CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
ガザ情勢1 [2009年01月01日(Thu)]
イスラエルによるガザ攻撃が中東、さらには世界に波紋を広げている中で、ワシントン・ポスト1月1日付は、元イスラエル国防副大臣でStrong Israel党党首のEphraim Snehの論説を載せています。

スネーは、イスラエルは2005年にガザから撤退、入植地も撤去したが、クーデタでガザの政権を掌握したハマスはガザをイランの軍事基地にしてしまい、連日イスラエルにロケット弾を撃ち込んでいる。これはいかなる主権国家も容認できない事態であり、これが今回のイスラエルの攻撃の理由だ、

ただし、イスラエルの目的はロケット弾を止めることではなく、ハマスによるガザ支配を終わらせることにある。これは地上戦でハマスを打倒することで達成できるが、出口が見えないのでこれは魅力的な選択肢ではない。そこでもう一つの選択肢は、ハマスの軍事力の完全な破壊とパレスチナ自治政府任命の行政府によるガザ統治を含む、包括的解決への合意を成立させることだ、

こうした合意には、国際的、地域的支援が必要だが、トルコ、エジプト、サウジは役割を果たせるだろうし、シリアも役割を果たせば、米、イスラエルから評価されよう。逆に言えば、こうした合意なしにガザ戦争は終わらないし、イスラエルがそれを終わらせる理由はない、と言っています。

この論説は、イスラエルの目的がガザでのハマス支配の終焉であることを明確にするものです。しかしトルコのエルドアン首相は今回の攻撃を「犯罪行為」と呼び、エジプトはハマス支持デモにゆれ、シリアはイスラエルとの間接和平交渉を取りやめる中で、これらの諸国の協力を期待するなど、スネーのこの意見は非現実的です。

ハマスはパレスチナの選挙でファタハを上回る支持を得た正統性を持ち、その支持者は西岸、ガザの多数派と言っても過言ではありません。従って、ガザを再占領する以外、ハマス権力の排除は非現実的な戦略目標であると思われます。ガザは面積も大きくないので、イスラエルがひどい泥沼に陥るとは思えませんが、無理な戦略目標は泥沼への道への一要素でしょう。



Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 16:29 | 中東 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/93103
コメント