない、ともいえよう。複雑さをよそおった欺瞞であると。
 閑話休題(といってみよう)。
 風景の記憶は、一枚の写真へと還元されうる。一方、土地の記憶とはそう足り得ない、重層的なものだ。だからこそ「記憶」という表現は不適切だとふつうは考える。そして、風景の記録と言い換えたくもなるし、実際のところ、土地=地域の「履歴」「歴史」「記録」といったことでくくられることどもは「記録」という固定的であるがゆえに、複雑さを許容内包しうる概念へと集約可能だ。
 しかし、ここで私が「記憶」という一枚のイメージに還元されうる概念を使ったのは、ひとりの個人の記憶がもつ普遍性あるいは可能性へと世界をつないでみたかったからに他ならない。
 to be continued.

2017年05月22日

竹の焼畑2017〜sec.3-4:焼畑への種蒔き



2017/05/18
昨年の焼畑で蕎麦をまき、発芽不良でうまくいかなかったところにアマランサス、モチアワをうえていく予定。オオアレチノギクの占有率ほぼ100%となっている。引き抜いてうえていく。
この日は90分ほどの作業時間。




2017/05/21

【北の角】
植えたものA
・ヤマハンノキの苗木
・ホンリー
植えたものB
・ヒエ(2016焼畑種取)
・タカキビ(林原在来2016種取)




【中山】
植えたもの
・アマランサス(新入手:赤穂)
18日の続き。オオアレチノギクをひたすら抜いて種をまき、レーキでならす。
13時〜15時で観察半分、作業半分。





posted by 面代真樹 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年05月18日

村尾行一の焼畑論

村尾行一の『間違いだらけの日本林業』と『木材革命』。内容はほぼ同じ。後者が手元にあって前者は書庫(ラボ)においたままだった。しかるに、前者のほうには、かかる記載があることを教示され、斜め読みで放置していたことを猛省している。

 以下、まずは引用とメモ書きを記し、のちに加筆するものとして、おく。

 ひとつめは焼畑の「容易さ」について。
 p181
《焼畑は何処でも誰でもやれるということだ。平坦地でもできなくはないが、より適地は傾斜地で、作業がしやすく防火上も安全で、農作物の収穫作業も傾斜地の方が楽だ。私が体験した最高傾斜は72度だが、あらゆる意味で最適傾斜は30度台、40度台である。
 意外なことに、焼畑は、飛び火・失火の危険性が少ない農法である。それどころか山林はなかなか火が着かないもので、焼畑火入れは消防団等消火態勢を整えておく必要のない、実に安全にして快適かつ痛快な作業である。上は小学三年生から下は幼稚園年少組まで男の子女の子の集団に、傾斜30度前後の山林で火入れから各種農作物の播種までやらせたところ、驚くほど見事にやり遂げた》


 宮崎の椎葉村では、小学生に焼畑を「実践」させている。そうなのだ。私が目指すところもそれである。あと4年後、すなわち2021年には、小学生の焼畑を実現させる。候補地を佐白周辺で少しずつあたってみたい。
 そして、この「容易」さは誤解されやすいものだ。
 村尾もあげているようにその一例が、火入れは明け方から日没までという多くの条例の規定である。元々は林野庁が定めていたものを各自治体が条例に落とし込むときにそのままとなっているのだろう。奥出雲町の火入れ条例もそうである。
 村尾がいうように、これは「間違い」だ。
 諸条件はあるが、飛び火・山林火災のリスクを重くみれば、夕暮れにはじめ、夜に終わるのがよい。山形の温海では夜に火入れしている映像を見たことがあるので、夜間の禁止規定がないところもいくつかあるのではないか。
「焼畑文化・技術」の保全にとって、小学生の焼畑のような「教育」の面、条例の改正という「法規・規範」の面を欠くことはできない。
 そうしたことを可能にしていく土台として、「正しい焼畑の理解」へ向けて、経験、実証、調査を進めるべし。


 そして、もうひとつ。こちらはさらに重要。
p.182《私は、養分吸収器官中でも最も重要な細根ー吸収根ー菌根が肥沃な環境では全く発育しないことを知った》という村尾は、そこからこの文脈の中では飛躍した主張を次に掲げる。
 《農作物にとって、わけても菌根にとって好ましい環境を造成するのが焼畑なのである》
 《焼畑はやはり無肥料農業なのである》



posted by 面代真樹 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑

2017年05月16日

竹の焼畑2017sec.5【火入れ報告】

 火入れが終わりました。
 速報レポートをPDFにまとめました。
 こちら。
【竹の焼畑2017春焼き火入れ】
 







タグ:焼畑
posted by 面代真樹 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑

2017年05月13日

竹の焼畑2017sec.4【報告】

 火入れ予定日前日である5月13日のことを少々。
 雨の日が続いていました。近隣である大東の降水量のデータです。
5月5日 0mm
5月6日 3mm
5月7日 0mm 
5月8日 0mm
5月9日 12.5mm
5月10日 0mm
5月11日 4mm
5月12日 2.5mm
5月13日 6.5mm
5月14日 0mm
 延期したほうがよいのでは。それもありうることでした。なにせ朝方まで雨が降っていたのですから。いくら乾燥する春の時期とはいえ、条件が悪い。
 協議のうえ、延焼しやすいよう面積をせばめ、積み増しをすることで、実施することにしました。積み増しするところは着火点の部分です。最初に延焼のための臨界点をこえてしまうことが肝要であることは、これまでの経験からもわかっていましたから。念入りに。

 20170513-P125081202

 また小池先生の発案で山ハンノキの苗木を植えました。何本だったろうか。

20170513-P125080902

 ともあれ、火入れがうまくいくことを祈りつつ。
20170513-P125081302


 
posted by 面代真樹 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年05月08日

アワ栽培雑データ


 前回、写真を取り出して、昨年の「アワ」についてふりかえってみました。
 モチアワの10段階
 アマランサスについては、Growth of amaranth that are grown in slash-and-burnにまとめています。
 経過記録が少ないのですが、ほかのものについてもこれから急ぎまとめておきます。
 
 さて、ここで、昨日からつらつら調べてきたことのメモを残し、加筆をまとうを思います。いつまでたってもまとまらず、いずれまた記憶からも消え、記録にならないことを憂慮しての「措置」といえましょう。

・国内にあっては、突出した雑穀生産量を誇る岩手県であり、情報もそちらが多くなります。が、われら奥出雲とは気候からして違う。むしろ西日本での栽培地を参照しておかねばと思った次第。

・たとえば、モチアワについて。
・岩手では大鎚10が収量も多く推奨品種として生産の大半をしめているようですが、アワといえば黄色のイメージ、そして和菓子原料としては黄色が重用されることから、大槌10の糯性と仁左平在来の黄色い胚乳色と大粒性をあわせもった「ゆいこがね」を育成しています。
・昨年、われらが焼畑で撒いた岩手在来も大槌系統だと思います。種は野口種苗から購入したものですが、岩手在来としか記載がありません。
 「「大槌10」は1985年に上閉伊郡大槌町から収集され、その多収性により平成9年度に「岩手県雑穀優良系統」に選定された茎色が紫の糯アワである」※1のであり、また「アワの茎色は紫色が優性」 2016年8月9日撮影時には出穂しており、紫色の茎は判然としませんが、20160809-P114044902
 7月9日撮影時のものだと茎の下部は紫だし、
20160709-P114037402

 6月28日撮影時のものははっきりと紫の茎です。
20160628-P114032902


・参照資料として以下をあげておきます。
※1)仲條眞介2015〈アワ新品種「ゆいこがねの育成」〉(岩手農研セ研報14)
※2)特産種苗No.24 【雑穀類の生産状況平成23〜27年産】(日本特産農産物種苗協会)2017.2

・岩手ではソバ用のコンバインを使って収獲されているケースが多いようです。

・熊本県の湯前町では雑穀生産に力をいれいくつかの商品開発もなされています。平成27年の作付面積が、アワ95a キビ40a、ヒエ60a。ここらから、ざっくりとしたものを想定しはじめてみるのがよいと思います。
https://takuhai.daichi-m.co.jp/Goodsdetail/06304091


・農文協の『新特産シリーズ 雑穀雑穀』をじっくり読み返しています。昨年慌てて読み飛ばしていること多数。
・とりわけ、奥出雲で秋アワはできるのか、やるべきなのではないか、などということを考えました。種は春のが使えるのかどうか。出穂条件などをみて、可能性があれば試しに今年にでも。また、種が九州四国などで手に入ればそちらでも。






posted by 面代真樹 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2017年05月06日

モチアワの10段階

 モチアワの種をまくにあたって、この1年を振り返りつつ、今年はどうのぞむかを考える材料としたい。

●火入れの直後に種をまき(5月22日)
20160522-P114013602

●芽が出て(6月9日)
20160609-P114018102

●穂がのびて(6月18日)
20160618-P114023502


●さらに穂がのびて(6月28日)
20160628-P114032902

●稔る(8月27日)
20160827-P114052802

●収獲する
20160915-P114066802

●乾燥させる

●脱穀する
20161112-P115014202

●精白前
20170301-P125003602


●ミキサーにかける
20161221-P115035602

●トーミにかける
20170301-P125004002

●精白後(まだもう少し)
20170301-P125004202

●スイーツになる
20170429-P125071602