CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
育休明け [2018年10月21日(Sun)]
お早う御座います。
5ADF58FF-9E99-45D8-9AFF-FD1D69FAE21E.jpeg
昨夜、雨上がりの東京に来ました。
今朝は晴天です。
「TMUプレミアム・カレッジ開講記念シンポジウム」
(人生100年時代の豊かな生き方に向けて)
に参加のために上京しました。
さて、3人目の長女を出産し明日から出勤の職員の
写真を下落合に飾っていた。
育休明け初出勤に私いないので
ブログでwelcome❣️
ぶーもいたんだね。

Posted by 石澤育子 at 07:41
若手の参加は超嬉しい [2018年10月19日(Fri)]
今晩は。
08106849-4550-47E2-B48F-5A8CBF9AE5CA.jpegーー

日本国際ギディオン協会夫人会副会長さんを
弘前駅まで午後5時49分発に乗車に間に合わせて送りました。
りんご園をぐるり周り、岩木山神社、弘前公園を車窓から案内。
ついでに、日本一の「弘前公園」満開の桜のとき、
最高のロケーション「五十石町別宅」で夫人会をやろうと案内。
88B09FE3-18AB-4E01-92F9-DA1912B59E2B.jpeg
福島市在住の方なんだが、遅れて夫人会に参加した
弘前福音キリスト教会の若手が、
なんと副会長の福島弁にイタク反応。
同じ福島市の出身で「ああ、知ってる、知ってる」の笑顔の頷き。
実に不思議な感動の日本国際ギディオン協会夫人会奥羽地区会でした。
Posted by 石澤育子 at 18:00
国際ギディオン協会奥羽地区ミニ夫人集会 [2018年10月19日(Fri)]
やっと本日金曜日の19日に時計の針が動きました。
で、今年2回目の、
日本国際ギディオン協会夫人会の奥羽地区のメンバーが来弘し、
弘前市土手町の医療法人聖誠会「デイサービスセンター土手町」二階で
お昼から午後3時まで開かれます。
目下のところ参加者は5人も集まれば御の字❣️
まあ、電話連絡いただいた人数です。
同年代の一世を風靡した歌手「沢田研二」さんが
開園2時間前にコンサート公演中止をした
ネットニュースを見ましたが、
私は参加者が2、3人でもお持てなしの「カレーライス」は仕込みます。
歌手「沢田研二」さんと比較のの譬へが余りに違いすぎますが、、。
へば、本日お昼から午後3時まで「驚きも世界」を、
もう一度、「おれんじカフェ駒越町」ママにお見せしましょうね。
一先ず寝ます、、おやすみなさい。
Posted by 石澤育子 at 00:37
人を喜ばす [2018年10月17日(Wed)]
おはようございます。
今回はハッとしてグッと来た事柄をアップ。
1A9631A5-05C3-4A2C-BD68-A1E8CE0A5E2A.jpeg

認知症だけでなく高齢者への接し方は「コレ」ユマニチュード。
職員も「ユマニチュード」の言葉は知らなくても施設で見る限り
「ソレ」らしい振舞いで高齢者に優しく接していた。
さて、そんな行為に感謝の意を表して下さったのか、
自分リハビリのためにビーズで小物作成して
紙袋一杯プレゼント。
DF50F8C0-C98F-4B3E-BAF8-699DD81FBA87.jpeg
官庁の施設から「百沢ひかり荘」に入居の高齢者は、
中学時代、土手町の「紙屋」の息子の家に出入りして遊んでたそうだ。
その家の年寄りがふんだんにある「紙」で、工作を教えてくれたそうだ。
彼は80ちょい前の歳まで、手先で「紙の花」を咲かせ人を喜ばせている。
2E209551-2A93-4E84-AF8A-93484BC06CD1.jpeg

Posted by 石澤育子 at 09:11
沖縄の土産 [2018年10月16日(Tue)]
お早うございます。
0AF82B16-3D63-4E5F-99E1-3390A5A9F5D0.jpeg

まだ外は真っ暗な今朝です。
昨日、朝から青森市往復
そしてサ高住「オリーブコート新町」退去室確認、
で、秋の色濃い百沢街道走り「百沢の湯」デイで利用者と麻雀。
そして、夜は「沖縄に転勤」元職員との邂逅。
寿司は美味い、料理は抜群の「一休」で思い出が爆発。
365DB7C7-AF9D-4C21-A8DA-6B7788867A2F.jpeg

楽しいお開きは午後10時閉店時間でした。
楽しかったね、、、、へば、沖縄でもう少し頑張れや❣️
Posted by 石澤育子 at 04:27
朝から青森市へ [2018年10月15日(Mon)]
おはようございます。
青森市荒川に午前10時に待ち合わせで、
8時半には向かいます。
午後は弘前市です。
話し合い伸びれば浪岡で休憩昼食してきます。
職務後の「福ちゃん会合、ヨネ手配宜しくね」
D500C206-FA2F-4037-8ED8-E166575E45B9.jpeg
さて、日曜日のナマバンドの歌声ボランティアで利用者達生き生き。
男の利用者が目を閉じて頭を垂れてるのに
「次は北帰行です」
のアナウンスにパチっと眼光鋭く目を開け歌い出していました。
歌の、しかも自分の歴史とマッチングした歌に出会うと
老人の、認知症の、それぞれの反応がとっても良いね。
見てる私も嬉しくなっちゃう、そんな「歌を歌おう」でした。
「秋田修と友に歌おう会」とってもよかったありがとね。
嬉しすぎて、ケヤグが来たもんで
私ちょっと喋りすぎた、、、反省!
Posted by 石澤育子 at 07:52
秋田修の歌の日 [2018年10月14日(Sun)]
お早うございます。
いい秋晴れの日曜日。
本日、社会福祉法人オリーブ会複合小規模施設
「オリーブコート城西一丁目」
ボランティアグルーブが午後1時半歌を利用者と一緒に
「秋田 修と歌を歌おう」で来訪。
秋田修は別名「盲目のランナー」で、
噂は、石澤育子と同年同日誕生日が一緒の二卵性兄妹じゃないか?って。
だんだん風貌も似て来ている。
さて、さてその真意をお確かめしたい方々は
本日のご来場をお待ち申す。
場所は弘前市城西一丁目で、旧傍島内科医院跡です。
電話は55-5908
近所の洋菓子店「ピーターパン」のショートケーキ40個用意。
「秋田修の歌を歌おう」が終わる午後2時半前後から
施設入居者、歌おう会参加者一同でお喋り交流会。
お・た・の・し・み・にカップル

へば、これがら礼拝さイグ。
その後、旧弘前女学校(現聖愛高校)に在学した昭和9、10年生まれで、
弘前高校卒一流大学卒一部上場企業の彼氏と結婚。
退職後しばらく夫婦水入らず。
80の坂を越えようとした頃夫に先立たれた。
「シャケが生まれ故郷に命をかけて産卵に戻るように」
「居ても立っても居られない、故郷に帰りたい」
と、2年前突然何の面識もない老女風奥様2人が別な施設にベロっと
「オタクの施設見せて頂戴。後、こことここの施設も見たいの」
さすが、東京夫人だな、と感心。
しかし、東京感覚が抜けてない。
「どうやって回るんですか」「あら、バスよ」
ってな感覚で、私、ボランティアで車でご案内した。
もうすっかりそんな事忘れてしまった、毎日擦った揉んだの仕事だから。
その時、「なんか相談したい事あったら電話を」と、名刺を渡して置いた。
これが、ひょんな事から息ふきかえし2ヶ月前電話をよこした。
しかも「クリスチャン」だったのだ、東京ご婦人は。
これまた、奇跡のような話がてんこ盛りで、
東京三鷹市の所謂「ヤマザキパン」の教会まで繋がる。
後日にブログアップする。

Posted by 石澤育子 at 08:49
木曜日のブログカット [2018年10月12日(Fri)]
こんばんは。
金曜日、各施設の幹部のカンファレンスを午後6時から、
「おれんじカフェ駒越町」で開催。
帰宅は午後8時。
午後8時半に「ブログ消せ」と電話があった。
そしたら、炎がついたように味方がいる、と思った夫が、
眉毛をひっくり返して「言う通りに、ブログ消せ」と、
言い寄って来た。
いつも、いつも大事な時に夫は私に反旗をあげる。
私は言葉の砲弾の中で「神に祈る」
なるようにしかならない、と。
波紋はうねって渦になり、何かを大事な何かを飲み込んでいる。
Posted by 石澤育子 at 22:24
遠方より友来たる [2018年10月12日(Fri)]
おはようございます。
F65E9156-7F46-495F-BD2C-A67D3321943E.jpeg
秋晴れのいい朝に一句

沖縄の台風置いて友来たる

1999年3月1日「デイサービスセンター鷹匠町」開所で、
医療法人聖誠会石沢内科胃腸科から医療事務職員を連れて
社会福祉法人オリーブ会の新規事業を立ち上げた。
レセプト請求から運営、入浴、おしめ交換、イベント開催等の
「何でも屋」をこなしてもらった。
きっと「奥様、話が違う!」と、思い続けた日々だったろう。
右も左も分からないままの社会福祉法人立ち上げだった。
初期の怒涛のような日々が過ぎ3年、結婚退職をした。
日本列島の海やソマリア海峡の見張りに身を置く仕事の人との結婚。
弘前に建てた自分達の家には定年後住むのよ、と遠方に暮らしている。
ひょっこり「おれんじカフェ駒越町」に、顔を出した。
昼時だったので「カレーライス」食べ、ヨガをして
昔の我々に戻り笑い転げた。
64E8A2CB-FA41-451F-9B8D-9390258C7113.jpeg
カフェのママの子が南高校の修学旅行で母親の職場にお土産をよこした。
その子は遠方より来たる友の結婚式で花束贈呈したそうだ。
その時五才だったそうだ、まさに人生は光陰矢の如し。
Posted by 石澤育子 at 09:40
木曜日「ヨガ ヲ ヤロウ」 [2018年10月11日(Thu)]
おはようございます。

無知にびっくりこいた今朝の一句

咲き終わり椅子に立位の立葵

綺麗な立ち姿の夏の花の「立葵」
津軽の秋の気候の今、
枯れて素敵な立ち姿を見ることはもう出来ない。


以後本日10月12日午後12時半面談し、
「椅子に立位は椅子に座位のご家族の聞き間違いと申し出ました」
よって、間違いの箇所のある手紙に署名押印はできない事を承諾頂きました。

私は不本意ですが我が肉親から非難轟々で木曜日のブログ一部カット致します。

矢面に立ち盾になって職員達を全身全霊で守ったことだけは覚えていて欲しい。
せめての救いは無理難題を押し付け職員に高度な介護の要求を声高に求める中で、
優しく入浴、おしめの取り替え、食事介助、歌等のレクの
24時間を切れ目なく介護し、
短期入所生活介護オリーブコートの二十名利用者を満遍なく愛で
一瞬の喜びの顔を見るために働く職員の姿を私はいつでも思い出す。
良きにつけ悪しきにつけ縁がなければ出会うことのなかった
全ての事に私は感謝する。
しかし、実に不愉快な日々が続いた。
言い訳はしないが全ては神がご存知だ。



















Posted by 石澤育子 at 07:17
| 次へ
プロフィール

石澤育子さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/olive_kai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/olive_kai/index2_0.xml