CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年06月11日

温暖化の出前授業in宮古島!

はいさい。角田たんたんです。

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2009 (6/12〜6/13)

有名なアーティストが宮古島に集結し開催されるこのロックフェスティバルの協賛企業であり、「雪塩」ブランドでも有名な株式会社パラダイスプランさんからうれしいご連絡をいただきました。

今年1月、RBC琉球放送さんで、EARTH☆FROGS(アースフロッグス)がエコハピecoconで大活躍する様子を紹介した番組が放送されました。それをご覧になったパラダイスプランの担当の方から、「ロックフェスティバルにあわせて、EARTH☆FROGSと一緒に活動を!」とお声をかけていただいたのです。

フェスティバル実行委員会の方々に調整していただいた結果、宮古島と橋でつながっている池間島の池間小学校で、温暖化に関する出前授業をさせていただくことになりました。

池間小学校は全校生徒20数名と小さいながらも、とっても元気な子どもたちがしっかりとした挨拶のできる、それはステキな学校でした。

授業では、

■普段の生活の無駄づかいって?
■無駄づかいを重さにすると?
■地球の気温が上がっている?
■気温が上がると池間にもいる生き物に影響が!?
■気温があがるのを食いとめるには?
■みんなができること

以上の内容を、体を動かしたり、スクリーンを見てもらいながらお話ししました。

池間小の子どもたちは、豊かな環境に囲まれていて、ウミガメを今までに見たことがあるかを尋ねたところ、8割くらいの子どもたちが手を挙げていました。山育ちの私には、うらやましい限りです。


これからの時期、池間島はオカガニの産卵シーズンを迎えます。
校長先生が、生徒みんなでオカガニの産卵を見に行った時のことを話してくれました。

大潮の夜、子どもたちと一緒に浜でじっと待っていると、数十匹、数百匹のオカガニがガサガサと浜に集結し、海に卵を放ちます。空には満月。それをじっと見つめる子どもたち。

濃密な時間をみんなで共有していることをステキだと感じました。

子どもの頃のこのような体験は、大人になっても記憶の奥に残りつづけるものですよね。
こういった体験のできる環境を残していきたいと強く感じます。

テレビ番組を見ていただいたことが縁での今回の出前授業。
今後もさまざまなつながりから、活動を広げていきたいと思います。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2009年03月22日

green birdとのコラボスタート!

年度末の慌しい波に飲み込まれ、なかなか更新できていませんでした。ごめんなさい。。。

さて。皆さんは「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト、green birdを知っていますか?

EARTH☆FROGS(アース・フロッグス)は来年度から、このgreen birdと協働して、クリーンアップ活動を継続実施します。

先日トライアルとして、名護市21世紀の森公園ビーチにアースフロッグスメンバーが集まり、第1回目ビーチクリーンアップ活動をしました。東京のグリーンバード事務局からはゴミ袋、ビブス、軍手、トングのサポートをいただきました。

1時間半ほどでゴミ袋10袋分のゴミを収集しましたが、1点気になったことが。

今回会場となった名護市は、県内でもゴミ分別がかなり細かく決められ、16分別が徹底されています。一方、ビーチに落ちているゴミのほとんどは、潮の流れによって細かくなったもの。例えばビニール、プラスチック、紙クズ、ナイロンのひも、タバコなどなどです。

つまり!細かい分別ルールがある地域では、ゴミを拾うことよりもそれを分別する作業に多く時間がかかります。その結果、効率的にクリーンアップ活動ができないということになります。「ねー、これはプラ?ビニ?」なんて頭をひねりながら活動をするものだから、なかなか進まない。。。

ボランティアを募りながら多くの人を巻き込んでいきたいクリーンアップ活動だけに、煩雑な作業は極力少ないほうがよいとは思うのですが、現状はかなり厳しいのです。

広く人々を巻き込む運動は、「わかりやすい!」「すぐにできる!」「手軽にできる!」こういった面がどうしても必要。当面は、グリーンバードさんから送っていただいた4分別ごみ袋をいかに活用できるか、試行錯誤が続きそうです。

ともあれ、アースフロッグスでは今後、主に北部と南部に分かれて毎月クリーンアップ活動を行う予定です。

詳細はこのブログでもご案内します。参加は自由ですので、環境に興味のある方、お近くに住んでいる方、有意義にお休みを使いたい方、恋人との待ち合わせまで少し時間がある方などなど、気軽にご参加いただければと思います。もちろん元気な大学生と交流をしたいという方も大歓迎です!

グリーンバードの合言葉は“KEEP CLEAN. KEEP GREEN”ですが、沖縄ではさしずめ、“KEEP CLEAN.KEEP BLUE”でしょうか。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2009年02月04日

琉球新報さんに大きく掲載!

2月3日付けの琉球新報さんの「いきいきエコ」欄に、EARTH☆FROGS(アース・フロッグス)がecoconで会場賞を受賞した記事を大きく掲載していただきました。

先日の日経新聞掲載もあり、アスフロのecoconでの活躍をお知らせするプレスリリースを流したところ、こんなにも早く取り上げていただきました。ありがとうございます!

NPOでも学生サークルでも、イベント案内のような事前告知に留まらず、こうして自分たちの活動をしっかり事後報告していく重要性を改めて学んでいます。

posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2009年01月28日

アスフロが日経新聞デビュー

1月27日付けの日本経済新聞をご覧になった方で、既にお気づきの方もいらっしゃるでしょうか。

28面に、東京電力さんが全面広告を出していらっしゃるのですが、その下段に全国大学生環境活動コンテスト(ecocon)の報告が、そしてなんと!我らがEARTH☆FROGSのカエルくんたち6人衆の顔がドーンと掲載されています。



ecoconで学んだこと・得たことを、沖縄でしっかりと活かしていきたい!と、メンバーも気持ちを新たに2009年を歩き出しています。ちなみに今日は地元のラジオ局で、ecoconの報告予定。今年もEARTH☆FROGSのカエルくんたちに、ご期待ください!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年12月30日

初出場のecoconで快挙!

先のブログでご紹介した、「エコハピからecoconへ」の流れ。EARTH☆FROGSは2008年の活動目標のゴールとして、ecoconに出場する!を掲げていただけに、12月22日-23日のecoconは、今年の活動のまさに集大成となりました。

初日は、全国56団体が8会場に分かれ、7団体による「予選」が開催。EARTH☆FROGSは、アスフロをテーマにしたラジオ番組という設定で、

■学園祭での廃食用油の回収・BDF化→同世代への働きかけ
■那覇まつりでのエコ分別ステーション→企業との連携
■地球温暖化に関する出前授業の実施→次世代への環境教育

の3テーマを、会場を巻き込んだ笑いが絶えない見事なパフォーマンスで訴えました。

さらに、単に「おもしろい・楽しい」という印象だけで終わらないために、

■おもしろい・楽しいという、エンターテイメント性こそが、環境に関心のない人に興味を持ってもらうために自分たちが選んだ方法

というメッセージも。

4名の社会人審査員による鋭い質疑応答や1分間追加プレゼンテーションなどを経て、なんと!!!予選グループでの1位=決勝進出!の栄誉をいただき、さらにさらに、翌日の8団体による決勝では、来場者が選ぶ人気投票の結果、見事「会場賞」を受賞してしまいました!


身内びいきを差し引いても、アスフロの会場を巻き込んだプレゼンテーション力は素晴らしいものがあり、審査委員の東京電力の環境部長さんからも絶賛していただいただけに、沖縄の爽やかな風が会場を包み込んだ瞬間でした。

ecoconに出場していた学生団体は、大別すると「学生ならではのパワーやノリ系」と、「プロ顔負けの専門技術の利活用系」に分かれると感じました。ただ、決勝に進んだ8団体を見ると、いずれも学内だけに留まらず、地元の企業や市民の方と有機的につながり、可能性をどんどん高めている という共通項があることも分かりました。学生団体も、立派なNPOですね。

NPO沖縄ホールアース研究所は、EARTH☆FROGSと共に、2009年も学生と企業や市民をつなぐ接着剤でありたいと強く思います!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年10月17日

那覇まつりでエコ活動!

ギネスブック公認・世界一の大綱挽きで有名な、那覇まつり。

この、県下最大のお祭の一環である「那覇まつりRBC市民フェスティバル」で、沖縄ホールアース研究所とEARTH☆FROGSメンバーが3日間、様々なエコ活動を実施させていただきました。

元々は昨年に企画が持ち上がったのですが、昨年は季節はずれの台風のせいで、本番直前にまさかの催行中止。言わば2年越しの夢がついに実現したわけです。

会場の奥武山公園を舞台に、どんなエコ活動を展開したかと言えば。。。

1)がじゅまるガーデンとの協働によるエコグッズ販売

2)ごみステーションにおける7分別の指導

3)地球温暖化防止に係るクイズ

4)マイ箸・マイタンブラー作り

の、豪華4本立てでした!

これまでも、那覇まつりRBC市民フェスティバルでは、ごみの6分別は実施されていましたが、分別用のごみ箱が置かれていただけで、分別が徹底されていたとはなかなか言えない状態。その他は特に「エコ」につながる活動はなかったと聞いているだけに、これだけ大きなイベントに、これだけのエコ活動を導入できたことは、まさに画期的な出来事と言えます。

これを機に、沖縄県内の様々なお祭・イベントに、エコ活動の輪を広げていきたいですね。

貴重な第一歩を実現させていただいた、RBCさんに深く感謝申し上げます。
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 18:45| Comment(1) | TrackBack(1) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年10月09日

サッカー観戦の後にクリーンアップ

うちなー学生環境サークルEARTH☆FROGSは、トランスコスモスCRM沖縄の皆さんに応援していただいています。

10月5日(日)、そのトランスコスモスさんが協賛しているFC琉球の試合が行われました。(FC琉球といえば沖縄唯一のプロサッカーチームで、あのフィリップ・トルシエ氏が総監督を務めているんですよ。知ってますか?)

さて、我らがEARTH☆FROGSにとって、このFC琉球の公式戦には、2つの大きなイベントがありました。1つは、アスフロのメンバーであり、The Blue Sky Kicksのボーカルでもあるコタニが試合前とハーフタイムにライブを行ったこと。伊是名島ライブと同じく、ノリノリの曲にアスフロメンバーも大盛り上がり。

そしてもう1つが、試合後にトランスコスモスの皆さんと協働で会場内や周辺のクリーンアップ活動でした。

当初は、スタンドを徹底的にきれいにする!と意気込んでいたのですが、サポーターの皆さんのマナーが素晴らしく、ほとんどごみが落ちていない状態。そこで急遽、会場の周辺に設置されていたごみ箱での分別作業を実施しました。


ペットボトルのラベルを剥がし、キャップを別に回収し(→ワクチンに)、生ごみも缶もタバコも(>_<)ごちゃ混ぜになっているごみ袋を開いて分別。。。

観客席にはごみが落ちていなくてマナーの良さを感じたのに、この差は何なんだろう。アスフロメンバーから出た"答え"は、「ごみ箱が悪い。」

ごみ箱が1つしかなければ、おのずとそこにまとめられてしまうもの。分かりやすくて目を惹きやすい分別サインのあるごみ箱が並んでいれば、恐らくはもっとしっかり分別されたのでは・・・。

街のいたるところに分別用のごみ箱が設置されているヨーロッパなんかが、そのヒントになるのかもと感じました。

いずれにせよ、トランスコスモスさん、貴重な機会をありがとうございました!

posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年09月17日

エコ活動の発表会=エコハピ!

うちなー学生環境サークルEARTH☆FROGSでは、今年の最大の目標を2つ掲げています。

1)全国大学生環境活動コンテスト=ecocon2008に出場する!
2)沖縄でも、ecoconのような環境活動の発表会を開催する!

このうち、2番目の企画は、既に少しずつ動きつつあります。「エコな活動の発表会でみんなHappy!」を合言葉に、名づけて"エコハピ2008inおきなわ"!先日、エコ活動の発表グループを募集するポスターデザイン案のプレゼンテーションが行われました。

高校生や大学生・専門学生が主役のイベントなので、やはりポスターも同じ世代に創って欲しい!ということで、あのアスフロのロゴマークやオリジナルマイバッグデザインをお願いしたインターナショナルデザインアカデミー=IDAの学生さんたちに、再びお願いしたんですね。

今回提案していただいたのは、どれも個性的な4点。1つ1つ、制作者から想いを伝えていただき、アスフロメンバーがそれに対して質問を重ねていく。。。

で、結論から言うと、今回は1つに絞りきれませんでした。アスフロメンバーが持ち帰り、他のメンバーやアスフロではない友人にも意見を聞いたうえで、1つを選ぶことに。さぁ、果たしてどんなエコハピのポスターデザインが沖縄県内に登場するのか。乞うご期待です!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 18:45| Comment(1) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年07月08日

ビーチバレー&クリーンアップ

7月6日、西原町のマリンパークにアスフロメンバー総勢17名が集結。RBCさんが主催の「マリンパークカップ第14回ビーチバレー大会」に参戦してきました。

今回の目的は2つ。

1)もちろん、ビーチバレー!
男子2名×女子2名の4名1チームで、アスフロからは3チームがエントリー。その名も「やどかりちゃん」「FLYING☆FROGS」、そして「TEAM TSS」。ちなみに最後のTSSとは、"the seniority system"=年功序列の頭文字。このチーム、全員4年生でした。

2)クリーンアップ活動!
ビーチバレー大会の協賛企業は、アスフロのサポーターでもあるトランスコスモスCRM沖縄さん。今回はビーチバレーは美しい砂浜があってこそ!ということで、クリーンアップ活動をトランスコスモスさんの社員の皆さんと一緒に展開しようという趣旨でした。

さて、結果報告。

ビーチバレーはというと、神様のいたずらか、アスフロ2チームが同じ組に入り、互いに仲良く1勝1敗。唯一FLYING☆FROGSが決勝トーナメントに進むも、1回戦であえなく敗退でした。

一方、クリーンアップは順調に展開。まず、ごみ捨て場に段ボールで「ペットボトルのキャップとラベルはこちら→」といったサインを作って分別を呼びかけ。さらに、トランスコスモスさんと一緒に定期的に会場を練り歩き、ごみの分別回収とビーチクリーンを行いました。



おかげさまで、今回の分別レベルはかなり高得点!今企画を練っている那覇まつりのごみ分別に向けても、イメージが沸きました。皆さん、ご協力ありがとうございました!


posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス

2008年06月13日

企業さんに応援していただいています

来月の7月22日で創立1周年を迎える、うちなー学生環境サークル「EARTH☆FROGS」。既存のメンバーの頑張りもあり、ついにメーリングリスト登録者は70名を突破しました。

このアスフロに強力なサポーターが。コールセンター機能に加え、セールスやマーケティングを含めたCRM(Customer Relationship Management)を提供している「トランスコスモスCRM沖縄」さんが、アスフロ応援企業としてバックアップしてくださることになりました。ありがとうございます!

既にRBC琉球放送さんでは、「トランスコスモスはEARTH☆FROGSを応援しています」CMを放映していただいていますが、トランスコスモスさんが沖縄のサッカーチームFC琉球のスポンサーということもあり、今後はFC琉球の試合に合わせた会場周辺のクリーンアップ活動や、社内でのエコ活動に学生が協力するといった連携も模索していく予定です。

ちなみに来る6月21日(土)には、県立博物館・美術館周辺で行われるキャンドルナイトイベントに、7月6日(日)には西原マリンパークでのビーチバレー&ビーチクリーン活動に、それぞれEARTH☆FROGSメンバーが登場します!
posted by ホールアース研究所沖縄事務所 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH☆FROGSアース・フロッグス