CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月17日

正月とカブ

 正月にカブを供する儀礼といえば、七草粥があるのだが、その起源をたどろうとすると、途端に錯綜した渦に翻弄されることになる。
 まあ、いろいろ諸説あるんだけどね、と言いたく(まとめたく)なるのをおさえつつ、シンプルにとらえてみようと思ったときに、『丹波の話』に出てくる「若菜迎え」が鍵になるのではと直感したことが、この書を借りてくるきっかけである。
 磯貝勇『丹波の話』、昭和31年刊行。
 

 私がこの書の存在を知ったのは、小学館の国語大辞典、方言大辞典で「若菜迎え」をひいたときであって、丹波・丹後のいくつかの文献、そして島根県方言辞典を用例の出所としていた。おそらく外の地方にもあったのだろうがと思いつつ、いや、ひょっとしたらこのふたつの地域にのみ、明治から大正にかけて採取できただけかもしれないな、とも。島根の方言という点から若菜迎えをもう少し調べてみようと思う。

 さてその『丹波の話』は6つの章からなるが、若菜迎えが出てくるのは「由良川風土記」においてのみであり、その記述もきわめて少ない。
 地域は由良川上流部の何鹿郡(いかるがぐん)、船井郡、天田郡といった郡部と綾部市であり、現在ほとんど綾部市内に入っている。
 1950(昭和25)年の筆記である「正月の行事など」という一節は、「正月にまつられる神様は、由良川沿いの村里でもトシトクサン、あるいはオトシサンなどと呼ばれている」という一文からはじまる。穀物の霊、農耕神の性格をもつ神であることは一般に知られていることだがとして、その特徴がはっきりあらわれているものとして、まつる”場”について一見とりとめもなくあげている。私のほうで整理しなおした箇条書きを以下に記す。

1. 俵の上にまつる(綾部市和木)
2. 一升枡、斗升、升掛など枡を司る神様で枡にまつるものだといっている(綾部市星原)
3. 歳徳神の軸を床にかけ、その前に種モミの俵をおいて祭る(天田郡川合村)
4. 米俵の上に松をさし、ヘヤの中で祭る。松は三段五段のもので松かさの多いものを選ぶ(船井郡和知地方)

 





posted by 面代真樹 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック