CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 公演のお知らせ | Main | 公演のご依頼について»
プロフィール

こうまま@荻野さんの画像
こうまま@荻野
プロフィール
ブログ
メニュー
最新記事
リンク集
最新コメント
千賀
愛キャラネット練習会 (07/07)
こうまま
愛キャラネット練習会 (07/01)
千賀絵美
愛キャラネット練習会 (06/28)
こうまま
田原おもちゃ図書館 (03/10)
月のうさぎ
田原おもちゃ図書館 (03/09)
ぼんちゃん
田原おもちゃ図書館 (03/09)
こうまま
田原赤羽根小学校公演 (12/30)
やっさん
田原赤羽根小学校公演 (12/22)
こうまま
初公演 (07/14)
やっさん
初公演 (07/12)
http://blog.canpan.info/okakyara/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/okakyara/index2_0.xml
うすいまさとさん「脳の歌」 [2009年05月03日(Sun)]
全日本育成会の「わたしに出会う本」から生まれた「脳の歌」
歌っているのは3人の発達障害児の父であり「うすいまさと」さん。
彼の活動の様子が5月14日の福祉ネットワークで紹介されます。
詳しくは↓にて。




また、「脳の歌」の通信販売については↓です。
http://www.ikuseikai-japan.jp/pdf/09.03-cd.pdf
新メンバー♪ [2007年12月06日(Thu)]
11月より、新メンバーが二人加わりました。
タイヘン嬉しいです。
準備&練習を頑張りたいと思います。

1月25日の名古屋市支援センターの研修会で雰囲気に慣れて頂き
3月9日の田原おもちゃ図書館の研修で初キャラバン参加
という予定です。
よりなん1周年 [2007年10月13日(Sat)]
定例会でお部屋を使わせて頂いている南部市民交流センター「よりなん」で、1周年記念のイベントがありました。

そう言えば、岡キャラが初めてミーティングしたのが9月で、デニーズでした。
今後、どこでやろうかという話になって、10月は無料らしいからということで「よりなん」を使うようになってのでした。
あれから1年。
岡キャラもずいぶんと進化してきました。

その1年を振り返りながら、イベントに参加させていただきました。



作品の展示やバザーなどが多い中、地味〜な体験だけでは人がこないだろうということで
まりちゃんの歌で呼び込み。


一般市民の方ばかりなので、不安でしたが、ぽつぽつと部屋に入ってくれました。


体験は軍手で折り紙とペットボトルで見てみようの二つ。
必死で折ってくれる子もいました。

こういったイベントは初めてでしたが
いろいろな出会いもあり、楽しかったです。
今後も機会を見つけて、参加したいと思います。
協働事業ゲット♪ [2007年09月09日(Sun)]
岡崎市の市民協働事業に申請しておいたところ
書類審査を通過し、本日、プレゼンでした。

17団体が3分ずつプレゼンし、2分の質疑応答という乱暴なもの。
早口だったり、時間に収まりきらずに「チ〜ン」の鐘で切られちゃったりする団体もあり、大変ビビリました。

とにかくゆっくり丁寧にお話しました。

プレゼン後に審査員の方達による公開審査。


審査員6名が5票ずつを振り分けて各団体の企画案が書かれた紙に貼っていきます。
どの審査員が貼って下さったか、ばっちり分かるシステムです。
す・・すごいです。

岡キャラはナント5票頂き、2位でした。(1位は6票獲得)
3位以下が2〜3票で横並びだったたので
審査員の先生方が、その場でいろいろ協議して、1位2位を抜いて二次投票をし、
最終的に6団体が選ばれました。


18年度からの事業ですが、実現すれば、岡キャラは「岡崎市との協働事業」として市内の小中学校を回ることになります。
きちんと事業化できるよう、頑張ります。

田原市育成会HPで [2007年06月17日(Sun)]
7月におじゃまする田原市
私はまだ行ったことがない未知の世界なのですが
メンバーのかあこちゃんは、ご主人のご両親がお住まいの地だそうです。
私は伊良湖とメロンしか思い浮かばない!!

サンテパルク田原で手作りウィンナーが作れるらしい
ということは知っています。
もう少し息子が落ち着いてよゐこに変身したら行って作ってみたいです。

どんな感じの市なのかな〜なんて思ってあれこれ検索していたら
わぉ
田原市手をつなぐ育成会のブログで、岡キャラ公演の事を紹介して下さっていました。
CANPANブログです。
やっさん、ありがとうございます!!

がんばります。
ちゃんと開始時間までにたどり着けるように(マジ)

9時に豊川養護に息子を送り届けて
10時に赤羽までたどり着けるのでしょうか?
ううむ・・・
怖いです。

ただ今、かあこちゃん以外のメンバーは、地図を前に唸っております。

日本経済新聞に掲載! [2007年05月06日(Sun)]
3月に岩崎学園でやったキャラバン隊公演のことが、5月5日「日本経済新聞」社会面・中部版に掲載されました。



あいち発達障害者支援センターの取り組みに絡めた形で、キャラバン隊の公演内容や活動状況が紹介され「家族らの自助をサポートする公助の動きも広がり始めた」と結んでありました。
いい記事にしていただけたと思います。

A記者さん、ありがとうございました。
感想文 [2007年01月24日(Wed)]
先日のキャラバンの感想をいただきました。


驚いたことに、
自閉症についての説明が結構伝わっていました。
「中枢神経がうまく働いていないと言うことを初めて知りました」とか
「そっち」とか「ちゃんと」というのはわからなくて、「私の後ろきてね」というように詳しく言うとわかる」とか
「絵を見せるとわかりやすいことがわかった」とか
「自閉症にはいろいろなタイプの人がいることがわかった」とか。
スゴイ。

体験はやっぱり印象が強かったようで、一生懸命やってるのにできない時には、何気ない言葉がけでも傷つくことを感じてもらえたようです。
良かった〜。

6年生の担任の先生が学級通信で
「詩の朗読あり、スライドあり、体験コーナーあり、歌ありで実にわかりやすく、心に残るワークでした。周りの理解や言葉がけによって、自閉症の子も周りの人も生活しやすくなることがわかりました」と総評してくださっていて、嬉しかったです。
3,4年の先生は
「自閉症のことを知ることにより子供たちへの支援の方法を考えさせられました。今回皆さんが教えて下さったことは、自閉症の理解にとどまらず私たちが社会の中で生きていく上で必要なことだと思いました」と感想を書いて下さいました。
ありがとうございます。