CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
一ヶ月の終わりに [2010年05月31日(Mon)]
 こんばんは。

 久しぶりに、風邪をひいたみたいです。
 夕方までは元気だったのですが。。。

 
 今日で5月も終わり。明日から新しい一ヶ月が始まります。

 ここのところ、月末になると総まとめのように、自然と一ヶ月を振り返る時間がやってきます。そして、気持ちを切り替えて、次の一ヶ月をスタートしているような気がします。

 
 今月も色々なことがありました。


 我が家の外壁のペンキ塗りから始まり、ペンキ塗りで終わったゴールデンウィーク、母の日に法人設立。仕事でも、色々な変化があり、明日から新しい体制でのスタートとなります。


 今月始めからブログも開設させていただき、こうして毎日綴っていくことが楽しみとなってきています。文字にすることで、自分の頭の中に溢れている思いたちが整理され、新しい気づきや発見に喜びを感じることもあります。また、色々な方にエールをいただき有り難い気持ちでいっぱいです。

 
 明日から始まる一ヶ月。一ヶ月後、どんな気持ちでブログを書いているのでしょう。
 

 成ってくるありがたさに感謝しながら、一日一日を大切に過ごしていきたいなぁ〜と、思います。

 
 何事も、体が資本キラキラまずは、ゆっくり寝て体を治すことから始めます。

 
 おやすみなさい。  

 
 ふみ 
人をたすけたい [2010年05月30日(Sun)]
こんばんは。

 今日は、いろんなことがありました。
 いろんな刺激を受け、今まで「すごいなぁ〜」と、思っていた方が、より一層「すごい!!」と、感激した日でもありました。

 物事がうまくいく。軌道に乗る。システムが整う。。。そうなったとき、どうしますか?

 ・・・私ならきっと、「もっと、もっと」と、さらにうまく進んでいく方法を探し、上へ上へと行こうとする気がします。

 でも、違うんです。


 {軌道に乗った。じゃあ、誰かに譲って初心に帰ろう。原点に戻ろう}

 
 すごいなと思います。本当に。


 パッと見れば、成功されていて素晴らしい。というような印象を受けます。
 それだけに、{なんで?!うまくいってんのに} {もったいない} そんな声が聞こえてきそうです。


 原点は、{人をたすけたい}という純粋な思い。


 軌道に乗るまでには、到底想像もできないほどの、たくさんの節や苦労があったと聞きます。それらを乗り越えて軌道に乗ったところで、原点に戻ろうとされる姿には驚きと、尊敬の気持ちでいっぱいになりました。

 
 ふみ

 
  
 
コツコツすること [2010年05月29日(Sat)]
 今日は仕事を少し残業。

 いつもより、重たい荷物を持って帰ろうと歩き出すと、たまたま車で通りがかった弟を発見。有り難いことに、家まで車で帰ることができました。すごい偶然。



 家に着くと、2階のベランダを今日も父がせっせとペンキを塗ってくれていました。



 「こんな西日がきつくて暑い日にも塗ってくれてるんやなぁ」


 
 ホッとする間もなく、弟と2人、頭にタオルを巻いて一緒に塗ることにしました。


 父と私はベランダのペンキ塗りを。弟は外の階段のサビを削っていきます。

 ここ数日の寒さとは一転、今日は西日がきつくて暑くて暑くて・・・。塗っていると直射日光のせいか、頭がボーっとしてきました。


 「あれ、ここペンキ塗ってある」


 ふと見ると、階段の側面にほすでに新しいペンキがキレイに塗られています。


 毎日コツコツ塗ってくれているようです。


 あとは、知り合いに{足場}を借りて、2階のペンキを塗ると完成・・・かな?!

 
 気が遠くなるような地道な作業。

 コツコツすることは難しい。でも、大切なこと。結果はついてくる。

 今日はペンキ塗りを通して大切なことを教えてもらった気がします。

 外壁のペンキ塗りが終わると、何か見えてくるような・・・見えてくれたらいいな、と思います。

 ふみ
 
 
   
Posted by ふみ at 22:36 | ファミリー | この記事のURL | コメント(0)
命の誕生 [2010年05月28日(Fri)]
 今日の夕方、仕事を終えて、ケータイを開くと、友人からうれしい知らせが届いていました。

 
 今、友人のお腹には、新しい命が宿っていて、来年の1月には、第3子が生まれるそうです。

 
 不思議ですね。

 自分のお腹の中に、もう一つの命が宿っている。

 
 一体どんな感じなのでしょう。。。


 その友人のご自宅には、数年前、真ん中の妹(里子)と遊びに行ったことがあります。

 始めは緊張していた妹も、一緒に同じ時間を過ごしているうちに、表情が柔らかくなり、まだよちよち歩きだった一番上の女の子に照れながらも、笑いかけたり、話しかけたりしていました。
 家に帰ってからも、うれしそうに家族に話す様子を見て、「子どもはすごいなぁ〜」 と、実感した一日でもありました。

 「妹も一緒に遊びに行ってもいい?」 ・・・いきなりのお願いにも快く「いいよ〜」と、言ってくれた友人にも感謝です。


 今日のメールでも、うれしい報告と共に、「毎日ブログ見てるよ」と言うメッセージも。


 出会った頃からそうでした。

 困った時、迷った時には、いつでも笑顔で助けてくれる。力になってくれる。 ・・・そんな友人をいつもいつも心強く思っていました。

 3人目の新しい命の誕生にも、心から幸せを感じている友人の様子に、私もうれしくなります。

 幸せを分けてくれてどうもありがとう。

 私もめちゃめちゃうれしいです笑い

 ふみ 
動いていれば [2010年05月27日(Thu)]
こんばんは。

 
 {動いていれば、周りも動く}

 
 随分前から両親が話してくれていたのですが、最近になってようやくその意味が心に治まるようになってきました。

 
 {特定非営利活動法人 おかえり}を立ち上げようと思い立った頃、何からすればいいのか、どうすればいいのかわかりませんでした。私が知っていることといえば、妹(里子・・・以下、妹とします)と過ごしてきた3年間のことだけ。{妹たちをたすけたい}という思いは強いものの、社会的養護についての知識もなく、何が必要なのかもわかりません。自分の中になければ、知っている方に教えていただくしかないと、色々な方にお時間をいただいてお話を伺ったり、様々な本を読んだり・・・。

 
 一人の方と出会い、また一人の方と出会い。。。そうしているうちに、法人の必要性が高まり、具体的に法人設立へと話が進んでいきました。有り難いことに、副理事長、監事、評議員に快くなってくださる方々とも仕合わせていただき、今があります。

 

 今日は、評議員になってくださっている方が我が家に来てくださいました。

 
 父と3人で色々とお話をしました。
 
 
 その中で、「動いていると、色々な人と出会う。やっぱり人と人とのつながりですね。本当におもしろいです。」という話をされていました。


 

 「なにしているんやろう」 「どこに向かっているんやろう」 そんなことを思うことがあります。少し経ってから、「このためやってんなぁ〜」と、わかるときがきます。それが、1時間後だったり、1日後だったり、1ヶ月後だったり、1年後だったり、、、中には、未だわからずにいることもあります。 

 
 
 動くことの意味や損得、そんなことを考えていた時もあります。
 動くことがひたすら怖くて動けずにいた時もあります。


 
 法人を設立してから今日までの一週間は、法人の具体的な方向性を思いあぐねてオーバーヒートしてしまうこともありました。でも、今することや出来ることって冷静に考えてみるとちゃんと頭でわかっていて・・・県庁でアドバイスしていただいたことをしたり、銀行と郵便局で法人の口座を開設したり、おかえり通信の準備をしたり、、、具体的な方向性は見いだせずにいるものの、とにかく出来ることから始めていると、環境が変わってくる。見える景色が変わってくる。どこからかうまい具合に有り難い仕合わせをいただけるような気がします。

 

 今日は、我が家に来てくださった評議員の方に勇気づけていただきました。応援していただけるって本当にうれしいです。ありがとうございます。


 
 {自転車でも、最初に一回こぐとあとは自然と進むようなもの。頭で考えていると難しいことでも、実際にやってみると、案外簡単なことっていっぱいあるから。動いていれば、周りも動く。とにかく動いてみること。}

 ふみ
特定非営利活動法人 おかえり [2010年05月26日(Wed)]
 特定非営利活動法人 おかえりのブログができました。

 理事長のふみです。

 両親と弟2人、そして、3年前から養育里親(事情があって親と生活できない子どもを預かり、原則高校を卒業するまでの間、生活を共にし、自立を目指すもの)をしていて、高校3年生と高校2年生、そして4月から中学2年生も仲間入りし、3人の里子たちと毎日賑やかに暮らしています。

 里親家庭や児童養護施設で生活する子どもたちが巣立った後の具体的なアフターフォローが何もないことを知り、里親家庭や児童養護施設を巣立った人たちが、自立し、安心して暮らしていけるよう、援助や支援をすることを目的とする<特定非営利活動法人 おかえり>という法人を2010年5月19日に設立しました。

 <おかえり>という名前には、里親家庭や児童養護施設を巣立った人たちがいつでも帰って来れるようにという思いが込められています。

 <妹(里子)たちをたすけたい>という思いから動き始め、様々な方に支えてもらいながら、日々勉強させていただいています。

 このブログを通して、我が家の様子や<おかえり>の活動、スタッフの思いなどを綴っていきたいと思っています。


 以前のブログはこちらです。

 

 お時間のあるときに見ていただけるとうれしいです。
 

 どうぞよろしくお願いします。
                    

                    2010年5月26日

                 特定非営利活動法人 おかえり 
                        理事長 ふみ
Posted by ふみ at 20:52 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

NPO法人 おかえりさんの画像
リンク集
検索
検索語句