CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
晴れokoyサポートへようこそ晴れ

心育(ここいく)をコンセプトに
「こころ」のサポート・成長に重点をおいて、
子どもの教育に関わると同時に
生きづらさ、息苦しさを感じている方が、自立した「こころ」を持って
自分らしく日々の生活を送るサポート活動も行っています。

@心育(ここいく)をメインにした学習指導を行っています。

Aこころの講座を開催して自分と向き合う時間を共有しています。

Bサポートが必要な方が安心して話ができたり相談ができる居場所作りの活動をしています。

ホームページはこちら

http://oko-support.jimdo.com/
アート展開催!2015年5月23日〜 [2015年05月13日(Wed)]

私が活動している
NPO法人育々会が共催となった
アート展が開催されますグッド(上向き矢印)
5月23日〜31日まで10時〜18時(土曜のみ9時〜20時)
場所は倉敷市笹沖457−16 ゆめタウン駐車場南側です。

目印はこれ↓です。
育々会看板.JPG

私は鑑賞専門目ですが、色えんぴつ画体験コーナーもあります。
コーヒーお茶など飲みながらまったりとお過ごしいただける空間となっています。ぴかぴか(新しい)
まさにおうちにいる感覚でアートに触れる事ができると思います。
ぜひ足をお運びいただきたく思います。
お待ちしておりまするんるん

お問い合わせは
086−434−2518

アート展.JPG
備中県民局 の「生き活き岡山推進賞」2014_7_23 [2014年07月23日(Wed)]
所属しているCAPグループのエンパワメントMOMOが
備中県民局の「生き活き岡山推進賞」を頂いたので
表彰式に出席してきました。

image.jpg

倉敷の小学生連れ去りの事件で、
無事保護された事でひとまず安心しましたが、
その事もあって余計に暴力防止の予防教育の必要性を感じました。
おとなが24時間子どもを目に見えるところで守る事は不可能です。
子ども自身が自分を大切に思い、自分を守る意識と方法を身につける
ことがとても大切です。
CAPプログラムは、子どももおとなも学べる内容になっています。
もっと多くの人に届けたいと強く思った時間でした。


余談ですが、同じく表彰されていた団体の代表者が
10年以上会っていない友人でした。
思いがけない再会に驚きつつ
お互い子どもに関わる仕事をしてたので
これから再交流が始まる予感がしました。
ご縁って不思議です晴れ

岡山県DV被害者支援団体育成事業VOL1 2014_7_20 [2014年07月20日(Sun)]
岡山県DV被害者支援団体育成事業VOL1 の

「民間支援団体って、何?」
に午後から参加。

minnkan.jpg

・活動の根拠になる法律を知らないと中半端な活動になること
・民間の強みを活かしながら行政と関わり見方を作ること
などなど
今までとは違う観点からの学びがありました。

想いだけでは続かない活動

いま自分がいる位置を常に把握して、これからどんな手段で
どこを目指すのかを明確にしないといけないと感じました晴れ


倉敷市まちづくり人材育成講座2014_7_20 [2014年07月20日(Sun)]
本日3回目の開催。
サロン開催のコツが学べる講座ですが
ファシリテーターのコツも学べる講座にて参加中。

machidukuri.jpg

午後から別の研修があったので、途中で帰ったけど
今日学びたいことは学べた。
後は自分なりのスタイルを追求していくことかな。
秋に実際にサロン開催を行って修了になるらしい。
もう少しがんばろう晴れ晴れ

不登校からの一歩 [2014年06月01日(Sun)]
半年前に学校に行けなくなった生徒さんがいました。
家庭教師もお休みとなっていたので
時々連絡するのみの見守りをしていました。

先日、またお願いしますという連絡を受けて行ったところ
勉強したいからという理由で学校に少しだけ行きだしたと
いう嬉しいお話。
しかもそれが自分で行ってみようと思ったというのでスゴイるんるん

苦しくて苦しくて、おうちで本人も家族も途方にくれた大変な時期もあったとか。
でも皆が見守っていたからまた学校行って勉強しなきゃ
って思えたのかな。
まだまだ波はあるけど
これからも見守りながら応援しようと思いました晴れ晴れ晴れ
ほのぼの子育てほっとはあとさんへのCAPのお届け [2014年02月24日(Mon)]

本日、総社のほのぼの子育て ほっとはあと ちびっこひろば
さん
https://ja-jp.facebook.com/Hottohaato?hc_location=timeline

image.jpg


CAP(http://www.cap-j.net)の子どもへの暴力防止プログラム
をお届けしてきました。

子育ての中、色々大変な事があると思いますが、
皆さん一生懸命聴いて、参加してくださいました。
子どもへ向けた内容ですが、大人である親ごさんへのメッセージにもつながる
内容なので、皆さんの心のエンパワメントにもなるといいなぁと
思いながら帰ってきましたるんるん

日本ケアカウンセリング協会講座 [2014年02月09日(Sun)]

日本カウンセリング協会

のワンデイセミナーに参加しました。

image.jpg

午前中に行動形成法
午後から対人関係の心理
を学びました。
行動形成法では、「出来るはずなのに先延ばしにしていること」
の事例から無自覚に抑制されている自分の抱える問題に気づいて
解決につなげていく事をロールプレイをしながらまなびました。

対人関係の心理では、
ドラマ『半沢直樹』の心理分析を通して
うらみの心理(親子関係の未解決の葛藤)について学びました。
プライベートの原理をパブリックの場に持って行くとどうなるか
などとても興味深い内容で
あっという間の1日でした。
市場恵子さんとエンパワメントMOMOさんの講演&ワークショップの案内 [2013年12月14日(Sat)]

2014年1月25日(土)13:30〜15:30、倉敷天満屋6階ウィズアップ倉敷にて。
わたくしめが理事をしている育々会にて、私の初企画の講演&ワークショップ開催します。

市場恵子さんと、CAPグループのエンパワメントMOMOさんをお招きして行います。
「子どものちからを引き出すために大人ができること」
と題して、
暴力やいじめの被害者にも加害者にもならないために
どうしたらよいか、どんな意識をもっていたらよいかなどお話しいただきます。
子ども目線だけでなく、大人にも通じる内容になっています。
自分も相手も大切にすること‘についてみんなで考える時間になるといいなと思っています。
ぜひぜひご参加いただきたいです。


チラシはこちらから
↓↓
子どものちからを引き出すために_平成25年度倉敷市人権補助事業.pdf


申込み先アドレス: oko.support@icloud.com

参加申込みお待ちしておりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

桑田真澄講演会にて [2013年12月06日(Fri)]
2013年12月6日
桑田真澄さんの講演会聞きに行ってきました。

2013-12-06 23.08.16.jpg


自分は、体格や才能に恵まれた訳ではないので
頭を使って考えて、できる限りのあらゆる
「努力」を続けて
結果に至るプロセスも大切にしてきたから、
ほんのひと握りの人しか到達できない世界でやってこれた
挫折も多々経験したが、あきらめなかったことが大きい、と。

また、40歳を前にして大リーグに挑戦するときも
周りから、無謀だ、恥だ、カッコ悪いと言われたが
カッコ悪くてもいいじゃないか
自分が挑戦したいと思う気持ちに素直に従う事が大切だ
自分の目で見て確かめ、「本物」に触れることでしかわからない事もある
と言われていた。

最後に体罰についての話もされていたが
桑田さんは体罰は不要という立場で発言を続けているが、
一方で自分が体罰を受けてきた指導にも感謝していると
言われた。
これは、一見矛盾するように見えるが
体罰を経験したからこそ不要だという結論に達したが
それでもその当時はそういう指導法が正しいとされていた
現実もあるので、その時代の方法を否定するわけではないと
いう尊重の想いからではないかと
勝手に推測してみました。


自分のやりたいことが
なかなか前に進まず
伝えたい事も伝わらない
もどかしさを感じることが
多いこの頃ですが
相手を尊重しつつ
自分の意思も強く持って
粘り強く続けると
きっと何かが
動く

そんな勇気をもらった
時間でした晴れ



CAP子どもワークショップin萬歳小 [2013年11月12日(Tue)]

紅葉が所々いい感じになっている中、県北の新見へ
CAPプログラム小学生版のお届けに行ってきました。
今回は、3・4時間目で低学、5・6時間目で高学年と
2ワークでした。

大人ワークは何回か経験して少し慣れてきた感じでしたが
子どもワークは今回2回目で、本当にどんな意見や行動が飛び出すかわからないので
本当にドキドキでした。
ですが、今回はお昼を挟むということで
なんと給食を食べさせていただくという嬉しい出来事が
ありました。

2013-11-11 12.23.11.jpg

給食なんて何十年ぶり?
という懐かしい感じと、教員の方の嬉しい心遣いに
感動ぴかぴか(新しい)しまして、
大変なワークショップも乗り切りました。

ひとりでも多くの子に
「自分も相手も大切にする事」 
が伝わるといいなぁと
思いますグッド(上向き矢印)


| 次へ