CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«初公演 | Main | 感想文»
プロフィール

こうまま@荻野さんの画像
こうまま@荻野
プロフィール
ブログ
メニュー
最新記事
リンク集
最新コメント
千賀
愛キャラネット練習会 (07/07)
こうまま
愛キャラネット練習会 (07/01)
千賀絵美
愛キャラネット練習会 (06/28)
こうまま
田原おもちゃ図書館 (03/10)
月のうさぎ
田原おもちゃ図書館 (03/09)
ぼんちゃん
田原おもちゃ図書館 (03/09)
こうまま
田原赤羽根小学校公演 (12/30)
やっさん
田原赤羽根小学校公演 (12/22)
こうまま
初公演 (07/14)
やっさん
初公演 (07/12)
http://blog.canpan.info/okakyara/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/okakyara/index2_0.xml
愛キャラネット誕生の経緯 [2007年01月22日(Mon)]
昨年の8月
つぼみの会主催で座間市のキャラバン隊の方たちを名古屋にお呼びして、公演して頂きました。

この企画を最初に聞いたのはちょうど1年前の就労支援セミナーでの懇親会の時でした。
父親部のryusanが「座間のキャラバン隊を呼ぶんだけど、愛知でキャラバンのような活動を広めたいから手伝って欲しい」と言われて、二つ返事でお受けしました。
私もほぼ同時期に同じ事を思っていたからです。

私は障害者理解は、無数の素人集団による人海戦術しかない、短期間にスマートに効率的に進めることなど出来ない分野だと思っています。
地味に地道に辛抱強くやるっきゃないのです。
人の気持ちなんてそう簡単に変えられやしません。
そういう意味で言うと、座間のキャラバン隊は私の思いが具現化されていました。

で、公演の後のトークで愛知県でもそういった草の根的な取り組みをしていこうと呼びかけました。
その後、いくつかのグループが手を挙げて、ネットで情報交換してきましたが、先日、初の顔合わせミーテイングが開かれました。

名古屋2グループ・瀬戸・東浦・岡崎の5つのグループが集まりました。
今回、愛知キャラバンは縦の組織ではなくて、横のネットワークであることが確認出来て良かったです。

若いママのグループだとなかなか「公演」までもっていくことが難しい場合がありますが、その辺りをウォーリーさんやryusanと共にお手伝いできたらと思っています。
一端動き始めれば、勝手に転がっていくので、そうなったら方向定めも必要になるだろうし、やっぱり「ネットワーク」は大事です。

小さな円が無数に出来て、それが接して重なることを夢見て。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント