CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月12日

【雑感と備忘】2017年12月10日〜山を生かす竹林整備研修

2017年12月10日(日)曇りのち雨/10時の気温5℃
一般1名、学生3名の参加でした。講師は響繁則さん。

◉伐倒講習について

●チェーンソーの目立て

 今回あくまで1時間強ほどの簡易なものです。通常の講習ならば午前いっぱいはかかるといいますから、3時間ほどは要するということ。参加人数が少ないこともあり、私自分少し受けてみて、修正の仕方をひとつ覚えられたかと思います。もう使えないだろうなあと見ていたチェーンも、「まだまだ使えるよ」と言われて直す気になりました。ただ、「1時間はかかるんじゃないか」ということ。こんど、じっくり向き合って直します。今週日曜に柵をつくるときにでも。

 このような実習を人が出入りするところでやっていると、のぞきにくる人がいます。大変よいことです。チェーンソーを使ったことがある人、使いたい人がのぞきにくるわけです。
 1〜2分ほどでも、「ここをこうするんですよ」「昔はこう斜めにと言われていたけど、いまは水平で」「〜〜になっているから」。
 こうしたやりとりがあるのはなによりです。

●伐倒実習


 チェーンソーもノコギリも基本は同じです。
 とくに、斜面では受け口、追い口をつくり、倒す方向を斜面に対して斜めにもっていくこと。そうすることで、危険を回避することと、もうひとつ。その後の作業、すなわち玉切りや移動にかける手数が少なくなります。
 やってみてわかるのは、口をつくるときに、重力に対して水平にもっていくことは、ノコギリの場合、とくに難しいということ。この日は用意していませんでしたが、チョークなりで線をひくのがいいということです。こりゃ早速導入です。
 口をつくる方向と同時に、つるの幅を左右で変えることでさらに向きをコントロールすることも教わりました。これも加減であって、差がつきすぎると裂けを生じてしまう。

●ロープを使った伐倒


 ロープワークはあくまで補助であり、保険であって、ロープの力だけで向きを変えるのではないということが肝要です。

◉雑話について
 むしろ、ここのところが、時間をさいて足を運ぶ最大の価値があるところなのですよ、みなさん。
 モチキビの話をしたらば、響さんが、いまでもつくっている人を知っていると。
 な、な、なんと!
 今度おしえてくださいとお願いしました。


 




2017年12月02日

【案内】山を生かす竹林整備研修〜はじめて編

 12月10日(日)開催です。
 案内文は下段におくとして。なぜやるのかということのメモを自身にあてて置いておくものです。
1. 竹の焼畑事業における伐採技術の向上
 大事なことは3つあると思っています。
・道具を大事にする心……手入れを通じて道具を知ること〜モノの特性を知ること〜竹の特性・木それぞれの特性を知ること
・技術を向上させる意思……早く・楽に・なにかのために〜できることがひろがる〜数字(も)大事〜面積・本数
・頭に働いてもらう条件づけ……頭を使わない社会の中、山を生かすのは人を生かすこと〜「頭使って!」といっても使ってもらえない〜自分と家族(仲間)に対してどう言葉を発するか

2. 竹の焼畑事業における賛同者・協力者・自分の山でやってみたい人を募る


【案内〜山を生かす竹林整備研修_2017年12月10日】
これからはじめたい! どうしたらいいの? そんな初心者向けの実践的研修会です。響繁則さん(国土緑化推進機構選定 森の名手・名人)を講師に、荒廃竹林整備の基本的な考え方と注意点。伐倒講習・搬出等作業の実際を行います。また、チェーンソー使用者には別途講習を行います(※注1)。天候や参加人数の状況に応じて消し炭づくりなどもあり。
はじめての理論編は希望者あれば1月に開催予定。

◉お申込・お問い合わせ先
 面代真樹
 森と畑と牛とホームページのフォームをご利用ください。

【要項】
◉日時
12月12日(日)
9:00〜14:30
※午前のみ参加も可
※遠方からこられる方、チェーンソーを使わない方は、10時からの参加でも可(9時〜10時はチェーンソー講習か、のこぎり・鉈の使い方講習等を実施)
◉実施場所:奥出雲町布勢地区内竹林
 ダムの見える牧場の牛舎前に9:00集合
◉定員:15名までを予定
◉参加費:700円(保険・資料代として)
 ※島根大学学生は無料(ただし条件があります。お問合せください)
◉持ち物
・のこぎりとなた(お貸しすることもできます)
・作業用手袋(革手袋推奨。厚手の軍手等でも可)
・山に入れる服装と靴で(斜面ですべらないスパイクかミゾのある作業靴等)
・防寒のための服装
・昼食弁当、飲み物
※注1. チェーンソー使用者はチャップス(お持ちでない場合はお問い合わせください)
◉荒天(大雪等)の場合中止とします。

◉以下3団体の共催です
島根大学里山管理研究会
奥出雲山村塾
森と畑と牛と

2017年04月23日

竹についての2つの話題

 NHKの4月22日のニュースです。リンク先はいずれ消えると思われます。
「建設現場の足場に竹 香港ならではの光景」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170422/k10010957391000.html
 魚拓的に、テキストをひっぱっておきましょう。
《ビルが所狭しと建ち並ぶ香港では、建設現場の足場に今でも竹が使われています。数十階建ての高層ビルで職人たちが竹とナイロンのひもだけで次々と足場を組む様子は、香港ならではの光景です。竹が重宝されるのは、金属に比べて安くて軽いから。高い場所でも簡単に運搬でき、切って長さの調整も簡単です。竹の足場は100年以上前に中国本土から伝わったといわれ、1960年代以降の高層ビルの建設ラッシュとともに、香港で独自に技術が発達しました。今では、業界団体が資金を出し合い、無料で講義や実習を受けることができる竹の足場の訓練施設まであります。竹をひもで固定する方法をはじめ、足場の素早い登り方や落下しにくい姿勢など、若者たちが技術の習得に励んでいます。ところが、最近は竹に代わって鉄製の足場が普及しつつあります。鉄は組み立てが簡単で熟練した職人の技術が必要なく、このところ鉄の価格が下がっていることが背景にあります。
 こうした中、伝統の竹の技術を後世に残そうとする人もいます。竹の足場職人をしていた李家俊さん(49)は若者たちを率いて、粤劇(えつげき)と呼ばれる伝統芸能の巡回公演のために、竹組みの劇場を作り続けています。3000本以上の竹で劇場を組み立て、公演が終わると解体して、年間30回、香港各地を回ります。李さんは、竹組みを文化として残していきたいとの思いを強く持っていて、手がけた劇場は伝統の粤劇と抜群の調和を見せ、観客を魅了しています。香港のあちこちに見られる竹の足場には、独自に進化した技術への職人たちの熱い思いが込められているのです。》

 香港のみならず、台湾でもよく見る竹の足場。インドネシアでもよく見かけたと記憶しています。バリ島のGreen Villageあるいは○○が展開している竹の建築(構築物)の可能性について、まだ私たちはとらえていないのです。評価があまりにも低調なのは、開発と伝統の隙間にあるものだからでしょう。

 もうひとつの話題は竹にまつわる久しぶりの大著の刊行。
小林幹夫 著『原色植物分類図鑑 日本のタケ亜科植物』(北隆館)
 県立図書館に入りますように。

2016年06月11日

モウソウチクの盛衰(仮)

 表題についてのメモ書きが出てきた。おそらく3年前にまとめたものだと思うのだが、本体が見当たらない。拾い出して整理し直すべく、まずここにあげておく。

●モウソウチクの盛衰(仮)
1)全国の農家にひろまったのはどうやら昭和初期。それまではごく一部で栽培。
2)戦後、さらにひろまる。
3)1970年代後半から80年代前半にさらにひろまる(タケノコ増産奨励)
  ※70年頃にマダケの世界的一斉開花と枯渇が生じたあとの代替説あり。
4)90年代初頭に中国産筍の輸入拡大で価格暴落と生産の衰退・放棄。
5)90年代後半から放置竹林の荒廃化がすすむ
6)2001年5月21日、NHKクローズアップ現代が「列島に忍び寄る竹の異変」をとりあげる。……間違った理解※も広まるが、一気に人口に膾炙。
 ※荒廃した竹林はきょく(以下欠落)

20150823-P111041202

2015年05月28日

竹紙と葛紙と……

なぜ竹紙なのか……。長くなるので詳細はいずれ。
あえて、ひとことでいえば、
「人はいつごろから、自然界から繊維を取り出し、人工物として再編することをはじめたのか」
を想像してみたい、みるべきだ、そこに価値と意味がある、ということですね。

竹の繊維を取り出すことをはじめているのですが、繊維を取り出すところまでの工程は、布づくりとほぼ同じです。
たまたま、柳田国男の「木綿以前のこと」の中に見つけたので、ひっぱってきておきます。

文化四年に成った『北遊記』には、今の福島県の平と湯本との中間でも、藤布を織って産業にしている者がいたとある。是は衣服の原料としてではなく、おもに畳の縁へりにするために供給していたものであった。春中の女の仕事で、その製法は藤の皮を剥はぎ、水に浸すこと四五日の後、堅木かたぎの灰を加えて暫しばらく煮て、川に出して晒さらし且つ扱こくことは、麻の通りであるとも述べてある。


青空文庫の「柳田国男 木綿以前の事」より
タグ: 竹紙

2015年05月24日

火入れの手順を考えるのと同時に

 手順を考えてみた。そのメモとして。

@計画・調査
 計画:施業面積、日程、人員配置、委託契約(森林組合)、許可事前協議
 調査:植生、土壌(2〜3ヶ所程度)、稈経、密度等
A火入れ地事前整備
 杭打ち等による施業ヶ所マーキング(火入れ地、防火帯、消火ポンプ配置位置、人員配置等)
 下刈り(熊笹等)
 倒竹、枯竹運び出し
B火入れ部分は伐採・伏せこみ、防火帯部分は伐採・運搬
 伏せこみ状況の記録
C火入れ日確定(10日前)8月上旬
 天候状態・天気予報、人員都合を勘案しながら、決定。晴天が5日ほど続き、風がなく、火入れ当日もしくは翌日に、軽い夕立があるのが理想的。
 強風、降雨の場合は順延。
D火入れ当日
 集合・手順・安全確認
 火付け
 消化確認
 テント泊・定期巡回
E調査・播種
 土壌調査(土質、断面)、記録
 浅耕(焼け具合、灰の厚さ等による)
 蕎麦(カブ)播種
F調査(1週間単位)
G収穫・試食

2年目に小豆。
3年目から
タケノコ生産林+乳牛放牧地

以上。

2014年12月20日

奥出雲タケヤマ開拓2014ー第2回レポートの序

 実施報告をつくって、竹取り通信第3号を発刊せねば。
 島根日日新聞に記事が載りました。これこれ。



「目指せ荒廃竹林の整備」とあるのは、新聞の方便というべきもので、そんなことはひと言も申し上げてはおりません。大義名分としてわかりやすく批判のでないフレーズとなると「竹林整備」に落ち着くことはよくわかります。
 しかし、運動・活動の主体のひとりとしては、とても違和感があるということだけ申し上げておかないとと思います。そう、違和感があるのです。この活動は微妙な立ち位置にあります。
 そもそも、なぜ荒廃竹林を整備する必要があるのか、整備できるのか、どこまで、誰が、どうやって整備するのか、などなど。そのような問いはおきざりにされたまま、とにかくやりましょうという記事になってしまうのですね。
 この活動は松江市で開催しているセミナーとリンクしているのですが、鳥瞰的、意味論的、思想的、問題発見的、、、まあ、はっきりしないといえばはっきりしない足取りでやってます。いかんだろうね、これじゃ、非難をあびておかしくない。むしろそれ、歓迎。
 
 そもそも、賛否うずまくことというものは、「否」の存在感がクローズアップされることになっています。とくに規模が拡大した社会機構ではそう。マスメディア、大規模店舗、大都市……挙げ方が不自然ではありますが、がたいがでかいもの一般というくらいの把握でもいいでしょう。
 しかし、ですね、否が唱えられないことがいいことであって、それしかできない・しない社会って、もう終わりに向かって進んでる社会だと思うんです。
 
 タケヤマ開拓がめざすのはぼんやりしたものですが、山地酪農と竹との共存をめざしているといえば、ようやくちょっと近いのかもしれません。竹林整備はその一部でしかない。
 ま、そんだけ。
 ああ、ぐだぐだですね。私も頭の中と計画を整理せねば、です。
 今日も徹夜か、体力がほしい!
 

2014年06月24日

再生する竹薮

 6月9日に撮影した写真である。
 竹林を形成するつもりで「整備」したのではないと思われるので、7月初旬までに刈り取ってしまわないと、薮化するだろう。
 ああ、折って片付けたい衝動にかられる。このくらいのものだと、まだ硬化していないので、ぽきりと手で折ることもできるのだ。



 や、しかしである。この草たちの勢い。生命力の豊かさというか、しぶとさを、大いに発揮しているようだ。冬の時分には、歩いてここから100Mほどは奥まで入れていたのだ。
 密生した竹で覆われれば、この草の勢いはそがれていくのだろうか。
 そこに興味がわいてきた。
 すなわち草vs竹。
 定点観測を続けてみようと思う。

 
 

2014年03月14日

奥出雲竹取り通信1号まもなく発刊

 やっとこさ入稿をおえて、来週末にはあがってきます。
 


 巻末の「本棚」(参考文献)を抜き書きしておきます。
 ※のちほど、リンクを設定しなおしましょう。
 
本棚(主要参考文献)
どれでも興味のあるものから読まれるのが一番かと思うがあえての選書をしてみた。竹林を保有はしていないが、市民として興味があるのであれば、5)をおすすめしたい。島根県出身の著者が京都でNPOをたちあげての奮闘記である。所有者であれば、香川県環境森林部がつくった19)がよくまとまっている。竹の生態についてなら入門として2)は欠かせないのでは思う。一方で「竹林問題」を整理して考えるときに、12)を読んでおくと理解が進みやすい。
竹林の問題は里山の問題でもあり森の問題でもある。産業的視点と生態学的視点のバランスをうまくとっている森林ジャーナリスト田中淳夫氏の著作からは7)を。また、8)は生態学の最新の知見も盛り込み、森と里山についてのイメージを新たにしてくれる。



1)沖浦 和光(1991)竹の民族誌?日本文化の深層を探る,岩波書店.
2)上田弘一郎(1979)竹と日本人,日本放送出版協会.
3)野中重之(2010)タケノコ?栽培・加工から竹材活用まで,農山漁村文化協会.
4)橋本清文,高木 康之(2009)竹肥料農法?バイケミ農業の実際,農山漁村文化協会.
5)杉谷保憲(2010)京たけのこが教えてくれた,京都新聞出版センター.
6)岸本定吉,池嶋庸元(1999)竹炭・竹酢液のつくり方と使い方,農山漁村文化協会.
7)田中淳夫(2007)森林からのニッポン再生,平凡社.
8)清和研二(2013)多種共存の森,築地書館.
9)徳川林政史研究所(2012)森林の江戸学,東京堂出版.
10)内村悦三,中川重年,近藤博,松田直子,大石誠一,中西良孝,谷嘉丈,渋沢龍也,狩野香苗,濱田甫,杉谷保憲ほか(2009)現代に生かす竹資源,創森社
11)農山漁村文化協会(2012)竹徹底活用術?荒れた竹林を宝に変える!,農山漁村文化協会.
12)山田辰美(2004)放任竹林の拡大から里山を守る,「農村自然環境の保全・復元」p.154-163
13)大野朋子,下村泰彦,前中久行,増田昇(2004)竹林の動態変化とその拡大予測に関する研究,「ランドスケープ研究」67(5)p.567-572
14)鈴木重雄(2008)竹林の拡大特性とそれに基づく持続可能な管理手法の開発,広島大学大学院国際協力研究科博士論文
15)鈴木重雄(2010)竹林は植物の多様性が低いのか?,「森林科学」58, p.11-14
16)柴田昌三(2004)竹は里山の邪魔者だって!?ー里山管理を放棄した人間のエゴ,「森と里と海のつながり」p.86-91
17)柴田昌三(2010)竹資源の新たな有効利用のための竹林施業,「森林科学」58, p.2-5
18)鳥居厚志,奥田史郎(2010)タケは里山の厄介者か?,「森林科学」58, p.2-5
19)香川県環境森林部(2005)竹林の整備と利用の手引き
20)千葉県森林研究センター(2008)里山活動によるちばの森づくりー竹林の拡大防止と竹材利用

以上。。。。

2014年02月21日

竹チップ&パウダー覚え書き

 竹取り研修が終わって5日めだというのに、なかなか「まとめ」に着手できません。忘れないうちメモ風に備忘を。

 チップ・パウダー化は、おそらく時間にして約1時間半。最初は葉を落としていましたが、早々に「丸ごとぶちこみ」に変えました。
 枯れた竹はいれないことにしましたので、古竹は燃やすことに!(予定外:燃やしたいけど、この日にはできんでしょうと事前に講師(マスター)とは打ち合わせていたのですが、山主が「やろう」と言ったので)
 チップは袋づめ、6袋ぶんかな。後ほど写真で確認しましょう。
 袋につめるのであれば、やるそばからつめたほうがよいです。後で「山」からつめるのでは手間がかかります。
 チップ化ふくめての整備作業の人足勘定について、です。勘にもとづいて言います。
 2人いればやりやすいですが、3人〜4人が効率よく作業を進めるうえでの最低人数かもしれません。



 チップの組成はあとで書物で確認しますが、窒素が少ないことと、珪酸が多いこと、が特徴かな。乳酸菌を含有していますが、島根県中山間地研究センターからお越しいただいた指導員?によれば、土壌の菌と協働して土がよくなったという実例はないそうです。嫌気発酵させての効果は「実証はされてない」ということでした。
 ということで、使い方としては、主に3つ。
@竹林にそのまま敷く・まく……手間がかからないです、これ重要。土壌がふかふかとして(踏み固められなくて)タケノコがよくできるよう。しかし、おいしいタケノコめざしてイノシシが殺到するという事例が多数あるらしい。
A果樹の土壌に敷き詰める、しかも厚く(15センチくらい)……これ、再度確認です。
B落ち葉と同じく堆肥化する……山積みにして切り返し作業。



 あぁ、それからですね。竹灰の使い方として、田んぼにいれるのが常道として古くから行われてきたのです。これがいちばんかもね。
 また、今回は灰になるまで燃やしましたが、途中で消せば、ポーラス竹炭のできあがり。
 焼き物の釉薬として、こんにゃくづくりの材として、これは特産開発のひとつとして一考の価値ありですね。



 そして、竹を燃やすに際しては、杉のそばでやったんですが、おじちゃんたちは、とーっても慣れているというか、わきまえているというか。
 「そろそろ葉も乾いてきたけん、ちょっとあっちにずらさんと」
 「ちょっと雪かけて、勢いけさんと」
 うまく、火をコントロールしてました。
 「雪」がまわりに転がっているというのも大きいなあ。手でもってかければいいんですから。



 いやあ、来週中には「奥出雲竹取り通信」を発行せねば!です。