CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
夏の風物詩。 [2017年07月29日(Sat)]
IMG_0515.JPG


こんにちは(*^^*)

「life café」に風鈴が仲間入り。
「ファミリーホーム Cheerful」の子どもたちが選んでくれました。

お店で一つひとつ、チリンチリーンと鳴らしては、うれしそうにしていた子どもたち。
全部鳴らし終わって、「これがいい!」と満場一致。


夏の風物詩。
チリンチリーンと涼しげな音と共に、お迎えします。


ふみ
駐輪場の完成! [2017年07月28日(Fri)]
こんにちは(^^♪

今日も暑い一日でしたね晴れ




昨日、「life café」横に駐輪場が完成しましたexclamation×2

IMG_0492.JPG



駐輪場の屋根は、「life café」に付いているオーニングテント(日よけ)と同じ、「おかえり」カラーのグリーンるんるん

雨にも濡れず、日よけにもなる駐輪場の完成…手作りでの環境整備が進んでいます(*^^)v



ふみ
Posted by ふみ at 17:09 | life café | この記事のURL | コメント(0)
思い描いてきた未来ビジョン。 [2017年07月27日(Thu)]
こんにちは(*^^*)

午後から、新生活を始めるMちゃんが訪ねて来てくれました。



Mちゃんとの出会いは、数年前ひらめき

“「ふるさと」プロジェクト!” や昨年度実施したSSTに参加してくれて、そのたびに進捗状況を聞かせてくれていましたかわいい



「life café」に案内すると、「すごい!前は基礎しかなかったのに!」と驚いていたMちゃん。

色々とお話ししました。






「life café」が完成してから、これまでつながってきた人が、こうして気軽に立ち寄ってくれるようになってきました。



「気兼ねなく、いつでも立ち寄れる居場所(心の拠り所)」をつくりたい。
思い描いていた、話していた未来ビジョンはこういう感じ。


「気兼ねなく、いつでも立ち寄れる居場所」があって、

やってくる人から出てきた相談にいつでも対応できる「相談場所」があって、

「どんな状態・状況でも何か力になれるように」そう言える人たちがいる。





これまでの活動は、「気兼ねなく、いつでも立ち寄れる居場所」の実現に向けて、今出来ることを精一杯と、逆の動きをしてきました。


「どんな状態・状況でも何か力になれるように」そう言える人たちとつながりあって、

相談できる「自立サポートセンター with」を開設して、

SSTや「おかえりサロン」などを実施し、つながり作りをしながら、手作りで「life café」を完成し、「気兼ねなく、いつでも立ち寄れる居場所」へと成ってきている。




ようやく。
思い描いてきた形に成ってきた。

多くの方々のご理解やご協力、そして、ご支援あってこそです。
本当に感謝しています。本当にありがたいです。



「今度、○○と一緒に来るわー!」
そう元気に帰っていったMちゃん。

来てくれてありがとう。
これからの新生活、Mちゃんの笑顔溢れる日常となりますように。



ふみ
仕組みや流れを。 [2017年07月26日(Wed)]
こんにちは(*^^*)


今日は午後から児童自立支援施設へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

これから一緒に取り組んでいこうと考えていることがあり、今日は初めての打ち合わせ。


お会いした方が実は…!という出会いもあり、うれしいひとときでした。



里親家庭や児童養護施設等で暮らす子どもたちが安心して巣立っていけるように、そして、巣立った人たちが自立し、安心して暮らせるように。

今出来ることを精一杯。


さぁ、仕組みや流れを作るぞグッド(上向き矢印)


IMG_1842.JPG
(先日出合ったひまわりかわいい



ふみ
Posted by ふみ at 17:13 | 相談支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
原点であり原動力、そして、願いです。 [2017年07月24日(Mon)]
こんにちは。


先日新生活を始めたMくんからメッセージが電球

最後には、また相談や遊びに行きます。と。




「楽しい未来、楽しい毎日を心から楽しく、そして幸せに暮らしてもらいたい」

活動をし続けるためのモチベーションの保ち方は?とご質問いただくことがあるのですが、これが原点であり、原動力、そして、願いです。


連絡ありがとう。
応援しています。

思いっきり楽しんで^ ^
何かあれば、気軽に言ってね。





さぁ、これからある会議へ。

行ってきます。




ふみ
就職決定の報告に。 [2017年07月22日(Sat)]
こんにちは(^^♪

今日はうれしいことがかわいい




「就職先が決まったので、その報告に来ました」
と、スーツ姿で訪ねてきてくれたKくん。



昨年、「life café」の工事中にお手伝いしてくれたこともあるKくん。完成した「life café」にご案内を( *´艸`)

IMG_0471.JPG

IMG_0475.JPG


Kくんとの出会いは、中学生の頃。

当時からの思い出話にも花が咲き、楽しいひとときを過ごしました。



うれしい報告をありがとう。



ふみ
Posted by ふみ at 17:20 | 相談支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
「明日もきっといい日やろうなぁ」 [2017年07月21日(Fri)]
こんばんは夜

いろんなことがある毎日。
そんな日々の中、「あぁ、明日もきっといい日やろうなぁ」と思えれば、とても幸せ。



「好きなことしい。何かあったら絶対たすけるから」
そう言える環境をつくりたいと始めた「おかえり」。

「おかえりをつくろう!」と思い立った頃に思い描いた未来ビジョンに向かって、少しずつではありますが、歩みを進めています。まだ十分に環境が整っているとは言えませんが、こうしてつながっていることでプラスになっていることがあるのかなと感じた一日でした。


さぁ、「明日もきっといい日やろうなぁ」。



ふみ
Posted by ふみ at 17:51 | 相談支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
「生活のサポート」へ。 [2017年07月20日(Thu)]
こんにちは。

これから、「生活のサポート」へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


こうしてサポートをする中で、ときには判断が難しいことも。
そんなときこそ、一つひとつ、丁寧に。

行ってきます。



ふみ
Posted by ふみ at 14:06 | 相談支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
奈良中央信用金庫様より [2017年07月20日(Thu)]
こんにちは。

「おかえり」は、昨年度より、奈良県くらし創造部青少年・社会活動推進課の「奈良県地域貢献サポート基金」に登録させていただいています。

昨日、その奈良県くらし創造部青少年・社会活動推進課より連絡があり、奈良中央信用金庫様より団体支援寄附の助成対象団体の一つとして選ばれましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

http://www.naravn.jp/kikin/other/?act=list#donation69



かねてより、「おかえり」のホームページをより見やすく、そして分かりやすいものへとリニューアルしたいと考えていました。

実は一昨日、ある方よりご寄附を頂戴しました。
そして、昨日、このうれしい知らせが。


いよいよ、実現に向けて本格的に動き出すことができます。
本当にうれしい。そして、ありがたい。


ホームページのリニューアルと、その中でもう一つ。
今年度始まってすぐ、ある児童養護施設の施設長と「これができたらいいなぁ」と話していたことがあります。県内の児童養護施設の職員の方々にもお話しし、実現できればいいなと思っていたこと。

これが実現できれば、里親家庭や児童養護施設等で暮らす子どもたちや巣立った人たちが自立し、安心して暮らせる一助になる。


ありがとうございます。
大切に活用させていただきます。



NPO法人 おかえり
Posted by ふみ at 13:43 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
初心の気持ち。 [2017年07月19日(Wed)]
こんにちは(*^^*)

朝から色々とやりとりを。
その中で、児童養護施設を巣立った人から「ふみさーん」と連絡があってうれしい気持ちに( *´艸`)




里親家庭や児童養護施設等を巣立った後、彼らはそれぞれの地域で生活を営んでいきます。

彼らが生きやすいように。そのために今出来ることをと考えています。



里親家庭や児童養護施設等で暮らしているときからのつながりを作ること。

そして今、里親家庭や児童養護施設等で暮らしているときに、できるだけ早い段階から巣立った後の生活をイメージできる仕組みを作りたいと考えています。

それは、料理などの生活全般のことであったり、就労に関することであったり、社会へ出た後のマナーであったり…。



私自身、高校卒業時にそれだけのことができたかと言うと、できていませんでした。

考えていたつもり、分かったつもりでいたことが大半で、幾度となく困ったことに遭遇しました。


その時に、聞ける人がいるかどうか。困っていると言える人がいるかどうか。助けてくれる人がいるかどうか。



そんな存在…(私はいつも、“絶対的な安心感=心の拠り所”という表現をします)があれば。
でも、もしないとしたら、どれだけ怖いだろうか。

そんなとき、「おかえりがある」と思えれば、怖さが少し和らぐのではないだろうか。

ないよりあった方が何か変わるかもしれない。
「おかえりをつくろう!」と思い立った頃…今から8年ほど前になりますが、そんなことを妹たちと話していたことを思い出します。



今日は午後から見学希望のお客さまが見える予定。
「おかえり」のこと、NPOのこと、初心の頃の気持ちなどをお伝えしようと思っています。

IMG_1795.JPG



ふみ
| 次へ
プロフィール

NPO法人 おかえりさんの画像
リンク集
検索
検索語句