CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
HPリニューアルと大切なお知らせ [2018年05月19日(Sat)]
こんばんは。


報告が遅くなってしまいましたが、昨年度「奈良中央信用金庫」様よりご寄附いただき、「おかえりホームページ」をリニューアルいたしました。



「おかえり」は、奈良県くらし創造部青少年・社会活動推進課の「奈良県地域貢献サポート基金」に登録させていただいています。

*この制度は、登録団体に寄附があった場合、寄附金額をそのまま登録団体に交付する制度ではなく、寄附を活用して、登録団体が行う公益的な事業に対して補助金を交付することにより支援するものです。(奈良県地域貢献サポート基金登録団体に係る留意事項より)



その制度に登録していたところ、「奈良中央信用金庫」様が「おかえり」を支援先としてご寄附くださいました。

数年前より、ホームページのリニューアルを考えていたので、とてもありがたくうれしく思っています。ありがとうございます。



新しくなったホームページは、携帯電話からの閲覧に対応できるようになりました。
より使いやすくなったのではないかなと喜んでいます。






ホームページが新しくなったことで、一つお知らせがあります。

法人設立当初より日々の活動を書き記していたこの「NPO法人 おかえりblog」を新しくなった「おかえりホームページ」内に移動することにしました。



2010年5月よりこの「日本財団」様の「CANPANブログ」でお世話になりました。

「日本財団」様の「CANPAN・NPOフォーラム〜情報開示と発信で資源を循環させる」のブログ内「NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事」で度々ブログの記事を取り上げていただき、うれしさとありがたさをいつも感じていました。



慣れ親しんだブログから移動するのは、色々と想いが交差しますが、「おかえりホームページ」内でこれから一歩、一歩、活動や想いを書き記していければと思っています。


ありがとうございました。
そして、今日からまたよろしくお願いします。



footer_id.png



2018年5月19日
枡田 ふみ
Posted by ふみ at 17:51 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
「森田記念福祉財団」様より自動車をご寄贈いただきました! [2018年05月19日(Sat)]
こんばんは夜

法人設立8周年を迎えた今日、「公益財団法人 森田記念福祉財団」様よりご寄贈いただいた自動車が納車されました!!!

「公益財団法人 森田記念福祉財団」様は、奈良県にお住まいの方々が、笑顔で暮らせるように、皆さま方のお幸せに少しでもお役に立ちたいという思いから設立された、社会福祉活動を目的とする公益財団です。奈良県の社会福祉の向上と発展のために、人材育成のための無償の奨学金給付、福祉施設・ボランティア団体への援助事業などを行っておられます。(「公益財団法人 森田記念福祉財団」様ホームページより一部引用)



奈良県内の児童養護施設で暮らす高校3年生を対象に、児童養護施設を巣立ったあとに困らないように、そして安心して巣立っていけるように様々なスキルを学ぶことを目的とした「奈良県児童養護施設協議会 自立生活支援研修会研修会を毎年助成事業としてご支援され、「おかえり」は2015年より事務局を務めさせていただいています。

また、一昨年度に製作した冊子「ライフストーリーワークって何?」の製作費の一部をご支援いただき、現在も里親や児童養護施設等職員の方々にご活用いただいています。



そして、このたび自動車をご寄贈いただき、うれしい気持ちでいっぱいです。

これから大切に活用させていただきます。
本当に本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

DSC017590.jpg



NPO法人 おかえり
Posted by ふみ at 17:48 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
法人設立8周年を迎えました [2018年05月19日(Sat)]
こんにちは(*^^*)

本日、2018年5月19日、NPO法人 おかえりは法人設立8周年を迎えました。

日頃より、「おかえり」の活動にご理解やご協力、ご支援いただき、ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。



妹(里子)との暮らしを通して知った、里親家庭や児童養護施設等を巣立ったあとの具体的なアフターフォローや社会的な支援がとても少ない現状、巣立つことに不安を感じている子どもたちや巣立ったあとにしんどい思いをしている人たちの存在。そして、「私どうしたらいいの」と泣き崩れる妹の姿を目の当たりにしたときに、「好きなことしい。何かあったら絶対たすけるから」そう言える環境を作りたいと思いました。

何かあったときや困ったときに「おかえりがある」という心の拠り所、いつでも「ただいま」と帰れる場所、そして、どんなときでも「おかえり」と迎えてもらえる居場所として機能することで、社会的養護の下を巣立ったあとも自立し、安心して暮らせる環境を整えていけると考えています。

心の拠り所があることで心が安定し、自分の好きなこと、興味のあることを我慢したり、あきらめたりすることなくチャレンジすることができると考えます。

楽しい未来、楽しい毎日を心から楽しく、そして幸せに暮らしてもらいたい。 
これが「おかえり」の原点であり、原動力、そして願いです。



「おかえりをつくろう」と思い立った2009年9月より目指している「30年後の未来」があります。

それは、「社会的養護の下を巣立った人たちやその子どもたち、「おかえり」メンバーや地域の方々…たくさんの人が「おかえり」に集まって、子どもたちが走り回っているのを大人たちはあたたかい目で見守っている。そして、社会的養護が特別なことではなく、一つの形として社会の中に受け入れられ、笑顔が溢れている。そんなあたたかい未来をつくりたい。」という未来。

この実現に向けて、これまでのつながりを大切にしながら、いよいよ地域とのつながりを構築したいと考えています。



本日より、また一歩、一歩、今出来ることを精一杯務めていく所存です。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


カエルン標準.jpg



2018年5月19日

NPO法人 おかえり
理事長 枡田 ふみ
Posted by ふみ at 17:46 | 「おかえり」 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

NPO法人 おかえりさんの画像
リンク集
検索
検索語句