CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

世界の論調批評 

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。特に覇権国アメリカの評論は情勢をよく追っています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察します。

NPO法人岡崎研究所 理事長・所長 岡崎久彦


プロフィール

特定非営利活動法人 岡崎研究所さんの画像
Google

Web サイト内

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
△小泉純一郎前首相の医師久松篤子
英米関係は共通の理念に支えられる (10/08) 元進歩派
実績をあげているオバマ外交 (09/21) wholesale handbags
タクシン派のタクシン離れ (07/04) womens wallets
豪の新たな対中認識 (07/04) red bottom shoes
バーレーン情勢 (07/02) neverfull lv
石油価格高騰 (07/02) wholesale handbags
金融危機後の世界 (07/02) handbags sale
米国の対アジア政策のリセット (07/02) neverfull lv
ゲーツのシャングリラ演説 (07/02) handbags sale
パキスタンの核の行方 (07/01)
最新トラックバック
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/okazaki-inst/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/okazaki-inst/index2_0.xml
米中共同経済戦略 [2008年06月30日(Mon)]
Foreign Affairs 7-8月号で米ピーターソン国際経済研究所のFred Bergstenが、中国は日本のように世界自由経済の中に統合されては行かず、国際的自由主義経済の良い所取りをしながら、自らは国家統制経済で経済利益を追求して行くだろう、それへの対策として、アメリカは中国と一対一で話し合い、言わばG2方式で世界経済を運営して行くべきだ、と提言しています。

バーグステンは、中国は通商、金融、エネルギー調達、さらには経済援助でも、国際的規範を無視してふるまっている。それに対し、アメリカはこれまでは中国に国際的基準の遵守を要求し、守らない場合はペナルティを課すやり方をとってきたが、中国の影響力と関与の範囲があまりにも大きくなった今はこのやり方は効果がない。それよりも世界経済のBig Twoとして米中が対話して世界経済を運営していくべきだ。中国が安全保障上、米中二国だけの接近を躊躇するなら、EUを加えたG3か、日本とサウジを含むG5でも良い、と論じています。

中国が世界自由経済の恩恵をフルに受けながら、自らは国家統制の下の重商主義で稼ぎまくっていることは、現在の世界経済の最大の問題です。と言って、世界中の経済が、中国の経済成長の恩恵を受けている現状では、これにブレーキをかけるわけにはいきません。バーグステンは、むしろ、こうしたジレンマを与件として受け容れて、中国は米国の言うことだけはまあまあ聞くのだから、米中対話によって世界経済を取り仕切ったらどうだ、と提案しているわけです。

この経済面における一種の米中共同覇権の考えは、政治、安全保障面と峻別されている限りは、特に反対すべきものではなく、むしろ、米中の交渉に際して、自由経済側の主張が通るよう、自由経済世界が結束して米国の背後に付くことになれば、有意義かもしれません。

Posted by NPO法人 岡崎研究所 at 15:15 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/92988
コメント