CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月21日

竹の焼き畑2016-sec.6





 タケヤブに覆われた中で生き残っていた杉の木。
うち3本を倒したのですが、2本ほどは中が痛んでおりました。
もう1本を切って終わりにしようとすると燃料切れ。明日にするかと道具をまとめていると、真っ白になったアマガエルがナタの柄にまとわりつきます。あぁ、鳴いておったのはお前か。
明日はここに火が入る。
這って逃げるものは這って逃げよ。飛んで逃げるものは飛んで逃げよ。人には正しい行いを。命には慈しみを。地には平和を。



 火入れ前の最後の調整日でした。6名でかかりました。
 晴天がつづきよく乾いています。
 よく焼けますように。無事焼けますように。
 
https://www.facebook.com/events/998548263569264/
(竹の焼畑2016-春焼きsono1)
タグ:焼畑
posted by 面代真樹 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1184364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック