CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月13日

竹の焼き畑2016-sec.3が終了

 レポートです。
 5月7日のこの日は参加者5名。朝方に思わぬ降雨がありましたが、10時過ぎにはあがり、昼前からは快晴となりました。なんとか火入れが見えてきましたよ。連休の最中、いい汗をかいたみなさん、おつかれさまでした!
 以下、箇条書きにて御免。

《概要》
日 時…5月7日(土)9:30現地集合〜15:30現地解散
参加者…5名
主内容…春焼き確定地の整備。作業量の確認と山手側へ火入れ地を拡大することに決定し、竹の伐倒と玉切り。意見交換、課題確認。





《確定事項》
1●燃焼テスト2回目を実行。火つきも悪く、燃焼もきわめて悪かった。これを受けて、膝上の高さ以上に材を積むことを必須とする。
†.膝上以上、腰高以下の高さに材を積み上げる。あるいは崩すこと。

2●火入れ区画の拡張

3●粟の播種量の決定……200〜300g
 種の代金はカフェオリゼから出資。

《次回作業日までの調整事項》
1●火入れ予定日の参加人数の確保(最低10名)。
 里山管理研究会の登録メンバーは28名。
2●播き方を調べて、確定する。

《その他》
1●焼き畑って何?を初参加・初心者メンバーに向けて映像を見せたりするなどの勉強会・上映会を開催する必要がある。→奥出雲ラボ・多根自然博物館研修室などを候補に準備していく。
†.上映材料と機材がそろえば発車。
 上映材料…椿山など。
posted by 面代真樹 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼畑
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1182178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック