CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
ザ・ボディショップ基金 [2011年06月30日(Thu)]
こんばんは。

先月末に、【ザ・ボディショップ基金】の助成活動公募に応募していました。
本日、なんと!!決定したというご連絡をいただきました。ありがとうございます (-^〇^-)


【ザ・ボディショップ基金】は、社会や環境問題の改善をめざした実践的な活動をしている団体・個人の方を助成するための基金です。
【ザ・ボディショップ基金】は、見過ごされがちな問題にスポットを当てて、社会・環境問題の改善を目指すザ・ボディショップの活動の一環として、地域社会に貢献する草の根的な活動を行う方々を支援するために1995年に設立されました。
1997年度から一般に向けて助成活動を公募し、関係者からなる運営委員会が助成先を選考されます。


以前より、【ボディショップ】さんのボディバターを愛用しているのですが、昨年の10月に購入する際に、「チャリティーボディバターのキャンペーン」をされていて、対象の中に「子ども達の居場所」があることに大変感銘を受けました。



今回「おかえり」は「おかえりホームページ」開設のための助成申請をしました。

「おかえりホームページ」を開設し、様々な方に社会的養護について知っていただき、その中で、社会的養護に関心をもち行動する人が増えることを期待しています。また、情報発信することで、社会的養護を巣立った人々にとって、何かあったときや困ったときなどに「おかえりがある」という心の拠り所、いつでも「ただいま〜」と帰れる場所、どんなときでも「おかえり」と迎えてもらえる場所として機能することを促進し、孤立の防止にもつながり、社会的養護を巣立った後も自立し、安心して暮らせる環境を整えていけると考えています。
心の拠り所があることで心が安定し、自分の好きなこと、興味のあることをあきらめず、我慢することなくチャレンジすることができると考えます。楽しい未来、楽しい毎日を心から楽しく、幸せに暮らしてもらいたい。これが「おかえり」の原点であり、原動力、そして願いです。



来月、東京で「2011年度 助成金贈呈式」が開催されます。

その中で、各団体5分程度お時間をいただけるそうなので、「おかえり」の活動を紹介したいと思っています。


「ザ・ボディショップ」さま、お力を貸してくださり本当にありがとうございます。

大切に大切に活用させていただきます。



ふみ

Posted by ふみ at 23:40 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
児童養護施設へ訪問させていただきました。 [2011年06月30日(Thu)]
こんばんは。

今日の午前中に、ある児童養護施設(以下、施設)へ訪問させていただきました。

施設の様子や子ども達の姿、巣立った後のことなど、色々なお話をしてくださいました。


そして、施設の中もご案内いただきました。

風通しがよく、光がたくさん差し込んでくる構造になっているそうで、昼間は電気をつけなくても明るく、気持ちのいい空間です。また、食堂は大きな窓があって開放的に感じました。

子ども達のお部屋なども見せていただきました。
木が基調となっていて、とてもあたたかな雰囲気です。
ほぉ〜〜っと和んでいる自分に気づき、「落ち着きますね」と自然と言葉が出ました。

至るところに工夫がされていて、驚くばかり。

一つひとつに子ども達への思いが詰まっているのが伝わってきました。


お忙しい中、貴重なお時間をくださりありがとうございました。

とても勉強になりました。

今後ともよろしくお願いします!


ふみ

楽しくしよっ (^^)/ [2011年06月29日(Wed)]
こんにちは。


「楽しいなぁと思えば、なんでも楽しくなるんだよ。しんどいなぁと思えば、なんでもしんどくなるんだよ。」


昨日訪れた 「山の上のかわいいお店」 の方がおっしゃっていたことをふと思い出しました。

楽しくするのも、しんどくするのも自分次第。
よしっ!楽しくしよっ (^^)/


ふみ
山の上のかわいいお店 [2011年06月28日(Tue)]
こんばんは。

今日は久しぶりに羽を伸ばしてきました。


数日前に誘っていただき、やってきたのは山の上にあるかわいいお店。


オープンテラスに腰かければ、この通り。
絶景が一面に広がります。

「うわぁ〜、キレイ!!」

ステキです。。。


おいしいカレーライスをいただきながらのおしゃべりも止まりません。



どれも本当においしい (⌒〜⌒)


そして、心地よい風に吹いていて気持ちいい。。。

まったりとゆっくりと時間は過ぎていきました。 あ〜幸せ (*^_^*)



お店の近くでは、ヤギやヒツジもいて、癒されました(⌒〜⌒)




マイナスイオンをいっぱい浴びて、心も体も充電完了!

ステキな一日をありがとうございました。


ふみ

「お姉ちゃん」 [2011年06月27日(Mon)]
こんばんは。

今日はうれしいことがありました。


今春我が家を巣立っていった妹とご飯を食べに行ったときのこと。。。

「お姉ちゃんとご飯食べに行くねんって友達に自慢してきてん(*^_^*)」
と、満点の笑みで話してくれました。

私がいつも友人や知人に 「妹」 と話しているように、「お姉ちゃん」 と自然に話してくれていることが、とってもうれしくて、すこしくすぐったい感じがして、ほわ〜んとあたたかい気持ちに包まれました。

妹とのこんな時間をとても心地良く感じます。


ふみ
Posted by ふみ at 23:54 | ファミリー | この記事のURL | コメント(0)
一段落 [2011年06月26日(Sun)]
こんばんは。

先日のブログで、ある挑戦をしていることを書きました。
ついに、先ほど一段落しました!!


はぁ〜〜〜〜〜と、肩の力が抜けて、ふにゃふにゃです。


未来に向けての挑戦!と、言っていたものの、「がんばる」って大変ですね。
いつも勉強をがんばっている妹たち。本当に頭が下がります。


さて、明日からは滞っていた書類の作成にかかります。
ぼちぼちと、がんばろう。


ふみ
シンポジウムに参加しました [2011年06月25日(Sat)]
こんばんは。

本日、【子どもシェルターののさん設立記念シンポジウム 「すべての子どもたちをつつむ陽だまりに 子どもシェルターの挑戦」】 が、京都市の 「ひと・まち交流館京都」 で開催されました。

数日前にある方からこのシンポジウムの開催をご案内いただき、参加してきました。


子どもシェルターとは、「家に帰りたくても帰れない」 「今晩安心して眠る場所がない」 子どもたちに対して衣食住を提供する施設です。
家庭内で適切な養育を受けることができなかったり、虐待を受けたりして、逃げ出さざるを得なかった子どもたち。施設から自立をめざすも失敗し、帰るところがない子どもたち。複雑な生育環境を経て非行に陥り、少年院で教育をうけたあとも、仮退院後の行き場が見つからない子どもたち。彼ら、彼女らは深く傷つき、日々不安におびえながら、もがき苦しんでいます。こうした、緊急に援助が必要にもかかわらず、児童養護制度・少年司法制度などの隙間に落ち込んでしまう子どもたちを救うための場所です。子どもたちは子どもシェルターでしばらくの間、羽を休め、次の生活場所を探し、自立に向けての力を蓄えます。また、1人ひとりに担当弁護士がつき、あらゆる場面で子どもたちの権利を守って活動されています。


シンポジウムは、日本で初めて子どもシェルターを開設された、東京の「社会福祉法人カリヨン子どもセンター」 理事長 坪井 節子さんの基調講演や全国の子どもシェルターの方々による座談会、また、日本舞踊やライブペイントなど、盛りだくさんな内容でした。


以前より、東京の 「社会福祉法人カリヨン子どもセンター」 さんのホームページなどを拝見し、是非一度お話をお伺いしたいと思っていたので、今日のシンポジウムを楽しみにしていました。

基調講演では、弁護士として子どもたちと出会い、その関わりからシェルター開設に至った経緯、シェルターの様子など、ありのまま、お話しくださいました。

「生きていていい。ありのままでいい」 「一人ぼっちじゃない」 「あなたの人生はあなたが歩いて行くんだよ。あなたしか歩いていけないんだよ」 この三本柱を立てていくことで歩いて行ける。
シェルターでの生活の中で、いろんな試し行動をしながらも、「ふっと心を開くときがくる」 それがとてもうれしく、子どもたちからエネルギーをもらう。子どもたちのおかげで生かされている。

そうお話くださる姿に深く感銘を受けました。


今日、参加できて本当によかった。
シンポジウムの開催をご案内くださいましたMさん、ありがとうございました。

夢をもち、「おかえり」 にできること、一つひとつしていきたいと思います。


ふみ
未来に向けて挑戦中! [2011年06月24日(Fri)]
こんばんは。

この2週間ほどの間、ある挑戦をしています。
それは、これから、未来に向けての挑戦です。

さかのぼること、数ヶ月前の1月下旬。
3月に開催させていただいた講演会の直前に、この挑戦をするかしないかを悩んでいました。

そんな私の背中を押してくれたのが、妹たちの存在。

未来に向かって、ひたむきにがんばっている妹たち。
そんな姿に、私もがんばってみようと挑戦する道を選びました。

「おかえり」設立を志す前の私なら、きっとこの道を選ぶことはありませんでした。
この挑戦だけでなく、妹たちとの出会いがなければ、今、私はこうして「おかえり」の理事長として活動していなかったと思います。

そう考えると、人との出会い、ご縁って不思議ですね。

妹たちのおかげで、たくさんのご縁に恵まれ、多くのことを学びました。
そして、それまで以上に毎日の生活がとても豊かになりました。
ありがたいなぁ。


さて、この挑戦も、あさっての日曜日でひとまず落ち着きます。
あともう少し!!  未来に向かってがんばろう (^^)/


ふみ
梅雨の晴れ間は日本晴れ。 [2011年06月23日(Thu)]
おはようございます(-^〇^-)

今日はいい天気ですね。


まさに、「梅雨の晴れ間は日本晴れ」。


蝶々も家庭菜園へ遊びに来てくれました(^w^)♪



ふみ

採りたての三度豆 [2011年06月22日(Wed)]
おはようございます(*^o^*)

我が家の家庭菜園で先ほど収穫した、採りたての三度豆です。

家庭菜園では、プチトマトやキュウリ、ナスにゴーヤ、じゃがいも、ほうれん草、とうもろこし、、、などなど、様々な野菜たちがすくすくと生長しています。

「三度豆ってこうやって出来るんやぁ」 「キュウリ、大きくなってるー」 妹たちも種から育てる過程を一緒に見ながら色々と学んでくれているようです。



ふみ

Posted by ふみ at 07:36 | ファミリー | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

NPO法人 おかえりさんの画像
リンク集
検索
検索語句